<   2015年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧
9/19 カンパチ・ジギング
毎年恒例の秋のカンパチ・ジギングの季節がやって参りました・・・・

が、今年もどうも調子が上がらず、どうしようかと思ってましたが、とりあえず年に1回は行っておかないと、という事でChurinさんと出撃です。

台風が日本の東南海上を北上中だったのでどうなる事かと思いましたが、とりあえず出港するみたいで一安心。

予定通りに船は出港です。

まずは、伊良湖水道でタチウオ狙い・・・・ですが、水深は40~70mと聞いていたのでライトなタックルを用意していったのですが、確かに現場の水深は浅かったのですが、潮がトンでもないくらいにブッ飛んだ二枚潮。
いや~久しぶりに見る表層激流。
しかも、台風の余波なのか、北西からの風もとてもキツくて、潮+風で船も流される。
ジグ130gでスタートしましたが、底取るのが難しい。
それでもチビタチがぽつりぽつりと周囲では釣れてます。。。でも自分にはアタリもない。

200gのジグを使っていたChurinさんがまぁまあサイズ(指4本弱)のタチウオゲット。
そうしているうちに、フッと軽くなる・・・あ~~ヤラれた。
リーダーとノット結束部を噛まれたようで、リーダーシステムごとロスト。

揺れる船の上でリーダーを組み直して、もうバイトリーダーも結ばず30LBリーダーだけ。
ジグも130や150じゃ話にナラン、、、唯一持ってきていた200gにチェンジ。
すると、ようやくジグに触ってくる気配が感じられた・・・・
そのうち船長アナウンズで「この流しを最後にタチウオも終わって青物狙いに移動します」
え~~まだ1匹もタッチー釣ってないのに(^^;;;

ちょっと丁寧にボトム近辺を探るとやっとヒット!!
をりゃ~~~とゴリ巻き。
久々に釣れたのは指2本ちょっとのチビタッチー(苦笑)
そしてすぐに移動になってしまい、タチウオは個人的には殆ど釣りにならずに終わってシマツタ。

サブンサブンと波を被りながら移動した先で今度は青物狙い。
カンパチとハマチらしい。
水深は30mほど。

伊良湖水道ほどの激潮ではないものの、やっぱ潮速い。
90gのジグで丁寧ボトム付近を探る。。。
すると突然にドン!!

やっとキターーーーッ!!

を、を、けっこう重いゾ、これ。
あまり走らないがかなり重々しいファイト。
根魚??ヒラメ?? まさかエイじゃ・・・(この海域ではエイは釣れんと思うが)
慎重に上げてくると、、、あ、カンパチだ。
フックが口と頭の2箇所に刺さっていてバイブレーション状態だったので重く感じたのでした。
サイズ的には35cmと、ぜんぜん大したことないサイズ。
でも、とりあえず船中1匹目のカンパチ(1匹目だったと思う)
なんとかカンパチボーズは逃れる事が出来ましたが。。。
その後も厳しい状況。
なかなかヒットがなく、たまに釣れるはサバグーフー。
しかも、サバグーフーにリーダー噛み切られるし。
(サバグーフーは毒がないし唐揚げすると美味しいのですが、皮剥ぐのが面倒でリリースしたり、船長にあげちゃったり)

何度かポイント移動を繰り返しますが、たま~~に船中で誰かにヒットするのみで連発で来ない。
そうこうしてるうちに段々と陽が西に傾く頃合い。

とある流しで隣のアングラーにヒット!!
すると、自分にもドスン!!
を~~久々に来た~~~
まぁまぁサイズなので慎重に慎重にファイトして無事にキャッチ。
久しぶりの40オーバーカンパチ。
やはりこのサイズが釣れてくれないとねぇ。
f0100885_22341418.jpg

Churinさんも同様サイズを上げております。
f0100885_2234215.jpg

そして迎えた夕マズメ。
船長いわく、一番魚影の濃いポイントを残してあるから、、という話でしたが。
その一番ポイントに入ってみたものの、うーーーむ、反応ないです。
魚探の記録では、ジグを追ってる気配があるものの、誰かがヒットさせないと群れにスイッチが入らないみたい。
相変わらず風はビュービューに吹いて釣り辛いし。

結局、このまま何事もなくシューリョー。
今年はカンパチは2本で終わってしまった。
他の人たちも、まぁ似たような釣果だったと思う。
ここ最近、釣果もイマサンで推移していたので、どうもカンパチが今年は(今年も)不漁のようです。

去年なんか、まったくダメで1回も出撃できるチャンスすら無く、未出場の不戦敗だったのでそれから考えれば釣れただけマシとも言えますが。

最近カンパチ爆釣を味わってないな。
次こそは。。。。(って来年に持ち越しですな)
[PR]
by sierra-outdoor | 2015-09-19 22:32 | 海の釣り | Trackback | Comments(2)
9/12 イチローの背番号
大潮週間になったので、いつものようにメッキ釣りです。

朝4時過ぎに出発。

前回釣行時で、もっとも大型が釣れたポイントへ直行。
シーバス狙い??と思われる人と、エギング??らしき人が離れた場所に2組ほど。
広い場所なので気にならないですがね。
まずは釣り開始です。

早々と3投目にヒット!! 目論見通りに20オーバー。
そして数分後にまたヒット!! 23cm級と今シーズン最大メッキ。やっぱりこの場所はサイズは良いな。
ただし群れで入っている気配がなく後が続かない。
さらにアタリルアーだった、Dコン63がなんとキャスト切れ・・・マヂか・・・お気に入りだったのにロストしたのは痛い・・・
移動します。
f0100885_21245910.jpg

f0100885_21254281.jpg

前回も最初に入っているポイントへ。
でも今年は一度も釣れてないんだよな~~
で、やっぱり釣れない。1匹だけヒットしたが、ベイトの雰囲気も少なくメッキも薄い。
今年はダメだな~~このポイントは(元々、爆発力を秘めた場所だが、釣れない時は全くダメな両極端なポイントだけど)

さらに移動。
今シーズンは必ずそこそこ釣果のある安牌ポイントなので期待大で入ってみたが、、、、なんとメッキ魚影が殆ど無い・・・
結局この安牌ポイントではノーヒット。
この場所はアテにしていたので、ちょっと先行き不安が・・・・(^^;;;
前回見つけておいた少し離れた別ポイントでも1匹しか釣れず、ますますヤバそうな気配。
この日は外したカナ。。。

朝マズメは群れを見つけられずに単発拾い釣りで終わってしまった。
いつもと違うパターンで行動しないとダメだ。
まだ午前中の潮が動いている貴重な時間帯、右に行くか左に行くか・・・・・ヨシ、右に行こう。

下げ潮が効いているうちに入りたかったポイントへ直行。
ここで、やっと小規模ながら群れ発見。
数匹単位で足元の捨て石の際をスクールしている模様。
ショートキャストで探るので、ミノーでは喰わせる距離が出ないので、シンキングペンシルに変更。
このパターンで岸際近くの捨て石やブレイクラインを回遊するメッキを拾い釣り。
割と広いこのポイントを端から端まで小刻みに隈なく探って、なんとか10匹ほどゲットで一安心。ただし20オーバーは釣れない。

午前中はこれでお終い。合計14匹ほど。
前回に較べると午前中の釣れ具合は良くないな~~このペースで夕方まで頑張っても20匹か25匹が精一杯カモ??

すっかり潮が下げて干潮の時間帯。しかも真っ昼間。
朝イチのポイントへもう一度向かう。
でも朝とは風向きが反対になっており、アゲンスト。
波際は底荒れしてるし、釣れそうな気配が無い・・・・

少し離れた場所に、風の影響を受けにくく、前回釣行時に小規模だけど20クラスのスクールが入っていた場所があるので、そこを様子見に行こう。

ポイントの様子を伺うと、潮も下げてきっており、あんまし釣れる気配は無いが、念のためと思って水辺に降りずに横着して水面まで高低差のある道路の上から何気なくキャスト。
すると、なんと着水後、ワンアクションで20オーバーの群れがドバドバッと湧いてきていきなりヒット!!
うわ~~、いい群れが居るじゃん、こんな所に!!

急いで水辺まで降りて真剣にキャスト。
着水してワンアクションで、水面が乱れる・・・ドバンッと水面が炸裂!! ヒット~~~~~
ギュンギュンとメッキらしいトルクフルなファイトで右に左に走り回る。
さらにヒットした魚のすぐ後ろに同じサイズのメッキが数匹追尾。
これはイイねぇ、良い群れが入っている。
f0100885_21261286.jpg

キャストして、ルアーをアクションさせると、ルアーの付近の水面直下でメッキが右に左にクロスする・・・
そしてドンっとロッドを持って行かれる。ヒット~~~ そしてギュギュギュイ~~~ンと疾走して、ドラグがジ・ジ・ジ・・・と鳴る。
これは楽しい、これぞメッキの醍醐味だ。
f0100885_21263854.jpg

キャスト毎に反応が続く。全てがヒットする訳ではないし、バレもするが、群れの活性が高いので、バンバンと反応がある。
着水して即アクションを加えると、1アクションか2アクションでメッキが飛び出してきてバコッとルアーにアタック。
バレても次の魚がヒットしてくるので、水面下では複数のメッキがルアーを奪い合ってる状況だぁ~
しかも、ヒットしてくるのがほぼ全て20オーバーなのでメチャ楽しい。

ロッドは、メッキ専用設計(笑)という非常にニッチな市場を狙ったスミス・ベイライナーCF。
さすがに専用設計なので20クラスのメッキを狙うにはロッドの長さとアクション、パワーが最適化されている。
このロッドを設計した人、よっぽどメッキ好きだな(笑)
スミスのロッドだけに、Dコンあたりを使う時が一番、気持ちよく使えます。
このベイライナーCFが気持ちよく曲がってくれるのだから、楽しくない訳がない(^^)

いつもだとキャストして10m歩き、またキャスト、歩く、、、を繰り返すのですが、今回は最初に入った場所から、20mぐらいの間を行ったり来たりで20オーバーばかりをツ抜け。
さすがに、そろそろ反応が乏しくなって来たので、少し歩いてキャストしながら群れを探すと、サイズが一回り小さくなったが他の群れが見つかり、3~4匹追加。
真っ昼間で干潮潮止まりの時間帯なのに、こんなに釣れてイイんでしょうか(笑)

惜しむらくは、GoProをクルマに置いてきてしまったので20オーバー爆釣劇を動画に出来なかった事か。
ポイントを移動するタイミングで一度クルマに戻ってGoProを取りに行く。
そして少し離れた場所へ歩いて行くと、、、目の前でいきなりボイル発生!! メッキの群れだ!!

ボイルが収まった後だったが、キャストすると、、、ルアーの直下がドバババ~~と真っ黒になるくらいにメッキの群れが湧いてきた!!
をを~~~久しぶりに見る、メッキ団子状態。アマゾン川のピラニアのようだワ(ちょっと大袈裟か)
でも、メッキ団子状態って見た目にはスゴイけど意外とヒットしないのよね・・・・ヒットしても掛かりが浅い事が多い。
数匹くらいの群れがルアーを奪いあう状況の方が割としっかりとバイトしてくれる。
そんな訳でヒットしてもバレ、、でも次がチェイスしてまたヒット、、、バレる・・・苦笑

この巨大な群れでは1、2匹しか釣れずに、すぐに上げ潮が動き出して群れが消失(どこかに移動しちゃったな)
メッキという魚は潮が動くと、即移動してしまうので状況が一変するから厄介だ。
今まで必ずヒットのあった場所が急に無反応になる。

それまで数歩毎にキャストしていたのを、10m歩いてキャストに切り換えて広範囲をサーチ。
そうして、次の群れをキャッチ。
水面直下までは出てくるが、水面を割るほどではないので、ルアーをチェンジ。
今度の群れは、ちとサイズが小さいが、20匹くらいの群れで追ってくるので、バラシが多いながらも連発で釣れて、入れ食い状態がGoProでも撮影できた。
上げ潮が本格的に動き出した頃に、反応が途絶えたので移動することに。

なんだカンダでこの真っ昼間の時間帯が一番アツかった。
最初は20オーバー連発の群れ。
次に一回りサイズダウンしたけど16~17cmの群れ。
結局、この1~2時間の間で25匹前後は釣れたかな~~ 今シーズン、これまでで一番良い時間帯でした。

さて

15時過ぎになり、次はどうするか考える。
夕マズメは、元々考えていた実績場に移動するつもりだったけど、あれだけの群れを見ているので、夕方もこの場所に賭けた方が良いだろう。
今までの経験上、群れが見えている間は移動しない方が吉、という事が多い。

数km離れた場所に偵察に行って、16時半頃に舞い戻る。
潮が満々に満ちており、先程の場所は雰囲気が一変していて、念のため投げてはみるがやっぱり反応無し。
潮位が上がり、夕方になっているので魚はフィーディング場に移動したなぁ。

朝イチに釣れた場所に移動して遠投して探ってみると、ゴッツーーンと重々しくヒット。
を~~こちらに居ましたか。
ココで20オーバーが2、3匹釣れたが、連続で釣れる程ではないが、夕暮れが迫り、もう他に移動する時間もないので、この場所で粘る。

右に左に広範囲に探ると、とある場所で10mくらい先のブレイクライン上でギュラーサイズではあるが、ぼちぼちメッキの反応がある事が判った。
この場所で数匹ゲットし、正確な数は数えてなかったけど、多分、朝から合計48匹ぐらいと推計。
よし、50匹台の大台まで乗せよう。
薄暗くなる中、チャートリュースのミノーにチェンジして遠投すると、すぐに2匹ヒットで50匹達成~~~
これで帰っても良かったが、まだミノーの後ろをチェイスする雰囲気があったので、もう1匹狙う。
すぐに1匹追加。
これで51匹だ。
イチローの背番号と一緒で縁起が良いな(理屈が判らんけど、まぁいいや・笑)
気分良く、この日の釣りを終了~~~
f0100885_2127969.jpg



午前中が不調で、どうなる事か・・・と思ったけど、昼間が思いのほか良くて結果的には前回釣果を上回った。
これで4回目のメッキ釣行だが、釣果が右肩上がりなのは嬉しい。。。しかし、いつかは釣果が落ちてきて1匹を釣るのが難しくなる。
でもサイズは大きくはなるハズ。
その時に、どうやってリカバリして一日を楽しめるかが、重要ですな。
[PR]
by sierra-outdoor | 2015-09-12 21:20 | 海の釣り | Trackback | Comments(3)



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism