<   2010年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
8/28 転落、そして怪我・・・(^^;;
この日、またまた家族サービス(?)のついでのメッキ釣り。

昼すぎに現地に到着して、まずはビーチパラソルを立ててベースキャンプ作って、そこから釣行開始。
以前よりも、水が透き通っててヨサゲ。こんなときは釣れるよなぁ、、と思いつつ、ポイントでルアーを投げること3投目。
真っ昼間なのにワラワラッとメッキの群れがチェイス!!そしてヒット!!!!

やったぁ~~~と思ったらバレた・・・・まぁいいか。

バレた瞬間にルアーが足元まで飛んできて、2mほど下のカキ殻の固まりにヒット(^^;;
あちゃー、カキ殻に引っ掛かっちゃった。さっきの群れは活性高いので早くキャストしなくては。
焦ります。
少し押しても引いてもルアーは取れない。
足元は70~80度近い急勾配のコンクリートブロック壁。そのままでは降りられない。
しかし、すぐ横のガードレールに太いロープが結んである(その時はそう思った)
このロープを命綱にすれば降りられるじゃん(これがそもそもの間違い)

ロッドをおいて、ロープを右手に取り、コンクリートブロック壁を降りる、、、と全体重をロープに託した、その瞬間に悲劇は訪れた。

しっかり固定してあったと思い込んでいたロープはそのままスルスルッ・・・・・・

あ゛~~と思った瞬間にそのまま下のカキ殻に激突、そしてザッパ~~~~ン・・・・・・

あちゃーー、やってもーたぁぁぁぁ

が落ちた瞬間、思ったこと。
カキ殻に激突した瞬間に、左手に衝撃が走ったので、立ち上がって見るとと血がダラダラ・・・
うううう~~~。

そして、上がろうとして、また性懲りもなく同じロープを手繰ってみたが、やはりスルスル、、、またバランス崩して二度目の転倒。今度は右足裏をカキ殻の餌食に・・・・

もうロープは頼らず、コンクリートブロックの隙間のでっぱりを必死に掴んでなんとか2m上の道路に這い上がったものの、左手はヒジの周辺は流血で真っ赤。ひぇ~~記憶にないくらいの出血。
右足の親指も激痛が・・・・・傷口を見たくない(^^;;

痛む右足と、血がダラダラの左手をかばいつつ近くの海水浴場のシャワーへ辿り着いて、シャワーをかける。
ひぇ~~~ジンジン痛む滲みる。左ヒジは傷だらけ、皮膚もかなりめくれてるし(汗)
右足親指の裏もザックリ・・・・ううううう。なんて事だ。

近くに居た、地元のおにいちゃんが「大丈夫ですか?」と心配そうに声をかけてくれた。
顛末を簡単に説明すると「カキ殻の傷は膿むで、早く医者行った方がいいですよ」はい、そうします。

砂浜のベースキャンプで寝ていた奥さんの元まで行って、転落を伝える。
すぐにシャワールームに行ってビショ濡れになった服を着替える。シャワーの水が傷口に滲みる~~~~ぅぅぅ(泣)

なんとか着替えて、傷口を絆創膏でふさごうと思ったけど、傷口が広過ぎて無理。
車まで足をひきずりながら戻ると、隣の車の人が心配そうに声かけてくれた。
その隣の人が沢山絆創膏を持ってきてくれたので、一番大きな絆創膏をもらって足に貼ってみた。
どうもありがとう、隣の車の人。

奥さんも着替えて戻ってきたので現地を撤収~~~
地元の人に病院を聞いてみたら、隣町の病院なら診てくれるハズとのこと(現地は小さな漁村なので現地の診療所は土曜日は休診だそうな)

なんとか隣町まで車で走って、時間外だったけど処置してもらいました。
医者が言うには、縫うほどの傷ではないが、今日は応急処置だけしか出来ないので、帰ったら外科か皮膚科に診てもらって下さい、との事。
あと、カキ殻傷のような創傷は、湿潤療法というのが良い、という事も教えてもらった。
(今回の応急処置も湿潤療法に準ずる処置だった)


とりあえず止血は出来た。痛みは若干あるが、なんとか身動きは出来る。
夕方、現地でメッキ仲間の小五郎君と合流の予定でもあったので、ポイントに戻ってみた。
すると、小五郎君ハッケン。
転落事故の話などしてると、小五郎君、メッキ連発。
釣りバカの血が騒ぐ。すぐ帰るつもりだったが1匹だけ釣ろうかな(バカだね~~~~)

そこからメッキ連発。私は今回、新しいタックルを持ってきていたので(後日詳しく書きます)最初のうちはなかなか食わせられなかったり、ヒットしてもバレたり。
でも小五郎君は入れ食い状態。
なんとか新しいタックルにも慣れてきて、私もポツポツとヒット。
夕暮れまでに10数匹。隣の小五郎君は私の3~4倍は釣ってました。

奥さんと運転を交互に変わりつつ、傷をかばいつつ無事に帰宅しました。

しかし、今回はまさかの転落。
せめてカキ殻が無ければ、多少の擦り傷と全身ズブ濡れ程度で済んだのですが、あのカキ殻に激突しちゃー、柔らかい生身の肌はイチコロです。
そもそも、ロープが固定してある事を確認しておけばよかったんですけどね。
そもそも、2m下のカキ殻に引っ掛かったルアーは見捨てればヨカッタんですよ。
と言っても後の祭り。
あの時は、チェイスするメッキ群を見て、頭に血が上って冷静さを失っておりました。

皆さんも気をつけましょう。(とりあえず今は傷は少しづつですが回復傾向、湿潤療法ってスゴイかも?)

釣りは今回はカスミアジの群れだったらしく、カスミ率が高かった。
小五郎君はナンヨウカイワリも釣ったし、私には初めて釣れたイトヒキアジ系もヒット。
当日の状況はかなりよかっただけに、初っ端の転落と怪我は体にも釣りにもイタかったです。
しかしまぁ病院にまで行かなくてはイケナイ怪我をしながら、また釣りするなんて、我ながらアホですなぁ(苦笑) (フツーの人なら即帰りますよね)
f0100885_13313578.jpg

[PR]
by sierra-outdoor | 2010-08-29 13:32 | 海の釣り | Trackback | Comments(12)
プラネタリウム、引退
8/26夜、名古屋市科学館にて天文クラブの例会があって行ってきました。

8/31をもって、名古屋市科学館は新館準備のため一時閉館。
科学館の開館当初から稼働してきたプラネタリウム投影機、その名もツァイスIV型も8/31をもって引退となります。
今回の例会は「さよならツァイスIV型」というお題目で、名古屋市科学館のプラネタリウムに縁のある方々をお呼びして、座談会?形式での投影でした。

私が生まれる前から、はるばるドイツから海を越えてやってきたツァイスIV型。
48年間、様々な人に愛されながらここまでやってきましたが、新館には最新型投影機が入るために、このIV型は引退となった訳です。

思い起こせば小学生の頃、親に連れられて初めて見たプラネタリウムがこの、名古屋市科学館でした。
その後、かな~り長い間、ご無沙汰してましたが、ここ1年くらい火が灯いたかの如く、プラネタリウムに通いに通いまくりました。
多分、20数回以上。一般投影や特別投影、観望会、天文学入門コースなど様々で見ました。

そんなカールツァイスIV型の本稼働状態を私が見るのはこの例会が最後。
(8/31までは見れますけどね、もう科学館に行けないから)

最後には操作コンソールにまで上がらせてもらって、ホンの少しですが、ツァイスIV型を操作できました。

素晴らしい星空をありがとう。
まだまだ十分、働けるのですが、48年間働いてきたのですからね、そろそろ引退。
新館オープン後は、動態展示という形で残るそうです。

ついでに、例会の前の16時からの一般投影も見てきました。
夏休み期間中とはいえ、平日、そんなに多くはないだろう、、、と思ってましたが、すごい人出。
13時すぎに科学館に入って、ぎりぎり16時の投影のチケットはゲット出来ましたが、その後すぐに完売。
当然満席。昨年12月ころなんて、土日でもガラガラだったのにねェ~~

もし、あと残りわずかの科学館のプラネタリウムを見に行きたい人は、特に週末は開館前から並んで
下さい。万博並の気合が必要です(笑)

f0100885_23125286.jpg

[PR]
by sierra-outdoor | 2010-08-26 22:57 | 星空 | Trackback | Comments(2)
8/22 家族サービス、、のついでに釣り(笑)
この前のお盆期間は、弟家族と一緒に南紀方面にキャンプでした。
キャンプ場は山の中だったので、川遊びに終始しましたが、流れる川の水遊びもたまにはいいもんですね。
釣りは、、、、この真夏に南紀の渓流もねェ・・・・
どんな川なのか、ポイントも知らないし渇水で釣りにならないし、日券も高いので釣りはナシと思って渓流装備は持って行かなかった。

と言いつつ、1回だけ午後、往復60kmほど走って一番近い漁港に行ったのですが、キャンプ夕飯時刻までに戻らねばならないので実釣時間が少なく、殆どポイントも探れないままメッキ1匹に終わったのでした。

そして、次の週末。
奥様が海水浴をしたいと言う。
どうせ海に行くなら、夕方にメッキが釣れる所にしよう、と双方の利害が一致して(笑)交渉成立。
土曜は用事があったので日曜の22日に行くことになった。

ゆっくり目に10時半すぎに出発。
慢性化した東名阪の四日市渋滞もなく、現地に13時すぎに到着。
海水浴場の片隅にビーチパラソルやら飲料水やらを運んでベースキャンプの設営。
そのベースキャンプが完成したところで一旦、お役御免となり、早速タックルセッティング。
幸いにも海水浴場のすぐ近くがポイントなので足で歩いてあちこち探ります。

時間はまだ午後2時すぎ。干潮からようやく潮が満ち始めたころ。残暑の日差しが暑い。
広く探るためにDコンを投げてみると、足元の日陰からいきなりヒット。
本日第一号のチビメッキ。でも以前よりは少し成長していて12cmぐらい。

幸先は良かったがそこから沈黙・・・まだジアイには早いしなぁ。
いつも釣れるポイントでは殆ど反応がなく、潮通しの良いポイントでたまに数匹の群れでチェイスしてくるが、どうもバイトまで至らない。
使わなくなった古いトラウトロッドのお下がりをメッキ用にしてるのだが、最近のヘビーシンキングミノーを的確にアクションさせるには、どうも都合が悪い。
ロッド全体が柔らかめなので、キレのあるトゥイッチやダートがうまく演出できないのだ。
(ナイロンラインを使ってるせいもある)

なんとか無理やりでもトゥイッチ&ストップを織り交ぜて、ポツリポツリとは釣れるのだが、怒濤の食い方でもない。
ポッパーなどのトップには反応し辛く、ミノーでたまに反応してきた魚をなんとかヒットさせて拾っていく我慢の釣り。
とりあえず暑い日中になんとか6匹ほどゲット。

海水浴場のシャワールームが午後5時で閉まるそうなので、ベースキャンプに戻って撤収作業。
撤収完了後に、車で小移動して、いつもの本命ポイントへ。
しかーーーし、本命ポイントは潮が澱んでいて、どうにも釣れそうにない。案の定、チェイスもナシ。
仕方なく、お助けポイントに移動するか、、、と思ったが、その前に気になった途中のポイントで様子だけ見てみると、、、、を~~今日初めて?見る、ヤル気満々のチェイス!!
数匹以上のメッキの群れが右に左にクロスしながらチェイス!!
しかし、このポイントは足場が高いので足元まで正確にアクションさせ続けるのが難しく、バイトさせられないままにUターンしてしまう。
なんとか沖合で食わせて、3匹ほどゲットしたところで群れが居なくなってしまった。

太陽も西の山陰に隠れようとする時刻、お助けポイントに入る。
このポイントは水も透き通っており、ヨサゲな感じ。
さっそくミノーを通すと、ワラワラッと追ってくるメッキ。中にはこの時期としては最大サイズとも言える20cm弱のデカイのもいるじゃ~~~ん(嬉)
しかし、追ってくるものの、なかなか食わない。たまに食ってもショートバイトでバラシ・・・・

イカン、このままではジアイが終わってしまう。

ポッパーに変更して、スピーディーなポッピングに切り換えると、やっとバコン!!と派手に水面が炸裂してメッキにスイッチが入った!!
ここで何匹か釣ったりバラシたり。プチ爆釣になったが、どうもこの日は活性が上がり辛くてしばらくすると群れが移動してしまうのか、反応が途絶える。
いつもなら夕暮れ目一杯まで粘るのだが、奥様を待たせている都合もあり、少し早めに終了~~~
全部で13~14匹かな?少しサイズは成長していて、最大は15cmほどでした。

帰りは、やっぱり四日市渋滞発生~~~
20km渋滞、通過に70分の表示を見て、高速無料区間の終点で降りて、中勢バイパスと国道306を使って四日市ICまで下道を走る。
結果的に渋滞もなしに走りきったけど、横目にチラチラ見える渋滞区間も流れたり停まったり、を繰り返していたようで、果たして渋滞区間の下道迂回がベストな選択であったかどうかは微妙~~

これまで使ってきたメッキ用ロッドも、トラウトロッドのお下がりを使ってきたが、どうも操作性がイマイチなので新しい設計のロッドを用意した方がいいようです。

今回はいまいち良い撮影が出来なかったので、画像はナシです。
[PR]
by sierra-outdoor | 2010-08-22 21:57 | 海の釣り | Trackback | Comments(4)
8/7 再びメッキ
先週に引き続き小五郎君とメッキ釣りです。

先週とは異なるポイントから開始。
このポイントは、9月下旬から良くなる場所だけど、この時期はどうなのかな・・・・(こんな早期に来る事もなかったので)
入ってみて、すぐにチビメッキの反応があるので一安心。
今日は、トップで貫くつもりで、最初から強気のポッパーを投げる。
チビメッキが追ってくる・・・・・食わんかな・・・・いや、ヒットだ!!

10cmに届くかどうか微妙なサイズですが、こんなに小さくても果敢に水面を炸裂させてくれるのが、このメッキゲームの醍醐味。
面白いッスねぇ。

先週よりサイズはそれほど大きくなってる訳ではないが、ポッパーへの反応は悪くない。
ワラワラとチビメッキがチェイスしてくるのが見えるのが楽しい。

しばらく釣り続けて、そろそろ次へ移動かな~~~と思いつつ、浅瀬に投げると、おやおや、こんな所でもヒット。
しかも小っちゃー(笑)
でもこれって、マイクロメッキダービーに登録できるサイズじゃん?
ダービー規則に則って撮影。自己採寸で66~67mmか?
f0100885_1062267.jpg

よくぞ、ポッパーにバイトしてきたもんだ。

さて次。

次のポイントでは、小さな筏の際を通すと、今までより一回り大きな群れが派手にチェイス!!
ポッパーのすぐ後ろの水面が乱れる!!バコンっ!!ヒット!!!
サイズは120mmくらい?本日最大サイズ(笑)
その後もこの筏周辺のメッキはサイズは揃っていたが、あとわずかな所で食わせきれず・・・
まぁ夕マズメまで粘れば釣れそうだけど、この日はポイント調査が主目的なので、魚の姿が確認できたので次へ移動。

次のポイントは、今まではあまり実績がなく、釣れるには釣れるが、せいぜい1匹か2匹の場所。
ただし、ポイントとしては大場所なので群れさえ入っていれば良さそうですが。

あまり期待せずに入ってみたのですが、さっそく小五郎君ヒットの連発!!
おや~~この場所にしては珍しい。
私もポッパーで探ると、バコンバコンとバイト。魚が小さいので、なかなかフッキングしないですが。。
かなりの群れが入っている模様。投げれば反応はある。小刻みにスピーディーにポッピングしてくると、俄に水面が乱れる。メッキがすぐ後ろを複数でチェイスしている証拠。
そしてバコン!と水柱が上がる。
まぁ、これでヒットしたりバレたり、ルアーが弾き飛ばされたり、いろいろですが、見てるだけでも楽しい。
釣れてくるのは、せいぜい100mmまでなんですけどね。

この場所は今まで訪れた中では、もっとも活性が高かった。今まで、時間がないと素通りしていたポイントだったけど、ちょっと見直した。

さぁ~て、こんなにドコに行っても良いなら、次のポイントはこの周辺でもっとも実績場なのでイイんじゃない~~~と期待大で移動。

さっそく実績場でキャスト開始~~~~~

し、しかし・・・・・・・シーーーーーーン・・・・・・・

え、なんで??今までのポイントだったら絶対反応あったのに。
この場所がこの周辺で一番イイ所(少なくとも今までは)なのに。そんなバカな(^^;;;

この実績場を隅々まで探るも、1匹だけしか釣れず。メッキがいない訳ではないが、どうも底に沈んで活性が低いらしい。
小五郎君も同様のようだ。
一つ前のポイントが今までダメだったのが今日になってよく釣れるのに、今までの最実績場のこの場所がダメなんて。
まぁ釣りとはこんなもんですな。

最後、夕暮れ時に一番ヨカッタ場所へ戻るが、なんかさっきと様子が違ってる。
潮位が下がっており、さらに水面が静かすぎる。さき程はさざ波がたって、ベイトの気配もムンムンしてたのだけど。
それでもメッキは居るハズ。繰り返し投げているとようやく反応し始めて、ポツポツとは釣れたが、さき程までの高活性ではない。
ショートバイトが多くて、バラシが多いし、チェイスも単独の場合が多くなった。
メッキも時間が経過するとこれだからな~~~難しいねぇ。

なんだかんだと、この日も午後の3時間だけの釣りだったけど、20匹を越えたので、数的にはまぁまぁ。
さてさて、どこまで今年は楽しませてくれるかな~~~~
[PR]
by sierra-outdoor | 2010-08-07 23:56 | 海の釣り | Trackback | Comments(4)



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
Churinさん なん..
by しえら at 21:12
しえらさん、おかえりなさ..
by Churin at 23:09
ココ最近、全く雨が降って..
by しえら at 21:27
手のヒラアジさん 先日..
by しえら at 21:25
Churinさん そう..
by しえら at 21:21
ども。 マメに記事アッ..
by 手のヒラアジ at 13:55
おー、しえらさんには珍し..
by Churin at 23:04
やはり土曜日は賑わってい..
by Churin at 22:59
都市型温排水の貴重なター..
by しえら at 20:49
なんとか釣れてくれました..
by しえら at 20:48
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism