<   2014年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
6/20~6/23 沖縄遠征2014
今年もやって参りました、オキナワ。
個人的には年に一回の同窓会みたいな感じになりつつありますが(苦笑)
まぁ今年も頑張ってやりましょう~



6/20
セントレアに向かうが、生憎の通勤ラッシュの時間帯になってしまって、通勤通学で混み合う地下鉄の中でバズーカ抱えて目立つわ~~~
なんとか名駅に到着して、セントレアへの電車をに乗り込み、無事にセントレアに到着。
今年は、ユナイテッド・マイレージプラスの会員になり、日頃の経費を出来る限りカード支払いにしていたので、貯めたマイルで往復のANAの航空券をゲット。

ちなみにマイルでの航空券予約完了のメールは英文だったので、よく判らなかったけどユナイテッド航空は無料で預け入れは1個だけかつ、3辺合計が157cm以下とか、そんな制限がある。
これはユナイテッドの国際便だけの制限なのか、それともマイルを使った他航空会社の国内線にも適用されるのか戦々恐々であった。

なんせGT遠征なので荷物が多くて、ロッドを入れたバズーカ、リールやルアーその他の装備を入れたスーツケース、自分自身の着替えなどを入れたバックパック。
どんだけ荷物を絞り込んでも以上3つは最低必要。
バズーカなんて、GTロッドを入れないといけないので、どんなに頑張って短くしても3辺合計で158cmは絶対に超えるし。

ひょっとして追加料金取られるか?国際線だと荷物超過はめっちゃ高くブン取られる。
国内線なので、そんなに高くはないと思うが、事前に送った方が安いカモ・・・と思ったけど、とりあえず行きだけは取られるかも知れないのを覚悟の上で全ての装備を持って行った。
幸いにも、ANA国内線の今まで通りに合計重量(20kg)さえ超えなければ、そのまま受け入れてくれてラッキー。

そんなこんなで何とかヒコーキは無事に出発、到着しました。
那覇空港に到着して、毎度のことながらボーディングブリッジに出た途端にムッと蒸し暑い空気に包まれる。
うーん沖縄に来たんだなぁと実感します。

手荷物を受取り、本日宿泊予定の宿へ向かいます。一人なのでケチってバスで移動(笑)
14時ころにホテルに到着。チェックインは15時から、とのことなので荷物だけフロントで預けて昼飯食いに周囲に出ますが、どの店もランチ営業が終わったばかり・・・・(^^;;;
仕方なく、ほっともっとでお弁当を買って、近くのフェリーターミナル待合室のベンチに座って食べる。

15時になってチェックインし、荷物を整理して、他の人達が来るまで、陸ッパリでもしようとライトタックルを1本持ってフラフラと歩き回る。
干潮の時間帯かつ、やたら強風が吹き荒れていて釣り難い。
結局、2回ほどバイトはあったものの、バラシのみでお終い。

夕方になり、TAKEさん達と合流して、ホテル併設の居酒屋で前夜祭?を行って、明日に備えます。



6/21
いつものヨセミヤの3号艇にて出撃!!
風はけっこうビュービューに吹いてて、波もやや高めですが、ヨセミヤの船は波もモノともせずに突き進みます(でも結構揺れるけど・笑)

慶良間諸島周辺の各ポイントを叩きますが、、、ベイトの気配も薄くて、この日は非常に活性低い。
f0100885_2246871.jpg

漁労長のマツダさんがライトジギングをやってます。好調に釣れております(笑)
ゲソを餌に使ってますけど(^^;;;;

GTの方は一生懸命に投げまくりますけど、、、ヒットもバイトもありましぇ~~~ん。
GTかどうかも判らない、めっちゃショボいバイトが船中で1発あったのみで撃沈です。
まぁ国内GTはこんなもんですね。
翌日に期待しましょう。
f0100885_22463246.jpg

いつもなら那覇まで帰るのですが、この日は慶良間の座間味島に船を入れて、島の民宿で宿泊です。
那覇~慶良間の往復1回分の時間と燃料が節約出来るので、トータルで安くあがるらしいデス。
民宿は宿泊するだけなので、食事は無いので、島内で食べるのですが、この日の座間味は生憎?なにやらお祭りらしく、食事が出来る店がことごとく臨時休業・・・・
お祭り会場で、屋台があるのでそこで、焼きそばとかオニギリとか購入して夜食の代わりとします(^^;;;

民宿に荷物を置いたのが19時前。まだ何とか明るい。
陸ッパリ用のライトタックルを持っているので、ちょいと行ってこよう。

お祭り会場の反対側に小さな流れ込みとスロープがある。
居るならココだろ、と探りますと、一発でヒット!!
うひょ~~~、、コ、コレハ、、、ダッツーだ(苦笑)
60cm近いダツがスロープにて一発でヒット。
しか~~し、干潮なのでスロープがヌルヌルでめちゃ滑り易くなってる。
立ってるのがやっとの状態でダツがヒットして大変だーーー
今にもコケそうになりながら、なんとかズリ上げたが、ダツの歯にラインが当たってプッチン。
ルアーを付けたままダツはスロープ上でジタバタする。ヌルヌルのスロープ故に段々と海へ落ちていく・・・
あかーーん、逃げてもいいけどルアーを返せ~~~

ジタバタ暴れるダツ。歯が鋭いし足元ヌルヌルで魚を抑えられない(焦)
手元にあったフォーセップで滑り落ちてくるダツをスロープ上部へ放り投げる・・・が、ヌルヌルなのでまた滑り落ちてくる・・・・放り投げる・・・滑り落ちてくる・・・を3回ぐらい繰り返して、やっとヌルヌルしていない乾いたスロープまで放り投げることが出来た(ホっ)
ここでやっとルアーを回収。ダツ君は無罪放免。でも、リリースまで時間かかったせいか、ちょっとグロッキー気味でした(^^;;;

どんどん暗くなる。残された時間は僅かだ。
すると、流れ込みの近くのドシャローで突然にバシャバシャとナブラ発生!!
ドバン!!と水面炸裂。
こりゃメッキだ!!

急いで駆けつけ、ミノーをキャスト。
すると、ガッツーーーン!!!!ギュギュギュ~~~~~イ~~~~ン
よっしゃーーヒットだーーー!!!

ドラグがジジジジ・・・・・・とけたましく泣き、いっきに15m近くダッシュ。
こりゃ良型メッキか!?
走りに耐えて、停まるとゴリ巻きしてくるが、数m寄せるとまた走り出す。
寄せて走られ、、と繰り返すこと数回。
なんとか寄せてきてキャッチ成功。
久しぶりの尺メッキ(ギンガメ)です。
いいねぇ、やっぱメッキは。めちゃ楽しい。
生憎、カメラを忘れて画像ナシですが、なんとか釣れてヨカッタ。
その後ももう一発ヒットしたけど、ファイト中にフックオフ・・・・
暗くなりナブラも終わって、この日の釣りは完全終了~~~



6/22
2日目です。
朝7時出港なので、夜明けとともに、前日のポイントへ・・・・
と、その前に宿の前の用水路が気になる。
試しにミノーを投げる、、、と一発でヒット!!
細長い銀色の魚がジャンプ!!そしてバレた・・・・
次投げる。またヒット!! しか~し、またバレた。
どうやら、この魚はパシフィクターポンか?? 口が硬いのでいつもバレちゃって未だに1匹も釣ったことがないのよね、この魚。

もう一度投げる。またヒット!! しかし魚種がメッキに変わっていた(苦笑)
同室のシンタローさんに魚を見せに行ったら、オレも行く!と言う。
f0100885_22471040.jpg

前日釣れたスロープに行くと、またベイトはたんまり居るけど、ナブラ無し。
ナブラを探してスロープを撃っていくと、軽くバイト。
これはフエダイの一種かな??
f0100885_22472829.jpg

そうこうしてるうちに、前日と同じ場所でナブラ発生。
またメッキが回遊してきたか?と思って急いでかけつけて投げる。
しかし、ヒットさせる前に根掛かってしまい、プッチーーン。
ラインシステムを組み直している間にナブラは終了・・・
シンタローさんもやってきて攻めてみますが、ナブラが終わったと言うことは回遊していない、という事だ。釣れんわね。
関西組のカワG君も様子を見に来てたけど、結局その後は何も釣れずに出港時間が近づいてきたので荷物をまとめて船に戻ります。

予定通り7時に座間味を出船。
島の周囲の各ポイントを探って行きますが、、、、朝のうちはな~んにも反応ナシ。
ライトジギングではポツポツ釣れるのですがネ。
f0100885_22475317.jpg

昼近くなり、TAKEさんにようやくバイト!!
しかーーし、すぐにバレた。魚種は不明だが、あんまり大きくは無さそう。。。

正午を回った頃、TAKEさんのプラグにワラワラと3匹くらいの魚がチェイス!!
追ってる!!と林船長の声。
2度3度と追い食いしてやっとヒット!!
それほど大きくは無さそうだけど、やっとフッキングさせた魚だ、大事に大事に・・・・
でもファイト中に林船長がぽつりと「GTとは違うなぁ」
水面まで上げてくると、、、あちゃ~~~GTフィッシングにはお馴染みのバラフエダイでした。
ファイト中はグングンと下へ下へと走ったので、小さくてもGTかと思ったのですが。
f0100885_22481921.jpg

ま、それでも、とりあえず魚の反応があったのは喜ばしい。

その後、関西組のナカT君にもなにやらバイトあり。
をぉ、ちょっと活性が上がってきた??
そして、トモで投げていたカワG君のプラグが突然にドバン!と水柱に囲まれる!!!
ヒットだ!!こりゃデカイぞ~~~

GTロッドが満月にたわむ。
必死になって耐えるカワG君。
すぐに船はフォロー態勢に入り、根から魚引き離すためにゆっくり後進。
TAKEさんからカワG君にゲキが飛ぶ。
一番キツい時だが、これを耐えれば獲れる確率が上がる。
ジリジリとドラグが出ていくのを、ひたすら耐える。
魚の走りが停まったところで全身を使ってリフトアップし、巻き取る。リフトして巻き取る。
これを繰り返してジワジワと魚を浮かせにかかる。
そして数分後、浮いてきたのは、最近お目にかかれなかった30kgオーバーのGTだ!!
f0100885_22484543.jpg

いや~~、やりましたねぇ、おめでとう カワG君。

関西組のボスであるマツダさん曰く、彼は魚運を持ってる、と。
GTを始めて今年で4年目。毎年1匹は獲ってるとの事だが、今年も獲った。
しかも自己記録更新の39kgです。
40kgに迫ろうかというGTは久しぶりに見たなぁ。

これで船中全体でヤル気が出てくる。
次の流しで、私の投げたプラグが着水してすぐに、ガバッ!!と何かがバイト。
しか~~~し、食い込まずにそのまま終了・・・・なんでやねん。
あんまり大きくはないと思うけど、食って頂戴よ~~(^^;;;

夕方までひたすら投げ続けましたが、これで終了。
2日間のGTフィッシングは幕を閉じました。

結局、船中でGTは1本のみ。この千載一遇のチャンスをモノにしたカワG君、天晴れ!



6/23
那覇に戻って、この日は現地釣友のAPOさんと一緒に陸ッパリの一日です。

前日の深夜(って言うか未明まで)、あれこれ喋り込んでいたので(苦笑) 出発が遅くなってしまい朝8時ころホテルを出る。
最初は空港近くのポイントへ。。。。しかしベイトが寄っておらず、無反応。

干潮の時間帯になってきたので、APOさんのイケス(と呼ぶ、よく釣れるポイント)に行く。
しかし、明け方にかなりの雨が降ったらしく、土茶濁り・・・・まったく反応がない。
いつも必ず釣れるイケスなのに。。。

次のポイントへ移動。
ここでは3年くらい前にメッキが一瞬だけ入れ喰った場所である。
ド干潮の時間帯なので、いまいち潮も動いていないがどうだろう。

ミノーを撃ちながら移動していくと、APOさんにバイト!
その周辺を丹念に探ると、ついに私にヒット!!
右に左に走り回るのは、メッキちゃんです。
f0100885_22492030.jpg

最初はカスミアジかと思ったけど、胸ヒレが黄色くない。
APOさん曰く、オニヒラだね、と。
を~~初めてオニヒラだと確定できた魚が釣れた。
群れが入っていないか、その後も探るもノーヒット。
移動間際に1匹、バラクーダの子供が釣れたのみ。

さらに移動。
島と島の間の水路のような場所に行ってみるが、潮が引ききっておらず、肝心のポイントが遠すぎてダメ。
どんどん移動して、別のポイントに入ってみると、、、APOさんヒット!!
ロッドが満月になってドラグがジジジジ・・・・・
を~~~なかなかのサイズか!?
寄せてきたら、オジサンの40cmクラスでした。


もっと沖合ではアジサシがトリヤマを作って盛んに水面に急降下している。
その辺りでバシャバシャとナブラが立っているのだが、いかんせん遠すぎる。ルアーが届かん。
指をくわえてナブラを見送る。
f0100885_22494994.jpg

午後になり、空港に戻る方向で移動しつつ、各ポイントを攻めてみますが、その後はノーヒットのまま終了~~~~

夕方、那覇空港まで送って貰ってAPOさんとまたの再会を誓って別れる。

帰りのヒコーキにチェックインして、土産を買って、出発20分前に出発ゲートに行くと・・・・
あれれ?乗るはずのヒコーキが機材到着遅れのため出発が25分ほど遅れるとな・・・・
マイルで取った便なので、今回は鹿児島経由なのである(都合の良い直行便が無かった)
鹿児島でセントレア便への乗り継ぎ時間は25分だったハズなので、これじゃ乗り継げない??
いや、同じANAなので少しくらいなら、待っててくれるか。

でもすぐに名指しでANAから呼び出された。
呼ばれたので行ってみると、窓口のお姉さんが言うには、次の通りであった。

・このまま鹿児島行が出発が遅れると乗り継ぎ時間が無くて、セントレア便に乗れない可能性がある。
・当社としても出来る限り乗れるように努力はしてみますが、乗り継ぎ出来なかったらゴメンなさい。
・すぐに移動できるように、一番前の席に移動してもらいます。
・乗り継ぎが出来なかった時は、鹿児島で1泊して翌日の便に乗ってもらいますが、お客様はマイレージでチケットをお取りになってるので、当社の規定で、ホテル代は出ません・・・・

うう~~ん? 3つ目までは了解したが、4つ目の点はナンヤネン。
こちらのミスではなく、航空会社側の事情(どんな理由か知らんけど)で遅れた訳だから、宿泊代は出すのが普通やろ~ LCCじゃないんだから。
と喉まで出かかったが、まぁ窓口のお姉さんに問い詰めても埒が開かないのは明白。
乗り継ぎ出来るように最大限努力はする、という事だし25分の遅れだけなら、鹿児島空港で走っていけばギリギリ間に合うか。(そのために一番前の席になるんだし)

乗り継ぎに遅れたら、そのときに考えるか。

ってな事を、お姉さんから説明受けていたら、別の係員がやってきて、なにやらボソボソと。
それを聞いてお姉さん曰く「乗り継ぎする便は、実は同じヒコーキでした。ですから、多分乗り継ぎは大丈夫ですね」との事。
でも念のため、鹿児島からセントレアに飛ぶヒコーキの機材が変更になる可能性もあるので、念のため席は一番前のままにします。
だってさ。

つまり、那覇→鹿児島→セントレア と同じ機材だった訳で、これなら鹿児島便が遅れたら、そのまま自動的にセントレア便も遅れる訳なので、無事にセントレアに帰れる訳ですな。
一安心です。

以前、那覇発のセントレア行きが、乗り込んでから無線機が故障で回復せずに2時間機内で待たされた挙げ句に欠航決定。
すでに他のセントアレア行きは全て出発しちゃった後だったので、那覇に延泊して翌日に帰ってきた、という経緯があったので、又か、と思ったけど何とか遅れながらも帰ってこれました。



結局、今年も本命は釣れずに沖縄遠征は終了。
ここ数年、まともにGTファイトをしてないなぁ・・・・
また来年頑張りますかね~~~

p.s.
この1週間後、一緒に釣りしたAPOさんが、41kgのGTをキャッチ!! すごい~~ぱちぱち~ やっぱ気合入れて釣りしないとアカンですなあ
[PR]
by sierra-outdoor | 2014-06-20 22:43 | 海の釣り | Trackback | Comments(1)
6/6 平日極悪釣行
梅雨入りし、やっと雨が降った・・・
しかし水源地で30mmほどのお湿り程度(九州や四国、関東の一部では大雨になっているのに)
でも、アユ解禁目前に迫ったNGR。
アユが解禁になると、まともな本流釣りは出来なくなるので、急遽休みを取って、平日極悪釣行と相成りました。

早朝4時半に現着。
さすがに平日なので目指すポイントには一番乗り出来ましたが、途中の某有名ポイントでは薄暗いうちから数名の釣り師が陣取っていました(^^;;;

準備をして川に入って淵尻から釣り上がっていくと、いきなり最初の数投でバイト!
これはバラシてしまいましたが、ちょっと活性良さそう?
少し移動した所でも同様にバイトがありましたが、これもバレた。というかショートバイトすぎて掛からない(苦笑) サイズはどちらも20cm中盤以下かな?
水もササ濁り状態で、活性が高いように思えましたが、、、このポイントの核心のスポットでは無反応・・・・
戻る方向に移動しつつ、先程バラしたスポットをもう一度探ると、ヒット!!
なんとか1匹釣れましたが、サイズは20cmちょいなので、狙ってるサイズではない。

小移動して次のポイントでまたヒット。これは25cm程度で、この時期のレギュラーサイズ。
f0100885_21524577.jpg

さて次のキャスト、、、と思ってロッドを持ち上げると、ポチャン・・・あれ?ルアーが目の前に落ちた。
ロッドを持ち上げただけでPEラインがノットの少し上から切れている。PEに傷が付いていた???
幸い、拾える場所だったのでルアーを拾って、再度ノットを組み直す。

その数分後、またキャストのために振りかぶった瞬間に、ポチャン・・・・ また切れた!!

これはおかしい。
つい先程ノットを組み直したばかりなのに。
調べると、先程と同じく、ノットの少し上のPEで切れている。

これはガイドに問題があるか?と思って、丹念にガイドを調べると、トップガイドのSicリングが一部欠けているのを発見!!
これはアカンわ。
しかし、困ったな。本流用7フィートのロッドが使えない。
いったん車まで戻って予備のロッドを持ち出したが、こちらは6フィート。
今日探ろうと思っていた本流区間では短い。。。。しかし止むを得ない。
このロッドに交換して釣り続行。

タックル交換に時間がかかってしまい、探りたかったポイントに他の釣り人が入ってしまい、移動することに。

次のポイントは前回、中小型ではあるがアマゴの魚影がそこそこ見かけたポイントであった。
しかし、このポイントでは25クラスのアマゴが2回チェイスしてきたが、ギリギリのところでバイトせずに二度目のチェイスはなし。
そしてこの頃から太陽が顔を出してきて暑くなってきた。
天気予報では曇りか雨の予報だったのに・・・・

それ以降、天気が良くなりすぎて暑くなり、同時に魚からの反応が消える・・・

あちこち移動を繰り返して探るも、ほとんど反応がないまま時間だけが経過。

正午を過ぎて、帰る方向に移動しつつ、これまで探ったことがないポイントも今後のために偵察することにした。

幾つかのポイントを探ったのちに、とある瀬が続くポイントへ。
まぁこんなに暑くて陽が照らしている日は瀬の中の高活性な魚しか反応しないだろうなぁ、と思って激瀬を探っていく。
すると、突然にゴツン!!と強めのバイト。
をぉ、久しぶりのバイトだー、しかもサイズは悪くない。
かなり手元に近い場所でヒットしてきたので、有無を言わせず寄せるが、足元の水溜まりの中で元気良く暴れて大人しくならない(苦笑)
なんとか、水溜まりの中で捕まえて、サイズを計ると、、、、うーん29cmだ。また29cmか・・・今季3匹目じゃん。なかなか尺を超えてくれないな。
f0100885_21531166.jpg

尾ヒレが回復途上であることと、顔だちが丸っこいので、このアマゴは解禁後に放流された成魚の生き残りが成長した個体と思われる。
2月に放流された個体であれば、あの当時は20cmぐらいだったはず。
3カ月ちょっとで9cmも成長するのね~~~
ブクブクに太った、メタボなアマゴでした。
これが天然のアマゴだと砲弾型の体型になるのですがね。

この頃から陽が傾いて、ようやく少しづつ涼しくなってきた。
どんどん移動して、今まで殆ど釣ったことがない場所も探ってみると、16時ころにヒット。
これはサイズは25程度ですが、体型は天然らしい精悍な個体でした。
f0100885_2153272.jpg

結局、この日はここまで。
あわよくば、遡上してきている例の魚でもヒットしないかしらん・・・と思っていましたが、そんな都合の良いことが起きる訳はないですね(苦笑)

これでアユ解禁前の釣行は終わり。
しばらくはアユ師だらけの川になるので、アユ解禁が少し遅い他河川に行くか、どうするか、河川の選定が悩ましいです。
しかし梅雨に入ったというのに、相変わらずの渇水状況。これは何とかならんかな。
雨待ちの状況です。
[PR]
by sierra-outdoor | 2014-06-06 21:48 | 渓流釣り | Trackback | Comments(2)



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism