<   2011年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
そろそろ終盤戦 10/29
秋風が身に沁みて、晩秋へと季節が進む今日この頃。
メッキ戦線も、そろそろ中盤から終盤へ・・・・・

10月初旬以来、行けてなかったメッキに行ってきました。

今回は、海を見たい、と奥様が言うのでドライブを兼ねて、現地に向かいます。

と、、その前に地元では結構有名?な海鮮丼を食べに行きます。
これで奥方のご機嫌を取りつつ(苦笑)、まずはポイントへ向かう。

1箇所目。
3、4年前は絶好調だったけど、どうもココ2、3年は泣かず飛ばず。
豊漁だった昨シーズンもイマイチだったので潮の流れが変わったのかな~~
今回もコトヒキのチェイスのみ。移動します。

2箇所目
ここは、いい感じでしたが、不発・・・・ひょっとすると夕マズメまで粘っていれば、ドカンと爆発しそうな気配はあったものの、他に探りたい場所があったので移動。

3箇所目
ここは、釣りと言うより、チョウチョウウオ、ルリスズメダイ、ツノダシなどの南洋の魚が岸壁沿いによく見られる、奥様お気に入りの場所。
メッキはあまり釣れません。。。。。アオリはけっこう居るけど(当然アオリ釣り師も)
しばらくルリスズメダイの観察をしてると、、、、、湾内が騒がしくなってきた。。。。
あちこちから鳥が集まり、トリヤマ発生。
すると水面がドバドバドバ~~~とナブラ発生!!
ひえーー、こりゃ青物だ。
急いで車からタックルを持ち出す。
ナブラはかなりの速さで動く。しかし、湾内の真ん中。この日持ってきてるのはメッキタックルのみ。届かん・・・・
なんとかメッキタックルで届く射程圏内に近づいてくるか、待ちましたが、どんどん遠ざかり、そのうちナブラもトリヤマも消滅。
うーー残念。せめてショアジギングタックルだったら届いたと思うが・・・・・
f0100885_12311449.jpg

その後は、足元に群れるチビアオリと遊んでみる。
1個だけ持っていた2.5号エギで誘ってみると、興味津々でチビアオリーが寄ってくる。
しかし、タッチはするものの、警戒心があって抱きつかない。
まぁ釣ったところで、胴長で10cm程度なので、キープも無理なので、釣れなくても、アオリ独特の反応をサイトで見て楽しんで、夕方になったので移動~

4箇所目
ここが今日最後になるかな。少し期待大の場所。
手前から探っていく。試しにチョイ投げた1投目に、数匹のメッキがチェイス!!
よしよし、居るぞ居るぞ。
沖合に向けて遠投~~~着水してハンドル1回転でガツン!!
よ~~~っし、来た来た~~~~

遠くで掛けたので、右に左に走り回るメッキ、楽しめました。
ようやく今シーズン20cmを超えましたよ。いつもなら9月中旬には釣れるサイズなのにね。
f0100885_12353592.jpg

ギンガメの22cm級。(オニヒラも酷似してるけど、多分ギンガメ)

その後もぼちぼち反応がある。何匹かヒットしたりバレたり。チェイスは毎回あるので、そこそこの群れが入っているかな。

そして、ちょっと異なる色合いの魚がチェイス!
あれは・・・・ひょっとして・・・・・
もう一度投げる。足元近くまで来て、1匹が横からミノーをひったくる。
よーーっし、カスミだ。10月も末になってやっとカスミが釣れた。
いつ見てもカッコEな。個人的にはこのクラスならロウニンよりカスミの方が好きです。
f0100885_12384622.jpg

ブルーの背中がとても綺麗。
f0100885_12391067.jpg


ここで撮影などで時間を取られているうちに、、、、群れがどこかに移動しちゃって、反応が少なくなってきた。
小移動します。

秋の日はつるべ落とし、と言われるくらいにどんどん暗くなる。
暗くなると終わりのこの釣りなので、急いでキャスト。
するとワラワラっと大量のメッキが湧いてきた。こりゃ居るぞ~~~
次のキャストで、ヒットしたがバレた・・・まだまだ居る居る。
ルアーを交換。すると、、反応が悪い。群れで追ってこない。
慌ててルアーを戻す。しかし、この僅かの時間が命取り。次のキャストでは反応なし。
移動しちゃったか??
右に左に、投げる位置を変えてみると、もう1回、群れを捉えたけど、この時も食わせられずに、群れは消え去る。

結局、群れとは別に単発で2匹ほどメッキをヒットさせた所で、日没コールドゲームとなりました。

ちょっと時間が足りなかったか、、、全部で8匹のみ。
あれほどの群れの規模なら最低でも15~20匹は釣らないと。
まだ今季はツ抜けを1回も達成してないので、ツ抜けしたかったけどな~~
あと、季節的に25オーバーも目指したが、これも不発。

とは言え、なんとか釣れたので、これでヨシとする。11月下旬にドカンと尺クラスを釣りたいですなあ。
[PR]
by sierra-outdoor | 2011-10-29 23:21 | 海の釣り | Trackback | Comments(4)
秋の生Z
この日は朝方に激しい雨が降り、一時的に河川は増水と濁り。
10月も下旬になりつつあるこの時期、生Zは釣れるかな~?と思い、夕方にプラプラといつもの生Zポイントまで自転車を走らせる。

現着してみると、水量は平水より+5~10cm程度かな。
濁りは、やや強めの濁り。いつもならコイが泳いでいるのが視認できるのだけど、この濁りで判らない。
果たして生Zちゃんは居るのか?

しばらくキャストしていると、、、、テトラのすぐ際で、ガツガツガツッ!!
来たッ!
生Zが水面を割って暴れる、、、、と、一瞬のあとにバレた・・・・
ルアーが足元まで飛んできた。しかも切れた状態で。
危なかった、もう少しで生Zの口にルアーを残してしまうところだった。
もうこのライン(ナイロン14lb)も何回も使ってて、劣化してるなぁ、そろそろ替え時か。

でも生Zが反応してくる事が判ったので、続けて投げ続ける。
1、2回ほど生Zらしいチェイスがあったが、バイトまでには至らない。
アプローチする角度やトレースラインを変えつつ何度か繰り返し探ると、またヒット!!
浅いので、水面をバシャバシャと暴れる生Z。けっこう良い型だね~~~
流れに乗りながら下るので、それにあわせて自分も下り、少しづつ足元まで寄せる。
約60cmの生Zでした。(デジカメやケータイを忘れたので画像はナシ)

次のポイントでは、そ~っと忍びよると、足元で3匹ほどの生Zを視認できた。
よしよし、こりゃ釣れるぞ~~と思ったのだが、1匹はヒットさせて、あともう少しでランディング、、、というところであえなくフックアウト。
その影響か、もうヒットして来なくなった。
ちょっとスレてるなァ(^^;;;

だんだん薄暗くなり、しかも雨がポツポツと降ってきたので、本降りになる前に撤収~~~~

10月下旬でも状況が良ければ、まだまだ生Zは釣れそうですね。
やはり、雨が降ると生Zは活性が高まる。
ほとんどイワナと同じような行動パターン。付いている場所もイワナに似てるし。
あとどれくらいまで楽しませてくれるでしょうか。
[PR]
by sierra-outdoor | 2011-10-22 23:06 | その他の釣り | Trackback | Comments(2)
沖縄観光
10/14~16にかけて親族を連れての沖縄観光旅行でした。
3日間とは言え、14日(金)は夜に那覇着で寝るだけ。実質1泊2日の弾丸ツアー(笑)
まぁ、沖縄が初めての人ばかりなので、沖縄入門としてはこれでいいのかな。

まずは旅行で気付いたことなど。

その1 スカイマーク

今回初めて、LCCのスカイマークを使いました。
ちょっとだけヒコーキの内装や装備が古いかもなァ~という気がしましたが、海外の航空会社でも似たようなヒコーキだし、たかが2時間程度のフライトなので気にしない。

でも、チェックインが出発2時間前にならないと受け付けてくれないのが不便。
早めに飛行場に着いて、面倒なチェックインを済まし荷物を預け入れて身軽になりたいのに(^^;;;

さらに、セントレアのスカイマークのカウンターは、随分と端っこにある。まぁこれはいいとして。
問題は那覇空港。
なんとスカイマークの名古屋~那覇便は第二カウンターでしか扱ってくれん。
この第二カウンターというのが、那覇空港ターミナルの1階(通常は3階にある)のこれまた端っこにある郵便局のさらに裏!!(笑)
なんで、名古屋便だけ(宮古~那覇便もだけど)こんな僻地なのだ。
3階にあるカウンターでダメなの??なんで??

さらにさらに、自動チェックインするのはいいけど、チケット発券以外に、預け入れ荷物に貼り付けるタグも預け入れ個数分だけゾロゾロと出てくる・・・・
これを自分で荷物に貼れってさ(名古屋カウンターは通常通り、全てスタッフにお任せで貼ってくれた)
マジかょ!! 海外の航空会社でも自分では貼らなかったぞ。

さらに、さらに、さらに。
帰りの便はかなり遅くて20:30発。
それは目一杯1日を有効利用できるので、有り難いのだが、、、この日は悪天候になった訳でもないのに出発が45分も遅れた。
セントレアに着いたのは23:30過ぎ。もう名古屋駅に辿り着く公共交通機関はありましぇーん。
(終電は岐阜行きが23:31発)
元々、予定通りであっても、かなり遅い時間にセントレアに着くので、預け入れ荷物の受け取りの時間も考えると、電車は時間的にキツい。
そんな訳で今回は車で来ていたので、家に帰り着くのが遅くなる以外はあまり影響はなかったが。
その日のうちに名古屋駅周辺まで交通機関で行かねばならない人は困っただろうなァ。
遅れた理由も「使用する機材の到着が遅れたため」って、その機材(つまり名古屋から飛んでくるヒコーキ)が何で遅れたのかは説明ナシ。

まぁ、LCCなので仕方ないか。

しかしながら、なんだカンダと文句言いましたけど、多少の不便さは目をつむってもこの安さは魅力なので、今後も使うカモです。
こんなもんだ、と慣れてしまえば気にならない(笑) 多分。



その2 リゾートホテル

沖縄には何度も訪れてますが、いつも安い宿ばっかしで、今回は1泊だけという事もあり、ちょっとだけリッチに沖縄泊としては初めてのリゾート泊。

数あるリゾートホテルの中から選んだのは JALプライベートリゾートオクマ。
沖縄本島北部にあるリゾートです。

名護のさらに北にあるので、けっこう遠いです(沖縄としては)
レンタカーで高速を走って寄り道せずに1時間半~2時間ぐらいでしょうか。
天候が悪かったので、海には潜らなかったけど、水質は悪くなさそうで、沖縄本島としてはまぁまぁではないでしょうか。
(本当に綺麗な海に行きたければ、離島に行くべし)
f0100885_2384385.jpg

部屋は全てコテージタイプ。完全独立コテージはやっぱり値段が高い。
リーズナブルな、集合住宅みたいなコテージにしましたが、室内は結構良かったです。
敷地は芝生が敷きつめられており、従業員スタッフの対応もよろしいです。
f0100885_2383250.jpg

一番良かったのは食事。
僻地?のリゾートホテルなので、食事は基本的にホテル内のレストランしか選べません。
値段はそれなりですが、でも美味しかった。全て旨かった。あの味ならあの値段は許せる。



その3 沖縄のレンタカー

レンタカーは沖縄地元の会社としては大手のOTSでWeb割で借りました。
1300ccクラスの車種指定なし、で2日間借りて6300円。
借りたのはマツダのデミオ。
沖縄で走ってるデミオって殆どレンタカーです(笑)
安い代わりに車種指定なしなので、当日にならないと何があてがわれるか判りません。
ヒュンダイだった事もあったので一種の賭みたいなモノですね。
まぁヒュンダイでも普通に走りますけど。
全車ナビとETCは付いています。

そうそう、高速を走って思ったのだけど、沖縄はETC普及率が低い。
本土じゃ、もう高速を走る大多数の車はETC搭載だけど、沖縄はETCレーンを通過するのは 「わ」ナンバー(つまりレンタカー)ばかりです。
地元車の大部分は通常レーンに並んでます。
ちょっと前まで沖縄は、確か高速が社会実験で無料だったせいかな?
それとも高速が1路線しかないし、端から端まで走っても100kmちょっとの島なので地元の人は日頃から高速に乗らないのか??
とにかくETCの普及率は低いです。
だから、ETCレーンも1箇所だけ。通常レーンが4つくらいあって、隅っこにETCレーンが1つだけある、という感じ。

ガソリン価格は本土より割安。だいたいレギュラー125円が相場。
ただし、レンタカー返却地のすぐ横のスタンドはめちゃ高くて145円(本土並)
そこに行くまでこの価格差は気付かなかった。少しだけ手前の普通のスタンドなら125円は無理でも130円前後だったので、レンタカー返却時には、少し離れたスタンドで満タンにしましょう。


その4 釣り

折角沖縄まで行くのだ。たとえ親族サービス旅行でガイドに徹しているとは言え、タックルを持って行かないのもツマラン。
たとえ短時間であっても、竿を振りたい(笑)

と言うことで、パックロッドだけ持って行きました。

沖縄在住のAPOさんにコンタクト取ってみたら、案内してくれるって!!(嬉)
土曜日の夕方の短時間ですがホテルまで迎えに来てくれると言うので有り難く甘えることにしました。

夕方、ホテル前で合流し小一時間ほど走ってポイントへ急ぐ。
少し前まで土砂降りの雨だったということもあり、それじゃ~~ミキユーポイントに行きましょう、となった。

ところでミキユーとは?? オオグチユゴイの沖縄名。
汽水域から、かなり上流まで棲息しており、フィッシュイーターです。
沖縄での唯一の渓流魚?と言えるカモ。
ただし、環境悪化で数は減っているらしく、何処でも釣れる、という程甘くはないンですがね。

雨による増水で濁りは出ているものの、渓流魚?なら丁度良いくらい。
一番良いポイントをAPOさんに譲ってもらって、ココゾ!!というピンポイントを通すと・・・・
一発でガッツーン!!
来たキタ~~

ここは、ミキユーもメッキもチヌもヒットする場所なので掛かった魚は判らない。
小さなゴロタ石の場所なので、石に潜られぬように、じっくり寄せてくる。
ギラっと光る銀鱗。あれは、ひょっとしてミキユー!?
そしてAPOさんにネットでランディングして貰ったのは、紛れもないミキユーでした。
自分自身、初ミキユー。
以前から釣ってみたかったのよね~~
サイズは32~33cmほどで、ミキユーとしては悪くないサイズらしい。
この1匹だけで大満足。
あとは、夕暮れまでAPOさんと並んで、いろいろ話しながらルアーを投げる。
それ以降はヒットはなかったけど、APOさんのお蔭で初ミキユーが釣れたのでヨカッタよかった。
f0100885_2375472.jpg


その5 美ゅら海水族館

まぁ言わずと知れた沖縄観光名所。
今回の旅行のハイライトです。
個人的には過去に1回訪れているのですが、やはり美ゅら海水族館はいいですね。
水族館としては海遊館の方が規模は大きいと思うけど、黒潮大水槽のジンベイザメにマンタの群れは圧巻。
さらにGTも居るし(笑) だいたい15~20kgくらいですけど。
オキちゃん劇場のイルカショーもなかなか良かったです。
f0100885_2374117.jpg


今回は駆け足では、ございましたが、沖縄を堪能しました。
また行かないとね~~
[PR]
by sierra-outdoor | 2011-10-16 23:05 | 旅行 | Trackback | Comments(7)
連休の釣り
渓流が禁漁になって、ワカサギが釣れ出すまでは、海モードです。

3連休の初日、甥と姪を連れて、再び敦賀へ。
2週間前に短時間とはいえ爆釣だったので、まぁコレならお子チャマ達でも釣れるだろう、、、と思い、天気も上天気なので行ってみました。
到着は正午過ぎ。ポイントはすでに大部分の場所はすでに先客アリ。
少し釣り難い場所が空いていたので、ま、ココで良いかと思って釣り座を決めます。

コマセを撒く前からサヨリが見えていたので、またまた爆釣を確信したのですが・・・・・
今回は厳しかった。
サヨリは居るには居るんだけど、とにかく水面まで湧いてこない。
水面下50cm~1mくらいのレンジでコマセをばくばく食っているのだけど、どれだけ撒いても水面まで来ない。
潮が左から右にゆっくり流れるのだが、風が逆に右から左へ。
そうなると、仕掛けはウキや糸が風に流されて潮と逆方向に流れる。
しかけをコマセと同調させようにも出来ない。
そんな訳でコマセには群がるのに、付け餌には寸前でプイっとUターン続出。

それでも時々は食うのだけど、ウキまでアタリが出ない。サイトで付け餌を凝視して、食った瞬間にアワセないとダメ、という厳しさ。(放置すると吐き出してしまう)

なんとか、甥の方は数匹は釣ることが出来たが、姪の方はちょっと無理だった。
そのうちボラの大群が回ってきて折角寄せたサヨリを蹴散らしてしまうようになってしまう。

ただ、最後の最後でタナを深くしてみたら、15cmほどの子アジがヒット!!これで姪にも魚が釣れて大喜び。
二人とも面白かったという事で、まぁこれでヨカッタのかな。
結局、4人がかりでサヨリ21匹と、子アジが7匹。
全て、子供たちのお腹の中に収まりました(笑)




二日目。

今度はメッキ釣りです。
小五郎君と同行して、午後3時ころに現着。
まずは、小手調べに入った最初のポイントで3匹ほどGET。
f0100885_21105875.jpg

サイズは未だ20cmを超えないが、1回だけ23cmくらいのマァマァのサイズがチェイスしてきたので、そろそろ釣れるかなぁ~と本命ポイントに夕マズメに入るが・・・・・

なんと、本命ポイントがまったく反応ナシナシ・・・・

うーーん、仕方ない、じゃ第二本命へ。

ところが!!

その第二本命もまったく反応ナシ。スレてるとか活性が低いとか、そんなんじゃなく、魚(メッキ)が居ない。
これはドーユーことだ!?Why??
今までだったら、第一本命か第二本命のどちらかでは絶対に釣れたのに。
両方が完全沈黙したのは、10月の上旬としては今まで経験ない。

ナンナンでしょ?? 11月過ぎなら、これも致し方ないが、まだ10月だと言うのに、なんかシーズン末期のような・・・・
まだ20cmオーバーを1匹も釣ってないのに。
こりゃ困りましたネェ。
次回の釣行の時は、大きくエリアを変えて探らないといけないかも。




三日目。

家の用事を済ませて、自転車で行ける範囲内でデイナマズでもやってみるかな~(水位が渇水気味なので期待薄いが)と思ってましたが。

ところが、今飼育しているカブトムシの幼虫の世話をしてたら日が暮れてしまった(苦笑)

今年の夏に何匹か幼虫から孵化させたカブトの成虫を飼っていたのですが、お盆前にお亡くなりなったり脱走したり。。。。。忘れ形見に卵だけは残してくれたみたいで、8月末に腐葉土をひっくり返したら、初齢幼虫が30匹ほど出てきた。
幼虫飼育に適した昆虫マットを入れて、1カ月ほど放置しておいたら・・・・・・知らぬ間に殆どが終齢幼虫にまで育っていて、狭いプラケースの中の昆虫マットはもうコロコロとした糞だらけ(^^;;;;
慌てて、昆虫マットを新たに購入して全交換。
しかし、10キロの昆虫マットが1カ月弱で無くなる・・・・・・ で、すでに今日で3回目のマット交換。
いったい、こいつら来年春までに何キロのマットを食うのだ???

昆虫マットの代金もバカにならん。厳しい小遣い事情を圧迫しております(苦笑)
寒くなったら、少しは消費が減るかな。

と、まぁこんな感じで3連休は過ぎていったのでした。チャンチャン。
[PR]
by sierra-outdoor | 2011-10-10 21:22 | 海の釣り | Trackback | Comments(2)
メッキ 10/1
だんだん秋風が体に沁みる季節になってきました。
渓流のシーズンも終わり、これで心置きなく(笑)ソルトに集中できます。

って事で、早速メッキに行って参りました。
今年は、メッキの回遊量が少なく、さらに成長も遅れており、9月は2回も台風来襲などもあって最も数が釣れる9月には一度も行かず終い。
なんとかこの遅れを挽回しないと。

現地に15時すぎに到着。
去年9月に調子の良かったポイントを探りますが、無反応・・・・・
移動して、毎年恒例のポイントに向かいます。

この日は北よりの風がキツくて、投げ辛い。
実績ポイントを探って行くと、いきなりガツン!!ギュギュギュイ~~~~ン!!
来た来た。やっぱりメッキは居ましたね~~
右に左に走るメッキ特有のファイトを楽しみながら、上がってきたのは17~18cmクラス。
f0100885_1038279.jpg

群れが入っているかな?と思ったのだが、その後沈黙・・・・
このクラスが群れていると楽しいのですがね。

少しづつ移動して、探っていくと、船溜まりの係留船の間からポツリポツリとヒットはしてきます。
でもサイズが小さめ(15cm級)なのと、どうも連続ヒットしてこない。
それでも、例年通りであれば、明るいうちにポツポツとヒットしてくれば、大抵の場合は夕暮れ時にプチ爆発くらいはある事が多いので、夕暮れマズメに期待して釣り歩きます。

そしていよいよ夕暮れ。
釣るぞ~~~、とキャストを繰り返すが・・・・・あれ???ヒットなし。
群れが入ってきていない??
今更移動はできないので、実績場でひたすらキャストを繰り返しますが、ノーヒットのまま日没ゲームセット。

ありゃりゃ、やってしまった。
夕マズメのポイント選択を間違えると、こうなってしまうなァ。
とは言え、明るいうちにそれなりの反応があれば、マズメ時も、釣れるハズなのがいつものパターンなのだが、今日はそのパターンが崩れてしまった(^^;;;;

結局、この日は6匹のみ。最大は最初に釣った18cm級。型も数も不満が残る結果でしたが、とりあえず釣れる事には釣れるので、まぁ半日ほど楽しめたのでヨシとしましょう。
[PR]
by sierra-outdoor | 2011-10-01 23:32 | 海の釣り | Trackback | Comments(4)



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
まぁ、この川では本命じゃ..
by しえら at 23:41
良いサイズのニジマスが出..
by Churin at 22:02
Churinさん なん..
by しえら at 21:12
しえらさん、おかえりなさ..
by Churin at 23:09
ココ最近、全く雨が降って..
by しえら at 21:27
手のヒラアジさん 先日..
by しえら at 21:25
Churinさん そう..
by しえら at 21:21
ども。 マメに記事アッ..
by 手のヒラアジ at 13:55
おー、しえらさんには珍し..
by Churin at 23:04
やはり土曜日は賑わってい..
by Churin at 22:59
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism