<   2011年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧
メッキ 8/27
今年は、遅れていましたがようやくメッキが釣れだした模様で、様子見を兼ねて行ってきました。

現地には昼過ぎの13時すぎに到着・・・・・
しかーーーし、豪雨でとても釣りが出来る状態ではない。
周辺をウロウロと走っているうちに、だんだんと雨が止んできたので、15時すぎに改めてポイントに戻る。

例年と同じポイントを探るも不発・・・・
少し離れた小さなポイントを探っていると、1匹のメッキがチェイス!!
食わせられなかったので、そのメッキが戻って行った方向に投げて、トゥイッチすると、一発でガッツーーン!!
よーーっし、コレですよ、コレ。メッキの醍醐味は。
なかなかのファイトで上がってきたのは、予想よりも大きめの17cmのメッキ。
このサイズが釣れるなら悪くないな~~
f0100885_18145940.jpg

その次のキャストでも同クラスがヒットしたが、ファイト中にフックアウト。
しばらく後でも、やはりヒットしたが、手前の沈んでいた障害物にラインが巻かれて、プッチ~~~ン。
ここでヒットも終わってしまいました。

周辺をくまなく探るも、どうもメッキの魚影が薄い。
昨年秋に調子良かったポイントでも、10cmちょっとのメッキの群れは発見できたが、チェイスはするもののバイトし辛く、1匹ヒットしたのみ。

小さく移動して、別のポイントに入って、1発目はダツがヒット・・・・・(^^;;;;
その次のキャストで、ワラワラと10匹近くでチェイスしてくるメッキを確認。
再度キャスト。水面直下でトゥイッチかけるとガボッ!と水面が割れてヒット。
f0100885_18183945.jpg

このポイントでは合計3匹ほどヒットしたが、群れがあまり大きくないため、その後沈黙。

17時を過ぎてもパッとしないので、大きく移動してみたものの、最後のポイントでもチビメッキは居たものの、サイズの良いメッキはおらず、1匹追加したのみ。
ここで終了となりました。

今年はメッキの成長が遅れているのは実感してましたが、魚影も去年に較べると薄いな~~
群れが小さいような感じ。
まだ1回目の釣行なので、なんとも言えないけど、去年みたいな楽な釣りは難しそうです。

とは言え、メッキ特有のスピード感溢れるチェイスとバイト、そして直後の疾走感はやはりメッキならではの味わいであります。
今年もメッキで楽しませてもらいましょう。
[PR]
by sierra-outdoor | 2011-08-27 22:10 | 海の釣り | Trackback | Comments(4)
近況と、渓流 8/20
ちょっと更新が滞ってました(苦笑)

8月に入って、何かと小さな用事があったり、週末は親類と一緒にキャンプに行ったりして、釣りできる時間がなかなか捻出出来ず(^^;;;
(キャンプに行った時に、キャンプ場横で甥っ子とエサ釣りで小物釣りとかはしましたが)

それでも、短いヒマな時間が出来たら、近くの川へ自転車でフラフラと走りに行って、オイカワ釣りとかナマズ釣りはしてました。
オイカワをマジめに狙うなんて、小学生以来でしたが、意外と奥が深い(笑)
近くの川が、両岸護岸されて、平瀬がひたすら続く川なので、オイカワは小石が沈む浅瀬に居たりする。それを判るまでに時間かかりました。
平瀬に居るので、警戒心が強くて、今使ってる唯一の延べ竿が3.6m、これでは届かない。
低姿勢に這いつくばってストーキングして、手を目一杯差し出して、ぎりぎりオイカワの泳いでいる場所に仕掛けを届かせるのが精一杯。
それでも、少しでもウキ仕掛けにドラッグが掛かると食わないンですよね~~~~オイカワちゃん。

エサ釣りでも、フライフィッシングのドライでも、ナチュラルドリフトが基本なのが、身に沁みて判ります(笑)
f0100885_15403143.jpg


とりあえず、竿を最低でも4.5mにグレードアップせにゃいかん。
しかし、意外と小物用渓流竿ってそこそこの値段するのよね。ヤフオクでも、それなりに高値だし。
どこのメーカーか判らん、無名竿なら安いけど、せめてダイワ、シマノ製品でないとねえ。
でも、たまにしかやらない釣りなので、あまりお金もかけられないので、安い中古竿を探す今日この頃です。




さて。

8/20 久しぶりに渓流へ行って参りました。
本当は、近海オフショアに行こうと思ってたのですが、オフショアに行くには天気がビミョーに悪い。最近、釣果もやや低空飛行気味。
そして前日にそれなりの雨が降ったので、海は中止して、渓流に行くことにしました。

当日、夜明け頃に現着。
思ったよりも降水量が少なくて、平水どころかやや渇水気味。これでも前日の雨で水位が増した方らしいので、それまでの渇水がかなり酷かったことが伺える。
もうこの時期は、残された時間も少ないので、尺狙いオンリー。
小物ポイントはスッ飛ばして、大物ポイントのみランガン。
しかーーし、期待していた増水&濁りがないためか、魚の反応は激シブ。
たま~~~に、フラフラッと尺クラスのチェイスはあるが、チェイスと言うより、様子見に来たというのが正しいぐらの低活性。
ミノーの後ろ、数mを、しかもボトムぎりぎりに付いてくるだけ。勿論、すぐにUターン。
それも、最初の1回っきり。
朝イチだと言うのに、これじゃ釣れません(苦笑)

朝8時までやっても、ノーバイト(正確には、今年放流と思われる稚魚1年生がジャレついてくるのはあったが)
追ってくるのは1年生ばかり。こりゃアカンわー。
増水&濁りがなければ、3年生以上は私には釣れない・・・・・・

そういう事で、これ以上居てもダメなので、退散。

ただ、帰るのも勿体ないので、峠を超えて、別の川の様子を見に行く。
すると、峠を超えてしばらく走らせると、、、あれれ、路面が濡れてる。さっきまで降ってたみたい?
川の流れが見える場所までやってくると、なんとそこそこの増水&濁りではないですか!
あれま、さっきの川とそんなに離れていないのに・・・・・この違いは・・・・・

この水量と流れなら何とか釣れそう?時間的には昼に差しかかる時間だが、幸いにもこの日はずーっと小雨&曇りで涼しいし。
川に沿って各ポイントを見て回る。様子見で入ったポイントで23cm級のアマゴのチェイス&ショートバイト。
これはイケそう?な感じ。さらに下流へ走る。
すると、途中で何処かで見かけた様な車が停まっている。
Uターンして確かめに行ったら、やっぱり、JYIさんでした(^^)

JYIさんと情報交換。これから上流部を探るとおっしゃるので、私は更に下流へ走る。

下流に走って、春に実績のあった場所を中心にランガン。
この時期なら、数は出ないが、出ればそこそこ大きいはず。
何度かランガンを繰り返して、とあるA級ポイントが、空いている事に気付いた。
いつものならアユ師達で埋めつくされている、この川もこの日は肌寒いせいか、増水のせいか、天気のせいか、かなり空いている。
折角だから、探ってみるか~~~~

最初のスポットは反応ナシ。ううーん、ここが一番良いのだが。
次のスポットも、さらにその次のスポットも反応なし。水の流れは良いだけどなぁ。
戻りつつ、最初のスポットで念押しで投げてみる。まぁさっき投げたばかりなので、釣れんよな・・・・
と、案の定、ミノーが視認できる近くまで何もないまま来ている。
次のキャストは何処へ投げるか?とよそ見しながら、手だけはリトリーブを続けていると。

突然に

ガツガツガツーーーン!! 手元に伝わる衝撃。

げげ、何だナンダ!?

見ると、渕尻まで流されたミノーに魚がヒット!!ローリングしてるし!!しかも、けっこうデカイ!!

思わずリーリングしていたノブから左手が離れてしまったが、魚が比較的大きかったので流水抵抗もあってテンションが抜けなかったのが幸いした。
(普通サイズだったら、ノブから手が離れてしたった次の瞬間にバレちゃうからね)

流芯でグルグルとローリングしている魚。アマゴだ。サイズは悪くない。
急いでノブを回して、水面でローリングしてるうちに強引に寄せて、バレる前に上げてしまえ~~と、ゴボウ抜き(苦笑)
よーーっし、何だか判らんが、釣った、いや釣れた(^^;;

サイズは思ったよりもいい。急いでネットに入れて、魚を水に漬ける。
を~~尺行ったかな。軽くメジャーを当てると、だいたい31ぐらい。
やったー、この川でやっと尺上が釣れた~~~~

アマゴが弱らないように水に浸して、まずはフックを外さねば。
片方のフックがネットに絡んで外し難くなってる。もう片方は目の近くに刺さっているので、傷付けずに外したい。
外れたら撮影会だー、と思っていたが、ネットに絡まったフックを外すのに、予想外に手間取る。
で、やっとネット絡みを解消して、あとはアマゴにフッキングしてる方を外せば、、、とフォーセップを取り出したら、次の瞬間、アマゴが我に返ったのか跳ねる。
すると、ネットから飛び出して、さらに掛かっていたはずのフックもその拍子に外れて、2度3度と跳ね回ってネットの外へ~~~~
あっちゃー、いかん。せめて撮影だけは・・・・・と思ったものの、そのままアマゴちゃんは流れの中へ消えていった。。。。。。
ああ、せめてワンショットでいいので撮影させて欲しかったが・・・・・

少しスレンダー気味で、この時期としては体高のある幅広のアマゴとは違う魚ではありましたが、一応尺上。しかもこの川では初尺。
ま、しょうがないか。

これで俄然やる気が出て、同様の場所をランガンする。
しかし、世の中そんなに甘くはない。その後は25cm級を1本追加するのみ。

最後にJYIさんと合流して、いろいろ話をする。
少し前までは、尺上の反応もぼちぼちあったらしいが、盆過ぎたら、パッタリと姿を見せなくなったとか。
そんな中で、何とか釣れたのでヨシとしよう。

そんな訳で、尺アマゴの画像はナシ(苦笑)
画像がないと、ホントに釣ったの?とツッコマレそうですが、まぁそこんとこは信用して頂くとして。
何も画像ないのもツマラナイので25cm級の画像を付けておきます。

f0100885_16181766.jpg

[PR]
by sierra-outdoor | 2011-08-20 15:32 | 渓流釣り | Trackback | Comments(6)



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism