<   2009年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
サワディ・クラッ
明日から約1週間ほど、タイ(鯛じゃないぞ、タイランドだ)のピピ島に行ってきます。

ピピ島ってどんなとこやねん?というと以下のようなイメージの場所です。
f0100885_18254955.jpg

まぁあくまでイメージなんですけどね(笑)

シュノーケルと、釣りと、あと食事(笑)
タイは初めてなので楽しみでふ。

現地からも無線LANがありそうなので、少しくらいこちらに書き込めるかな??
[PR]
by sierra-outdoor | 2009-02-27 18:28 | アウトドアその他 | Trackback | Comments(6)
02/15 新しいスノースポーツ、エアボード
この週末は、友人達と年に一回の乗鞍高原温泉での1泊スキー旅行でした。

で、その帰り道、今日なんですが、帰路に霧ヶ峰スキー場に立ち寄りました。
諏訪市にある小さなファミリー向けゲレンデです。
f0100885_22564995.jpg

ナゼ、ここに立ち寄ったのかと言うと、新しいスノースポーツであるエアボードの専用ゲレンデがここにあるからです。

このエアボード、国内ではまだマイナーな遊びですが、欧州ではけっこう人気があるようで。
前々からやってみたいな~~と思っていたので、この機会にちょこっとやってみることにした。

まずはエアボードとヘルメットを借ります(なんと、格安2時間でたったの500円)
ぼちぼち人気があるようで、殆ど貸し出し中でしたが、運よく返却された1セットがあったのですぐにゲレンデへ。
エアボードにはこんな風に乗ります↓(平地で静止してますが・笑)
f0100885_22595955.jpg


視線がとにかく雪面に近いのでスピード感満点。なかなかの迫力。
右に左に体重移動して曲がったりブレーキかけたりしますが、最初は正直ビビりました(笑)
でも見よう見まねでコケながらも10本くらいリフトに乗ってエアボードでゲレンデを駆けめぐります。
これは面白い!!ハマるわ、これは。
雪面にかなり近い位置なので、コケても痛くないし(スピードは出てるので、コケると、エアボードと一緒に1回転、2回転しますが・笑)
ただし、専用ゲレンデでないと危ないので、まだ楽しめる場所が少ないのが難点。
(東海地方からは、一番近いのが現時点では滋賀県のマキノ高原、二番目に近いのが、ここ霧ヶ峰スキー場)
奥美濃くらいの近場スキー場の片隅にエアボード専用ゲレンデが出来たら、マイボード買って通うんだけどなぁ。。。。。。

静止画像じゃ判らんでしょうから、以下の動画をみるとなんとなく判るかと思います。
http://www.youtube.com/watch?v=St-ZBGmcwuA

とにかく面白いので(見た目スピード感が強くて怖いけど、乗ってみるとそうでもないッス)また挑戦してみよう~~~~
[PR]
by sierra-outdoor | 2009-02-15 23:07 | ウィンタースポーツ | Trackback | Comments(7)
02/07 解禁
待ちに待った(いや、そんなに待ち焦がれてた訳ではないが、枕詞として使っておこう)解禁です。
ホーム河川が解禁を迎えたので行って参りました。

ゆっくりと朝9時すぎに自宅を出発。
途中の釣り具屋で年券購入。今年もお世話になりますよん>飛騨川水系

現地に入り、川の様子を車を走らせながらチェック。
水が少ない(まぁ予想通りですが)
釣り師も解禁にしては少ない(なんで??放流ポイントなら人だかりの筈だが)

何カ所か車で通過しつつ見てみたけど、多くて一つのポイントに2~3名程度。
もう少し居ると思ったのだが、まるで解禁後1週間経過したみたいな感じ。
とりあえず地元のJYIさんがお仲間とBBQやってるよ、と聞いていたのでBBQ現場に向かいます。

で、BBQ会場に到着。
久しぶりにJYIさんにご挨拶。また、その他にもJYIさんのお仲間数人の方と挨拶。
到着した時は暖かい陽がさしていたが、少し前まで寒くて寒くて大変だったらしい。
おでんとか焼き肉などを頂いて、いろいろ話しを聞いたりして時間が経過。
せっかく来たのだから、とウェーダーに身を包み、タックルを用意する。
JYIさん達が釣っていたポイントに成魚放流が溜まっているとのことなので狙ってみます。
最後に渓流で竿を振ってから幾年月・・・(って、4カ月とチョットだけですが)
とりあえず、ここに溜まっているだろう、と思われるスポットにミノーをキャスト。
しかし反応なし。
何度かリトリーブコースを替えてアプローチを替えて、やっとショートバイトとヤル気のないチェイスを若干確認。しかし釣れません(笑)
まぁいいや、今日は様子見だし。

いったん釣りをやめて、折角の機会なのでJYIさんやお仲間達と談笑。
昼を廻り、徐々に一人抜け二人抜け、三々五々になっていくので、JYIさんが帰られるタイミングで私もBBQ会場を離脱して、上流を目指す。

最初のポイントはエサ師の人が粘っているのでパス。
二番目のポイントは地元中学生が2人、ルアーを投げている。少しだけ彼らの邪魔にならない場所で投げてみたが無反応。
三番目のポイントは、午前中に通りかかった時には大勢の釣り師がいたのだが、かなり少なくなっているので、このポイントに入ろう。水温は約6度。
f0100885_18502746.jpg

流れの早い筋からは反応がないので、どんどん探っていくと、大きなプールでやっとチェイス確認。
しかし、いかに成魚放流とは言え、アマゴはアマゴ。最初の一発目で食わせないと、次はさらに難しい。
スプーンを最初に投げれば釣れる確率は高いが、渓流はミノー一本槍(たまにスプーン投げるけどね)なので、解禁1匹目はミノーで釣りたい。
キャストして3歩移動、を繰り返していると、流れの超緩やかなプールになり、適当に投げたミノーにドドド~~~と10匹以上の群れでいきなりのチェイス!
そしてヒット!!
しかーし、そんなの予想だにせず、あえなくバラシ(笑)
あれ~~投げる前には魚の影すら見えてなかった筈なのだが。

よーく観察すると、超緩やかなプールの両側からエサ師のおじさんが狙っている。
放流アマゴたちは群れでプールを回遊しているらしく、それを追いかけているんだな。
その群れがこちらまでやってくるのを待ってからキャスト。
細かくトゥイッチトゥイッチ。
群れの中の1匹が果敢にアタック!そしてヒット!!
今度は逃がさへんで~~~、ということで足元までイッキに寄せた。サイズは小さめの18cmぐらいかな。
さて、写真でも撮るか、、、、と足元で泳がせておいたら、デジカメの準備が出来た瞬間にフックを外して遁走なさった。
あららら、そんなに急がんでも撮ったあとにリリースしてやったのに。。。。。

まぁいいや、これで攻略の糸口は見えた。
群れの動きに合わせて、距離を置いてアプローチすれば良さそう。
しかし、一番核心のポジションでエサ師のおじさんが群れを追いかけて粘っているのでキモが撃てない。
やむを得ず邪魔にならないように大きく迂回して、プール最下流で岩影に投げると数匹がチェイス!そしてヒット。
こんどは撮影させてね。
f0100885_18504731.jpg

サイズは20cm強。ご覧の通りウロコが剥がれやすいシラメ系成魚放流。
手で触らないようにネットも使わずに扱って撮影後にリリース。
その後、何回か射程圏内に群れが近づいてきたが、そろそろルアーにスレてきて反応が悪くなってきたので移動。

陽が傾き、ルアーで釣りになる時間帯が残り少なくなってきた。
放流ポイントには先行者が居て、しかも魚は散っていないのでピンポイントしか釣れそうになく偵察だけ竿を出さずに移動を繰り返す。
ようやくとある1箇所のポイントで割合流れのある場所に魚が溜まっているのを確認。
ショートバイトしてくるサイズも悪くない(25cmクラスか?)
しかし、ここも簡単にはバイトしてくれず、ショートバイトとチェイスのみ。
最後と決めていた、下流部のポイントに移動するも、魚は居るものの釣れる気配ナシ。
群れをなしてプールを右往左往していてチェイスする気配すらないのでここで終わりにしました。

まぁ解禁日はこんなもんでしょう。放流魚が2匹だけでも顔を見せてくれただけヨシとしましょう。
本来の渓流釣りとは趣の異なる解禁直後の釣りではあるが、これから約半年間楽しませてくれることでしょう。
本格シーズンインは3月下旬以降です。
[PR]
by sierra-outdoor | 2009-02-07 18:47 | 渓流釣り | Trackback | Comments(8)



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism