<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
勤労感謝のワラサ 11/23
超久しぶり?にオフショアに行って参りました。

この所、ワラサ、サワラがぼちぼち釣れており、それより興味があるのが巨アジ。
40cmクラスのアジが釣れているので、これが釣れるといいなぁ、なんて思いながら乗船。

当日は曇りがちでしたが風も弱く波も低めで、絶好?のオフショア日和。
出港して約30分でポイント到着。神島のちょっと北寄り??
この場所は初めて釣る場所だな。
水深は60~65mほど。150gのジグを装着して釣り開始~~~

始めて早々に同船者にヒット!!
ドラグを引き出して、なかなかのファイトを見せていたので、ブリクラスか。。。。と思ったのだが、水面まで上げてきたら、なんとハンマーヘッドシャークの尾にスレ(苦笑)
しばらく反応のない時間帯が続きましたが、潮の流れがあまり早くないので、ジグを130gのメジュームに交換。
センターバランスのメジュームならフォールでサワラなどが食ってこないかな・・・・

ジグを軽くしたので少し軽めのタックルにチェンジ。
リールは、少し前に入手したセルテートハイパーカスタム4000H。なかなか巻き心地が軽くて良いリールです。
しばらく釣り続けていると、突然に船長が叫ぶ
「ボトム付近、反応出てるぞ~~~!!」
それを聞いて、ちょうど中層までシャクリ上げている途中だったが、即フォール。
すると、船の反対側からヒットの声!!
次の瞬間、ボトムまで10mほど残していきなりラインの出が停まる。
来たっ!!
即座にテンションを掛けてフッキング。乗ったァ!!
左右でも同時にヒットし、船中大フィーバー。

最初は重いだけの鈍重なファイトであったが、なかなか簡単には上がってこない。
船長が「バラすなよ~~慎重に上げろ~」とファイト中の数名に声をかける。
「これだけ同時にヒットするとネットが足りん~~」と船長の嬉しい悲鳴?
じっくりジックリと水面まで上げてくる。念のため、少しだけドラグを弱くする。残り10mを切ったあたりから、魚が船影を見たせいか、いきなりドラグを泣かせながら走り出す。
何度か走られ寄せて、を繰り返して上がってきたのはワラサでした。無事にネットイン。
f0100885_222566.jpg

ふ~~~、何年ぶりかのワラサだな。
オフショアジギングを始めた年の秋に4本のワラサを釣って以来だと思う(笑)
そして久々の出番のボガグリップ(笑)
サイズは72cmほど、ウェイトはボガで測って7ポンドを少し超えるぐらいなので約3.5kgか。
ま、ワラサにしてはちょい小さめ??ではあるが、とりあえず70超えているのでワラサと呼べるかな。

これで気が楽になった。
結局、このプチラッシュで船中7本同時ヒット。捕れたのは4本。残り3本はバレたらしい。
廻りもジギング船が集結して、あちこちでヒット。この時だけは超高活性だったがすぐに沈黙~~

この後は、ラッシュもなくポツーン、ぽつーんと1時間に1回くらい船中の誰かにサワラか、ワラサがヒットするが、あの怒濤のラッシュは来ない。
お昼近くになり、だれてきて少し休憩していたら、また船長が「ボトムから20m上に反応が出とるぞ。ジグを落とせ~~」とアナウンス。
急いでジグを投入し、ボトムより10m上でフォールを止めてすぐにジャークを開始。
ワンピッチジャークしてくると、軽く魚が触って来た!!
アワセたが僅かな感触を残して空振り・・・・
続けて追いバイトさせるために、さらにジャークすると、もう1回バイト!!
しか~~し、これも乗らず・・・・あーー残念。
船長も「誰かヒットさせれば朝のラッシュの再来だったのになぁ」と残念顔。
あのショートバイトを捉えられたら良かったのだが、あと僅かな所でダメでした。修行が足りん。

その後も忘れた頃に、ポツリ、ポツリとサワラ、ワラサが船中の誰かにヒットはするが私にはヒットもないまま、ストップフィッシング。
結局、朝のラッシュの時にヒットしたワラサ1本のみ。船中ではワラサが8本、サワラが6本。
もう一つの期待のアジは、結局アジが釣れていない情報が入っていたらしく、一度もアジポイントには狙いに行きませんでした。(アジ場に行った船が、1時間後にはまた青物ポイントまで戻ってきてたくらいだったので、船長の判断は正しかったと言うことですな)

ま、ワラサ狙いだと、こんな感じですね。数少ないチャンスをいかにして確実に仕留めるか。
そして、誰も釣れてない時間帯でも確実にバイトを誘って単発の魚をヒットさせられるかどうかが決め手ですねえ。
でも、ファイト的には、70ワラサよりも50カンパチの方が絶対によく引く(苦笑)
個人的にはどうせ狙うならカンパチの方が面白いねえ。

今回、初めて使ったセルテートハイパーカスタム、これの入魂も出来たことだし、まぁこれでヨシとしますか。
f0100885_2214195.jpg

[PR]
by sierra-outdoor | 2011-11-23 21:48 | 海の釣り | Trackback | Comments(2)
そろそろ終焉 11/12
時期的に厳しくなりつつあるメッキですが、とりあえず行ってみました。

最初のポイントには、意外にも数人のアングラーが。
でも釣れてる気配はなし。夕暮れまで粘っていれば、ひょっとすると群れが入ってくるかも知れないとは思いつつも、移動。

二番目のポイント。
最初の一投目でいいきなり10匹前後の群れがチェイス!!
こりゃ居ますね~~ と、この時はイケる!!と思ったのですが。
ちょっと油断して、1匹か2匹をショートバイトでバラしてしまったら、そこから反応が無くなる・・・・

あちこち周囲を探ってやっと、1匹ヒット。
f0100885_21325745.jpg

とりあえずボーズは無くなったが、最初の第一投目のあの反応がウソのように、どんどん渋くなり、1匹ぐらいがヤル気無さげに追ってくるだけ・・・・

あちこち歩き回って探るが、たま~~に1匹か2匹がチェイスするが食わず。
群れは何処に行った??

ふらふら探し回って見つからないので最初のポイントに戻って、ガッツーン!!
を~~~やっと再び回ってきたか??と思ったものの、この1発のみ。
f0100885_2135011.jpg

その後は、夕暮れまで粘るも、小場所でチビメッキ(13~15cm弱)を3匹追加したのみで終わってしまいました。
そろそろ終焉かな~~
数はもう出ないのは仕方ないので、せめて25オーバーが釣れないかと思ってましたが、この日も最大で22~23cm程度。
まだメッキは居るには居るのですが、かなり数が減っており、群れを探すのも難しくなってきている。
これが近所なら、釣れなくなるまで通っても良いのだが、かなり距離があるので労力や時間が交通費の面で大変なのに、釣れても20チョイのが1匹とか2匹とか、その程度では割に合わないので、そろそろメッキも終わりかなぁ。
今季は、不調のまま終わりました。1回もツ抜けナシ。。。。大規模な群れにも殆ど遭遇できず。
うーーん。去年はあれだけ良かったのにね。
まぁ来季に期待しますか。
[PR]
by sierra-outdoor | 2011-11-12 21:29 | 海の釣り | Trackback | Comments(2)
いつまで釣れるか?生Z 11/6
この週末は天気が悪いので、家でおとなしく・・・・・ してられない性分(笑)

遠くに行くとお金と時間もかかるので、こんな時は安近短な、生Z釣りがヨイのです。
ただ、もうこの時期には生Zを釣った事がないので、果たしていつまで釣れるやら。

とりあえず、近くのいつもの場所へ。
実績ポイントその1は、無反応。良さそうなんだけどな。さすがにスレたかも。

その2のポイントに向かう。
秋の洪水の影響で流れが随分と変わっちゃってる。
コイがたむろする中を、ルアーを通してくると、、、ややっ!!チビ生が追ってくる。
食わせられなかったので、もう一度投げると、さき程のチビ生がピューーーッとチェイスして、目の前でバイト!!
しかし、一部始終を目撃しちゃってたので、ついつい早アワセ・・・・・結果はバラシ。残念。
生Z相手には早アワセは厳禁なのにね。

少し離れた場所へ投げる。コイが多いので、コイのスレ掛かりも多く、生体反応があっても、即アワセは出来ない。
何投目だったか、テトラの際に投げて、ゆっくりリトリーブしてくると・・・

ゴン!!

あれ?またコイか?

グン!グン!!

頭を振る感触。これは生Zか?
アワセると、激しくヘッドシェイク。やっぱり生Zだ。
右に左に走る生Z。足場が良くない場所で掛けたので、いったんスプールをフリーにして、親指サミングしながら生Zを走らせる。
走らせている間に足場の良い場所に移動して、ファイト再開。
しっかりフッキングしているので、もう大丈夫だろう。
浅瀬に誘導してキャッチ。だいたい50cmくらいかな?
f0100885_22192287.jpg

これで、このポイントはお終い。次は、少し移動して別の川へ行ってみる。

次の川は、あまり実績はないが、少し前に偵察した時に、ココしかないでしょ~という大場所を見つけておいたので、そちらに直行する。

昨晩の雨で若干増水と濁り。
水流の勢いが増しているので、ルアーを通すラインが限られる。
流芯に投げ、下流のテトラ際をかすめるようにルアーを通す。
何回も投げる。大場所で流れが激しいだけに、生Zの反応してくるタイミングと距離がぴったり合った時しかチェイスしてこないので、粘る。

何投目だったか、カツーンと軽く何かがアタった。あれ?今の感触は生Zと違うかな??
もう一度同じ場所に投げる。流芯を横切った瞬間に、

ドスン!! そしてグングンとヘッドシェイク。

よし、キタっーーーー!!

反射的にアワせると大きく水面を割って生Zが姿を見せる。
を~~~デカイ、60が楽勝で超えているぞ。
激流に乗って、下流のテトラに走る。ヤバい、テトラに入られるとヤバい。
必死に耐えるが、生Zは巨体にモノを言わせて流れに乗って、テトラへ入る。
ジ・ジ・ジ・・・とテトラに擦れる感触が・・・・
思い切ってロッドを高く上げて、ラインをテトラの上にだしてかわそうと思ったら、生Zが跳ねる、と、次の瞬間にフックが外れてルアーが足元まで飛んできた・・・・・バレた・・・・・・
あ゛~~今のはデカかった。今季の生Zの最大サイズだっただろう。獲りたかったなあ。
しかしこの激流とテトラの存在、そして生Zのデカさ。ちょっと難しかった。

その後、さらに別の川へ偵察を兼ねて行ってみたものの、向かった川は、秋の洪水で予想以上に荒れており、とても釣れる雰囲気ではなく、この日は終了~

いつまで釣れるかな。この分なら11月末まで釣れるかも。
今回バラした、あのデカいのを、なんとか獲りたいですね~。
[PR]
by sierra-outdoor | 2011-11-06 22:31 | その他の釣り | Trackback | Comments(2)
リベンジ・サヨリ 11/3
前回の釣行(10月上旬)では絶対釣れると思っていたサヨリ釣行が不発に終わったが個人的には、このままでは気が済まん!!
その時の僅かばかりのサヨリの天麩羅が甥姪に大変好評だったので、リベンジとなりました。

今回は少し気合入れて朝7時に出発~~~(って、本当なら釣りを始めているべき時間だが・笑)
一路、敦賀を目指す。
現地近くのエサ屋さんでアミエビを購入して情報収集、、、あんましサヨリは釣れとらんらしい・・・
まぁ季節を追うごとに数は減ってくるからねえ(ただしサイズは大きくなるが)

とりあえず10月の同じポイントに向かう。午前中だからまだ釣り座は空いているだろう、という予想に反して、ヨサゲな場所はことごとく先客アリ。
止むを得ず、釣り難い場所に入り、仕掛けを作ってコマセのアミエビを撒いてみるものの、、、どーもヨロシクない。
チラッチラッとサヨリの姿は見えるが、アミを撒いても停まってくれない。
マグレの1匹が釣れた以外、1時間ほど全く釣れない。

ヤバイ、これはちょっとヤバイ。

きっと粘っててもダメだろう。
場所移動を決心する。
こんな事も想定内。事前に別のポイントは調べておいた。
車で30分ほど離れた場所で3日前にサヨリ釣果があった事は確認済。
ただ、過去に一回だけメバル釣りで立ち寄ったことがあるだけで、随分前なので記憶も曖昧。
でも他に良さそうな場所もなく、そちらに行ってみる。

到着すると、釣り人の車はそこそこ停まっている。
なんとか入れそうな場所を見つけて、釣り座を決定。
周囲ではポツリポツリとサヨリが上がっているので、それなりに居そうな気配?
隣の釣り師がコマセを撒く。すると、その周辺の水面が即座に騒がしくなる。こりゃサヨリが居るなあ。
f0100885_912336.jpg

試しに竿を出して、コマセを撒く。
すると、すぐにワラワラ~~っとサヨリが集まる。
よし、この活性ならば釣れる、と確信。
そこからは、だいたい入れ食い。多少食いが落ちた時間もあるにはあったが、ほとんど途切れなく釣れる。
前回は子アジしか釣れなかった姪にもすぐに釣れた。
なにせ、ここのサヨリは非常にアグレッシブで、前のポイントとは大違い。
コマセを撒くと、水面まで上がってきてバクバク食べる。そのサヨリの群れの中へそっと仕掛けを置くだけでピューっとウキが走る。
針を飲まれる事も多くなり、甥も姪も慣れてきたのか、ウキにアタリが出る前に、サヨリをサイトで視認してエサに食いついた瞬間にすぐにアワセを入れられるようになった。
これで、エサ付けと魚外しまで自力でやってくれたら、こちらも楽なのだが(苦笑)

昼飯を食べるのも忘れて、2本の延べ竿を5人で交代で構えつつ釣り続け、だんだんクーラー代わりの小さな発泡スチロール箱も一杯になってきた・・・・
そのうち、撒き餌を撒かなくても、アミエビを付けた仕掛けを漂わせておくだけで通り掛かったサヨリがバイトしてくるし。
まさかこんなに釣れるとは嬉しい意味での想定外。

まだまだガンガンと釣れるが、発泡スチロール箱が一杯になってきたし、アミエギが完全に溶けて形が崩れており、針に付けるのも大変。
それにこのまま釣り続けると日が暮れる(笑)
と言うことで、頃合いをみて、全員あと1匹づつ釣ったら終わり、を宣言。
そしてすぐに最後の1匹もほどなく全員達成(^^;;;

釣り座をかたづけて、ゴミも片づけて、散らばったオキアミなども水を汲んで海へと洗い流す。

家に帰ってから、大変。
まずは釣った数を確定させるべく、数えてみると113匹。過去最大の大漁です。(まぁ5人合計ですけど)
しかも、天麩羅ネタにするには、三枚下ろしまでしなくてはいけない。
今回は姪っ子が、頑張って手伝ってくれたので、多少は戦力になりましたが、大量のサヨリを裁くのは大変で、骨が折れる作業。
この持ち帰ったあとのサバくのが大変なので、サヨリ釣りを敬遠しちゃう人も居ますが。。。。
でも、この苦労を補って余るほどの、美味しさがあるのですよね。
当然、この日の晩はサヨリ天麩羅パーティーとなった次第です(笑) ケータイで写したのでピンボケ御免(笑)
f0100885_9121442.jpg

[PR]
by sierra-outdoor | 2011-11-03 23:10 | 海の釣り | Trackback | Comments(2)



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism