<   2012年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
久しぶりの名古屋市科学館
今日、久々に名古屋市科学館へ。

プラネタリウムの友の会で、時々は訪れてましたが、今回はリニューアル後初めての一般入場。

朝は用事があったので、到着は11時ころ。
プラネタリウムはもうチケット完売したかな~??と思って受け付けに行くと、まだプラネタリウム受け付けの行列が出来ている。
行列の整理しているスタッフに聞くと、一応、ホンの少し前に本日のプラネタリウム定員に達したと言う。
行列の末尾から30~40人前に「ここで定員に達しました」というプラカードを掲げたスタッフが並んでいる。
その前までは、上映回を問わなければ席は保障するが、それから後ろの人は並んでもいいけど、席は無いかもよ??という事らしい。

一足遅かったか~~と思ったが、前に並んだ科学館常連の人が「いつも定員に達した、と言いつつ100人くらい誤差が出るので、今並べばギリギリ入れるよ」と言うので、一応並んでみる事にする。

受け付けには、プラネタリウムの各上映会の残り席がリアルタイムで刻まれており、残席は夕方の2回の上映のみ。どんどん残席が減っていき、残すは最終上映のみ・・・・・・
その残席数と、前に並んでいる人の数を数えると、確かに常連さんが言うように、少し余裕があるようだ。
前に並んでいる人が一人で何人分もチケットを買う人が続出しなければ、自分達までギリギリ残りそう。

行列は少しづつ短くなっていくが、残席もジリジリと減っていく。
そして、いよいよ自分達が受け付けへ。。。その時点で残席18!!なんとか滑り込み成功~~~
ホッ、並んだ甲斐があった。この時で時刻は11時20分でした。

最終上映で、しかも席は選べないが、まぁこの際贅沢は言えない。
ついでに、年間パスも購入~~~
リニューアル前は年間パスを買って、月イチで通っていたが、リニューアル後の爆発的人気でしばらく様子見してたけど、そろそろイイだろう、と思って年間パスも買いました。
ちなみに年間パスは1日券の4回分。4回通えば元取れます。

で、なんとかプラネタリウムの席をゲットしたので安心して、いったん外に出て昼食に行き、その後上映時間まで通常展示を見て回る。

以前と同じ展示もあれば、新しい展示もある。
かなり大掛かりなのが増えた代わりに、小さめの展示の数が減っているかも・・・・・

目立つのは、竜巻ラボ。以前も小型のはありましたが、リニューアル後はかなり大掛かりになってます。
その代わりに、竜巻の中には入れない・・・・(以前は竜巻の中にも自由に入れたのでした)
f0100885_21383687.jpg


他にもいろいろありましたが、整理券を配っていた「放電ラボ」にモノは試しに若干並んで整理券GET。
で、放電ラボを見てみました。

これはなかなかスゴかった。下手なテーマパークのアトラクションより凄い。
面白いし迫力満点。
USJのバックドラフトよりも面白かったし迫力ありましたな~~~

詳細は割愛しますけど、科学館に行く機会があれば、一度見てみるといいでしょう(土日は整理券配っているので、整理券をGETするためにも多少並ぶ必要ありますが)

で、夕方のプラネタリウム上映。
今回のテーマはオーロラ。
久しぶり(前回は1年半以上前かな)の一般上映。
友の会で何度も新しいプラネタリウムには入ってましたが、友の会とも雰囲気が違う一般上映で、内容もさすがに秀逸。アッと言う間の50分間でした。
ヘタな映画見に行くよりも、プラネタリウムの方が上ですな。

まだまだ人気の名古屋市科学館プラネタリウムですが、リニューアル後からしばらくの大混雑時を思えば、だいぶん緩和されている模様。
気になる人は今がチャンスかも。春休みに入ると、また混雑するだろうから(苦笑)
f0100885_2145723.jpg

[PR]
by sierra-outdoor | 2012-02-26 21:45 | 星空 | Trackback | Comments(4)
2/11 午後釣りは厳しい・・・(苦笑)
またまた半日ほど時間が空いたので、釣りに行って参りました。
年券があると短時間の釣りに行けるのでイイですね。

現着は13時ころ。
とりあえず~~1週間前に釣ったポイントに移動すると。。。
を~~沢山居ますね・・・・・・釣り師が・・・・(苦笑)
f0100885_217650.jpg

先行者の間隔の開いてる場所に入る。
目の前に石がゴロゴロ。若干の弛みのある流れの筋をミノーで通すと、、、を、いきなりチェイス。
取り敢えず魚は居ますね~
しばらくして大きめの石の際で、最初のバイト!!
しかーし、バラシ。活性の低い成魚なので、フッキングのタイミングが難しい。
魚の目の前を通過しないと食わないだろう、と思って30cm刻みで丁寧に探る。
ダウンクロス気味に探ると、何か違和感・・・・ あ、ヒットしてました(苦笑)
何とか釣れました、ミノーでも。
f0100885_2172723.jpg

釣り始めて早い時間帯に1匹釣れたので、これはボチボチ釣れるかな~と思ったが甘かった。
それ以降、全くアタリがない。反応がないンだな。
朝に放流されたのは間違いないのだが。

人と人の間の空いている隙間を一つ一つ狙ってみるのだが、本当に反応がない。
午前中がどうだったのか判らないが、撤収する人も多いので、きっと午後に入ってエサ釣りにも反応がないのだろうね。

とりあえず1匹は釣れたので、ボーズはないので、あちこち探索に出てみる。
放流ポイントの最上流部に入ってみるものの、無反応。移動。
解禁時に放流されたはずの小規模の支流を偵察に行くが、水量が少なくて釣れそうにないなぁ。
念のため、探るもやはり不発。
この渓は、翌日に成魚放流があるらしく、すでに場所取りのための竿立てがココゾという場所に幾つも刺さっているし(苦笑)

陽は傾き夕刻、もう一度、釣れた場所に戻ってみる。
到着した時の1/10くらいに人は減っているので、探れる場所はいっぱい空いているけど、、、やはり反応なし。

最後に1週間前に釣ったプールに行ってみると、、10匹弱のスクールを発見。
右に左にプールの中をスクールしていますが、なかなか定位してくれず、さらにイブニングなのに全くライズしない。
上ずってライズしてくれれば、まだ釣るチャンスもあるのだが、これではダメだ。
スプーンには殆ど見向きもしない。
表層のミノートゥイッチには、辛うじて反応はしてくるが、バイトには至らず、日没終了~~

結局、釣り始めてすぐに釣れた1匹がこの日の全て。
放流の当日なのにね、、、、まぁ、当日であっても午後は全然釣れないことは過去にもよくあったので、想定内と言えば想定内ですが。

数を釣りたければ、朝イチからですが、放流前後のあの陣取り合戦と大混雑の中で、ましてやルアーでは非常に厳しいモノがあるので、当分は成魚ちゃんの残り物をチマチマと拾っていくか、玉砕覚悟で天然を狙うかのどちらか。
桜が咲いて、天然魚が本格的に動き出す4月が待ち遠しいですなあ。
[PR]
by sierra-outdoor | 2012-02-11 21:06 | 渓流釣り | Trackback | Comments(10)
2/5 連荘
今日はゆっくり遅めに起きたら、奥様がおでかけになった。
午後半日、時間が空いてしまったな~~
食事の片づけや、洗濯物を干しつつ、時刻を見ると12時前。
うーん、今から走れば夕方のジアイには間に合うナ・・・ 折角年券買ったことだし。

急いで支度をして、車に飛び乗る(笑)
現地まで高速オンリーで行くことも可能だが、いくらETC半額とは言え、ちと勿体ない。
下道が混んだり速度が上がらない区間だけ部分的に高速を2回乗って、高速代を1/4に抑えて現地に着いたのは、14時すぎ。

放流されてから、もう4日が経過して、残ってる魚が少ないだろうが、1匹でも顔を見れれば。。。。。

目星をつけておいたプールに向かうと、、、、、やはり考えることは皆同じ。
フライフィッシャーさん達が数人、取り囲んでいる。ちょっとこのプレッシャーの中では残った成魚ちゃんも口を使ってくれんだろう。
今後の事もあって、少し上流へ走って川へのアクセスルートの確認も兼ねて川べりを走る。
ポツリポツリとエサ釣りの人も居るので、釣れているのかなl~~
1箇所、放流ポイントとは違うが、この時期なら流されてきた成魚が溜まりそうなプールを見つけたので、探ってみたものの反応ナシ。
やはり、放流ポイントに行かないと釣りにならんか・・・・・・

夕暮れが近づいてきたので、移動。
ここは観光地でもあるので、けっこう一般観光客も多く、橋の上から釣り人を眺めている観光客も多い街中(笑)
人の目が若干気になるが、ま、この時期は仕方ない。

エサ釣り師が一人、粘っているプールがあり、ライズも見受けられる。あそこには居そうだな。でも先行者が居るので入れない。
その上下流を探ってみるものの、反応ナシ。5月になればヨサゲな流れなんだけど。

一度下流を探って、戻ってくると、先程の先行者はいなくなっていたので、プールの近くに寄ってみると・・・・
を~~ココには居ますネ。緩い流れの底に定位しつつ、時々流下する何かにライズしている。
相当小さいミッジを捕食しているな。

こんな時はミノーでは反応がないので、スプーンにチェンジ。
アップクロスで投げると、、、、逆光の関係で水面下が見えない場所で、いきなりカッツーン!!とバイト。
しかし、1投目で来るとは思っておらず、あえなくバラシ・・・・
でも反応があるのでじっくり探ろう。
腰を落として、魚にプレッシャーを与えないように、キャスト。
ゆ~~っくりリトリーブしてくると、、、、フラフラ~~~とチェイス。
食え、食え、、、、、口が開くのだが、スプーンの手前で直前でUターン。
再びアプローチ。テールトゥノーズでチェイスしつつ、アマゴがスプーンとの間合いを詰める・・・・口が開く・・・・バクッ!!
よしっ!!

一瞬重みが乗ったが、アマゴが身を翻してイヤイヤ、とやると同時にフックアウト~~~~
あかーーん、このショートバイトではまともにフッキンングしない。
タックルも張りのあるミノートゥイッチングロッドだし、ラインはPEラインだし。ちょっとこの手強い相手には難しいか。

その後も反応はあるのだが、ギリギリまで寄ってくるのだが、、、、スプーンをジッと見つめて、踵を返してプイっと帰って行く。こりゃ相当イジメられて鱒ね(^^;;;;
ヒラを打って反応してくるヤル気が多少はある個体も居るには居るのだが、ばっくり食ってくれない。
夕暮れが近づき、ルアーに反応してくる時間の残り少ない。

少しだけポジションを変えて、再度アプローチ。
すると、再びチェイス。ゆっくりだが間合いを詰めて・・・・・・目の前でパクッ!!
その瞬間にアワセると、やっと乗った!!
かなり近かったのでほとんどゴボウ抜きみたいな感じで魚が飛び込んできた。
まぁ天然の魚だったら、こんな事ありえないが、ま、いいか。
シラメ系の成魚ちゃん。1匹釣れてホッと一安心。即、流れへお帰り頂く。

この1匹を境に、パタッと反応がなくなる。ライズは相変わらずしているので、どうやらルアータイムは終わったようだ。
フライタックルで、ミッジがあれば、まだまだ釣れそうだけど、フライタックルは持ってきてないので、ここで終わり~~~

放流から数日経過した後で、午後の2~3時間だけの釣りなので、1匹釣れれば、ま、いいかナ。
やはりもう少し釣りたければ朝から来ないとダメですな~~
f0100885_2212961.jpg

[PR]
by sierra-outdoor | 2012-02-05 22:01 | 渓流釣り | Trackback | Comments(6)
2012 解禁
先日、管理釣り場に行って、久々にワカサギ以外の魚を釣って、ちょっとウズウズしてきた(笑)
ワカサギもいいけど、やっぱルアーが楽しいなぁ、と。

2月に入り、岐阜県の一部ではすでに渓流解禁。
しかし、まだまだ天然魚の釣りは4月以降だ。
管理釣り場に行こうかなぁ、と考えていたが、やっぱ解禁してるから、ちょっと渓流の様子を見に行こうかな。

ふと思い立って、解禁している漁協の川に向かう。
で、入漁券を買おうと現地の店に入る、が、、、何を血迷ったか(笑)、年券を購入~~~
まぁこの漁協は年券は他より少し安いし、管理釣り場の一日券買ったのと同じようなものだし、ホーム河川と距離はあまり離れていないので、年券があればダブルヘッダー釣行もやり易いし(^^;;;;
初めてこの漁協の年券を買うことになったので、少し、この水系にも通ってみるかな~~
f0100885_21491647.jpg


とりあえず川に向かう。
さすがにこの時期、天然魚はルアーではまず釣れない。
折角来たのだし、成魚ちゃんとでも遊ぼうか。

放流地点に行くと、たくさんの竿が林立。
この川は、ほぼ初めて入るようなものなので、様子見がてら車で放流箇所を回る。
本流の放流ポイントを回ってみると、すでに時刻は12時になっているせいもあって、エサ釣り師の人達が竿を畳んでいる所だ。
京都ナンバーの人が上がってきたので(さすが、この有名河川、京都からも客が来るんだな)聞いてみると、放流直後にバタバタと釣れたが、もう釣れないとの事。
流れの横の溜まりみたいな場所に魚が固まっているらしい。
少しミノーを投げてみたものの、僅かに残った成魚がチラホラを見えるが、まったくムシムシ。釣れん。次だ。

次のポイントは、この有名河川の中でもチョー有名ポイント。
瀞場ではフライフィッシャー達が大勢、ウェーディングしている。釣れている様子はないが・・・・

同じプールの流れ込みにルアーアングラーが居たので、話を聞いてみると、やはり放流直後はポツポツ釣れたが、もう魚は何処に行ったのやら、釣れないらしい。
川が大きいだけに、流れに馴染むと残った魚は手が届かない場所に移動してしまうのだろうなぁ。
こりゃ本流じゃ無理か?

夕方近くになったので、最後に放流された支流を見に行く。
釣り師はかなり減ってはいるが、ココぞ、という場所には誰かが陣取っている(苦笑)
道路から見ると、時々ライズがある。どうやらまだ成魚ちゃんが残っている模様。

川に入ってみよう。
小さなポイントはスッ飛ばして、先行者が入っているポイントもスッ飛ばして、どんどん歩く。
ふと川の中を見ると、、、、なんと、オオサンショウウオが歩いている。
よくよく見ると、2匹も3匹も居る。
少し離れた場所でも川底を這っている。なんだ、この川は。まるでオオサンショウウオを飼育しているみたい(笑)
f0100885_225584.jpg


移動を繰り返していると、ようやく誰も居ない、小さなプールがあったので、ミノーを投げると、、、、ミノーの後ろをチェイス!!
小さくトゥイッチを入れてみるが、放流魚はトゥイッチしても食わないんだよな~~
そのままUターン。
あれこれルアーをローテーションしてみるが、すぐに反応が無くなる。

どんどん歩く。
もう少し大きなプールが見えてきた。
ここでもミノーを投げると、、、2匹の成魚が追ってくる、、が、やはり食わん。
でも、チェイスが他よりは少しだけヤル気があったので、スプーンに変更すると、、、、10匹ほどの群れで追って来る!!
よし、やっと見つけたぞ、溜まり場を。
アップストリームだとやり辛いので、アップクロスのアプローチが出来るポジションまで移動。
そして、必殺!?のバッセルを投げる。
成魚がテールトゥノーズでチェイス、そして口を開けてバイト!! しかーし、食ってない。そのままUターン。
何かが合ってないのだなぁ。
カラーローテーションしてみる。やはり追っては来るものの、ギリギリで食わない。
そこで少しスプーンを重くして、リトリーブもデッドスローではなく少し早くして、スプーンをよくアクションさせてみよう。

キャスト。
着水して即リトリーブ。
後ろから2匹3匹とチェイスし、ギランとヒラを打ってバイトするが、、、空振り。
と思ったら、横から別の魚がいきなりバイト!!
ヨシっ!来た~~っ!!
なんとか釣れました。成魚ちゃんだけど。20cmちょいです。
f0100885_229151.jpg


2012年、渓流最初の魚。釣れてくれた事に感謝しつつリリース。
これでパターンは判った。
同様にアプローチすると、またヒット!!
よしよし、いいじゃんイイじゃん。

その後、ショートバイトが幾つか続き、バラシもあったけど、なんとか3匹ゲット。全てリリース。
だんだん暗くなり、少し前からミゾレも降ってきたので、今日はこの辺で良いだろう~~と退却。

2012の渓流シーズンも、一応??開幕。
まだしばらくは成魚に相手してもらうしかないけど、桜が咲く頃、天然魚が動きだすと楽しくなるので、今年も何回か渓に通って楽しい一時を過ごせる事を期待しよう。
[PR]
by sierra-outdoor | 2012-02-04 22:15 | 渓流釣り | Trackback | Comments(4)



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism