<   2012年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧
4/28 GWの始まり~ は夏の陽気
GWが始まりました。渓流も本格スタートし、これからアユ解禁までが勝負!!
ってことで、前回割と魚がよく見えていたNGR本流へGo!!

気合入れて? 朝5時半、現着。
太陽は出ているはずだが、山に隠れてまだ直射日光は谷間には差してこない。
外へ出ると、意外と寒い・・・・・ ウィンドブレーカーのみじゃ寒い。
でも、日が射してくるとすぐに暑くなるから、と思って厚着せずに(そもそも防寒装備は持ってきてない)スタート。

まずは前回、まぁまぁサイズをバラシた場所へ。先行者はなし。
水辺に立つと、、、、うーむ、増水しとる。先週よりも30cmくらいの水位高。
流れも押しが強くて、ドドーッと流れている。こりゃチト難しい??
一応、探ってはみますが、、、、反応なし。支流だったら、30cmくらいの増水は却って好都合なんだけど本流はちょっと難易度が上がる。
いろいろ探ってみるものの、渕の最後の渕尻でヤル気ナシナシのチェイスが1回のみ。
移動です。

次も魚は見えていた場所だが、、、、ココも流れがキツクなっている。
それでも朝イチだから反応するでしょ。。。。と思ったのに、シーーーン、、、、何事もなく終わる。

あかん、前回に較べて非常に反応が乏しい。
まだまだポイントはある筈なのだが、この川について引き出しの少ない自分では時間と労力の浪費で終わりそう・・・・
とりあえず支流へ移動を決意。

支流へ移動すると、コッチは水はイイ感じ。時刻はすでに朝9時近くなので、誰か朝イチに入っている可能性はあるが、とりあえず探ってみよう。
クロスにキャストすると、、、早速チェイス!! しかしオチビさん。。。。
何度かオチビさんが2匹3匹とチェイスはするけど、キミタチ、来年か再来年に来なさい、、というサイズばかり。

さらに上流へ移動すると、ココでもチェイスはけっこうあるのだが、チビさんばかり。
2匹ほどオチビさんアマゴを釣って、ボーズは回避したものの、こりゃアカンな、と移動。
同じ支流の今まで入ったことのない場所に入ることにした。

入ってみると、、、をぉ、アチコチにウルイが生えているではないですか~
こうなると釣りソッチのケで山菜モード全開(苦笑)
f0100885_1435242.jpg

こんなにウルイが群生しているのを初めて見る。いいですな~~

それ相応にウルイをGetしたので釣り再開。
しかし、ウルイが多過ぎて、足の踏み場もない。良いポジションに付くためには、ウルイを踏み分けていかないとダメなくらい。
ウルイちゃん、ゴメンね、と心の中で思いつつ、ウルイを踏み分けてポジションに付く。
ダウンにキャストして、ココぞ!という場所でスローに探りつつ、基本的にはミノーそのもののアクションだけで探っていくと・・・・流芯でゴゴン!!、来たッ!!
流芯の中でヒットしたので、ちとデカイかと錯覚したが、、、、それほどのサイズではなく20cmいくか行かないかぐらい。それでも今日イチのサイズですけど(^^;;;;
f0100885_14391744.jpg


この頃から異様に暑くなってきた。
日陰はまだまだイイのだが、日向に出ると暑い暑い。
移動中、車についてる車外気温計の表示はなんと30℃!!
ンなアホな。まだ4月だよ。気温計が壊れたのかな? と思ったのだが、しばらく走った先にあった道路脇の気温表示も30℃・・・・orz
つい先日まで同じ場所で雪が降ってたと言うのに、どうやら春はアッと言う間に急ぎ足で駆け抜けていき、梅雨も来ないまま初夏になってしまったようです(^^;;;

いったん、休憩。この暑さはヤッてられない。コンビニに走って、ガリガリ君を買い求める。
暑い時は、ガリガリ君に限りますナ~~
(結局、この日はあまりの暑さに時間を置いて、ガリガリ君を2個も消費する羽目になる)

この暑さではドーにもコーにもなりません、ってゆーか、人間が参ってしまう。
多分、水温はさほど高くはないので、魚は反応してくると思うのだが。

少し陽が西に傾き始めた15時すぎに本流へ戻る。
今までとは違う、少しだけ上のエリアに行ってみよう、、と川沿いに走らせる。
朝は気付かなかったが、なんか微妙な濁りが・・・・・なんだ、雪代とも違う濁りだし。
ひょっとして、代掻きの濁りかなぁ。確かに周囲の田んぼには水が張られてゲコゲコとカエルの声。
とにかく薄濁りが川全域を覆ってる。こんなんで釣れるのか??

まぁ釣れなくても元々、と偵察を兼ねて初めてのエリアに入ってみた。
川に立ち込み、流れの真ん中、流芯の際、少しだけ流れの弛みのあるポケットにダウンでアプローチ。
流れの弛みから流芯へミノーが差しかかったところで、ゴツーーン!!を~~来た来た!!

強い流れの中でヒットしたので、この重さは、もしやかなりのサイズでは・・・・な~んて一瞬思ったのですが、それほどでもなく22~23cmほどかな。
でも本流育ちで良い体型だ。デジカメに写そうかな、と思ってデジカメ準備中に足元を泳がせておいたら、いつもの如く、勝手にフックを外してサヨナラ~~~、こういう時はやはりネットに入れないとイカンですな。
それでも、2506Hに入魂出来たのでヨカッタ。

その後、濁りの中を探って、同じサイズがヒットしたきたが、バラシが1回のみ。
徐々に下りつつ、先週良かった場所を叩いてみるものの、濁りは収まらずに反応も途絶えて、この日の釣りは終わりました。

なかなか上手くイカナイものですね。先週の反応がこの日も続いていたら、そこそこ楽しめたのだろうけど、本流は沈黙気味。
支流は、先行者さえ居なければ、まぁまぁ反応はあるのですが、軒並みオチビちゃんばかり。

とは言え、まだ始まったばかりなので、これからですね~




その翌日、4/29は家族サービスで山菜採り。
行くとこは、ほぼ同じ場所。少しだけ山の上の方に入って山菜探しですが、すでに主な山菜のコゴミは終わり気味・・・・
それでも何とかそこそこ採れたので、少しだけ時間を貰って竿を振ると、、、、今季最初のイワナが釣れました。
サイズは24cm程度ですけど。なんとなく初イワナは嬉しい。
f0100885_1592137.jpg

[PR]
by sierra-outdoor | 2012-04-28 22:22 | 渓流釣り | Trackback | Comments(4)
リールが細胞分裂か!?
釣りに行くために、ゴソゴソと釣り道具BOXを探っていたら・・・・・

あらら!! リールが2つに増えとる!!
細胞分裂か!!(笑)
f0100885_13574969.jpg


ンな訳ないですよね。

前回の集いの時に本流を釣ってて、やはり本流用のリールが要るなぁと実感。

今まで主力で使ってきたセルテート2004CHは、中小規模の流れには最適なのだが、さすがに大規模河川の本流となると、なにかとサイズ不足。
前回は、代わりに海のメッキ用に使ってる02ツインパワー2000を持って行ったのですが、ちと役不足。
それに、もう随分前の機種なので、剛性も落ちてるし(落ちてると言っても使えるレベルですが)

代わりに、06ツインパワーMg2500HGSが手元にあって、これが本流用としてサイズ的にもピッタシなんだけど、ギヤでは優秀なシマノ製品ではあっても、2500番のハイギヤでは一番最初に出た世代の機種。
どうしても、ハンドル回転が最新機種に較べて重い。特に、ハンドルの最初の1回転がやや重く感じて、繊細なトラウト向きではない。
非常に些細なフィーリングなので気にしない人は気にしないだろうけど、私は最初の1回転の重さと言うか抵抗と言うか、慣性モーメントと言うか、コレを気にする。

本流用サイズのリール、そしてハイギヤ。ハンドル回転の軽さ滑らかさ。
これが必須条件なので、来るべき本流シーズンに向けて今のうちに用意しなくては・・・・・

で、先日ポチッとしちゃったのが左側、セルテート2506H(笑)

同じ機種のサイズ違いを2つも持つのもナンだかな~とは思っていたのですが、なかなか値段と性能を天秤にかけると丁度良い機種がなくて。。。
あえて言えば、シマノのバンキッシュが相当していたが、さすがに今年の新モデル。ネットでも割引率は少なめ。
セルテートは発売されて丸2年、ハイギヤが出てから1年。値段も手頃(とは言え、かなり高いのですが)

小遣い情勢が厳しい中、清水の舞台から飛び下りる覚悟で導入決定。

T型ノブはあまり好きじゃないので、近々違うノブに交換しようかな。

このリールに負けないような魚を釣りたいものです。
[PR]
by sierra-outdoor | 2012-04-27 21:56 | 渓流釣り | Trackback | Comments(2)
4/21 集い
この4/21は、アイさん主催の集いの日。
多くの渓流釣り師が一堂に集まるのです。

当日は、JYIさんと合流すべく、朝、車を走らせる。
なんでも、集いに参加する関西メンバーも朝には現地入りするとのことで、関西メンバーにポイントを教えなくてはいけないとか。

現地の集合場所のコンビニに入ると、すぐにJYIさんから着信。
近くの釣り具屋に関西メンバーが居るとのことで、釣り具屋に向かいますが、それらしき車はなく・・・・
またJYIさんから着信あり、どうやら関西メンバーは釣り具屋での買い物を済ませて先程のコンビニに移動したらしい・・・・ そう言えばコンビニを出る時、駐車場で釣り竿を伸ばしていた人が居たなぁ・・・・・

再度コンビニに戻って、JYIさんと関西メンバーに合流。
早速挨拶して、この日の集いの場所を確認。
ココから、エサ釣り組とルアー組に別れて行動開始です。

JYIさんの案内で関西メンバーの若手・SIXさんと一緒に本流ポイントを巡る。
最初のポイントで、キャスト時にいきなりライン高切れ・・・・新品のミノーが川の藻屑に(泣)

気を取り直してラインシステムを組み直して、キャスト。
するとすぐにカツーーン!!とヒット。
よっしゃー、と思ったが、グリグリっとローリングした瞬間にフックアウトでバラし・・・・・あちゃ~

次のポイントに移動。
ここで3人、ある程度の距離をおいてバラバラになって入川する。
魚の反応があるけど、、、ゆる~くチェイスしてくるだけで食わない。
SIXさんもショートバイトはあったみたいだが、フックアップしないらしい。
JYIさんの姿が見えないので、探しに行くと、私の目の前でJYIさんヒット!!
サスガ、チェイスしてきた魚は逃しません。

次のポイントへ移動。
私は一人で下流方向へ。SIXさんとJYIさんは上流方向へ。
下りつつ探るも無反応・・・・ ポイント最下流の流れのゆる~いトロ場でようやく反応が出るが、、、、こんな場所なので非常に釣り辛く、1匹バラシの3回ほどチェイスがあったのみ。
・・・と、ココでメール着信。 見てみると、JYIさんから。なんだかデッカイ魚の画像が添付されてるし・・・・
急いで上流へ向かうと、JYIさんとSIXさんが渕を狙っているのが見えたので川まで降りていく。
すると、水辺にストリンガーに繋がれた巨大な魚、、、、グッドなコンディションのニジマスの40半ば。
渕尻で2回チェイスしてきて3回目で食わせたとか。
それ以外にも、渕で非常に活性の高い群れを発見して、SIXさんが粘って釣っている、というので行ってみる。
私が、到着した時には二人にさんざん叩かれた後なのでスレちゃってましたが(笑)、それでも2、3回のチェイスはあったので、最初の頃はきっと高活性だったのでしょう。

ここまでで、JYIさんばかりに釣れて、私とSIXさんは未だゼロ。

さらに移動。
支流と本流の合流点付近で釣りを開始すると、ダウンクロスに投げたミノーにカッツーン!!
今度こそ~~~と巻きアワセで対応してやっと本日の初ゲット。
17cmくらいのチビちゃんですが、とりあえずボーズ回避で一安心。
f0100885_2140822.jpg


この場所もぼちぼち反応はあるのですが、やはりチェイスしてくるだけでなかなかバイトしない。
こりゃ釣れんなぁ、とJYIさんと並んで喋っているとJYIさんキャスト。
すると、またまた目の前でヒット。これはなかなかの良型アマゴで、27~28cmはありました。
サスガですね~~私なんぞ、もう釣れんと半分諦めていたポイントなのに。
でも、ゲストのSIXさんに釣らせないと・・・・・(^^;;;;;

移動です。
そろそろお昼に近くなり、いったん集合する時刻が近づいてきました。
同じく集いに参加する 少し離れた場所で釣っている筈の、はなひろさん・ATさんの二人は既に集合場所に向かっているとか。
集合前は、ここが最後のポイントかな?
どうやら距離を出さないとなかなかヒットしないナァと思って、SIXさんに距離が出るルアーに、とアドバイス。
何投か投げて反応がないので、こりゃダメだな~と思って撤収しかかった時、粘っていたSIXさんにヒット!!
やったね~~、やはり遠来のゲストに釣ってもらわないと。

3人とも釣果が出たところで、いったん、集合場所に戻ります。

集合場所で、昼食を取りながら喋っていると、続々と参加者が集まり始めて、昼過ぎに主催者のアイさんも登場。
ここで仕切り直して、エサ釣り組は、アイさん渓龍さんが案内し、ルアー組は、はなひろさんJYIさんが案内することで二手に別れて行動開始。
午前中は6.2フィートを使っていたが、飛距離が足りないので、7フィートの本流タックルにチェンジ。

午後最初のポイントに入ります。
上流方面に、はなひろさん・関西組の渓慈さんの二人が入り、中程に私とSIXさん、下流方向にATさんJYIさんと別れて入川。

我々が入った場所は、瀬から渕へと変化するポイント。
流れ込みを探るが無反応・・・・・ 渕の中程を探っていたSIXさんにはチェイスはあるようだ。
渕の中程にキャストすると、確かに追ってくるのだが、やはり食わない・・・・
と、ここで上流からカヌー&ラフティング軍団登場。
しばし、彼らが通過するのを待ち、釣り再開。
しかし、カヌーラフティングが通過した後って釣れるのかいな?? 話しでは、通過しても釣れますヨ、とのことだが。
正直、ここはダメかな~~と思って集中力を切らして、SIXさんと喋りながら何気なくキャスト&リトリーブしていたら、いきなり良型2匹がチェイス。気付いた瞬間にバイト!!
しかーーし、集中力が切れた状態だったので敢えなくバラシ・・・・・ SIXさんの目の前での失態(苦笑)
SIXさんいわく、なかななの型でしたよ、との事。
あ~~勿体ない。でもカヌーラフティング軍団の通過直後でも釣れることが証明された訳だ。

下流に歩いて、JYIさんATさんの様子を見て、再び戻ると、同じ場所で粘っていたSIXさんが2匹目をヒット。
よかったヨカッタ。

夕方になり、午前中もっとも高反応だったポイントに再度入ります。
多分、上流の魚の多いポイントに向かうだろう、と思ってゲストの人達にそちらを譲って、下流に向かう。
夕方なので少しは流れの強い場所に魚が入っているだろうと思って、流芯を探ると1投目でチェイス!!
これまたショートバイトしてきたが、うまくタイミングを合わせられずにまたまたバラシ・・・・orz
今のも型よかったのに・・・・
でもメゲズに投げ続けると、川の中程でゴン!!と強めにヒット。
今度こそ~~と思ってようやくゲット。22cmほどのアマゴでした。

その後は反応もなく、皆さんと落ち合って集合場所へ戻るのでした。

さてさて。

夕暮れからは河原で宴会です。
総勢20名弱??だったかな。全員の人と話しができなかったのは残念でしたが、楽しい一時でした。
やはり釣りバカが集まると、当然話しは釣りのことばかり。
翌日に用事があったので、22時すぎに現地を後にしましたが、またこのような集いがあれば是非参加したいですね~~
ちなみにこの集いは土日月と3日連続の企画でして、フル参加の人もいらっしゃいました。
皆さん、パワフル~~~~。

最後に、主催者のアイさん、ご苦労さまでした。

f0100885_2234941.jpg

[PR]
by sierra-outdoor | 2012-04-21 21:21 | 渓流釣り | Trackback | Comments(9)
4/15 人的プレッシャーと昨秋台風の影響
翌週にちょっとした渓流釣りに関する集い?があるので、それの下見を兼ねてgood-jyo漁協方面へ。

前回探ったYSD川が、そこそこ魚影が確認出来たので、もっと偵察しておこうと思いYSD川へ走ります。

現着は朝8時。現地でも街中はようやく桜が開花している。季節的にもそろそろだね~
まずは前回、前々回と先行者が居て入れなかったポイントへ・・・・ チャンス!誰も居ない。
ソロ~リと水辺に立つ。そしてキャスト・・・・しようと思ったら、あらら!真新しい足跡が。。。
よーく見るとまさに先程までココに釣り人が居ました~的な、メッチャ新鮮?な足跡が随所にある。
あちゃー、さすがは激戦区のYSD、もっと早く来ないと有名ポイントはダメなのねん(^^;

それでも、このポイントは比較的規模が大きいので、釣り残しでもないかとキャストしますが無反応。
やはり先行者の直後では無理なようです。せめて少し時間をおかないとダメか。

次のポイントへ。そこは前回にそこそこ反応のあった場所。
しかーし、残念ながら先行者アリ。

次へ移動。ここは先行者が無さそうだ。ホッと一安心。
流れ的にも良いしそろそろ瀬に魚が入っていないかな、、、流芯を探りますが無反応。
それでは、淵はどうだ。。。。淵尻にキャストすると、、、、小さいながらもアマゴのチェイス。
やはりまだこの時期は淵なのかな。もう一度投げて小刻みなトゥイッチで誘うとヒット!!
16~17cmほどのチビアマゴ。でも天然モノなので綺麗ですね。このサイズなので写真も撮らずにリリース。

偵察のために、さらに別のポイントを探りますが、反応はなし。やはりまだ時期的に早そう。でも5月以降はヨサゲな感じのポイントです。

偵察を兼ねてどんどん上流へ移動。
この辺からイッキに釣り師人口が増えてきて、何処に行っても人、ひと、ヒト・・・・
初めて入るエリアなので竿抜けがあるかどうかも判らない。とりあえず入渓できそうな橋の周辺を中心にランガンしてみるも、人だらけ。
すでに誰かが入っているのを覚悟の上で入渓。なんとか偶然にチビアマゴを1匹ヒットさせたものの、反応も悪くてダメダメ状態。
時間帯も正午に近づき、暖かいのは良いけど、ピーカン天気かつ、人だらけのプレッシャー上がりまくり。
そんなこんなで混雑したYSD川に嫌気がさして、峠を越えてMZへ移動。

MZではまずはイワナポイントを偵察。
この時期、居るならコノ辺りでしょ~的なポイントを狙って撃っていく。
すると、ちょっと集中力が途切れてミノーを真剣に見てなかった時に限って、良型イワナのチェイス!!
ハッと気付いた時にはもう遅い。間合いが足りなくて、もう少しでバイトさせそうでしたが残念ながらUターン。
イワナなのでもう一回チャンスはあるかな~と思ったけど、二度目にチラッと反応した以外、それ以降ダメ。
うー残念、今年最初の良型だったのに(良型と言っても尺は無いなぁ、多分27~8cmって所か)

その後もポツポツとイワナの反応はあったけど、バラシのみ。
ま、今回は偵察なのでイワナの魚影が確認できただけでも良いでしょう、時間も限られるので、次はアマゴ探索。

アマゴ域に移動して各ポイントを探るも、、、やはり去年秋の台風による影響は大きく、殆どのポイントが土砂で埋まって浅くなってしまい、岩や石も土砂の下・・・・orz
なんとかチビアマゴを1匹釣って、他に3匹ほどチェイスやバラシなどの反応はあったものの、なんだか釣れそうにない。
まだMZでアマゴが釣れだす時期には少し早いせいもあるが、、、、全域が土砂で埋まり気味なのが非常に気になります。
[PR]
by sierra-outdoor | 2012-04-15 21:16 | 渓流釣り | Trackback | Comments(2)
ヤマト 2199
去年、実写版で話題になった宇宙戦艦ヤマト。
それがリメイクされて、現在幾つかの映画館限定で上映中~(2012-4-20までだけど)

初代ヤマトをリアルに見てきた世代としては、見逃せん!!(笑)

で、早速行ってきました。
ガラガラかと思いきや、似たような人が多くて、小さなスクリーンでしたが、それなりの客入り。
アニメ作品としては異様に客層の年齢が高かったのも何となく判る気がする。

リメイク版なので、初代ヤマトとほぼ同じ。若干、登場人物が追加になっていたりキャラに手を加えられていたり、、、という程度です。
でも、主要人物のうち、島大介と森雪は少し違っていたな~~
島は、なんだか軽めの軟派なキャラだし。森雪はツンデレ高飛車系だし。
まぁこれも時代の流れでしょうか。

古代は、まぁ、あんなもんかな。割と初代に忠実になってます。
さすがに実写版のキムタク古代のようなキャラではないです(笑)

冒頭の冥王星会戦の描写はなかなかのモノですね。これまた時代の流れを感じます。
ガンダムシリーズにはない、艦隊決戦のシーンはヤマトならでは。
#宇宙で行われる未来の戦闘なのに、何となく第二次世界大戦の海戦と雰囲気が変わらないのは、やや違和感あるけど。

このヤマト2199は、元々テレビシリーズとして作られて26話あるそうな。
で、まずは映画館で計7回先行上映。
そのあとにOVA展開。
最後にテレビ放送。

だから、無理して映画館で見なくても、そのうちタダでテレビでも見られるのですが、折角なので映画館で第一章の上映を見てきました。
第一章「遥かなる旅立ち」は第1話と第2話を約60分にして、1000円で上映。

第二章「太陽圏の死闘」は3~6話。これは6/30以降の上映。

とりあえず同じ展開なら、冥王星基地を叩くところまでは見どころ満載なので、第二章も多分見に行くでしょう。
その後は、どうしようかな。まぁ気分次第ってとこですね。

オープニングソングは同じ。(録り直しはしたらしい)
数あるアニメソングの中でも名曲ですな。これは。


[PR]
by sierra-outdoor | 2012-04-14 21:05 | 映画 | Trackback | Comments(0)
4/8 少し季節が前進か??
前回の釣行時は現地で雪が降るという、4月の天気としては前代未聞?というほどではないにせよ、季節外れの寒さ。
季節がどう考えても2週間~20日くらい遅れている、、と言った感じでした。

そして、週半ばに爆弾低気圧が通過して大荒れ。その後も小さな低気圧が短い周期で通過し、その度に寒気が下りてきて寒くなる。
この週末も土曜日までは寒かったデス。

しかし寒くても行かねばナラヌ。
どうせ行くなら少しでも暖かいであろう、と思われる日曜日に行くことにしました。

同じ日に同じ方面に行かれるという はなひろさん と連絡を取って、午後にでも合流しましょうか、という事になり、午前中はKBJ川を探ってみる事にしました。

朝の7時半に出発、現着は9時少し過ぎ。
天気はとても良く、前日まで吹いていた寒い風も収まり小春日和。
川面に下りると、若干水位は高いものの水は透き通っており、盛んにメイフライの類もハッチしておりイイ感じです。

開始時点での水温は7度。
ちょっと水温が低いかな~~とは思いつつもミノーを投げると、3投目に早くもチェイス!!
足元まで追ってきたのでそこでチョコマカと食わせのトゥイッチを入れるとヒット。
これは残留成魚ちゃんでした。

次のポイントでは、魚のチェイスはあったものの食わせる事は出来ず。でも今日の反応は悪くないようです。
流れの真ん中近くから反応があります。

次のポイントに入ると、けっこう真新しい先行者の足跡が。。。
まぁ川自体はそこそこ大きいので、きっと竿抜けはあるだろう。それにこの川もあまりよく知らないので今後のために調査も必要なのでそのまま釣り続行。
しばらくは反応がなかったものの、流れの中でもこの時期ならココでしょ~的にA級ポイントが出てきたので、ダウンクロスで攻めると流芯から一発でドンッ!!
よしッ、来たッ!!
グリグリとローリングを繰り返しながら抵抗します。少し弱く設定してあったドラグが微かにジジジ・・と鳴るので、少し締める。
手元まで寄せると、なかなかの美形アマゴちゃん。これは天然モノでしょ~~ サイズは22cmほど。
f0100885_21405265.jpg

他のポイントも見て廻りますが、瀬が多くて、ちょっと時期的にまだ早そう。あと1カ月したら良さそうですが。

移動中に はなひろさん から着電。
どうやら はなひろさんも午前の釣りを終えて、同じ地域に来たらしいので、早速合流します。

合流して、さてどこに行きますか~という話しになり、当初はNGR本流を考えていたらしいですが、まだ水温的に時期尚早との事。
それじゃYSD川に向かいますか、という事でYSDに向かいます。

たまたま先週に私が軽く探った場所が何カ所かあったので、そちらに向かいます。
YSD川は水の流れはなかなかヨサゲです。水温は8.5度くらい。
昼過ぎの時間帯なので、どのポイントもきっと朝から誰かは入っているだろうけど、ま、どっかに竿抜けがあるでしょー
最初のポイントで上流方向と下流方向の二手に別れて探ります。
入ってすぐのあたりはやはり先行者の痕跡があって反応ナシでしたが、上流方向に歩いて行くと淵があり、そこにナニゲに投げると、チェイスあり。
もう一度投げると、、、ワラワラ~~っと10匹近くの群れでチェイス!!
うひょー、こんな所に居たのね、キミタチ。(サイズは15~20cm程度でしたが)
しかし、バイトさせるには間合いが足りずに残念ながらUターン。
その次のキャストでも2匹が追ってきて、もう少しでバイトさせられそうだったけど出来ず。
その後は反応が無くなりました・・・
下流に行った はなひろさん を探しに行くと、20cm超のいいカンジの美形アマゴを釣っておられました。

さらに移動。
次のポイントは前回偵察した中では最も期待できそうな場所でしたが。。。。残念、一歩遅く今まさに先行者が入っていく所。
仕方なく、違う場所に入ってみます。
ここでもチェイスあり、バラシあり、でしたが釣れず。

さらに次のポイントでも1バラシ。うーん、ショートバイトが多いなァ。かなりスレているのか。
ただ、どのポイントでもそれなりに魚の反応があるのが救いです。

だんだん太陽が西に傾いてきつつあるので、戻る方向で移動。
はなひろさんがアマゴを釣ったポイントは対岸に渡ると、もっと広範囲に探れそうだったので、対岸に入ってみます。
ポイント的には非常に良さそうなのですが、無反応・・・・
今後のためにもずーっと川通しで探れる場所を探して歩き廻りますが、1チェイスあったのみ。
最初に入った場所で粘っていた はなひろさん の所に戻ってみると、何やら一人撮影会を・・・・
歩み寄ってみますと、良型イワナをGetしてるではないですか~~
聞いてみたら、散々私が投げた場所でした。居るならココだろうと、手を変え品を変えてアプローチを繰り返してヒットさせたとの事、はなひろさんの粘り勝ちです。

山の稜線に陽が没するようにあり、あと探れるのも1箇所か2箇所ぐらい。
手っとり早く入れる場所を探して、試しに投げると。。。いきなりのバイト!!
しかーし、バラシ・・・・
うーん、今のはなかなかのサイズだったと思うのだが残念。
引き続き探ると、チェイス!!
バイトさせる事には成功したけど、やっぱりバラシorz
2連続バラしてしまうとは。。。今日のYSD川はキビシイ。
それでもココは魚が固まっていそうなので続いて投げる。またチィエス!!
ねちっこく絡みついてきて、なんとかヒット!!
これは無事にGetしました。20cm弱のアマゴちゃん。
微妙に成魚の残りっぽい面影を残してましたが、各ヒレはピンとしていたので、多分、天然かな~
次もまたヒット!! を~~調子出てきた~~~

小さめながらアマゴが何匹もチェイスしてくるので、はなひろさんに場所を譲って、夕暮れ時の最後の爆釣タイム突入か!!と思われましたが、その後、急速に反応が無くなる。。。
結局、このまま日没ゲームセットになりました。

ようやく天然魚が動き出して、そこそこ面白いゲームが成立するようになりました。
まだまだサイズは大きくても20cmを少し超えるくらい、かつ、まだ瀬の中には入っていないですが、何とか一日遊べるぐらいの状況になっているようです。
これから現地で桜が咲き、新緑の芽が出て、藤の花が咲く季節を迎えつつ渓流も本格シーズンに入るようになるでしょう。
f0100885_21411277.jpg

[PR]
by sierra-outdoor | 2012-04-08 21:39 | 渓流釣り | Trackback | Comments(6)
4/1 ハルなのにぃ~♪
この日から4月。春本番、、、と言いたい所ですが、今年は季節の進行が遅れており、まだ3月半ばみたいな感じ。
やっと平野部の暖かい場所で桜の開花したという程度(例年なら、もう平野部は満開に近くなってるのに)

前日にまとまった雨が降り、低気圧が通過後にはまた寒気が張り出して一時的に寒の戻りとなる予報。
寒いからと言って、現場に出ないと始まらないのが釣り。
今年は新しいエリアの偵察もしなきゃいけないので、イキます、寒くても(苦笑)

朝6時には出発する筈だったけど、寝坊してしまい8時前に出発。
最初は前週に釣れた同じ場所へ。現着は10時ちょっと前。
狙いたい区間に先行者が居ない事を確認し、早速準備して釣り開始です。

まずは水温チェック。約8度なり。前回よりも1度マイナス。
冷え込んだ割には、あんまり水温が低下してないので、一安心?? 水位は前回とほぼ同じで、平水よりも20~30cm高と言った所か。目立った濁りは無し。
水辺に立ち、投げる投げる・・・反応ナシ・・・・
そのまま幾つかのポイントを過ぎて、前回釣れたピンスポットへ。
流れが速いので、ダウンクロスでアプローチしてそのままステイ。軽くトゥイッチで誘ってスローにリトリーブしてくると・・・軽くグン!!と重みが増す。
あれ?根掛かった??いやヒットしてた(苦笑)
20cm弱の残存成魚でした。。。まぁこれでボーズは回避できたか。
その後、幾つかのポイントを回るもノーヒットノーバイト。空からは時雨雲から小雨が降ってくるし・・・そんなに寒くないのがせめてもの救いだが。
本流や他支流が濁っているせいか、濁りのないこの流れに釣り師が集中してるらしく、主立ったポイントには必ず誰かが入ってる。

お昼になり、大きく移動。
次はYSD川水系を偵察しよう。
この水系の中のさらに支流のKR川へ。
この川も集落の中を流れてはいるが谷が深くて川岸は崖で囲まれていてエントリーが難しそう。
その中でも比較的エントリーしやすい場所を2、3箇所探ってみるものの、1バラシのみ。
しかも、この頃になってドバ~~っと雪が降ってきた・・・積る雪ではないが、もう4月だょ(^^;;
それほど雪の多い地域じゃないのにまさか雪が降るとはビックリ。
昔、ヒットした曲が脳裏にリフレインする。
「春なのに~~~♪」
4月とは名ばかりでした。

雪が止まないが、積もる程でもないので、釣り続行。
ヨサゲな流れだが、両岸が崖だったので入るのを見送ったポイントにもう一度行ってみる。
だいたいどんな場所でも必ず釣り師が入る道があるものだ。よ~く探してみると、あったあった。
崖を下りていくルートが見つかったので、入ってみる。
崩れ易いルートなので慎重に下りて水辺へ。谷底なのですでに薄暗くなっているが、なかなか良さそう。
この時期に魚が潜んでいそうな流れの弛みを探ると、、、何か追ってきた??
もう一回通す。するとヒット、、、しかし小さ~~い、12cmちょっとのチビアマゴちゃん。
よくぞミノーにバイトしたもんだ(苦笑)
別のピンスポットでも2バラシあり。ここは盛期には良さそうな感触。ただ、崖を下りてもすぐに通らずにブチ当たってしまって、約100mぐらいしか探れないのが難点だな~

どんどん陽が落ちていくので、足早にYSD本流をチェック。
なかなか良さそうな場所があるが、エントリーに少し苦労するのと、入渓路から左右に100mも探れない。長い距離を川通しで探れないのが難だな~
これらの傾向は今まで探った各支流群に共通しているが、川通し出来る距離が短いと、何度も移動と川への入退を繰り替えさればならないので、一日を通して釣りの効率が落ちる事が予想される。
いかに沢山のポイントを抑えて、効率良いエントリーを出来るようにするしかなさそうです。
f0100885_21573017.jpg

[PR]
by sierra-outdoor | 2012-04-01 21:54 | 渓流釣り | Trackback | Comments(4)



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
Churinさん なん..
by しえら at 21:12
しえらさん、おかえりなさ..
by Churin at 23:09
ココ最近、全く雨が降って..
by しえら at 21:27
手のヒラアジさん 先日..
by しえら at 21:25
Churinさん そう..
by しえら at 21:21
ども。 マメに記事アッ..
by 手のヒラアジ at 13:55
おー、しえらさんには珍し..
by Churin at 23:04
やはり土曜日は賑わってい..
by Churin at 22:59
都市型温排水の貴重なター..
by しえら at 20:49
なんとか釣れてくれました..
by しえら at 20:48
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism