<   2014年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
8/23 ようやく本格始動
2週間前にメッキの存在を確認できたので、本格的にメッキ釣行の始動です。
午前中から釣りをしよう、という事で朝5時に出発。
現着は7時半ころ。時間的にちょっと遅いカモ、、でもポイントは誰も釣ってないので何とかなるでしょう。

いつも釣り始める場所でちょいと様子見・・・・
一投目からチビメッキが追ってきます。イイ感じ。
二投目でヒット。10cmいくかどうかのオチビさんですが、とりあえず最初の1匹なので撮影。
f0100885_22264870.jpg

3歩づつ移動しながらキャスト。
ミノーの後ろをチェイスしてくるが、、、喰わない。
よく見ると、ラインと水面の接点に対して、バコッと反応している。これはトップのパターンだなぁ、とポッパーに変更。
すると、ミノーではイマイチだった反応が激変、バコバコに反応が出てきます。

カケアガリの向こう側にポッパーをキャスト。
スピーディーにマシンガンポッピングしてくると、カケアガリの肩口を過ぎた辺りで、ポッパーの直後の水面がザワつく。メッキが群れで追ってる!!
ここでバコン、ドバンと水面炸裂。
しかーーし、アタックしてくる割にはヒットしない、ってゆーかフッキングしない。ちょっとメッキのサイズが小さいかな~~
そこでポッピングの合間に小刻みにシェイクを入れるとガツン!!

キターーーーッ

これですヨ、コレ。
メッキの釣りの醍醐味。
まだ魚のサイズが小さいので、ヒットした瞬間の横ッ走りはイマイチですが、スピード感溢れるこの釣り味はメッキならでは。
f0100885_2227231.jpg

釣れてくるのは、だいたい12~13cmと言ったところか。
かなりの数の群れが入っているらしく、連続して反応があり、入れ食い状態。
ポッピングしてくるポッパーが弾かれ、弾かれたポッパーが着水して次のアクションでまたバイト。
そして、やたらとバレる~~~苦笑
凄い時は1キャスト3バイト3バラシとか(おいおい、そんなにバラすなょ)(^^;;

ポップ、ポップ!!バシュ!!バコン!!バレたーー!!ポップ!!バシャ!!またバレたーー!!

そんな感じです。
それでも、ヒットは続き、1時間半ほど続いて朝のうちにおよそ30数匹はゲット。
反応はシャローの水際近くにイナッ子のベイトボールがあり、そのベイトの近くで反応が集中しましたが、キャスト直後の沖合でたまにヒットしてくる個体の方がサイズが良い。
f0100885_22274820.jpg

さすがにこんだけ釣ると、スレてきて反応が乏しくなり、場所移動。
次のポイントは潮が引きすぎて釣りにならず・・・・また場所移動。

次の場所は大場所であるが、ここもちょっと潮が引きすぎた。
今シーズン最初なので、とりあえず偵察してみますが、単発チビメッキが2匹ほど釣れたのと、バラシが3匹ほど。どうもこの日はメッキが入っていないようだ。

暑くなってきたので近くの弁当屋に弁当を買いに行って昼食休憩。
昼食休憩の後、真っ昼間なのでシェードが出来るポイントに行くと、居ました、ワラワラと追ってきますが、、、さすがに昼間なので朝のような高活性ではなく簡単には喰わない。
干潮の時間帯故、足場と水面との高低差もあり、シェードである足元にメッキが居るのでバイトさせるのが難しい。
まぁメッキ群の存在は確認できたので、後で攻略するとして、別のシェードを探します。
係留ロープ際に何気なく投げると、一発でガッツーーーン!!
これはバレましたが、すぐに二投目、見えない底からメッキが水面めがけてスクランブル発進してきます。
何匹か追加して、反応が無くなったので、少し離れた場所の係留ロープが入り組んだ場所に行くと、、、ロープ際になにやら木っ端グレのような魚の群れが浮いている。
念のため、ミノーを投げると、、、途端にその木っ端グレだと思ってた魚の群れが豹変。
ミノーに飛びついてきます。
こ、これは、全部メッキか?
反応が凄いのですが、昼間故にギリギリで見切っていくので、簡単にはヒットしませんが、なんとか3匹ほど釣った所で、ポツポツと雨が・・・・
見ると、朝から曇っていた空がいよいよ予報通りに雨が降ってきたみたい。
だんだん雨粒が大きくなってきたので、車まで一時退避しますが、その直後からドバーーッと土砂降り(^^;;;
あちゃ~~こりゃ釣りにならん。
雨雲レーダーを見てみると、ちょうど頭の上に激しい雷雲がかかっていて、レーダー予想でも2時間ぐらいは雲がかかりっぱなし。

一旦、近くのスーパーに退避して涼しい所で休憩。

14時頃になり、やっと雨も上がり、先程の場所に戻ると、、、なんと水は激濁りへと変貌。
海面は一面、バスクリン色。
先程の群れが居たポイントも、上げ潮になった事もあり少し潮位が上昇し、ついでにメッキ群は消えた・・・

濁りがない場所に行かないと厳しいか?と思って、車で中移動。
雨の影響の少ないだろうと思われるポイントに行ってみると、ここは潮は澄んでいましたが、メッキは単発でしか反応してこない。
小一時間ほど探った後、また朝イチのポイントに戻ります。
f0100885_22285867.jpg

朝イチのポイントも相変わらずバスクリン色ですが、降雨直後よりは幾分、薄くなっただろうか。

念のため、ミノーで探ると、を、1匹だけだが追ってきた。
ポッパーに変更すると、またバコン!!ドッカン!!と入れ食い再開。
水が濁っているせいか、午後の方が大胆にメッキも食ってきてバレるのが少なくなった。
ただ、朝から釣り続けているので、スレるのも早く、10匹ほど釣ってだんだん反応しなくなったため、歩いて少し離れたスポットへ移動。
ここならどうかな・・・・ と一発回答、また釣れ始める。
ただ、この場所はストラクチャーも地形変化もない場所なので、メッキ群を寄せるだけの要素がなく、すぐに群れが移動してしまう。
同じ場所に投げていると、すぐに反応が無くなるので、幅広くあちらこちらに扇状に探ると、どこかで反応があるので、反応のある場所を集中的にキャスト。
濁った水面をポッピングしてくると、底からメッキが突進してきてバシャ!!バコン!!とアタック。
やや、警戒心が強いのかショートバイトが多く、ここではバイト数の1/3もフッキングしないが、それでも10匹そこらは追加。

だんだん夕暮れになって、そろそろ最大のジアイか~~~という18時前、またしても雨が・・・
空を見ると昼の土砂降りと似たような雲が山の方から押し寄せてきます。
こりゃヤバイ、と車の中に退避。そしてまた土砂降り(^^;;;

朝からかなりの数は釣ったので、モウいいか、と納得してそのまま帰路へ。

結局、朝のジアイで30数匹。
正午前に10数匹ほど。
雨が上がった後の午後は20数匹ぐらい?
はっきりと数えていないけど、およそ70~80匹ってトコロですな。

シーズン初期である8月のメッキ釣行でこれだけの数が釣れたのは初めて。
1日の数的釣果としては過去3番目ぐらい。
ただ、シーズン初期なので、平均サイズは11~13cm。最大が18cmほど。
たまに15オーバーが混じるくらいなので、20オーバーが出る来月以降が本番ですね。
今年はメッキ魚影が有望で、4年前の豊漁の年を思わせる、出足好調なシーズンを予感させます。
[PR]
by sierra-outdoor | 2014-08-23 22:25 | 海の釣り | Trackback | Comments(2)
8/13 シーズン開幕メッキ
ちらほらとメッキの声が聞こえるようになり、ちょいと海水浴ついでに偵察へ。

お盆期間による高速渋滞が判っていたのですが、前日までシゴトの疲れもあって朝寝坊(^^;;;
結局8時過ぎに出発。
途中、渋滞区間の高速を降りて下道をあちこち迂回しながらなんとか現着、12時すぎ。
まずは家族サービスの海水浴。

海水浴も一通り終えて、16時ころから釣り開始。

毎年、最初の1匹を釣っているポイントに入る。

クリスタルポッパーで、一投、二投。
なにやらコトヒキの子供らしき魚は追ってくるが、とにかく小さい・・・
少しづつ移動しながら撃ち続けていくと、とある場所で、ポッパーの直後の水面がザワつく。
何か追ってる!?
コン!!とヒットして一瞬針掛かりするがバレてしまう・・・
それを2度3度続けて、ようやく乗った!!右に左に走るこの魚は・・・やはりメッキでした。
今シーズン、本土メッキの第一号です。
サイズは11~12cmと言ったところかナ。

小さな群れが入っていたようですが、ちょっと反応がシブくなったのでポイントを休めようかと、少し離れた場所へ移動。
こちらにはメッキは居ないことを確認して、また戻ってみると、先程の場所に他のアングラーが・・・
いや、あの姿は、、、見覚えが。。。。
あ、メッキ友達の小五郎君だ(笑)
どうやら、同じ場所、同じタイミングで来ていた模様。

久しぶりに会うので、話しながら並んで釣っていく。
さすがに小五郎君は先程、スレさせてしまったポイントから1匹2匹と確実に仕留めていく。
その横でなんとか自分も、もう2匹追加。
2人でイジめたせいか、反応も悪くなってきた。
小五郎君はポイントを大きく移動するため車に戻って行った。
こちらは同じエリア内を小移動して、探ってみるとポロポロと単発で釣れるが後が続かない。
1回だけ群れで追ってきたけど、小さ~~~い。

夕マズメを迎えて、一番最初のポイントに舞い戻ってみたものの、群れが何処かに行ってしまったのか、全くの無反応。

それでは、と少し中移動する。
このポイントはシーズン中盤~終盤に釣れる場所だけど、今日はどうかな・・・・
シーズン終盤に釣れる深場では反応なく、波打ち際ぎりぎりのシャローで小型2匹追加。
サイズが上がりそうになく、最後の最後、小移動した先のポイントで2匹追加のセイゴ1匹。
ここで夕暮れジ・エンドとなりました。

今季最初のメッキ釣行でしたが、サイズは11cm前後が中心に最大13cm程度とやや小さい。
ちょっと成長が遅れているかな。
主立ったポイントで大抵1匹は釣れたので、満遍なくメッキは居るようですが、大規模な群れには遭遇せず。
ここ3年くらい不漁の年が続きましたが、今年はまぁ平年並ぐらいには釣れそうな予感。
[PR]
by sierra-outdoor | 2014-08-13 22:48 | 海の釣り | Trackback | Comments(0)
8/9 支流は悪くないが本流は・・・?????
8月に入って、それまでの渇水傾向から梅雨に戻ったかのごとく天候不順。
しかも台風が近づいているし(^^;;;
そろそろ海へ、、、と思ってましたが、台風の影響を考えて路線変更。
渓流へと行くことにした。

ちょっと久しぶりにNGR本流へ。
前日にそこそこの降雨があったので、今年はあまり入っていなかった場所へ。
ちょっと寝坊してしまい、朝8時すぎに現着。
現地入りが遅れたので、ポイントに入れるかどうか不安でしたが、増水故にアユ師は非常に少なく、なんとか目的のポイントに入れました。

ササ濁りで水の状況はアマゴ釣りにはイイ感じ。
天候は小雨が降り続く。
水温が19~20度とかなり高めなのが気になるが・・・・

岩がゴロゴロしている深瀬を小刻みに探っていきますが・・・・反応が無いな・・・
少しづつポジションを変えながら探ると、とある流芯の際でドン!!
あれ?根掛かった!?
いや、水面でローリングしてる。。。アマゴだ。
魚を寄せてくると25cm級なので、まぁ平均サイズかな。
浅瀬の上に顔を出した岩の上から投げていたので、どうしよう、写真を撮るならネット使うか・・・
と思ってネットの準備をしていたら、足元でポロリと外れてサヨウナラ~~
25cmクラスなのでまぁいいか。最初のポイントでヒットしたので、これから釣れるだろう、と思ったのだが、それから何投げても何処に行ってもダメ、まったくヒットも無ければチェイスも無い。
なんでだ?適度の増水&濁りで絶対に良いハズなのに。
他の釣り師も少ないのでプレッシャーも低いはずなのに。
水温が高いから?? 朝イチの時間帯を過ぎているから??

過去に釣れた有望ポイントを数カ所叩くものの、全く反応がないまま時間が過ぎていく。

これは大きく移動するしかない、と思って今まで殆ど入ったことがないエリアまで足を伸ばす。
この辺りに来ると、アユ師もチラホラ。でもそんなに多くはない。
一カ所、サツキで有名なポイントには長竿を持ったエサ釣り師が陣取っている。

誰も入ってなさそうな区間で、流れが効いており水深のあるポイントを中心に探りますが、、、、やっぱりダメ。
正午を過ぎていまだゼロ。
このままでは丸ボーズだぁ(^^;;; イカン、やむを得ん、支流に行くか。

雨が降り続いているので、本流もかなり濁りが増してきたが支流はまだマシ。
ただ、この支流も簡単に入れる場所が少なくて、どこから入川するか悩んで、いろいろ探りつつ、やっと入川口を見つけて、目の前の場所に入ってみる。
小さな支流が合流する小さな淵。
雨による増水の時はこんな場所だよね~~と思いながらナニゲなくミノーを投げると・・・

濁った水の中からギランとデカイ影がチェイス!!
をぉ、ちょっとデカイよ。イワナか!?
もう一度、、、また追ってくるが、、なぜか喰わん。パクパクと口を広げてバイトしているみたいだが、ことごとくミノーを空振り。
それじゃあ、とステディリトリーブすると追ってくるだけで喰わないし。

少し休ませて、ミノーのサイズを1サイズ落としてもう一度アプローチ。
すると着水直後にまた出たッ!!
ガツガツッと手応えが伝わったが、、、アワセると微かに重みが伝わったものの、そのままフックアウト~~~バレた~~ぁ。
ううーん、残念。濁っていたので確実な事は言えないけど40弱はありそうなイワナだったのに。
2度3度と追ってきているので活性は高いのだが、最後の最後でバクッと食ってくれなかった。
いや、喰わせられなかったと言うべきか。
自分が下手なのか、魚の捕食が下手なのか。。。。

それ以降、反応もないので、少し下流のスポットへ。
ここでもイワナらしき魚がチェイス。しかし、やはり食ってくれない。
ゆっくりリトリーブすると。。。まだ後ろを追尾して、食う、、ガツガツとバイトしてきたがしっかり食い込むまで待っていると、針先を感じたのか、イヤイヤをしてミノーを吐き出してそのまま消えてしまいました。
あれれ、これは相当スレてる?サイズは尺弱と悪くなかったが・・・

さらにその下流にある岩の向こう側にキャスト。
流れ的に浅い淵尻でああるがチビくらい居るだろう、と思ったらカッツーーンとヒット。
しかしこれもバイト直後にバレた・・・・やはりサイズは泣き尺くらい。
狭い区間でこれだけ反応があるのに1匹も釣れないとわ(苦笑)

でも、この活性ならまだまだ出そう。
次のスポットにキャスト。対岸の枝が張り出して投げ難い場所になんとかミノーをネジ込むとまたチェイス!!
足元まで執拗に追ってくるので、またイワナだな~
ピックアップ寸前のトゥイッチで喰った。
アワセと同時に抜き挙げる。20cmちょっとのサイズ。
なんとか釣れました、、、魚を見ると、、、あれ、イワナじゃない、アマゴだ。
足元までネチネチとチェイスしてきたのでてっきりイワナだと思ったのにアマゴだったとは。
薄暗い支流なので、背の色が濃いアマゴだったので、それでイワナと見誤ったか。
とりあえず丸ボーズは回避。
f0100885_220577.jpg

次のポイントでもチェイス!!
さすがに雨増水による濁りのせいか高活性。惜しむらくはサイズが小さいことだが(^^;;

短い区間で合計3匹のアマゴをヒット。
チェイスやバラしはそれ以上。
支流の魚は本流と違ってとても高活性。この活性が本流の魚にあればなぁ。

とりあえず釣れたので本流に戻りますが、降りしきる雨でますます水位が上がり濁りも強くなってきた。
台風が近づいているので仕方ないか。
2、3箇所探ってみたものの、やっぱり本流は反応がないため、雨風がやや強くなってきている事もあり早めに家路へとつきました。

本流はまったくもってダメ。どこに魚は行っちゃったのでしょう・・・・
支流はそこそこ反応はありましたが、あのイワナを獲れなかったが全てデスネ(^^;;
[PR]
by sierra-outdoor | 2014-08-09 21:59 | 渓流釣り | Trackback | Comments(2)



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism