<   2014年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧
11/16 秋季キャンプ(ニジマス編)
10月に渓流は禁漁になり、真冬のワカサギシーズンまでは海に行くことが多いのですが、海って、けっこう距離を走らないと釣りが成立しないのデス。
どんな釣りでも構わないなら、近場でも良いのですが、私が求めている釣りだと、ある程度の距離を走らないと釣りにならない・・・・(^^;;;

距離を走ると言う事は、運転する労力は別にして、単純にガス代に高速代がかかる事を意味しています。

ぶっちゃけ、メッキ釣りに行くにはかなりの交通費がかかるため、そうそう毎週も行ける訳もなく(^^;;;
どこか近場で、それなりに満足度の高い釣りが出来ないかな、、、と。

渓流シーズン中だったら、比較的近場で楽しめるのが渓流釣りなんですけど、今は禁漁中・・・
管理釣り場、という選択肢もあるけど、トラウト相手に止水のプールの釣りは好きではない。

あ゛!?

そう言えば、ニジマスならば、まだこの時期でも釣りが可能な場所があるジャン。

ニジマスに限定で、冬季でも釣りが可能な河川。
もっとも有名なところでは犀川方面で、釣り場も広くて大物が出る可能性がある良い場所ですけど、さすがに海に行くのと同等かそれ以上の距離を走らねばナリマセン(^^;;;
もっと近い所、、、と言うことで、以前、釣りをした事がある場所へ行ってみることに。

ぢつは、この場所は過去に2度ほど挑戦した事があるのですが、そのときはあまり時間がかけられなかったせいもありますが、全く魚の姿を見ることなくボーズで終わってしまい、完敗でした。
そんな訳で今回は、ちょっと気合入れてやってみるよ~~~~(笑)

でも、川で釣りをする以上は、入漁券を買わねばならないので、地元の釣具屋が開店する時間にあわせてゆっくりと出発。
現地の釣具屋で入漁券をGetして、さっそくポイントに向かって走ります。

ポイントに近づくにつれて、ポツポツとアングラーの姿が見える。
けっこう最近、渓流オフシーズンのトレーニングの場と言う感じで人気が出ていますからねえ。

なにせこの川では過去2回の釣行ではニジマスの姿を1匹も拝んでいないので、どこがポイントか判っていない。
とりあえず、この辺りかな~~~と予想していた場所へ行くと、、、、2名ほどフライアングラーの姿があります。
どうやら場所は間違っていないみたい。

先行者は下っているので、邪魔にならないように、釣り上ってみますが、まったく反応ナシ。
かなりの渇水なので、この場所にはそもそも魚が居ないかも知れないし。
止むを得ず、先行者の後追いで下ってみると、そこそこ良いスポットもあるのですが、真っ昼間で先行者後追いなので反応ナシ・・・・

水量が少ないので、少しでも水量の多い下流方向へ、思い切って中移動。
到着する前に他アングラーの車が停まっていた場所にさしかかると、先程の車は移動した後でした。
偵察も兼ねて、この場所に入ってみよう。

河原に降りてみると、対岸の方が釣りしやすそう。
水量も大したことはないので、徒渉してから釣りを、、、と思いつつ、念のため、徒渉する場所を1、2投だけしてみます。
春先、子アマゴならば付いてそうな、そんな程度の浅瀬で、とてもこの時期に魚が付いているとは思っていなかったのですが。
1投目は反応ナシ。
2投目、瀬に沈んだ岩と岩の間をミノーが通過する瞬間に、、、

グン!?

あれ? 根掛かった??

グングングン!! ギラッ!!

岩と岩の間で魚が悶えております!!

ありゃ!! ヒットじゃん!!

魚が付いていないと思ってた瀬でいきなりのヒット。
ドラグが緩すぎて、ジジジジジ~~~~と鳴り出す。
すぐにドラグを締めて、、、、その間に岩と岩の間に魚が入ってしまいましたが、なんとかひきずりだす。
をぉ、過去2回全く姿を見せなかったニジマスだ。こんな所に居たのかい、キミは。
サイズはまぁまぁだが、あまりファイト的には大したことはないが、それでも最初の1匹、慎重に寄せてなんとかGet~
f0100885_22303346.jpg

サイズは42~43cmって所かな?
まさか、こんな浅瀬に入っているとは。
この魚をリリースして、徒渉予定の場所をもう少し丹念に探って何も反応がないことを確認した後に、対岸へ渡る。

そこからアップクロスで投げる。
キャスト、着水、トゥイッチ、トゥイッチ。
すると、すぐにドン!!

来たッ!! また来たッ!!

今度の魚は元気一杯、小さくジャンプを続けながら抵抗する。
足元に寄ってからも、なかなか大人しくならない。ネットを家に忘れたので、あまり強引にファイトも出来ないので、慎重に寄せて浅瀬へと導く。

この魚も先程の魚と同様に42~43cmほど。
魚が溜まっているようなので、最近放流された個体かな?
放流個体にしては、尾ヒレは綺麗だけど。
f0100885_22304937.jpg

さらに投げると、またコン!! これはバレた・・・
数m先へアプローチ。するとドスン!!とヒット。
この魚が一番ファイトが強く、小さくジャンプを繰り返しつつ左右に走り回る。
てなかなか大人しくならない。
やや強引に岸際まで寄せてきて、あともう少しという所で惜しくもフックアウト~~~
フックが伸び気味であった。
やはりアマゴ用の細軸フックでは、ニジマス相手では放流魚と言えども、無理がありますね(^^;;

さらに少し上流でもロッドを持っていかれるような激しいヒットがありましたが、ハンドルノブを握っていた左手がノブから離れてしまい、一瞬スキができてフックアウト~~~

少しづつ上流へ釣り上りますが、上流からフライの人が釣り下ってきたので、もう一度先程のヒットが集中した区間を攻めるべく釣り下る。
軽くコンと触ってくる感触があるが、フックアップしないので、ミノーをチェンジ。
すると、またヒット!!
この魚もほぼ同様サイズ。
やはり、特定区間に魚が集まっているのを考えると放流されて時間が無いみたい。
この場所は放流するには不向きの場所だったので、他で放流された群れが上ったのか下ったのか、で移動してきたのであろうか。
f0100885_22311395.jpg

その後は偵察も兼ねて、あちこち歩いて探ってみますが、ヨサゲな場所は幾つかあるものの、反応ナシ・・・
結局、先程ヒットが集中した区間以外では全くの無反応。

遅めの昼食休憩を取り、思い切って上流へ。
しかし、さらに上流は水が少なく、大部分は土砂で埋まってしまったチャラ瀬が続くのみ。

何度かの小移動を繰り返して、1回だけ40クラスのニジマスのヒットがあったものの(これはバレた)、釣果は伸びず、夕暮れ終了~~~

結果的に40cm級が3匹。バラシも3匹くらい。
過去2回、まったく釣れなかったので、今回も1匹釣れればオッケーぐらいに思っていたのもあり、この結果は自分としては上出来ですね。

反応のある場所が極端に偏っていたので、最近放流した魚にかなり依存しているかな。
もう少し魚が分散してくれればいいけど、なにせ水量が少ないので魚が付いている場所が限定されるし、全体的に見ても魚影は濃くはない。(って言うかどっちかと言うと薄い。平均サイズは良いけれど)
その割には釣り人は多くてプレッシャーはかなり高い(^^;;;
まぁまぁ難易度の高い場所ですね。

でも近場で、それなりに楽しめるのは、良いですね。
雨が降って水量が増せば面白そうなので、年内に1~2回は訪れてみたいところです。
[PR]
by sierra-outdoor | 2014-11-16 22:29 | 渓流釣り | Trackback | Comments(4)
11/08~09 南紀遠征
そろそろメッキ狙いも黒潮が直接影響する海域がメインとなってくる頃合い。
今年は、なにかと週末に台風が来たり、前線が来たりと、天候が安定しなかったが、ようやく穏やかな?週末を迎えそうなタイミングで南紀まで遠征です。

出発が予定より遅れたり、道中で寄り道したり、小渋滞に巻き込まれたりして、最初のポイントに到着したのは11時頃(もうお昼やん・・・苦笑)

暖かく波も少なく釣り日和~~~ちょっと天気が良すぎるかも知れないが。

とりあえず投げてみると、いきなりヒット!!
をぉ、さすがな南紀。いいねぇ。
サイズは16cm程度のチビメッキですが(苦笑)
群れで居る訳ではなく、ポツリポツリと単発でヒットまたはチェイスしてくる。
この場所で3匹ほど釣ったが、これ以上サイズが伸びないな、と判断して、もっと外海の影響の強いポイントへ歩いて移動。
沖に向かってキャスト~~~ そして数mほど移動。そしてキャスト。
これを繰り返していくが、
100mほど探って、折り返してまた投げては歩いて、、、を繰り返す。
すると、とある場所でゴン!! これはフッキングせず。
おや? 魚だな。魚種は不明だが・・・
すると目の前で小規模だがベイトの群れが通過。ここは魚ッ気がある・・・と思った次のキャストでドン!!
よーし、来た来た。
20cmを少し超えるぐらいのメッキ。
群れが入ってきたか、、と思ったがその後は反応なく、正午になり移動。
f0100885_0193892.jpg

昼食休憩を挟んで、次に向かうはタチウオ/カマスが釣れる有名ポイント。

いっぱい車が停まっていて、真っ昼間でもかなりの人数の釣り師が居るようだ。

ちょうど釣りを終えた人が居たので話しを聞いてみると、朝のジアイを中心にカマスは釣れ盛ったみたい。
タチウオはあまり良くなかったとか。

防波堤にいくと、わ~~んさか釣り人が居ます(^^;;;
だいたいがキビナゴ餌のウキ釣りでカマスを狙ってる人が殆ど。
隙間がないくらいに埋まっているので、空いている区間に入ってみますが、、、釣れません。
よくよく見ると、ごく一部の区間のみ10~15分に1匹の割合で竿が曲がっている。
どうやらあの場所が回遊ポイントなのかな・・・・
しかし、その場所は激混なので入れません(^^;;;
止むを得ず、そのまま入れた場所で粘っていると、投入したジグにコツン!!と何かアタってきた。
フッキングはしなかったのでチェックしてみると、ルアーの上のリーダーに一カ所鋭い傷が。
これはカマスが食ってきたのか?
再度、結び直してジグ投入。軽く細かくジャークしてくると、ググッ!!
をぉ来たか!?
イッキに抜き上げると約30cmほどのカマス。よーし、釣れたあ。
と水面から抜き上げたが、足場が高いので目の前の高さまで抜き上げたところでフックオフ。
そのままカマスさんは海へお帰りになりました(苦笑)
まぁええか、回遊され来れば今の要領で釣れるだろうと思ったのですが、その後沈黙・・・
例の一部限定のポイントのみ、ぼちぼち釣れてますが、どうやら場所がキモの釣りですね、こりゃ。
夕方のジアイまで待てば釣れる場所も増えてきそうですけど、カマス専門で来てる訳ではないので偵察はこれくらいにして次へ移動。
f0100885_0195725.jpg

次のポイントは、期待して入りました。
波もそれほど高くなくヨサゲでしたが、、、、予想に反してまったくのノーバイト・・・・マジか・・・
ベイトの気配もなく、魚ッ気がありません。
これは外したか・・・・
すでに時刻は16時過ぎ。
次へ急ぎます。

この場所は昨年、チビメッキばかりではあったものの爆発した場所。
期待十分に入りましたが、、、、、シーーーーーン・・・・・・
全くダメダメ。これはヤバいッス(^^;;;
日暮れ間近で残された時間は僅か。
移動するにも近くのポイントしか残ってないので、すぐ近くの別の場所へ急遽移動。

この場所は、有名場所故に釣り人は何人か居ます。
邪魔にならないように定番ポイントを探りますが、反応なし。
どんどん夕闇が迫って来ます。
ポイント内を足早に移動しながら素早くチェックしていくと、ダメ元で投げたとあるポイントでいきなりガッツーーーン!!
ヨ~~シッ、ココに居たかーーー!!

横ッ走りするメッキをやや強引に寄せる。
ヒットした個体のすぐ後ろに数匹の影。
これは大事に釣らねば。

いっきに抜き上げると20cmを少し超えるロウニンアジ(多分、間違いないと思う)。
いいねぇ、やっぱりロウニンは。
f0100885_0202326.jpg

先程の群れに影響の無い場所へとリリースして、キャスト。
またドスン!!
を~~~、こ、コレはちょっと大きい?やたらと重いデス、、、あれ?重いだけ??
重量感は25UPですけど、あの疾走感がない。
それでも慎重に寄せてくると、テールのフックが口に、ベリーのフックが腹ビレ付近に掛かった凧上げ状態のメッキでした(^^;;;

その後、動き回るメッキ群れを探しながら、途中、イケガツオの外道も交じりつつ、暗くなるまでに6匹を釣ってギリギリのツ抜け達成。
ここで完全に暗くなってしまい、この日は終了~~~~




そのまま現地で車中泊して翌日も朝だけ釣りしましたが、無反応のままにすぐに雨も降り出して、早めに帰宅せねばならない事もあり、翌日は釣果ナシ(^^;;;

わざわざ南紀まで遠征したのですが、ちょっと釣りの時間が足りなくて消化不良気味。
もう少し時間があれば、カマスやタチウオも狙ってみたかったのですね。
f0100885_0203444.jpg

[PR]
by sierra-outdoor | 2014-11-08 22:18 | 海の釣り | Trackback | Comments(2)



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism