<   2009年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
9/27 2009-渓流 終幕
長かったような短かったような、渓流シーズン2009も、そろそろ終わりを迎えようとしています。
それぞれ、思い思いの渓で、釣り納めをしてる人も多いかと。
(まだ3日あるけど、平日なので、大多数の人は今日が最後かな)

私の場合、第二ホームはすでに禁漁突入。
第一ホームは、9/30まではOKだけど、渇水&網が入っているので、行っても釣れないよなと(自分の中では7末でもう終わっていたし・・・・)
だいたい例年の通り、9月の渓流は信州へプチ遠征&釣り納めと決まっているので、今年も渓流のオーラス釣行は犀川水系に行きました。

まだ夜明け前の中央高速をひた走る。現着は5時ころ。まだ暗い。だいぶん夜が明けるのが遅くなってきたナァ。
コンビニで日券を購入し、いつもなら、デカいのは期待薄だがチビが確実に釣れる区間に入ってまずはボーズ回避するのが定番なんだけど、今回はいきなり核心の区間(デカいのも数もそこそこ狙える)に入る。
いつも車を停める場所に行くと一番乗り。よしよし。いいぞいいぞ、、と思って川を見下ろすと・・・・

がちょーーーーん、水がない・・・・・汗

まったく無い訳ではないが、申し訳ない程度にしか流れていない。
事前情報で渇水だとは判っていたが、ここまで水がないなんて。
この区間で、ここまで減水したのを見たのは初めてだ。釣れるんか??こんな水位で・・・・・(^^;;;;

二番目の区間に入り直すことも考えたが、とりあえず今季はこの区間は自分としては好調だし、まぁまぁの良型も見かけているので(釣れてないけど)、釣り納めでもあるしやってみよう。

極力水が流れていて深い場所だけを選んで探っていくが・・・・・・無反応。
いつもたいてい魚が反応してくる場所でも、魚ッ気ナシナシ。
辛うじて流れが生きている場所からおチビさんが反応してくるが、超ショートバイトでフックアップしない。
そりゃ、この水量だもんなァ。警戒してるよね。

結局、第一区間をずーーーっと釣り下って、区間終了地点まで来たけど2チェイス1ショートバイトのみ。
いつもなら車にまで戻るのだが、今日はあまりに水量の無さ故に川を徒渉できてしまうので、そのまま予定していた第二区間に徒歩で突入~~~~

第二区間からは、用水の余り水が流入しているので水量がやや復活。
と同時に、釣り人の姿は激増(苦笑)
一つの有名大場所ポイントにはエサ釣りとルアーが入り乱れて数名入ってるし。
混み合ってるポイントは入る余地ないので、スッ飛ばして、前回釣行時に尺上サイズを釣ったポイントへ直行。
この場所はそれなりに水があってイイカンジ。でも、反応ナシ。やっぱり9月は難しいな、と思いつつ次のポイントへ。
ここは、過去にチビしか釣ったことないけど、この低水位でも深みがあって、対岸にはブッシュに大岩がドンと鎮座する誰が見てもA級スポット。
当然、マークも激しいはず。でも、こんな場所こそ、この渇水時期には魚が居るハズ。
居るなら、対岸のカレントがブチ当たっている大岩の影&ブッシュ際。
出るなら、最初の一発目だ。慎重にキャスト!!

大岩とブッシュの間、絶妙なピンスポットにミノーが着水。
即座にラインスラッグを取って、ミノーに生命を吹き込む。
トゥイッチ、一発、二発。
流れの中で、ギラッとミノーがヒラを打つ。すると・・・・・・・・


ドン!!  キタッーーーーーー!!

よ~~ぉっし!!出た出た!!
サイズも悪くないぞ。
流芯の中で、魚がもんどりうつ。やっと出たか。今日のまともなファーストバイトだ。絶対に仕留めるぞ。

幸いにも、大物対策用にPE 0.6号(8lb強度)に、リーダーも8lbとパワー的には余裕がある。
激流の中をゴリ巻きで寄せる。水面を暴れる魚はブラウンだ!!
サイズがまあまあなので、寄ってからが大変。なかなかおとなしくならない。ウェーディングしているので、ネットに入れようにも暴れる暴れる。
ヘタにランディングしようとして、ミノーのフックがネットに中途半端に絡みつくとバレるので、そのまま強引に岸へ魚を水面をひきずって寄せてズリ上げ成功。

ふ~~~やっと釣れたあ。

サイズを計る。
よしっ、40は超えた。(41cm)
やっと今季最終の釣行で40Upのブラウンを釣ったぁぁ~~
f0100885_2249779.jpg

この水系では40クラスはそれほど珍しい訳ではなく、50、60、70以上の大物もあがっている。
過去にも40超えのイワナは釣ったことがあった。
ただ、40ブラウンのハードルが高くて、何度かチャンスはあったものの、ことごとく掛け損ないして敗北していたので、この40Upのブラウンを釣ることを今季の目標にしてたので、それが最終日に達成できたのは、とても嬉しい。

この水系では自慢できるサイズでないことは承知しているが、個人的には3年くらい前から超えられなかった一つのハードルを超えれた事を素直に喜ぼう。

これで満足出来たので帰ってもヨカッタけど、朝8時。まだ時間はある。
そのまま釣り続行(笑)

二区間分も踏破したので、いったん車に戻る。
車に戻ると、一人のエサ師のおじさんが話かけてきた。
「何が釣れるね?」
「主にマスですね、ニジマスとかブラウンとか」
「そうかあ、ニジマスか。他の魚は?」
どうも、この川をあまりご存じでないらしい。
「イワナやヤマメも釣れますが、あまり数は出ないですね、そして、この渇水ですし。上流に行けばイワナなら確実に釣れますよ」
「ありがとう、どうもこの川はオレの好みの川ではないらしいので場所変えるわ」

その人の車のナンバーを見ると、関東圏ナンバー。ナンタラ川(超有名河川)本流会のステッカーも。
うひょ~~遠くから来てるなあ。プチ遠征の私よりもさらに遠い。
あの県なら、コッチ来るより、東北に行った方が近いし釣れるんじゃないかと思えるが。

この日はやはり9月最後の週末なので、地元ナンバーはもちろん他府県ナンバーも多い(私もその一人だが)
どのポイントにも人が入っている。
特に関東ナンバーが目立つかな。まぁ毎年9月に来るとよく見かけるのだけど。
f0100885_2258539.jpg


あちこちポイントを変えるが、最初の一発以降、音沙汰ナシ。
魚は瀬には出てないなあ、これは。渇水で警戒心が強くてフィーディングしていない感じ。
そうなると、狙うはピンスポットのみ。
水位が低い故に、川には入り易いので、極力接近してピンスポットを狙い撃ち。
すると、とあるポイントでビシバシと反応が出てくる。
ピンスポットに正確にミノーをキャストし、トゥイッチ、トゥイッチで誘うと中小型の魚がゴゴン!!と当たってきた。
しかーし、本流大物を想定したタックルなので、どうしてもバレてしまう。
源流・支流用の5.3フィートのULタックルがちょうど良い感じだが、今回は持ってきてないし、そんなタックルでは尺までが限界。それ以上は捕れない可能性が大。
なんとか、尺チョットのブラウンをぃ1匹追加。それ以外にバラシは3本。短い区間に集中していたので、やはり渇水で魚の付き場がかなり限定されるようだ。

これでやっとこの日の攻略パターンが掴めてきたが、このパターンに適合するポイントがあまりない。
確か、似た様なポイントがあの区間にあったよな~~と思って、移動した先の流れは、以前の面影はまったく無い流れに変貌していて、釣れそうにない。
何度かチビのショートバイトはあったが、結局釣れないまま、午後2時すぎにこれ以上釣ってもダメだろうと判断して終わりとしました。

これで2009年の渓流シーズンも終わり。
長かったような短かったような。
あまり釣れなかった(特に今季は本流系の大物がたいへん釣れたアタリ年だったのだが・・・・・)が、まぁ来季への課題としておこう。
来年もまた、美しい自然と川と魚たちに出会えることを祈りつつ、2009年の渓流の幕を閉じることとします。
f0100885_23151930.jpg

[PR]
by sierra-outdoor | 2009-09-27 23:03 | 渓流釣り | Trackback | Comments(10)
9/21 カンパチing
またまた、カンパチジギングに行って参りました。期間限定のこの釣り、急がないと旅立ってしまうので(笑)
昨年、この釣りにハマってしまった?Churinさんと一緒に行きました。
いつもの、赤羽根港のぽん助丸に乗る。

台風の余波で出船が危ぶまれましたが、台風が東に逸れたので、やっとこの日から出船可能になりました。
でも、港の出口は、すんごい波で、まるでスプラッシュマウンテン状態。
ただし、港出入り口の危険地帯を過ぎれば、まぁそんなにウネリは酷くはなく、船が走るのも釣りするのも問題の無いレベル。
f0100885_21234858.jpg

最初のポイント到着。
台風明けなので爆釣を期待してジグを投入しますが、、、期待とは裏腹に全く反応ナシ。
でも、隣のChurinさんは何かを掛けた。
振り向いたら魚が水面でジャンプ!!そして海に帰っていきました。
一瞬見えた魚が銀系のウロコがはっきり見えたので、巨大エソ?かなと思いましたが、エソってジャンプしたっけ??うーん、なんだあの魚は。
Churinさんいわく、シーバスではないかと。
カンパチ狙いのぽん助でシーバスが釣れるとは、聞いたことがないが、、、、すぐに結果は明らかに。
またChurinさんヒット!!
カンパチとは違うファイトであがってきたのは、やっぱりシーバスだった!!これはビックリ!!!!
バレないうちにランディングせねば~~~~、、、急いでネットを用意して、なんとかバレる前にランディング成功。
ちょっと、このポイントでシーバスは珍しい。船長いわく、たまに釣れるヨ、との事。

反応がよろしくないので少し釣っては移動を繰り返す。
カッタクリの人には、ポツリポツリと釣れるのだが、ジギング組には反応がない。
ううーん、台風明けなのに。。。。。。
3箇所目くらいで、やっとChurinさんに可愛いカンパチ(ショゴサイズ)が釣れ、少しあとにも私に本日ファーストフィッシュとなる、やっぱり可愛いカンパチ(30cmちょっと)が釣れた。
しかし、その後もイマイチな状況が続いて、1匹追加したのみ。

時間が経過し、午後4時ころ。
とあるポイントに船はやってきた。
船長の「はい、どうぞ」のアナウンスと同時に投入。すると、すぐにカッタクリの人にヒット!!
「この記録は釣れるぞ」と船長が言う。と、その直後に・・・・・

ガッツーーーーン!!  来たぁーーーーー!!!

衝撃と同時に底に向かって突っ走るこのファイト、これはいい型のカンパチだ。
ドラグが出ていく・・・・・・少しづつ慎重に浮かして走られ、を繰り返しつつあげてきたのはこの日最大となる45cmのカンパチ。
やっぱし、カンパチはいいねえ。ファイトが他の魚とは根本的に何か違う。
あえて言えば、トレバリー系に似てるが(まぁ、カンパチもトレバリーも同じアジ科だし、障害物を好む回遊魚として性格も似てる。根本的な違いは、トレバリーはショア沿いのシャローを好むが、カンパチは沖合の瀬や岩礁地帯でけっこう深い水深にも居るけど)
f0100885_21241746.jpg

その後、プチ地合いに突入~~~~~
ガンガンとジャークしてくると、だいたい中層よりやや上でガッツーンとひったくられる。
そしてお馴染みの、ギュギュギュイーーーンと底へ走るファイト。たまりませんわ~~~
ダブルでも3回くらいヒットしましたが、この日は、全て片方の魚が水面でバレてしまって、2打点タイムリーは無し(野球で言えば、3塁ランナーは生還したが、2塁ランナーは本塁タッチアウト状態だね)
Churinさんはコツを掴んだらしく、2打点タイムリーを連発してました。

まだ明るいうちに、二桁釣果に乗ったので、こりゃエエわ、夕方はいったいドーなる??
大爆発か??と期待したが、時間が経過するとともにシブくなって、夕方の爆釣劇はナシ。ありゃりゃ。 ┐('~`;)┌

とは言え、まぁまぁサイズ(アベレージは40cmくらい)だったので、二桁釣れれば御の字だね(帰宅して数えると11本でした)
カンパチの胃の中は全てメゴチ系の底魚ばかり。いつもならイワシ系が多いんだけどね。
イワシ系のベイトフィッシュが入ってくれば、もっと釣れるかなぁ。
でも、そろそろ遠州灘カンパチも旅立ちの日が近づいてきているので、いつまで釣れるだろうか・・・・・
f0100885_21244359.jpg

[PR]
by sierra-outdoor | 2009-09-21 23:33 | 海の釣り | Trackback | Comments(8)
9/19 今年はヒジョーに厳しいメッキ
今季初の本州メッキ釣りです。
今年は、どうもメッキの回遊量が少なくて、なかなか行くチャンスがなく、やっと初釣行。

お昼すぎに、釣友の小五郎君と合流して、イザ現地へ。
台風の影響で、やや風が強いが、潮の色は悪くない。
しかし、本命ポイントでまったく反応ナシ。すぐ隣のポイントもダメ。
外海から、台風のウネリが入ってきて、妙に濁った潮になってるのもよくないかも・・・・

夕マズメに、いつも必ず釣れるお助けポイントへ。
ここで、小五郎君のファーストキャストにやっとメッキがヒット!!
私もすぐに投げる、、、、、チェイスはしてくるが食わん(^^;;;;
次のキャストでも、水面が炸裂するけど、やっぱり乗らない。
そうこうしてるうちに、アッと言う間に反応が無くなってしまった。。。。。

その後、時々メッキがチェイスはしてくるが、バイトしないままUターン。
ヤバい、これは手強い。どうも群れが小さいようだなぁ。

小五郎君は手を替え、品を替え、時々ポツリポツリとヒットさせていくが、自分はチェイスはあれども食わせられず・・・・・
太陽が西に傾き始めたころ、やや活性が上向き。
ポッパーの反応がややマシのようだが、今日のロッドは試しに持ってきたトラウティーノ。
張りが強いので、微妙なポッピングがうまく操作できん。いつものシルバークリークにすればヨカッタ・・・・
と言っててもしょうがないので、なんとかこのロッド特有のクセを理解してポッピングをしなくてはいけない。

何とか、思い通りに近いポッピングが操作できるように慣れてきた頃に、やっと本日の初ストライク。
ふ~~~、なんとかボウズ脱出。
今季の本州メッキの第一号だ。デジカメで撮影しようかと準備してたら、ハイサヨナラ~~。
ま、次が釣れるかな、と思い、投げるが、どうもヒットが続かず、たまにヒットしてもファイト中に口切れバラシ。
小五郎君も時々釣りあげるものの、フッキングの場所がよくない。
活性が低く、今一歩のところで、バクッと食ってきてないなあ・・・・・

日没まで頑張ったものの、3ヒット、1ゲット、2バラシ。。。。。のみ。(小五郎君はさすがに7本ぐらい釣ってたが)
サイズも、9月下旬に差しかかろうかというこの時期としては小型で20cm超えは1匹も混じらない。
ある程度予想はしてたが、今年は厳しい~~~~
メッキの数がとても少ない。ここ何年間かでは最も少ないと思える。本来、この時期なら軽く二桁超えは普通なので、この釣果ではねェ(^^;;;;

この時期にこの状況では、今年はかなり辛そうです。。。。
[PR]
by sierra-outdoor | 2009-09-19 23:01 | 海の釣り | Trackback | Comments(6)
9/5 蒼く澄みきった潮・・・・・
遠州灘にも今年もカンパチの子供が回遊してきました。
昨年に較べて、釣果が安定していないが、そろそろ行っておかないと・・・という事で、今年最初のカンパチジギング。
いつもの、ぽん助丸さんに乗ることになった。

時間通り13時ころ出港。今回は、ジギングオンリーの若船長の船に乗る。
最初は、いつものポイントには行かず、沖合の水深70~80mという、この地域としては、かなり深場でのワラサ狙い。
この水深だと、通常は130~170gくらいのジグを使うことになるのだが、いつも赤羽根出港の青物狙いは比較的浅い水深(20~30m)が殆どなので、100g以上のジグは皆無・・・・
でも若船長の話では80~100gで使えますヨ、という事だったので90gのジグをセットしてジギング開始。

潮目付近を狙っていく。同じ日の午前中にはワラサが周辺で何本か上がったらしいので、それを期待しているのだが、、、、釣れん(^^;;;
中層にベイトの反応があるらしいが、どうも午前中に映っていたワラサの反応が午後は非常薄くなっているらしい。

最初の1時間は船中ノーバイト。エソが2、3本上がったのみ。
ポイントを移動して、やはり水深70~80m付近を探っていると、ポツポツとホウボウが上がり始めた。
午前中もホウボウがそこそこ釣れたらしい。ワラサがダメなら、ホウボウでもイイかな(ホウボウは食べて美味しいので大歓迎・笑)と思って、ジグを持ってきていた最も重量級のセンターバランスのメジューム105gに替えてみる。
ホウボウは過去にも何度か釣っているし、割と自信はあったのだが、、、1バイトあったのみで結局、自分には何も釣れず。
ただ、アタリもないのに、ショックリーダーが傷ついている事が多数。
根ズレなら感触があるだろうし・・・・エソかな??でもエソなら、やっぱりアタリがあるだろうけどなぁ。

結局、開始して4時間、青物は船中でもゼロ。他船も同様に青物ゼロでホウボウしか釣れないと無線が入る。
こりゃ~~ヤバくね???
若船長も「これでは帰れません、ポイント移動します」と大きく移動することに。

夕方のジアイを狙って、渥美半島の岸寄りに移動する。しかし、ここでも全く反応ナシ。
このまま船中撃沈状態で終わってしまうか・・・・・
すると、ぽん助丸のもう一船から無線が入り、カンパチが食いだしたと。
即座に船長はポイント変更を決めて、最大速力?で移動。時刻は17時を回っている。太陽も西に傾き、残れた時間は少ない。

15分ほど移動して、とあるポイントへ。
若船長が「やってみて下さい、記録はありますよ」とアナウンス。
最後の望みを託してジグを投入。
パン、パン、パンとジグを跳ね上げるように大きくダートさせるジャークさせると、途端に、

ガツーーン!!

キターーーーーッ!!

スパルタスのオフショアロッドが曲がる。これぞカンパチの引きだ、間違いない。
貴重な1匹だ、慎重に慎重に。バラスわけにはいかん。
ドラグがジジジジ・・・・・と鳴り。一直線に真下へ走る。
ラインはPE1.5号にリーダーは20LB、無理は禁物。
ゆっくり上げてくる。チラっと見えた姿は久しぶりのカンパチ独特の体高のある魚のシルエット。
水面まで浮かせて、最初の1匹なのでネットで救うか迷ったが、ええい!抜いてしまえ!!と抜き上げる。
ふ~~~なんとかボーズ回避。一安心。
この辺から、船中でも当たるようになり、全員ヒットの爆釣ではないが、時々歓声が上がるようになった。

今がまさにジアイ、魚を〆てる場合じゃない。
すぐにフックを外して、すぐジグを投入。そして、またヒット!!よっしゃよっしゃ。少しリズムが掴めてきたぞ。

ただ、この日のカンパチの群れが小さいらしく、すぐに船の位置が外れてしまい、ヒットが無くなる。
すぐに船長が船を回して記録の上に着けてくれるが、船中で3、4匹ヒットすると外れてしまう。
なかなか厳しい状況。
時間はどんどん過ぎて、日没間近。陽が沈むと、この魚は釣れなくなる。それまでが勝負。

結局、最後まで頑張って、カンパチ×3(Max43cm)とツバス×2(30cmちょっと)の釣果。
まぁ、昨年みたいな爆釣は無理でも、最低でも数匹、できれば二桁釣りたかったが、ギリギリ最低レベルと想定していた釣果が精一杯であった。
夕暮れのプチジアイの時に、ヒットとは別に水面までカンパチの群れが追ってきたのが2回あったので、あれを食わせていればカンパチは5匹になっていたハズ。
さらに、昼間のホウボウも1匹はヒットさせたかったなぁ・・・・そこまで釣れれば、昨日の厳しい状況では個人的に御の字でしたが、ちょっと力不足(^^;;;

若船長が「今日のカンパチ1匹はいつもの10匹に相当する価値だよ」と言ってたので、かなり難しい状況だったのは間違いない。
前日から澄み潮が入ってきていて、それで青物が口を使ってくれないらしい。
蒼く澄みきった潮は、見た目には綺麗なのだが、釣りには向かない潮、という事だね。
台風が一発きて、海を掻き回してくれると上向くかな。
ただ、昨年ほどの魚影は無さそうなので、今年のカンパチは厳しい状況が続きそうな予感。。。。。
f0100885_1361068.jpg

[PR]
by sierra-outdoor | 2009-09-05 23:31 | 海の釣り | Trackback | Comments(6)



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism