<   2015年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
6/20 信州プチ遠征
ホーム河川が相変わらず不調だし、アユは解禁しちゃったし、渇水気味で食指が動かず。。。。
という事で、いつもなら7月から行く事にしている、信州へプチ遠征です。

明るくなった頃に現着。
日券を買い求め、川に向かうと目指すポイントに先行者あり・・・
止むを得ず少し離れた場所に入ります。

水位が予想よりも下がっており、去年に比べて20~30cmは少ない・・・
さらに年々進んでいるのだが、どのポイントも土砂で埋まって浅く平均化しつつあり流れに変化が乏しくなっている。
辛うじて、少し変化のある場所が残っているので、そこを狙って行くと、コン!!と小さく当たったがフッキングせず。
さらに流芯に岩が沈んでいる、この場所の核心スポットを狙うと、、、、コツンとヒット。
とりあえず釣れたけど~~~ このA級ポイントなのにチビブラですかい・・・・(^^;;;;
ココからは40Upが出ることを期待していたのに、このサイズしか出てこないとわ。
f0100885_21202167.jpg

次のポイントへ移動します。
一番期待大のポイントが連なる場所なんですけど、、、反応がない・・・・
しばらく釣り歩いていると、アレ?? かなり真新しい足跡??? 先行者か????
もう少し先に歩いて行くと、200mぐらい先に同じ方向に動いていく釣り人の姿。
さすがに先行者を釣った直後の後追いでは釣れんわ。
即撤収です。

さらに次のポイントへ。
いつもはあまり探らない場所ですが、ここしかやれそうな場所がないので仕方なく・・・・
すると、ポツリポツリとチビブラが2匹ヒット。
でもやはり核心部分で20cmサイズしか顔を出さないので、大型は居ないのか、居ても食わない日なのか。
f0100885_2120432.jpg

どんどん移動して、いつも入らない場所もいろいろ探ってみます。
となる橋の真下、流芯の真ん中を分けるように大岩が転がっている。
その大岩の向こう側の流れに投げると一発でゴン!! を、ちょっと大き・・・くもないか・・・(^^;;;
今までがチビばっかしだったので大きく感じたけど、、、これは珍しいヤマメだ。
26cmってところかな。
よくよく考えると、25オーバーのヤマメ(アマゴ)って今シーズン初めてじゃないか(苦笑)
#いかに今年が不調だという事の裏返しですな。
f0100885_21205781.jpg

25オーバーと言っても、コンディションがイマイチ。なんか成魚放流の残りが野生化しつつある個体のようだ。
で、同じ場所に投げるとまたヒット!! これはバレたけど似たようなサイズ。
少し後でも、同じようなサイズがヒットしてバレた。
これは放流魚の残りが溜まっているポイントのようだ(元々、この川はヤマメは珍しいので)

想定していた区間を早々と釣り終えてしまった。結局チビブラか、放流の残りと思われる中型ヤマメだけだったな~
40Upが1匹くらい欲しかったが、時間的にも9時過ぎてピーカン天気になってしまい、もうこの場所で釣れる可能性は低い。

今後の偵察も兼ねて隣の漁協の管轄に入ろう。

まずは、日券を買わねば~~~
入漁券のノボリがあるガソリンスタンドに行ってみたが、目指す漁協の券は置いてないとな・・・
川の近くを車を走らせながらコンビニを見つけて入ってみるが、置いていない店か、置いてあるハズだけど担当者が居ないので判らない(ナンじゃそれ・・・)
もうしょうがないなー、探してるだけで時間のムダだって事で少し離れた市街地にある釣り具屋へ・・・・・市街地なので細い道のアチコチが小渋滞してて、日釣券を買い求めるだけで1時間も浪費してしまった(^^;;;;

初めてはいる場所なので、よく判らんけど、適当にナビを見ながら川沿いを走る。
周囲は市街地なので、車を停める場所がなかなか見つからない・・・あちこち走ってなんとか停められる場所を見つける。
先の川は渇水気味だったけど、こっちの川はやや増水気味だ。
キャスティングポジションまで行くのが大変。
川は護岸されており、水辺は増水していてブッシュだらけ。川底の石はヌルヌルで滑る~~~
で、水は市街地を流れているので、どうにも臭いが・・・生活排水臭がするんです。
野菜クズなどもかなり流れ着いているし。
あまりこのような川が好きではないので、大きく下流方向へ移動。

川の規模が大きくなって、生活排水臭は気にならなくなったが、規模が大きくなった分、釣りは難しい。
もう真っ昼間になってきているせいもあるが、反応が全くない。
数カ所のポイントを探ってみたがノーヒットのまま終了~~~
まぁ偵察のつもりだったから釣れなかったのは仕方ない。

梅雨が本格化していないためか、目的の川が渇水気味であったため狙っていたサイズの魚は出なかった。
次は増水したタイミングで行くとするかな。
[PR]
by sierra-outdoor | 2015-06-20 21:19 | 渓流釣り | Trackback | Comments(0)
6/12-15 沖縄遠征
毎年恒例の6月の沖縄遠征です。

ちょうど沖縄はこのタイミングで梅雨が明けて、暑い暑い夏の始まりの時期です。

6/12、セントレアを飛び立ち、一路那覇へ。
到着したボーディングブリッジに入るとムッとくる蒸し暑さ。これが沖縄に来たな~と思う瞬間です(^^)

バスで宿泊するホテルまで移動し、荷物をフロントに預けてレンタサイクルを借りる。4時間で500円なり。安いね~~
ただし自転車はボロボロのママチャリですので(^^;;; ペダルがメッチャ重い。
いつもは、一応それなりのスポーツバイクに乗ってるので、余計にそれを感じる。

那覇市内はけっこうアップダウンが激しいので、極力アップダウンの少ないルートを選びつつ、目的の陸ッパリポイントへ。
ここは、けっこうデカいメッキが入ってくる場所らしいのですが・・・・ なんだか泥濁り~~
それでも魚ッ気は沢山。ほとんどがティラピアかボラなんですけど。
時折、ベイトが逃げる・・・一瞬だけ水面ボイルのようなベイトの動きはあるのですが、一応ルアー投げても無反応・・・
これはベイトが追われている訳ではなく、他の要因(捕食とは関係ない他の魚に反応している)で一瞬だけベイトの群れが動いているのだなぁという感じ。

小一時間やってみたけど、まったく釣れる気配ナシ。
Dコンを3個もロストしちゃって意気消沈(^^;;;;

また暑い中、走ってきた道を戻って別のポイントへ・・・・
こちらは水は綺麗ですが、その分、ベイトは少ない。
足元に小さな魚がうろついているので、試しにミノーを投げると1匹だけ執拗にチェイスしてヒット!!
フエダイの仲間です。
f0100885_10122333.jpg

その後、レンタサイクルの返却時間まで探りますが、2回ほど15cmほどのメッキらしき魚が反応はしてきたけど食わず・・・
あとは、今年産まれたばかりの超小さいメッキ群が反応してくるけど、さすがにサイズが3cmでは釣れる訳もなく。
そんなコンナで初日は終了~~~




6/13
朝、5時半にピックアップ。
日本列島の西にある沖縄は朝5時ころは、この時期でもまだ暗い・・・・
タックルを準備し、船に乗り込み出港です。
f0100885_10123997.jpg

最初のポイントまで30分ほど走って、さぁ開始。
すると、開始早々にミヨシでNくんにヒット!!
をぉ~~幸先良いではないですか~~~
上がってきたのは13kgのGT。
出足好調です。
f0100885_1013969.jpg

f0100885_10132637.jpg

f0100885_10134236.jpg

f0100885_10135660.jpg

どんどん移動してラン&ガンで探っていきますが・・・・
朝イチにいきなり釣れたけどその後、沈黙。
たま~~に誰かにフックアップしないしょぼいバイトはありますが、活性が低いのかドーーンと持って行きません。
f0100885_10141112.jpg

その代わり、ライトジギングは好調~~
いろんな魚が釣れてきます。
ミーバイ系が3種類ほど、ニンジョウサバとか、フエダイ類とか、ハギ類とか、ナンヨウカイワリとか、アオヤガラとか・・・・
さらには、超高級魚のアカジンまで釣れちゃったり。
f0100885_10143083.jpg

天気も良くて、沖縄の海はいい感じ。これでGTが釣れてくれれば・・・・
f0100885_10144693.jpg

そのまま夕方まで釣りした後に、座間味島に上陸して現地の民宿で宿泊です。



6/14

この日も朝5時に港に集合。
まだ薄暗い中、出港していきます。

最初は、慶良間と久米島の間にある沖根・・・ しかし波がとても高くてグワングワン揺れる。
しかも、朝イチにいきなりキャスト切れ。幸いにもルアーは回収できたけど、ノットを作り直すためにキャビンに入って揺れて作業がやり辛い中、ラインとリーダー相手に格闘していると気持ち悪くなってきた・・・・
滅多に船酔いはしない体質なんですけど、この時ばかりは少し酔ってしまった。
しばらく風通しの良いデッキに上がって遠くを見て休憩。
船長も、さすがにこの波では釣りにならないと判断したのか、島影へ移動。
ここは波も風も弱く凪状態でホッと一息。

この場所でミヨシで釣っていたKスケにヒット!!
4kgぐらいのカスミアジでした。
f0100885_101558.jpg

f0100885_10151789.jpg

ようやく酔いも薄れてきて、釣り再開。
しかし、相変わらず反応の乏しい時間帯が過ぎていきます。

久米島のサーフ際に移動して、サーフエッジ側へライトタックルでミノーを投げるとミーバイがヒットしてきたり・・・
そんな事で遊んでいると、頑張ってミヨシで投げていたK君にヒット!!
f0100885_10154120.jpg

やはり頑張って投げ続けた人に沖縄の海の女神は微笑むようですわ。
上がってきたのは10kgのGT。
去年も釣ったし、今年も釣ったな。K君は。2年連続で釣るなんて、魚運強すぎ。
f0100885_10155875.jpg


お昼過ぎになり、朝イチに波で翻弄されて釣りにならなかった沖根のポイント。
波も午後に入って弱くなり、まぁこれなら釣り可能るかな、という感じ。

しばらくこのポイントを流していると、Sさんにヒット!!
をぉ、これはちとデカそう・・・・
必死になって耐えるSさん。
f0100885_10165699.jpg

すぐに船がフォロー体制に入って、準備万端。
耐えること3分か4分・・・・少しづつGTが上がってきた・・・・
を~これはまぁまぁデカイです。
そしてランディング成功!!
f0100885_10173426.jpg

f0100885_10175414.jpg

f0100885_10181165.jpg

f0100885_10183184.jpg

f0100885_10184451.jpg

Sさんの雄叫びが沖縄の海に響きわたる。
f0100885_1019582.jpg

SさんにとってのファーストGT。29kg。
素晴らしい!! よかったねー Sさん。

無事にリリースも出来て、GTは沖縄の海に帰っていきました・・・・・
f0100885_10194979.jpg

f0100885_1020228.jpg

f0100885_10202162.jpg

これを最後に、その後はバイトはなく2日間の釣行も終了~~~

で、自分は・・・・なんとGTノーバイト(^^;;; とうとうやってしまった。
今まで、釣れなくても、何かしらショボいバイトはあったのだが、とうとうノーバイトボーズ。

どうも今までやってきた釣り方では、もう国内GTは太刀打ちできないというか、まったく相手にされていないなぁというのが実感できた。
これからどうするか・・・・
腕はどうにもならんので(苦笑)、ルアーとタックルを一新するしかないかも。
それにはかなりの金がかかるし(^^;;;

そんな課題が浮き彫りになった今回の沖縄遠征でした・・・・・




6/15は帰りのヒコーキまで、釣友のAPOさんに案内してもらって陸ッパリ。
しかし、この日は暑かったなー メッチャ暑い。
梅雨明けして、いきなりの酷暑らしいです。
f0100885_10204892.jpg

この日の潮廻りでは、昼間はド干潮なのですが、なんとか魚の溜まっている水溜まり??を見つけて、ティラピアやらメッキやら釣れました。
ティラピアって、今までスプーンのフォーリングでしか釣ったことがなかったけど、ちゃんとリトリーブでも喰ってくるのね(笑)
f0100885_10213119.jpg

パシフィックターポンもヒットしてきたけど、またバラシ。
この魚、何度もヒットしてるんだけど、ことごとくバレるので今まで一度も釣り上げたことがない魚だったので釣りたかったけど、今回もアウトでした。
f0100885_1021211.jpg

そして夕方、空港まで送ってもらって(どうもありがとうAPOさん)、またの再会を約束して別れる。

小物やライトジギングではそこそこ釣れて楽しめたけど、本命GTはダメだった今回(今年もだけどね)
次回(来年)は何としてでも釣らねば・・・・・
[PR]
by sierra-outdoor | 2015-06-12 09:15 | 海の釣り | Trackback | Comments(4)
6/6 鮎解禁前
6月に入り、各河川ともアユ解禁となります。
アユが解禁になると、当分は釣りにならないので、その前に一度行っておきたい・・・
という事で、行ってきましたが。。。。

直前に雨が30mmほど降って、渇水の川には、ちょうど良い水位ではないかと思いましたが、雨が降った後なのに、やや渇水気味。
ま、渇水気味なのは良いとして、魚の反応がま~~たっくありません・・・
ナゼ??

とにかく、何処を探っても反応ナシ。
反応を求めて上へ上へ・・・・
ダメです。バイトはおろか、チェイスすらありません。
前日の雨で、ビミョーに変な濁りが入っていたのが、活性を著しく低下させたのか・・・
それとも魚が居ないのか・・・・4月下旬は、チビアマゴならそこそこ数は居たので、全て釣り切られたとも思えないし。

途方に暮れた昼ころ、メール着信。

なんと、和歌山からSIX君が来ているとな??
まぁよくぞやって来たね。釣れんけど・・・・(^^;;;
SIXくんも苦戦中。

とりあえず真っ昼間になってしまったので、この時間帯は本流はムリ。支流を昇ることにした。

支流をかなり登った先で入渓すると、放流されたと思われるチビアマゴが沢山。
同じサイズのミノーを盛んに追ってくる(苦笑)

少し釣り上るとチビアマゴは居なくなり、たま~に15cmくらいのイワナが追ってくる。
全体的に土砂で埋まり、渇水状況でもあり、厳しい。
SIXくんはそれでもチビイワナを釣ってボーズは回避。
私は、、結果的に丸ボーズ(苦笑)

午後にちょっとしたトラブルがあったりして、夕方前に本流に戻ってみたが、やっぱり反応すらない。
なんかおかしいね、今年は。。。。
春先は異様なほどの雪代が続いて釣りにならない時期が長かったが、それがようやく終わった後、一瞬だけチビアマゴが釣れ盛ったけど、すぐに沈黙。。。
そしてそろそろ大型魚が動き出すであろう、6月にまさかのパーフェクト敗け。
まァこれで吹っ切れたので、これからは未練なく別河川に行くことが出来るけど(^^;;;

それにしても、おかしい。今年は。。。。
雪代の多い年は好調だと思ったのだが。
昨年の大増水が影響しているのかな。
[PR]
by sierra-outdoor | 2015-06-06 22:11 | 渓流釣り | Trackback | Comments(0)



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism