<   2010年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
4/29 オフショア開幕・サバジギング
毎年、恒例のサバのジギングでその年のオフショア釣行がスタートするのですが、今年もマサバ達がやって来ましたので、今年一発目のオフショア釣行に行って参りました。

だいたい毎年GW前後になると、伊良湖岬沖合にマサバが回遊して来ます。
産卵を控えて、脂も乗ってブリブリに太った美味しいマサバです。
ベイトとなるコウナゴを捕食にきている群れなのでジギングでも狙い易く、楽しめます。

この日は、釣友のFMさん、GYさんと一緒に知多半島から出船する、ランスルーさんに乗船。
寒冷前線が朝方に通過するので天候が怪しげで、港に着いた頃から、西の空は真っ黒。
怪しい風も吹いてますが、とりあえず予定通り朝6時に出港。

波や風はあるがなんとか船は走れるぐらい。約1時間ほど走ってポイント到着~~~~
しっかーーーし、到着と同時に雨が・・・・・風もかなりの強風がピューーーっと吹きつけてくる(苦笑)
いきなりのタフコンディション。波で船は右に左に揺れるし。
最初の流しはノーヒット。二度目の流しの時に雨粒が大きく激しくなってきたので、釣れない事もあって一旦、キャビンに避難。
すると見る見るうちに大荒れになって、さき程まで見えていた陸地がまったく見えなくなったかと思うと、ドバーーッと激しく雨が降りだし、風もさらに強くなってきた。
乗船者全員キャビンに避難。もう釣りどころではない(苦笑)
あまりの雨で船のレーダーや魚探まで動作がおかしくなってるし。
こりゃどうなることやら~~~~

でも、寒冷前線が来る事は予想していたし、すぐに通過してしまうハズ。
じっと船の中で揺られながら待ちます。

30分ほど待っていると雨が小やみになってきた。風と波は相変わらずだけども(^^;;;;
「よし、やるぞ」と船長が言うので、各自持ち場に戻る。
風が強くて帽子が飛ばされそうになる中、ジギング開始。

船はドテラ流し(スパンカーを立てずに風や潮まかせ)に流すので、ちょっと釣り辛いがサバのジギングは船を立てると食わない事が多いので、なんとか釣り人側が工夫するしかない。
水深は20数メートル。センターバランスの細身のジグを投入する。
ボトムまで落として、フワッ、フワッ、と緩くジャークしながら誘う。
しばらくして隣のFMさんにヒット!!あがってきたのはなかなか太ったマサバだ。
いいな~~と思っていたら、ボトム着底してフワッとジャーク、フォールを繰り返していた私にもググン!!と生命反応が。

来たッ!!

アワセを入れるとズシリと重い。船が流されるので、その抵抗もあってなかなか上がってこない。
この日の最初のヒットなので確実に仕留めるべく慎重にあげてくると、マサバの40cmほど。
ふ~~なんとかボウズは逃れたゾ、と。
次のフォールでも食った!!即座にアワセてリーリングを開始する、、、あれ、なんかリールが変??
ハンドル回しても異音がしてうまく巻けない、、、とまごまごしてるうちに残念バラシ。
一瞬ではあったが、なんだかリールの内部に異変があったような。。。。

船が流れる速度が速いのでジグを60gから90gに重くする。
すると、底を取り易くなった。船長からも「底で食うので、底を探れ」と指示が出る。
ボトムから数mくらいのレンジを集中的に探る。
フォールさせて、ジャーク、そしてまたフォール。大抵の場合は、フォールした時にヒットがあり、グン!!と来たり、ガツガツ!!と来たり。
船中でもぼちぼちとヒットが続く。連発で釣れることは少ないが、まったく釣れない時間帯もないのである意味、釣り易いといえば釣り易い。
ただし、雨は上がったものの、風と波は相変わらずで、船が揺れるので、しっかり重心を確保して立っていないと危なかったりするのだが(苦笑)

数匹釣ったところで、さき程のリールの違和感が頻繁に出てくるようになった。
最初は、ヒットした後の負荷が掛かった時に、ハンドルを回すと時々ゴリッゴリッとローターの回転がぎごちなくなる。
うーん、ピニオンギアかマスターギアのトラブルか?
そのうち、ますますひどくなって、ローターがうまく回らなくなってきた。
こりゃヤバい、ギア系のトラブルは間違いない。
仕方ない、タックルを換えるか。
しかしこの日は、サバ狙いだったので、青物狙いのいつもならスピニングは2セット持ち込むのだけど、1セットのみ。
あとは、念のためのベイトタックル。
ドテラ流しなので、自分が船の進行方向の舷側だった場合、ラインがすぐ船の下に入ってしまうのを防ぐため、進行方向へある程度投げなくてはいけない。
でもベイトタックルでは投げ辛い。特に今回持ってきたベイトリールは船釣り専門の機種で、メカニカルブレーキのみで遠心ブレーキも、マグブレーキも搭載してない。
だから、投げてもすぐにバックラッシュを起こすので投げられない。
止むを得ず、船が流される後ろ側の舷になった時にしか釣りにならなくなった。

ここまでで8本。周囲の人達はだいたい二桁は超えているだろう。
なんとか私も二桁は釣りたいナー。
そこで、ジグの上にジギングサビキを付けることにした。これを付けるとサバなどはヒットが多くなるが、何となくジギングじゃないよな~~~という個人的な思いもあって今まではジグだけで勝負していたけど、スピニングが故障してしまった以上、悠長な事は言っておられん(^^;;;

ジグ+ジギングサビキの組み合わせでベイトタックルで釣っていくと、しばらくして久しぶりのヒット!
やっぱりサビキの方に食いついている。これで9本目。あともう1本~~~

そしてすぐに10本目がヒット!!
これはサイズが良さそうだ。45cmくらいの太った旨そうなマサバ。食ってくるのはやっぱりサビキ。
ジグよりサビキの方が美味く見えるのかねぇ~~??

これで二桁に乗ったので、もういいかな。
船長からも「今日は早帰りするので、あと2、3流しだな~」と言う。
まぁ後は釣れても釣れんでもイイヤ、と思ってやっていたら殺気が無くなったせいか、再び釣れ始める。
最初は1匹、次の流しでクソ重いヒットがあったので、他の魚かと思ったらサバのトリプルヒット。
次の流しでもダブルヒット。
ラスト30分でそれまでと同じ釣果数の8本を追加し、合計16本。
ただし最後の8本は全てサビキに食っていたのでした。他の人達はジグ&サビキでもジグの方に食ってることも多いので、私の誘い方(ジャーク)がサビキには良くてもジグには良くないのかも(苦笑)
まぁこれだけ釣れたので、もういいや、とその後は釣った魚の処理をして沖上がりを迎えました。

まぁまぁボチボチと釣れたので、オフショア開幕戦としてはヨカッタです。
ドテラ流しで、船がかなり早く流れることと、ボトム付近でしか食ってこないので、やや難易度は高い釣りでしたが、楽しめました。
毎回悩まされるエッソーも今回は少なかったのは楽でした。
朝イチの大荒れの時はどうなることかと思ったけど、その後は波や風は強めながら何とか釣りは可能なレベルに収まってくれた事も運がよかったかな。



で、途中でおかしくなったスピニング(98ツインパワー4000H)ですが、帰宅してバラしてみたら、マスターギアが半分ほど磨り減っており、これがピニオンギアと噛み合わせがダメになり、ローターが回らなくなっていた原因。
思えば、ソルトの釣りを始めて、最初に買ったソルト専用のリールでした。
10年以上もショアにオフショアに大活躍して、もっとも出番の多かったリールだけに酷使してきたので、OHも過去2回ぐらい出しては延命させてきたけど、とうとう致命的な故障となってしまった。
系年劣化と言えばそうだし、それだけ活躍もしてきた愛機ではありますが、マスターギアさえ交換出来ればまだ使えるハズ。
ただし、とっくの昔に98ツインパワーのパーツリストはシマノのWebサイトから消えているので手に入らないカモ。。。。
ヤフオクでパーツ取り用に安い同機種が出てくるのを待つしかないかなぁ・・・・・
[PR]
by sierra-outdoor | 2010-04-29 21:41 | 海の釣り | Trackback | Comments(6)
4/23 今年は遅い春だ・馬瀬川水系
またまた寒波襲来。もう4末だよ、今年はおかしい天気だ、ホントに。

23日は、山菜取りに連れてってくれ、と奥方から言われてたので、それじゃコゴミでも採りに行きますか。。。。
行き先は当然、渓流の近く(笑) 馬瀬川方面に向かいます。

朝、ゆっくりと出発したので、現地着は正午すぎ(^^;;;;
とりあえず去年見つけておいたコゴミ畑へ。まだ早いかな~~~と思いつつ、ありましたコゴミ。
ただし今年はサイズが小さい。数は多いんだが。

コゴミ畑とポイントは隣合わせなので、奥様がコゴミを採ってる間に、ちょいと竿を振ってみます。
この日は、成魚放流日。ポイントには大勢の釣り師が。意外にもルアーアングラーが多くて3人も入ってる。
エサ釣りの先行者なら気にならないが、さすがに同じ釣りの直後は厳しい。
少し様子をみるもダメっぽいので移動。

次の場所でもコゴミ採取しつつ、30分だけ許可を貰って釣り(笑)
2日前の雨で川は増水しているので、流れの緩やかな場所を探っていると、ミノーにチェイス。
手元でチョンとトゥイッチでバイト。そしてヒット。
あがってきたのは15cmほどの可愛い成魚ちゃんでした。
その後、もう1匹成魚ちゃんを追加して30分が終了したので車に戻る。

次のコゴミ畑に行くと、あらら~~残念。誰かが採ってしまった後でした。
その後も幾つかのコゴミ畑を回るものの、どうもコゴミの生育が悪いようで、出ていない。
結局、コンビニ袋に1杯程度しか取れませんでした。

魚も、どうも活性が低く、天気は良いけど北よりの寒い風が吹きつけて、とても4月末とは思えない寒々とした雰囲気。
天然魚らしき魚は1チェイスあったのみで、釣れたのは成魚ちゃん3匹だけ。
今年は現地でも桜が咲いたというのに、どうも本調子になりません。

今回は、新しいロッドを使ってみましたが、これがなかなか好感触だったのが収穫だったかな。
次こそは春本番の渓流で釣りしたいものです。
[PR]
by sierra-outdoor | 2010-04-23 23:56 | 渓流釣り | Trackback | Comments(6)
4/18 バレるバレる・飛騨川水系
今日は、つい先日の冷え込みの影響がありそうなので、遠出?はやめてホームその1に行くことにした。
ちょっと朝寝坊して、現着は9時ころ。
天気はすこぶる良い。水位は先日の雨でやや増水気味。でもアマゴにはちょうどイイくらいかな。
ただし今の時期の増水はあまりプラスには働かないけど。。。。。

1週間前に魚影を確認していたポイントから入るが、反応ナシ。
そこから順にポイントをラン&ガン。
水はイイ感じなんだけど、チェイスもないな~~~水温がやや低いかも。この時期は時刻と水温の関係がなかなか難しい(時刻だけなら朝がいいが、水温が上がるのは昼頃からだし)

とあるポイントに入って、アップクロスに投げてトゥイッチ&トゥイッチ。
そして淵から瀬に変化するカケ上がりの際でコン!!来たッ!!
グリグリ~~~とローリングで対抗する魚。でもしっかり食ってきたので外れない。
上げてみるとアマゴ。約19cmってとこかな。
珍しく、ファーストバイトをモノに出来たので、撮影しようと思って準備してたら、急に暴れだしてフックが外れてお帰りに・・・・・そんなに急いで帰らんでも(苦笑)
またキャスト開始。見える所までミノーが寄ってきれてもチェイスする姿が確認できないので、気を抜いていたら、予想だにしない場所から一回り大きいアマゴがスクランブルでチェイス!!
あちゃ~~~、チェイスするなら事前に言ってヨーー(苦笑)
食わせる間合いが足りず、魚はUターン。

でも、ようやく活性が上がってきたので、これからだぁと思ってクルマに戻る。するとメール着信。イヤな予感・・・・・・・
やっぱり、、、釣りスパムメール(つまり釣友からの、釣ったどぉぉぉ的なメール)
見てみると、げげ、40UPのイワナぁ!!困った人(JYIさん)だ、ほんとに(苦笑)
とりあえず返信。しばらくしてケータイで話していると、スパム主(JYIさん)は、もう満足したから帰るって(まだ10時過ぎなのに)
私のいる近くまで来ていたので、途中で合流。拝ませてもらいました大イワナ。うーん、羨ましい、こんなの釣りたい象~~~
しばしJYIさんと談笑。今年はイワナの当たり年なんだろうか。数はともかく、あちこちで大型イワナが釣れてる。もちろん釣ってる人は限られてるけど(私は限られた人ではない、念のため)

釣り再開。そろそろ正午頃になり、時間的に厳しくなるが水温も上がってくる頃。
幾つかポイントを探って、なかなか反応がないので、ミノーをトリコロールに変える。
これは大振りのワイドローリング&ウォブリングのアクションで、かつ急流でも姿勢が安定しているのでダウンクロス系の釣りに向いてるのだ。

するといきなりゴゴン!!とヒット!
しかーーし、次の瞬間にフックオフ・・・・バレた・・・・・どうしてもダウンストリームはバレルなあ。

次のポイント。またヒット!これはすぐにバレてしまった。
どうも今日は1ヒットあれば他の魚も居るようなので、続けて同じ場所にキャスト。
ダウンクロスからダウンへ、、、、瀬の真ん中でユックリとリトリーブ。
じっくり魚にミノーを見せつけてやれば、、、、、と、途端にドン!!
をぉ、また来たっ!
今度こそ~~~~、やや強引に巻く。手前側にかなり急な流れがあってファイトが難しい。
魚はグリングリンとローリングを繰り返す。アマゴだ、サイズもまぁまぁだ(と言っても25cm級)
手前の流れの早い瀬の水面でバシャバシャ、、、、と、軽くジャンプした瞬間にバレたぁ~~~~
あちゃー、今のはゲットしたかったのに。悔しい。

次のキャスト。さっきと同じくゆっくりと探る。ダウンクロスからダウンに差しかかったところでさっきの再現の如くゴゴン!!
また来たっ!!今度こそーー、とゴリ巻き。しかしやっぱり手前の早い流れに魚は飲み込まれる。
ローリングしながら水面を跳ねる。今度はバレないで~~~という願いも虚しく、あと3mのところでバレた・・・・・・

あかーーん、バレまくる。この流れでダウン系の釣りはどうしてもダメだ。
しかし、アップクロスやクロスでは魚が殆どヒットしない。
ダウン系のアプローチでじっくりミノーを見せて見せて見せて、やっと口を使ってくれるぐらいなので、これしか方法がない。
その後も、ヒットしてもバレ、ヒットしてもバレ、、、の繰り返し。全然キャッチできず。

休憩がてら、いつものコゴミ畑に行くと、ちょうどコゴミが採り頃、ってゆーか少し伸びすぎか?
f0100885_22432344.jpg

コゴミをコンビニ袋1杯分だけゲットして、また釣り再開。

だんだん陽が傾いてきた。ヤバい、また1匹だよ~~(今年に入って第一ホームでは連続して1匹/日の貧果が続いている)
特に今日は、他の釣り場のついでに寄ったのではなく、ここだけを目的で来たハズなのに、この有り様。
イカン、なんとかして1匹の壁は破らねば。

思い切って上流へ移動。
この上流(と言っても里川風の流れですが)は魚は居るけど、人も多い。
案の定、今までわずかしか見なかった釣り人がココまで来ると多い。あちこちに居る。
主立った場所はきっと朝から誰かが入っているだろう。竿抜け区間を探さねば。

何回かポイントを入り直す。100mぐらい探ると1回くらいはヒットやチェイスがあるけど、どうもまともにフッキングしない。
そこで普通は入らない藪を突破して、非常に釣り難いポジションに入る、きっとここなら釣り人は入っていないだろう。
一投目は無反応、二投目は、立ち位置からダウンクロスに投げてゆっくりリトリーブ。
結果的にダウンストリームになり、軽くトゥイッチを入れてくると、ピューーーっと魚がチェイス!!
目の前、1mほどの足元で食った。と同時にゴボウ抜き(笑)
なんとか獲ったぞ2匹目。今日はこれで帰れる(^^;;;
釣れたのはイワナの24cm。昼間のJYIさんの大イワナと同じ魚種とは思えん。まぁこれが現実か。
しかし、今年はイワナが多いな。例年ならこの辺りでも殆ど釣れるのはアマゴオンリーなのに、今年はイワナばっかし(まだ今年は2匹しか釣ってないが、チェイスやバレた魚もイワナが多い)
異常気象か、春先の雨の多さの影響か?
とりあえず、私にもたまにゃデカいイワナが来て欲しいと思うのでありました。
f0100885_2254144.jpg



今日は、PEラインを使ってて、二回、水中の枝や対岸の枝にミノーを引っかけてしまい、ロストを覚悟したが、思いっきり引っ張ったら二回とも枝ごと回収出来た。
ウム、これはPE+FGのお蔭だな。今までのナイロンだったら、川底の藻屑か対岸の枝のアクセサリーと化していただろう。
回収率が上がるだけでも、PE+FGは効果アリとも言えるか。(電車結びだと、やっぱ切れたな、きっと)
[PR]
by sierra-outdoor | 2010-04-18 22:23 | 渓流釣り | Trackback | Comments(10)
4/10 再び飛騨川水系へ
先日の撃沈に凝りもせず、またまた飛騨川水系へ。
しかし、この日は、飛騨川水系の主であるJYIさんが同行してくれるので、大変ココロ強いのでありました。

朝、現地近くで待ち合わせてJYIさんの案内で各ポイントを回ります。
現地でもようやく桜が開花して、日当たりの良い所は満開です。
しかし最初のポイントは、、、、さっむーーい(^^;;;; 手が凍えます。
流れの際のタルミから小型の魚が一回だけチェイスしてきただけで後は無反応。

二番目のポイント。
ここは陽が当たっていて、少し暖か。
魚は居るかな~~~と探りつつキャストしていると、後ろから「キタッ!!デカイ!!」とJYIさんの声。
振り返ると、なかなかのサイズの魚をランディング中。
駆けつけてみると、をぉぉ、いきなりの尺上イワナ。35cmでありました。
さっすが~~~いきなりこのサイズを釣ってしまいました。
f0100885_20572623.jpg

どうやらJYIさんはこの時期の攻め方なりパターンが把握できている模様。
やはりが闇雲に投げているだけでは、カスリもしないようです。
でもやっぱりこんな魚が居るんですね。少し前は撃沈だったので魚の気配ゼロでしたが、良いお手本があるとヤル気も出ます。

その後、幾つかのポイントを探っていくと、JYIさんの知り合いが同じ川に来ているようで連絡を取ってみると、同様に尺上イワナを釣ったみたい。
をぉぉ、これは次は私か!!
と思いましたが、世の中、そんなに甘くありません。無反応の時間が続きます。

そして、JYIさんイチオシポイントに入って、1投目だったか2投目だったか、川の流芯でグンっ!!とヒット!!
やった~ついに来たか!
少し離れていたJYIさんに「来たよ~~」と声をかけたら、その瞬間にフックオフ・・・・
あららら~~~~魚はキリキリ舞をしながら川の底へ消えていきました。
サイズは25~26cmぐらいのアマゴだろう。この時期としては悪くないサイズなので、ちょっと惜しい。

ここまでは、それなりに反応があって良い雰囲気でしたが、ここから例の如く、沈黙の川へ。
ポイントを変更して投げても投げても反応ナシ。チェイスすらナシ。
しかもこの日は意外と釣り人が多く、入ろうとしたポイントにタッチの差で先に入られたりして、思う様にポイントを巡れません。
時間が悪くなったのか、釣ってるエリアが悪くなったのか、その両方か。
とにかく釣れなくなったのは間違いない。あの時間帯、あのエリア、あの釣り方、それが今日のパターンだったようです。

これ以上粘っても釣れる可能性が限りなく低い。
思い切って、JYIさんのお膝元へ中移動(元々、私の第一ホームなんですけどね)
こちらの川は、それまでの川より水温が高くので、小型ながらけっこう釣れている。
JYIさんも、ここなら釣れるよ。と言ってくれる。

どうやらJYIさんの友人がすでに現地入りしてるようなので、そのポイントまでスッ飛んで行くと、ちょうど中型アマゴを釣りあげた所。
さっそく我々も川に入って、一番ヨサゲなポイントを譲ってもらって、細かく刻みながら探っていくと、ポイントの端の方でゴン!!とヒット!!!
よっしゃーーー。
イッキに抜き上げてしまうと、陸に上がったと同時に外れた。。。。ふ~~ラッキー。
アマゴかと思いきやなんとイワナ。27cmとサイズはまぁまぁです。
やっと今季の天然モノ・トラウト2匹目ですよ。
f0100885_21122386.jpg

水温が高めなので、魚は瀬に出ているようだ。
その後もJYIさんにはボチボチ反応はある。サスガである。ただし、まだシーズン初期なので、バックリと食ってきてくれずショートバイトが多いのでバラシが多いようだ。

夕方になり、JYIさんと別れて、一人家に帰る方向にポイントを探っていく。
とあるポイントでダウンクロスに投げたミノーをトゥイッチでアクションを加えつつ、反応ないなーーなんて気を抜いていたら、ミノーに迫る影ハッケン!!!!
右に左にクロスしながらミノーに絡んでくる。アマゴだ、しかもサイズは悪くない(26~27cmか?)
しかーーーし、食わせきれずに魚はUターン。
もう一回投げると、一回り小さいアマゴがチェイス。足元近くで軽く食わせたが、小さくコンっという感触を残して帰ってしまいました。

結局、この反応を最後にこの日は終了。
おわりがけに頭を出し始めたコゴミを見つけて、コゴミを家への土産としてコンビニ袋に一杯だけ採取して帰宅の途についたのでした。

振り返ってみると、なんとかボーズは回避。全般的に天然魚が本格的に釣れるまで、あと一息と言った所。
でもJYIさんのようにパターンの見極めが出来ていれば、チャンスは少ないが、尺上イワナが釣れるのも事実。
今回はいろいろと勉強になる事が多かった釣行でございました。
[PR]
by sierra-outdoor | 2010-04-10 21:21 | 渓流釣り | Trackback | Comments(6)
4/6 飛騨川水系撃沈(^^;;;
4月6日は平日。会社を休んで飛騨川水系に行ってきましたが。。。。。撃沈。

この日は、成魚チャンに頼らず天然モノを釣ろう!!と意気込んで馬瀬川上流部に入る。
行ってみると、まだ水位が高い。水は透明で透き通っているものの、どーも生命感がない。
それでも朝日が川面を差す頃には、メイフライのハッチなども盛んになり、期待したけど、昨年まで実績のあった区間を探るも、1チェイスのみ。
少しづつ移動して、探るも、その後もヤル気のない1チェイスのみで、殆ど魚ッ気が感じられない。
おかしい、、、もう4月なのに。

11時頃になって、馬瀬を見切って、隣の益田へ移動。
こちらなら釣れるだろう、と思ってみたが、益田本流は怒濤の流れ。水位が高い。これだけ水位が高くて押しの強い流れだと、この時期は難しい。特に益田はポイントとか釣り方をよく知らないので尚更。
正午をすぎてもまったく釣れない、反応ない。
こりゃヤバい。なんとかボーズだけは回避しなくては、、、、と当初の目的(天然)を諦め、成魚チャンポイントへ移動するが、、、、ここでも反応が乏しい。
成魚チャンの1バイト1バラシ。あと超小さいイワナが2回ほどじゃれついてきただけ。
前日に70kgも放流があったとは思えないほどの、魚影の薄さ。成魚チャンはみーんな1日で流れ下ってしまったのだろうか。

ここに至って、もう益田初心者の私には引き出しがなくなった。
あちこち移動して、適当に良さそうな場所に入るも、どんどん陽は傾くし、釣れる気配ゼロ。
結局、1匹も釣れずに終了~~~~

あぁ、なんたることだ。ここ何年か4月の渓流ではさすがにボーズは無かったのに、とうとうやってしまった。
午前中のポイント選択ミスと、午後の移動が凶と出たかなあ。
午後から、もう一つ別の好調が伝えられた別の川に行けばよかったかも。
または丸一日、それなりに引き出しを持ってる馬瀬で粘っていれば、違った結果になったかも知れないが、元々この時期はいろんな川、いろんなポイント、いろんな区間を探ってみる偵察釣行の意味合いが大きいしそのつもりで行動していた。
そして同じ条件でも釣ってる人は確実に釣ってる。

この時期の魚の付き場を見失って、時間がすぎていくにつれて焦って移動ばかり繰り返したのが敗因か?
次回は、なんとか釣らないと・・・・
[PR]
by sierra-outdoor | 2010-04-06 20:27 | 渓流釣り | Trackback | Comments(6)



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism