<   2011年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
冬の上高地
何年か前から、チャンスを伺いつつ、なかなか訪れる事の出来なかった冬の上高地。
今回ようやく天候も安定しているので行ってみる事にしました。

朝8時すぎに沢渡地区に到着。
当然ながら上高地は冬季はバスもタクシーも運行していない。
そのため、釜トンネル入り口から自分の足で登る必要があります。
その釜トンネル入り口も駐車するスペースはないので、沢渡からタクシーで向かう訳です。
(ちなみにタクシー片道2800円)

予約もなしに行ったのですが、偶然?予約の隙間だったらしく少し待った後に無事にタクシーで釜トンネル入り口まで送ってもらう。
(予約者は結構多かった模様。上天気の週末は予約した方が無難かな?)
f0100885_23382381.jpg

釜トンネル入り口付近では、今から上高地に登ろうとする登山客、スノーシューツアーの団体でごった返している(苦笑)
とくに上高地のスノーシューはここ最近ブームになっているので、中高年層を中心にガイドに率いられて団体さんで繁盛している模様。

釜トンネルは全長1300mで登り勾配平均11度とかなりの登り坂。
200mか300mおきに非常口を知らせる薄明るい照明があるが、照明の中間は真っ暗になります。
小型で良いのでヘッドランプか懐中電灯があると良い。
休日なら大勢が同時に登っているので、ヘッドランプ類は無くても何とかなるけど、あった方が便利でしょう。
ちなみに今回は釣り用のヘッドランプを持参。

登ること40~50分?やっと釜トンネルの出口が見えてきました。
釜トンネルを出ると、もうそこは真っ白な別世界。
当日の路面は圧雪路になっており、そこからスノーシューを履いてもいいんだけど、まだツボ足(スキー板やスノーシュー、和カンジキを履かずにシューズだけで雪面を歩くこと)でも、ぜんぜん問題なしなので、スノーシュ
ーはデイパックに括り付けたまま進みます。

周囲の木々の枝が凍りつき(多分、梓川から蒸発する水分が凍りつくのだろうな)なかなか素晴らしい風景が続きます。
f0100885_23385912.jpg

事前の情報通り、釜トンネルから大正池までの区間は向かって右側の山側は崖が険しくあちこちで小規模だけど雪崩の痕がある。
大量の新雪が降った後の雪が緩んだ時は危ないかも。

大正池の手前のコーナーを回ると、大正池とその向こうに穂高連峰の凛々しい姿が見えてきます。
ここがをを~~~っとなる最初のスポットですね。
大正池ホテルの近くに冬季トイレがあります。ただし、ここは出発して最初のトイレ(男女兼用で1名分)なので、朝は結構混みます。
その先には田代橋近くにもう一つ冬季トイレがあるので、まだ大丈夫な人はそのまま先に進んでもいいでしょう。
f0100885_23392385.jpg

大正池の畔から、梓川沿いの散策路に沿って進みます。
このときは既にハッキリとしたトレースがあったので迷うことはないけど、かなりの降雪があった直後はトレースも消えているだろうから、地図やハンディGPSなどでよくルートを確認する必要があるかも。
田代池周辺は湿原地帯なので、夏場はもちろん雪に覆われた冬季も立ち入り禁止。
立ち入り禁止区域はロープが張ってあるので判ります。
f0100885_23401547.jpg

どんどん進んで行きます。
もう平地なのでスピードも上がり、大正池から30分もたたずに田代橋に到着。
ここから梓川右岸に渡って梓川沿いに進みます。
大正池まではあちこちに登山者やスノーシュー団体さんが周囲に居たけど、この頃になるとあちこちに散らばるのか、人の気配が少なくなり(それでもチラホラとは居ますけどね)、やや静けさが戻ってくる。
天気は上天気。暑くなってアウターを脱いでデイパックに括り付けます。
トレースを辿る限りには、まだスノーシューの必要もなく雪も硬いのでそのままツボ足続行。
f0100885_2340473.jpg

田代橋から約20分ちょっとで河童橋が見えてきました。
ここが上高地の中心地。ですが、ホテル売店などは一切営業してません(笑)
でも、ここまでいろんなルートで登ってきた登山、スノーシューの人達が再び大集結するので、かなりの賑わいです。
f0100885_23411843.jpg

言わずと知れた河童橋です。
涸沢カールがバーンと真っ正面に。いいですね~春から秋の行楽シーズンには見る事の出来ない景色。
これを見たいがためにココまでやってきたのです。
青い空と白い山。このコントラスト。いいねぇ~~。
f0100885_23415910.jpg


この風景を見ながら、持ってきたシングルバーナーでお湯を沸かしてカップラーメン。
これがまた旨いんだな。

で、結局ここまでツボ足で来てしまいました(苦笑)
上天気と、少し前に暖かい雨が降ったため、雪が溶けて再び凍ったので雪面が硬くてトレースを辿る限りにおいては、まったくスノーシュー要らず。
コレじゃ何のために持ってきたやら・・・・(^^;;;;
という事で、梓川の河原を無理矢理スノーシュー履いて歩きます。
いくら雪が硬くなってると言っても、さすがにトレースを外れるとツボ足では、ズボッと填まってしまい、まともには歩けません。
f0100885_23422242.jpg


13時になり、気がつくと、あれだけ混雑していた河童橋も、かなり人気が少なくなり閑散としてきました。
そろそろ帰路につかねばなりません。
帰り道は極力スノーシューを履いてトレースとは違う雪原を歩きます。
でも、少し前の白川郷の時とは違って、硬い雪なので歩くのは楽ちん。
とりあえずスノーシューを楽しみたい、日頃歩く事のない雪原にスノーシューで足を踏み入れたいというのであれば、雪が硬くなる初春の時期が良いでしょうね。

行きと良く似たルートを辿って田代橋へ。ここで、スノーシューは外してデイパックに括り付けて、ツボ足で歩きます。
大正池ホテルの前で、ケータイで帰りのタクシーの予約をしておくと(これ以降、釜トンネルを抜けるまでケータイは繋がらない)、トンネルを抜けた頃を見計らってタクシーは迎えに来てくれます。

そうして、15時過ぎに、無事に釜トンネルを抜けて戻ってきました。
(帰りの釜トンネルは下りなので、アッと言う間に下って来てしまいました)

今回はとても良い天気に恵まれて冬の上高地の入門者にとっては最高の条件でした。
ちょっと雪が硬くてスノーシューを満喫するのは無理でしたが、まぁ最初はこれくらいが良いでしょう。
想像してた通り、冬と言えども上高地はかなり混雑してますが、条件の良い時はスノーシューで楽しめますね。
ただし、冬山には違いないので、それなりの装備は必要です。
安易な気持ちで単独で冬の上高地に踏み入れると、遭難してしまう可能性だってありますので、自信のない人はガイドを頼んだ方がいいでしょう。
[PR]
by sierra-outdoor | 2011-02-19 23:35 | ウィンタースポーツ | Trackback | Comments(2)
今年も豪雪の白川郷スノーシュー
少し前の話ですが、1/29に白川郷に行ってきました。
自家の両親が白川郷の蕎麦を食べたい、というので、それじゃ連れていくついでにスノーシューをやろうと言うことになった訳です。

この日は、寒波襲来で積雪が予報されてしましたが、本格的に降るのは1/29晩から1/30にかけて、という予報だったので、マァ大丈夫かなぁと思い高速に乗ります。
途中で実家の両親をピックアップしてひたすら東海北陸道を北上。

白鳥IC付近から完全な圧雪路になり、高鷲ICの手前で若干のスキー渋滞。それでも、高鷲ICを過ぎれば、まぁ普通に走れるようになりましたが、この頃から間断なく降り続く雪。
高速道路本線上は、除雪が行き届いているのですが、白川郷ICを下りると、もう雪ユキゆき・・・・
何度も冬の白川郷には訪れてますが、こんなに積もっているのは初めてみる。
何はともあれ、お目当ての蕎麦屋に行って、蕎麦を食べる。
かなり有名な店らしく、早く行かないとすぐに蕎麦が売り切れるという話でしたが、この豪雪の日なので、意外とお客は少なかったです。

蕎麦を食べた後は、両親を日帰り温泉に送っていき、そこで時間をつぶしてもらってる間に、我々はスノーシューへ。

去年と同じ場所へ、、、、と思ったら、なんと!!道路が一時通行止め。
その場所へ行く途中の坂道で登れない車が出て、現在通行止めにして急遽除雪してるとか。
約1時間かかると言われて、どうしよう・・・・・
別の場所にしようか悩んで周辺をウロウロしてるうちに、除雪が終わったらしく、通行止めが解除されているのに気付いて、なんとか現地に到着。
しかし小一時間は浪費しちゃった。

除雪してある最後のドン突きまで走って、そこでスノーシューの開始。
しかし、今回はすごい雪、かつ深雪なので、ラッセルが大変。
午前中??だと思われるスノーシューのトレースがあったので、その跡を辿ってみたものの、すぐにそのトレースは引き返していた。
あまりの雪の量に断念したのかな??
そこからはまったくトレースのない深雪の中、必死こいてラッセルしていきますが、こりゃキツいわ~~~
何とか頑張って去年訪れた一軒家のある場所まで行きましたが、ここで限界。
太股がパンパンになり、これ以上進めましぇ~~~~ん(^^;;
f0100885_22284720.jpg

去年と較べて倍以上あるかな・・・・とにかくハンパない積雪量。
白川郷集落も雪が多かったけど、ココはもっと多い。一つ峠を隔てただけなのに。
雪は相変わらずドサドサと降ってくるし、温泉に居る両親をピックアップする時間も迫ってきたので、そこで引き返します。
車の近くまで戻ると、除雪してある場所に出るので、そこからはスノーシューは外せますが、この雪の壁の高いこと!!よくぞまぁこんなに積もったモンダ。
f0100885_22321874.jpg

現場を撤収して、両親をピックアップして帰路につきましたが、帰りは行き以上に雪が降ってきて高鷲IC手前で動かなくなり、たった数キロを走るのに1時間かかる始末。
まぁ、スキー渋滞は覚悟の上でしたが、帰ってきたのは深夜近かった。

これだけ雪があればスノーシューの独壇場とは言え、あまりに深雪すぎるとラッセルが大変なので、もう少し硬くなった雪の方が楽ですねえ。
[PR]
by sierra-outdoor | 2011-02-18 23:14 | ウィンタースポーツ | Trackback | Comments(0)
カブトムシ日記
今年もカブトムシをGet。

奥様が参加している野菜作りサークルで肥料として採取した広葉樹の腐葉土の中に居たのをもらってきた次第。

早速、昆虫マットを買ってきて、幼虫を飼育する環境作り。
さてさて、今年は全部成虫になるかな?(去年は4匹中3匹、全て♂だった)

f0100885_22151490.jpg

[PR]
by sierra-outdoor | 2011-02-18 22:07 | アウトドアその他 | Trackback | Comments(4)
ニセコ・札幌
今シーズンも行ってまいりました>ニセコ

2/4の朝イチのヒコーキで千歳へ。
千歳からバスでニセコ入り。
雪はたんまりありますが・・・・・・ 生憎の春模様のお天気。
少し前まで、寒気が居すわってガンガンと雪が降っていたのに、急に春みたいな陽気になっちゃって。
さすがの北海道でも、ダメ。雪質は悪かったです。
昨シーズンのような腰まであるパウダーを楽しみにしてたのですが・・・・
下の画像では雪はヨサゲに見えますけど、ニセコにしては悪かったです。
f0100885_2337564.jpg


滞在中はほとんど雪も降らず。
帰りの最終日、バスに乗り込んだあたりから急に雪が激しくなってきた。
うーーん、今回はとことん雪に見放されたのでした(苦笑)
かろうじて、昨シーズンは一度も見れなかった羊蹄山が姿見せてくれたのがせめてもの救いか。
f0100885_2344137.jpg


最終日は、早めに千歳に向かって、重荷の荷物を預け入れた後は、札幌へ移動。
地下鉄の駅を下りて、びっくり。めちゃんこ雪がある。地下鉄の駅出てすぐにコレですよ。この雪の量。幹線道路も圧雪状態ですが、一本路地を入ると、こんな状態。
f0100885_235093.jpg


とりあえずは楽しみにしてた、回転寿司~~~
ほんと、北海道は回転寿司のレベルが高い。なぜこんなに旨いのだ。しかも安いし。
逆に言うと、なぜ本州の回転寿司はあんなにレベルが低いのだ(一部、良い店もありますが)

そして夕方は、札幌の大通り公園に移動して、雪祭り~~~見学。
平日だと言うのにけっこう混雑してました。
これはサザエさん一家の雪像です。よく出来ていました。
f0100885_23521852.jpg

ライトアップの雪祭を少しだけ楽しんで、すぐに千歳に舞い戻って、帰りのヒコーキに飛び乗る。
次はいつ行けるかな?

格安スカイマークが中部~千歳の間を飛ばすようになったので、今後は土日の1泊2日で北海道に釣りに行けるカモ?(笑)
[PR]
by sierra-outdoor | 2011-02-04 23:32 | ウィンタースポーツ | Trackback | Comments(6)



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism