<   2015年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
7/20 梅雨末期
そろそろ梅雨も終わりが見えてきました。
梅雨が明けると、夏が待っており、渓流トラウトもそろそろ終わりかな~~
(場所や時間を選んで、頑張ればまだまだ釣れますけど、個人的には梅雨明けと同時に基本的にはトラウトは終了としているので)

2、3日前にまとまった降水量。
この増水のタイミングがラストチャンスかと思って、出撃します。

水位は平水よりも20~30cm高いかな。しかし、かなり水が引くのが早いな。
予想ではもう少し増水が残っていると思っていたけど。

朝イチから、所々にアユ師さん達が川に入っている。さすがにまだ竿は出していないけど場所取りだろうか。

目当ての場所には何とか一番乗り出来た。
水の感じはイイ流れだが、どうだろう・・・・

対岸近くの岩と岩の間の流れのヨレに向かってミノーを投げる。
流芯を横切る瞬間に、コン!!と小さく当たったがフッキングせず・・・・
もう一度投げる。
ダウンクロス気味にミノーが流れを横切るタイミングで再びコンっ!!
来たッ!!

しかし、一瞬、銀鱗が見えたけどバレた・・・・ サイズはおよそ25cmを少し超える程度だろうか。

気を取り直して、場所を小移動。
アユ師さんが既に2名ほど入川しているが、割と広い場所なので、まだ何とかなりそう。
邪魔にならない区間に入って、ミノーを撃っていく。

アップクロスでアプローチしながら徐々に上流へ・・・・
上流側でアユ師がスタンバっているので、その手前までしか探れないなぁと思って、そろそろ釣りが出来そうな区間の一番上と思われる場所で、アップクロスに投げてトゥイッチを繰り返していると・・・・
ふと見ると、7~8m手前までやってきたミノーの後ろをチェイスする影!!
けっこうデカイ!!

ここで食わせのトゥイッチを1発2発。
魚がヒラを打ってミノーを捕食しかかるが。。。。いまいちバックリと喰ってくれない。
軽くバイトしたのが見えた・・・次の瞬間にアワせを入れるが・・・・微かな手応えを残して外れた・・・
魚は体を翻して流芯へ消える。

あぁ、やってしまった(^^;;; あの魚は間違いなく尺アマゴ・・・・
もう少し早くチェイスに気づいていれば。。。もしくは、アップクロスで攻めていたのだから、アップクロスのアプローチに適したミノーを投げていれば・・・

魚が消えて行った方向に投げるも無反応。
あのサイズの魚はワンチャンスだからねぇ。

それでも、一番目のポイント、二番目のポイント、共に反応があったので、今日はイイかも・・・・と思ったのだが。
3番目のポイントに到着した頃から、それまで垂れ込めていた靄が晴れ、空を覆っていた雲が薄くなり、夏の太陽が顔を出す。。。
直射日光が川面を照らすようになって、そこからどこをどう投げても反応ナシ。
それと同時に、暑くなり、さらに待ち構えていたのであろう、アユ師さん達が一斉に活動開始。
こうなると、もうルアーはダメですね~~ 釣る場所が殆どない。

結局、この日は朝7時には実質、釣りは終了~~~
惜しむらくは、あの尺アマゴさえ捕れていれば、、、とは後の祭り。

念のため、支流に入ってみましたが、2、3日前の降水はすでに引ききっており、平水以下の水量ではどうにもならず。
朝9時過ぎには、諦めて帰路につきました。

今シーズンもこれで実質終わってしまったな。
特に今年は貧果だったが、他の釣り師も調子悪かったみたいで自分だけではないので止むを得ない。来年に期待することしよう。
[PR]
by sierra-outdoor | 2015-07-20 22:43 | 渓流釣り | Trackback | Comments(0)
7/4 福井へ・・・・
梅雨に入ってもいまいち雨が少ない、たまに降ってもナゼかすぐに水が引いてしまう・・・の繰り返し。

ホーム河川は今年は異様に釣れないので、やる気も起きない・・・けど、このタイミングでそれなりの降水量。

朝イチはホーム河川のNGRで、そして釣れても釣れなくても、福井まで行ってみるか?と思って出撃です。

明るくなり始めた頃、川沿いに北上します。
目指すポイントはなんとか一番乗り。
流れを見るけど、、ウーーン、少し前に降水があった割には水位が増えてない。って言うか平水よりもやや少ないぐらい??
それでも朝イチなので、何かしら魚は反応してくるだろう、この時期なら釣れればソコソコにデカいはず。
と思いながら投げ続けますガ・・・・反応ナシナシ。

ポイントを変更してみるも、最初にチビアマゴのショートバイトがあったのみで、無反応。
ほんと今年はおかしいですね。
20cm以下のチビアマゴが2匹顔を出しただけで朝イチのジアイは終了~~
どんどんとアユ師が増えてくる。
車に撤収して、それじゃー福井まで行くか、と思って走らせていると、ドッバーーーと土砂降り。
前がよく見えません(^^;;;;
ほぼ初めて走る道なので、あまり無理はできんので、ゆっくりめに走ります。

ダム湖の横を通りすぎて、小一時間でダム下の流れへ・・・・・
うーむ、水が流れとらんではないか。本流なのに(^^;;;;
上流部のダムか取水堰で取水されているらしく、大きな川幅なのに、申し訳ない程度にチョロチョロと水が流れている程度。
これではアカンね~~と思ってどんどん下流へ移動。

途中、大規模な支流が合流するあたりから、ようやく水位も増してきて釣りが可能なレベルに。
コンビニに寄って、この川の入漁券を購入して、とりあえず初めての川なので、偵察がてら、もっとも近い橋まで行きます。
時間は8時すぎ。ぼちぼちとアユ師さんが出動する頃合いです。

目についた場所から入川して、大きめの淵を撃っていきますが・・・・反応なし。
降水の影響か、やや濁りあり、水位もやや多めかな、多分。
日頃の平水を知らないけど、水際の草が水没していたので、平水より20~30cmほど高そう??

とりあえず川沿いに沿って走って川全体の様子を伺うが・・・・
道路から川までが距離があって流れが直接見えない。
所々に、河畔まで降りていく道があるので、入ってみるが、そういうアクセスし易い場所はアユ師さん達が大勢いらっしゃって、とてもルアーが入る余地ナシ。
アクセスし辛い場所ならば、、と思うが堤防から川の流れまで、藪が凄くてとても突破できそうにない。
しかも、川の流れも割と平坦なダダっ広い変化の乏しい平瀬が続いて、所々に瀬と淵があるぐらい。
その流れに変化のある場所はほぼ間違いなくアユ師が入っている。

そこで、その漁協管轄エリアの最上流部に行ってみよう、あのあたりは人が少なかったハズ。

上流に向かうと人が減ってきて、どうやらこの場所は自由に釣りが出来そうである。
まずは目の前の淵の流れ込みへ。
ここから少しづつダウンクロスで探っていく。
一番釣れそうな流れを少し外れた場所まで探ってみて無反応・・・・
少し集中力が途切れた時、足元までリトリーブしてきて、違和感・・・アレ??
と軽くアオってみると、ギラギラッ!! ヒットだ!!

しかし、軽く感触と、銀鱗を目に焼き付けさせてその魚は消えていく。。。
バレた(^^;;;
最初のヒットだったのに。
魚は多分ヤマメかな。サイズは20cm後半ってところか。

これで俄然ヤル気が起きて、次の一投・・・・ 軽く何かが触ってきたがフッキングせず。
群れが入っているか??と気合いれて投げるも、その後無反応。
結局、このポイントではバラシのみで終了。

再度、川を下って、アユ師の入っていないポイントを探しますが、、、これがまた、厳しい。
初めての川、というハンディはあるものの、目ぼしいポイントが流れの大きさの割に少なく、その少ないポイントにはアユ師が30m間隔で入っていて、どうにもならない状況(苦笑)
その場合には支流に入ればイイ、と聞いていたので支流に入ってみます。

さすがに支流には釣り人は一部の区間を除いてほとんど居ない。
人がいない区間を探して、手始めに入ってみると、いきなりヒット。15cmギリギリあるかないかのヤマメ。
とりあえず丸ボーズは回避です。

もう少し大きいのは居ないか・・・と思って探りますが、この支流、2面護岸されていて入川口が少ない。
しかも河原が殆どなくボサボサのアシ原で覆われており、入川口から移動が殆ど無理。
なんとか次の入川口近辺で20cmを少し超えるヤマメが釣れたものの、川通しが出来ない場所なので効率悪し。
この支流で粘ってもチビしか釣れそうにないので、本流へ舞い戻る。
f0100885_20321289.jpg

アユ師が比較的少ない区間を見付けて、藪を突破し、水位の高い分流を乗り越えて、苦労してポイントに入ってみたら、対岸から簡単アクセスできるルートがあったらしく、後から対岸から入ってきたアユ師さんにポイントを先越されたり(^^;;;
ま、これは、お初河川では止むを得ないですけどね・・・
f0100885_20322971.jpg

最後、本流唯一の魚をバラシたポイントに戻ってみたけど、やっぱし何も釣れず。
こんなときは粘っても仕方ない、今回は偵察だ、と割り切って早めの終了としました。
[PR]
by sierra-outdoor | 2015-07-04 20:30 | 渓流釣り | Trackback | Comments(2)



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism