<   2010年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
10/23 マズメのポイント選択を間違えると・・・
終盤戦のメッキ戦線。
例年だと、この時期にボーズを食らって熊野灘方面に関してはシーズン終了となるのですが、今年はメッキ好調なのでとりあえず未だにそれなりに釣れております。

この日は早朝から始めるつもりでしたが、いろいろ事情があって(単に寝坊とも言う)昼前に出発。
奥様同伴だったので、とりあえず奥様の大好きなチョウチョウウオやルリスズメダイ(ソラスズメダイかも?)が群れる、「My水族館」と私が勝手に呼んでる漁港へ向かい、フィッシュウォッチング(笑)
相変わらずMy水族館は水温が高いせいか、スズメダイはもちろんツノダシとかチョウチョウウオが群れている場所。
アオリーも多いので、ヤエン師やエギングの人が多い場所でもあるのですが、ナゼかメッキ魚影は薄いのです。
フィッシュウォッチングしながら、小型ジグを係留船の影に沈めて探ると、たま~~に小型メッキが反応はしてくるけど、追ってくるだけでヒットするには至らず。
こういう魚は群れでないと難しいね。
そうこうしてるうちにジグが根掛かってプッツーーン・・・・・

フィッシュウォッチングも一段落。
夕方も近づいてきたので、そろそろメッキモードへ。
まずは大きく移動して最初のポイント到着。
9月は結構釣れたけど、今はどうかな。。。。一投、二投と反応ナシ。
うーん、居らんのか・・・・いや濁った水の中、一瞬だけなにか銀鱗が閃く。
よ~く見るとメッキがルアーの寸前までタッチ&ゴーしてるではないか。
でも、フッキングしない。
幾つかミノーを交換してみてもバイトせず・・・・マズメまで粘れば多少は釣れる気配はあったけど、それほど大きな群れでも無さそうなので、次へ移動。

2番目のポイントは、以前は小型なら数釣れた場所だが、もう殆ど反応もなくなり、即移動。
3番目のポイントはエギンガー多数だったのでパス。
4番目のポイントは反応なし・・・

5番目のポイントへ移動。
現地で小五郎君と合流予定だったので、現在地をメールする。どうやら小五郎君も同じ時間帯に同じ場所に向かっているようだ。

夕暮れが迫る中、ポイント到着。小五郎君の姿は見えない(どうやら同じエリアの少し違う場所を探っていたらしい)
他のメッキ狙いの先行者1名。少し違う場所を探ってみると、、、、一発でガッツーーン!!
よしよし~~~、ここには魚が居たか。サイズも23cmほどでまぁまぁだね。
f0100885_21273697.jpg

このピンポイントで2匹追加し1バラシ。
もっと釣れるかな~~~と思って釣り続けるが、ここでナンとアタリルアーのDコンを根掛かりで切れた・・・・
あちゃ~~~痛い・・・・このカラーが最近当りだったのに。

これを境にイッキに釣れなくなる。
たま~に反応があるけど、追ってくるだけでヒットしなくなった。あかんやん。

その後、小五郎君と合流。彼も苦労しているようだ。
群れが小さいせいか、ほんの僅かのピンポイントでしか反応してこないし、群れが沈みがちなので水面付近でのバイトがない。
どうしてもボトム付近を攻めるので根掛かりのリスクは高くなり、その後、またまたボトムの根掛かりで2個目のDコンをロスト・・・・泣
ううーーーん、Dコンは高いのに・・・ もうこの日のDコンの手持ちが無くなった。

陽も落ちる直前、小五郎君からメールが入り、先に本命ポイントへ移動するとの事。
こちらも本命へ移動しよう。
活性は低くて群れが沈みがちだが、今のポイントで多少なりとも群が見られたので、きっと本命ポイントならそこそこ釣れるだろう、と期待。

で、本命に到着する。
小五郎君に状況を聞いてみると、到着直後は2匹ほどヒットしたらしいがその後、反応ナシとか。
海面の様子を見ると、、、、あれ?いつもより濁ってる。
この場所は比較的、潮が澄んでいる事が多いだけに、イヤな予感。
そして予感的中(^^;;; まったくと言っていいほど反応なし。
少し前までは結構釣れていたのだが・・・・
もう先程のポイントに戻る時間的余裕もなく、夕暮れまでこのポイントで粘るも反応ゼロのままジ・エンド・・・・

これだからこの時期の釣りは難しいね(^^;;
たとえ実績ポイントであっても、ちょっとした条件の変化で魚ッ気が失せてしまう。
マズメの短い間に、良い群れを見つけられればそこそこ釣れるが、外すと全く釣れない。
日替わりでポイントが変化するので、明るいうちに、各ポイントを回って、その日の最も良いポイントを絞り込んでおかないと(そのために本来ならこの日は朝イチから行くつもりだったのだが・・・・汗)ダメです。

辛うじて、一つ前のポイントで3匹釣れていたのがせめてもの救いかナ(苦笑)
そろそろシーズン終了を予感させる秋風がヒシヒシと感じられたこの日でした。
[PR]
by sierra-outdoor | 2010-10-23 23:26 | 海の釣り | Trackback | Comments(2)
10/11 夕暮れの安堵の一時
せっかくの3連休ですが、初日は、いきなりの大雨で出端を挫かれた・・・・(^^;;;
二日目は何とか天気は回復。でも、雨の影響もありどこもかしこも釣れそうにナシ。

と言う事で連休最終日のこの日、雨の影響も懸念されましたが残りのシーズンが短いので、メッキに行くことにしました。
いつものように小五郎君と一緒に。

午後3時すぎに現地着。
最初の第一ポイントへ・・・・・懸念してた泥濁りもなさそうで、何とか釣りにはなりそう??な気配。
でも、そのポイントは先行者アリだったので竿を出さずに移動。

第二ポイントへ。
ここも、雨の直後は泥濁りとゴミが酷かったらしいが、とりあえず潮色は回復している。
ただし、少し水潮っぽいかな??
定番ポイントを叩いていくが、まったく気配なし。グレとかチヌとかボラとか海タナゴはた~くさん泳いでいるのだけどねェ。

グレの群れの中に、単発でメッキが混じっているようで、ルアーを通すと一応反応はするけど、とても釣れそうにない。
そこで、すぐ近くにある小さなサーフのポイントへ移動。
ここで小五郎君が小さなメッキの群れ発見!!
ヤル気はあまり無さそうだけど、一応ショートバイトはしてくるみたい。
少し離れた場所からミノーを投げて連続トゥイッチしてくるとカッツーーン!!とヒット!!
を、やっと来たか。
上がってきたのは、この時期としては随分小さめ13cmほどのメッキ。とりあえずボーズは回避。

そうそう、この日は2日前に仕入れた新しいリールのお披露目でもあった。
Newリールと言っても中古で買った02ツインパワー2000ですけどね。
程度が良くて傷も少なくハンドルの回転やドラグも調子ヨサゲで、7000円のバーゲンプライス!?
思わず衝動買いしてしまった訳です。
これからのメッキ専用マシン(渓流でも使うと思うけど)となりました。
その、02ツインパワー2000の初獲物なので画像を載っけておこう。
f0100885_2361990.jpg

ここで二人とも各1匹づつ小メッキは釣れたので、次へ移動。

今まで実績場を探りますが、やっぱり反応ナシ。
2日前の大雨の影響か・・・・グレやボラはあちこち居るのだけどなぁ。いつもは流れていない用水からも水がかなり流れ込んでいるので、水潮になってるような気配。
ただ、未だにツノダシとかチョウチョウウオなどもちらほら散見されるので、水温はあまり下がってないんだろうな。

夕暮れを迎えて、さて、どうしよう。
このままココに居ても釣れないまま、ゲームオーバーの可能性大。
ぢゃあ、イチかバチか、第一ポイントに戻りますか?と意見があって、第一ポイントへ戻る。

太陽が傾き、あと20分釣りが出来るかどうかのタイミングで第一ポイント到着。
で、小五郎君のファーストキャストにヒット!!メッキだ。
さらに後ろに何匹か付いてきているらしい。
こちらもキャスト、そしてスピーディーに連続トゥイッチ。
ガツーーン!!
よしよし、来た来た。やっと群れを見つけたゾ。
キャスト、高速トゥイッチの連続で、メッキが反応する。
ヒットと同時にメッキ特有の右に左に反転しながらのギュイーーーンと横っ走り。この時期のメッキはサイズが良いので楽しいね~~~
f0100885_23143535.jpg

しかし群れが小さいらしく、2匹ぐらいヒットすると、パタッと反応が消えてしまう。
そんなに大きくは移動しないハズなので、そのポイントの中をあちこち投げて探ると、少し離れた場所でカッツーンとヒットしたりバラしたり。
でもやっぱり2匹ほど反応すると、あとは消えてしまう。

かなり暗くなった頃、ハードトゥイッチの後に一瞬だけストップを入れていると・・・・
今までになく重く、ゴッツーーーンとヒット。
を、を、を。これは・・・・なかなか重い引きだ。シーバスか??
ツインパワー2000がジリジリとドラグが出ていく。
慎重に寄せてくると、メッキだ。サイズはこの日の最大サイズだ。
あげてみると、、、久しぶりのカスミアジ。サイズは今季最大の25cm。
f0100885_23194581.jpg

カスミアジはこの背ヒレの青い色合いがとても綺麗な魚で、メッキ兄弟の中でも最も華麗な魚です。
f0100885_23205984.jpg

この1匹を最後にアタリが遠のき、終わりとしました。

結局、最後の夕暮れ時にプチジアイがあったので格好はついたものの、釣果はメッキ×7かな。
ま、2日前の大雨の影響の後なので、これでもヨシとしますか。
サイズはだいたい20cm級が主体となってきていて、やっと今季初の25cm級も釣れたし、今後はいつまで釣れるかナ。
そろそろ群れを探すのに難しい時期となっているので、当たれば面白い釣りが出来るけど、外せば丸ボーズとなる終盤戦に突入しています。
今後はより一層、魚を探す能力と経験が試されますねぇ。
[PR]
by sierra-outdoor | 2010-10-11 23:26 | 海の釣り | Trackback | Comments(5)
10/2 終わりよければ全てヨシ?
この日は、渓流を終えてソルトモードになったChurinさんを案内して、メッキフィッシング(^^)

現地に朝6時すぎに到着。
生憎の長潮で、はっきりいって潮廻りは良くない、、、、けど、最適な潮廻りを選ぶほどお互いにスケジュールの余裕もないので、まぁ何とか少しくらいは釣れるでしょ、と言うぐらいの気持ちで釣行です。
まずは手始めの最初のポイント。ここで、Churinさん、さっそくヒット!!
小さめですが、幸先よくメッキをヒット。よしよしこれでボーズは無くなったので私のガイドも成功??(笑)
小突堤の先端に行くとチヌやらグレやらチョウチョウウオなどの稚魚が乱舞。
ミノーを投げていると、底からスクランブルでメッキがチェイス!!そしてヒット。
20cmぐらいの本日初ヒット。私もボーズ脱出(笑) 長潮なんで、釣れないだろうなぁと思っていたけど、意外とイイじゃん??
f0100885_2248176.jpg

その後もチラホラとチェイスはある。魚が沈み気味で表層のミノーにバイするには至らないけど、予想よりは釣れそうだ。

しかーし、その後定番ポイントを回るも不発。。。。。魚影が薄い。1週間前の低調だった記憶が蘇る。
うーん、今日もダメなのかなぁ。フト見ると対岸付近で2回ほど瞬間的なナブラ発生。
ベイトが追われている。あのあたりにメッキが居る可能性大。
対岸に移動してみると、確かにメッキが追ってくる、、、、が追ってくるだけ。
やっぱり底に沈み気味でバイトしないなァ。
こんな時は、ヘビーシンキングミノーの縦トゥイッチ作戦だ。
Dコンをメッキが居るであろうピンスポットに送り込む。沈めて、底からイッキに連続高速トゥイッチ。
すると思惑的中、ガッツーーーン!!!とヒット。よしよし、このパターンだな。
約23cmのメッキを筆頭に5匹ほど追加。
f0100885_22533078.jpg

Churinさんにも同様にヒット!!
びゃ~~~と投げてガッツーーンとひったくるようなバイトのある釣りの方が面白いのだが、ま、こういう釣りでも釣れないよりはマシ。

次のポイントはチビメッキが数釣れる場所。目論見通り早速ヒットする。ここはいつも居るね。でもやっぱり小さいのが難。
一瞬だけバイトが連続したが二人とも2匹ぐらいヒットした所で反応が途絶える。
群れが小さいのか・・・・・

次は、3週間前に爆発したポイント。でも1週間前は完全沈黙・・・今日はどうだッ??
3週間前と同じアプローチすると、、、、ギラッと銀鱗が閃く。よしヨシ、居るぞ。でも魚の数が少ないなあ、奪い合うようなアタックがなく、単独1匹メッキが反応してくるだけのようだ。
ここでは何とかいろいろ試して1匹だけヒット。うーん、3週前の爆発は夢か幻か・・・・(^^;;;

その後、どんどん移動して新規ポイント開拓すべく、新しい場所の様子を見に行ってみたが不発。
昼頃に折り返し地点と想定していたポイントに到着。ここならば釣れるか・・・・と思ってみたが、メッキ魚影は薄くてチビメッキ2匹のみ。
昼過ぎになり、Churinさんの希望でアオリポイントも回ってみた。ここはメッキは釣れそうになかったので私は昼寝してましたが(苦笑)

次は後半戦です。
今まで辿ってきたポイントを逆に帰る方向に戻って行く。
午前中に反応のあったポイントを探って1匹追加。やっと夕方前になって合計13匹ほど。
なんとかツ抜けにはなったが、チビメッキも多くてイマイチですのぉ。
夕方前に、例年だったらこの時期に大本命ポイントの様子を見に行く、、、が、大本命のハズがまったくの不発。ナゼ??
移動すべく車まで戻っていくと、偶然?それとも必然??小五郎君とバッタリ遭遇(笑)

夕暮れまでラスト1時間、、、どうしよう。朝イチのポイントがまだ一番マシのようなので、そこに戻るとするか。

朝イチのポイントに戻ってみたが、朝とは潮位も異なっており、メッキの付き場が変わってしまったようで、まったく反応ナシ。
でも1日でそんなに大きく移動はしない。同じエリアの何処かにはいるハズだ。何処だ???
このエリアの一番実績ポイントには、既に先行者2名。後から入る余地はない。
もう今日はこれで終わりかな、、、、と半ば諦めつつ、最後に残ったポイントへ行ってみよう。
そこへ移動してみると、別行動していた小五郎君もまったく同じ考えだったらしく、同じ場所に同時刻に到着。

ここでせめて1匹でも釣れてくれれば、、、と微かな期待だけで何気なくキャストすると・・・・・
突然にガッツーーン!!を~~~来た来たッ!!
しかもヒットしたメッキの後ろにメッキが群がる。これは居るぞ~~~
そこからが凄かった。怒濤のヒットの連続。

キャスト、着水、ガンガンとトゥイッチ、そしてゴッツーーーン!ガッツーーーン!!、ギュギュギュギュ~~~と走る。
よしよしこれぞメッキの醍醐味だ。
ちょっとショートバイトが多くてバラシも多かったが、完全に暗くなるまで活性は持続。
釣れてくるのも半分以上は20cm級なのでファイトも楽しい~~~~~
なんだカンダと、ラストの30~40分で17~18匹を追加。(バラシも同数近くあったが・・・・)
よかったヨカッタ、諦めかけていたが最後の最後で爆発してくれた。
Churinさんも大満足。
私も満足、って言うか、1週前の渋さと、この日の午後の反応の無さで、もう今シーズンはこのまま尻すぼみで終わってしまうのか・・・という危惧があったが、その不安も吹き飛んだ。
小五郎君と一緒にこの状況に安堵した、というのが本音でもありました。8月~9月中旬までがあんなに絶好調だったので、このまま終わってしまうのも悲しいしネ。

終わりよければ全てヨシ??
ただ、9月までの、何処にでもメッキが居て、それなりに釣れた時期は終わった。
居ない場所にはまったく居ない。かなり偏りが出ている。
良い群れを良いジアイに見つけられれば良いが、見つけられないと殆ど釣れないかも。
釣れる釣れないは紙一重。今回も紙一重だった。
これが10月以降のメッキ終盤戦の難しさでもあるんだな。
でも、潮廻りが悪いと思ってた長潮でもこんなに釣れたのは初めて。(そもそもこの潮廻りでは殆ど釣行してなかったし)
いろいろ勉強になった一日でありました。
(夕方は釣るのに一生懸命で撮影してるヒマがなかったので後半の画像はありませーん。ロウニンとギンガメが半々くらいだった)
[PR]
by sierra-outdoor | 2010-10-02 23:22 | 海の釣り | Trackback | Comments(6)



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
Churinさん なん..
by しえら at 21:12
しえらさん、おかえりなさ..
by Churin at 23:09
ココ最近、全く雨が降って..
by しえら at 21:27
手のヒラアジさん 先日..
by しえら at 21:25
Churinさん そう..
by しえら at 21:21
ども。 マメに記事アッ..
by 手のヒラアジ at 13:55
おー、しえらさんには珍し..
by Churin at 23:04
やはり土曜日は賑わってい..
by Churin at 22:59
都市型温排水の貴重なター..
by しえら at 20:49
なんとか釣れてくれました..
by しえら at 20:48
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism