<   2015年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
信州へ・・・・・
渓流が禁漁になり、はや2カ月・・・・・
まぁ、海の釣りがあるので、ヒマを持て余すコトはありませんが、トラウトの感触をたまには味わいたくなる。

という事で、この時期でも釣りが可能な(ニジマスですけど)、信州までプチ遠征。

今回は、釣り仲間のアイちゃんと一緒に行きます。

この川は、違う漁協管内は何度も訪れたことがありますが、今回の漁協管内は初めて。
スキーの行き帰りなどで、すぐ横は何度も通り過ぎていて、風景は知ってましたが、釣りを目的で訪れていないのでポイントはまったく判らず(^^;;;
ま、行けばナントカなるでしょう、って感じで気楽に向かいます。




現地に朝6時すぎに到着。
寒くて、道路横の気温計は1度とか0度。ぎりぎり凍らないぐらいの冷え込み。

まずは、目についた場所に行ってみると、釣り人が一人。ルアーアングラーです。
初めての川なので、一通り川沿いを走って傾向を見なくては。
川沿いの道を走りながら、車窓から、あのポイントは良さそう、あっちはエエ感じ~~みたいに二人で話しながら移動します。

しばらく走ったところで、一つの橋があって、そこから入れそうなので、とりあえず入ってみます。
重機が川岸を工事している場所らしく、その重機が動き出す前に探ってみようと。

二手に別れて探ります。
かなり押しの強い流れです。
川底が、重機が入っているせいか、細かい泥が堆積しているらしく、足を踏み入れるとズブズブと10~20cmは沈み込む・・・・
しばらく、その周辺を探ってましたが反応ナシ。ちょっと泥が被っているのが気になる。
しかも、そのうちダンプカーがやってきて重機が動き出した・・・・・
工事が始まるみたいなので、退散します。

次は、ネットでも情報があった放流ポイント。
とりあえず、手堅く1匹を、、と思って入ってみます。
駐車場のすぐ近くはドでかいドン深の淵なので、もう少し流れの変化のある場所まで川通しで歩いて瀬の流れがある場所でやってみますが、反応無し。

1時間ほどやってましたが、なんか段々濁りが増えてきた。。。。
上流で工事が始まったのでしょうか??

アイちゃんと合流して場所移動。ちなみに、この場でアイちゃんはチビニジを釣ったようです。

上流に向かうと、とある場所から濁りが無くなったので、工事現場より上に来たのかな??
良さそうな流れがあるので、そこに入ってみます。
大きな岩が点在する流れで、イカにも魚が出そうなんですけど・・・・・・うーーーん、反応がない。

上流へ歩きながら探って、一人先行者が先の方に見えたので、そこで折り返して下って、あちこち探るも反応ナシ・・・・
アイちゃんは私と入れ替わって、上流へ・・・・・

しばらくすると、アイちゃんが呼んでる。
50mほど離れた場所に居たアイちゃんの竿が大きく曲がってます!!
これはヒットだ!!

急いで流れの中を歩いて行くと、ランディングした直後。
なかなか良い型のニジマスをゲット。この川らしい、サイズですね。
f0100885_21303299.jpg

なんでも、目の前の淵と流れが絡むピンスポットの底ベタでヒットしたとのこと。
さらに、すぐに同じ場所で、アイちゃんが釣りを再開してまたアタリがあったと言う。
やはり流れが絡む深場の底ベッタリがこの日のパターン!?

それから、深場の底べったりを重量級スプーンで重点的に探っていきます。
しかーーし、ルアーには反応がない・・・・

アイちゃんも、ここならアタリがあっても良さそうなのに・・・・と首をかしげてます。
f0100885_2130425.jpg

あちこち探り歩き、昼ころになり、天気が良いせいもあり、気温がグングンと上昇。

再び下流に戻ると、朝よりは濁りが薄れてきたので、下流ポイントにも入ってみます。
淵から瀬、そして淵へ・・・と変化するポイントを丁寧に探っているつもりですが、相変わらず反応なし。
少し下流へ探って釣り歩き、そろそろアイちゃんのいる場所に戻ろうとしたら、上流からアイちゃんが歩いてきた。
なんでも、かなり大物をヒットさせたのですが、竿のトラブルが発生して、バラしてしまったと言う。
残念~~~~~

時刻も14時を過ぎて、そろそろ退散の時間が迫って来ました。
最後のポイントと思われる場所に入ってみます。
ここも、瀬から深瀬、そして瀬と変わる、いい感じの場所なんですが、、、、、反応がない。
うーん、魚が居らんのか・・・・ でもアイちゃんには釣れてるしな。。。。と思ったら、目の前、7~8mのところでいきなり35cmを少し超えるぐらいのブラウンと思われる魚が1m近くの高さの大ジャ~~~ンプ。
まるでコッチをアザ笑うかの如く・・・・

コンチクショーー、と思って、その魚がジャンプしたあたりを、探ってみますが、やっぱり釣れません。

そうこうしてるうちにタイムオーバー。

結局、個人的にはノーバイト・ノーチェイスの丸ボーズで終わりました。




一人で釣っていたなら「アカン、ここは釣れん、魚が居らん、もう二度と来ない」となるのですが、今回は同行したアイちゃんに、何匹かヒットし、大物もバラしですが掛かっているのですから、魚はやっぱり居る訳で(^^;;;
底ベッタリの様子だったので、スプーンでボトム付近を探ったのですが、それでもレンジがあって無かったのかな・・・・・という感じです。

今年はもう無いと思いますが、また来年、もう一度チャレンジしてみるかな。
[PR]
by sierra-outdoor | 2015-11-30 21:03 | 渓流釣り | Trackback | Comments(2)
11/21~22 2015_南紀遠征_その2
南紀遠征の第二弾です。

本来であれば土曜日の未明に出発して、現地入りを土曜日午前の早めの時間帯に・・・・と思っておりましたが、いろいろ家庭内の事情もあり出発は土曜日の昼ころ(^^;;;;
こうなると、3連休初日の昼間の時間帯という事もあり各地で小渋滞発生(^^;;;
結局、現地に到着できたのは、とっぷりと日が暮れた18時頃。結局、初日は釣りできず。


で、翌朝。

目星をつけておいたサーフへ。。。。
朝マズメなので、そこそこ釣り人は居ます。まぁ結構広大なサーフなので少々の人数は問題ありません。

手近な所から、撃っていきます。
投げては歩き、投げては歩き・・・・波は静かで釣り易いのですけど、ベイトの気配もなく、魚ッ気ナシナシ(^^;;;

広大なサーフをずーっと探り歩きながら、一番端まで到達。ここまでノーヒット。
途中に何人かの釣り人に挨拶して聞いてみたけど、やはり釣れておらず・・・・

一応、一番端が釣れそうな雰囲気なので、丁寧に探って行きますと・・・・突然にゴゴゴン!!
キターッ!!
右に左にと切り返しながら抵抗するのは、メッキ。
この時期はサイズ的にも、そこそこ育ってきているので、ファイトもなかなか良いです。
慎重に上げてくると、およそ22cmって所でしょうか。
f0100885_20563116.jpg

次のキャストでも再びゴゴーン!! よしよし、群れで入っているな。
f0100885_20564789.jpg

次のキャストでもルアーに触ってくる感触があったがフッキングせず。
すかさずキャスト。かなり足元近くまで来てから、ドン!!とちょっと重目のヒット。
を、を、を、、、これはちとデカイかも・・・・・でも、首振りの感触が伝わってくるが、あまり横ッ走りしない。。
上がってきた魚の形は根魚か?? いや、違う、コチだ!!
f0100885_20565650.jpg

40cm弱のコチでした。
ショアからコチを釣ったのは初めてかな??

ここで少し時間を取られて、少し時間が空いてしまったので群れが移動したせいか、反応が途絶えます。
右に左に探りながら釣っていくと、またヒット。よしよし。

遠投した方が釣れるかな~~と思い、沖合に向けて大遠投。するとドン!!と一発で来ます。
ギュギューーーンと走る・・・こ、これはちとサイズが良いか。遠くで掛けたので、ファイトが楽しめます。
横ッ走りを抑えつつ、あげてくると、多分、今季最大サイズ。ぎりぎり25cmに届いたかな~~(メジャーがないので正確ではないが、多分25)
f0100885_20572568.jpg

その次もヒット。
いいですね~~~ やっぱりメッキ釣りは。
f0100885_20573470.jpg


しかし、至福の時も一瞬。
その後、反応は途絶えてしまいます。
5匹ほどのメッキとコチ1匹。メッキのサイズは22~25で、数はともかくサイズはまぁまぁです。

移動です。

10月に来た時に、そこそこメッキの姿が見えていた別のサーフへ。

しかし、来てみて驚いた、たった1カ月ちょっとしか経ってないのに、サーフの形がぜんぜん変わってる!!
以前は浅瀬を渡って移動できたのに、そこにはとてもじゃないけど渡れない程の深い溝・・・・というかチャネルが。
うーん、ここを渡って行きたかったのに。

渡らずに行ける場所はエサ釣りさんが多くて、あまり釣りが出来る所がなく、少し投げてみたけど、不発。
移動です。

次の場所も、、、なんか前回来た時と較べて、やっぱりサーフの形が変わっている。
潮位の時間差かも知れないが(前回は干潮時、今回は上げ7分)、とにかくサーフの形が大幅に変わっている。
一応探ってはみるが、真っ昼間の時間帯でもあり、不発。
一回だけ、50mほど離れた場所で小さなナブラっぽい水面のザワツキが出たものの、すぐに急行したが無反応で終わる。

昼食休憩を挟んで、別のポイントへ。
ここも有望ポイントなのですが、ちょっと昼食に時間をかけ過ぎたので、夕マズメまであまり時間が無い・・・(^^;;;;
1箇所だけ、すぐに探れるポイントだけをチェックして、時間がかかる大場所はスルーして、次のポイントへ。

このポイントが今回の本命場でしたが・・・・
本命場故に、そこそこ先行アングラー居ます。
挨拶して様子を伺うが、釣れていない模様。

念のため、いろいろと手を尽くして探ってみるものの、確かに反応がナイ。
少し離れた場所の船溜まりでは、数匹のチビメッキの群れが居たものの、どうも活性低くてショートバイトのみで、直に姿が消える。

どんどん時間だけが過ぎて、日没が近づいてきたので、朝イチのポイントに舞い戻る。

朝のポイントに行ってみると、朝と違って潮が満ちている以外は、あまり変化はないが・・・・
反応のあったポイントでは、朝と違い無反応。
しつこく何度も何度も攻めてみて、ようやく1匹、18cmほどのチビメッキが釣れて、やっと群れが回ってきたか、、と思ったのも束の間、すぐに反応が無くなる。
結局、暗くなるまでやってみましたが、その後反応なく終わりました。

帰りは、予想外の渋滞にハマり、連休の観光地の洗礼を受けつつ(^^;;; なんとか帰って参りました。

今回もちょっと釣りに費やす時間が少なめで、消化不良気味。
その3はあるのか?? 単にメッキを釣るなら、もっと近くでも釣れるしな~(苦笑)
ただ、南紀は(温排水とは無関係の)尺メッキが出るかも知れない、夢があるので、通いたくなる場所ではありますね。
[PR]
by sierra-outdoor | 2015-11-22 20:55 | 海の釣り | Trackback | Comments(3)
11/14 川海ダブルヘッダー
去年と同じく、今年も川海のダブルヘッダーの季節がやってきました。

朝から雨が降っているけど、ちょっと偵察も兼ねてGo!!

お昼に出発し、まずは川。
ようやく最近になって雨が降るようになったけど、それまでの好天続きで川は渇水・・・・
しかしこの日は、ずーっと小雨。
初夏の雨は嬉しいけど、この時期はやはり辛いです。

最初のポイントはまったく反応ナシ。

2つ目のポイント。
ここでやっと1チェイス。。。。しかしフッキングせず。
喰いが浅いか、、と思ってルアーのサイズを落とすがその後、無反応。

少し休ませて、念のため、ルアーサイズを上げて、ボトムぎりぎりを狙うと、一発でヒット!!
水中でグネグネと暴れる・・・・・ちょっとサイズが大きいか???
しかし、その後バレてしまった。

ULのベイトフィネス、ナイロンラインだったので、小さいバイトが拾えないな~~
今までPEだったので、余計にそれを感じてしまう。
そろそろベイトフィネスもPEにすべきか。

その後、もう1回、別の場所でチェイスはあったけど、釣れず・・・・
魚はとりあえず居るみたいだけど、反応が渋い。やはり、午前中でないと難しい。

ダブルヘッダー後半戦に向けて、海へ移動。

雨が降り続き、釣れる気がしないけど、せっかく来たので様子見だけでも。。。。。
思ったよりも潮位が上がっておらず、これは釣れないカモ。

と思ったが、いきなり3投目でヒット!!
を~~、これは予想外。
f0100885_2343569.jpg

22~23cmと言ったトコロかな。

その後、ポツリポツリとヒットしてくる。
群れで入っている訳ではなく、10分に1ヒット、という低空飛行だけど安定してヒットしてくるという、ちょっと変わった展開。

夕暮れまで粘って9匹ゲット。ツ抜けを狙ったが暗くなって、ジ・エンド。
そろそろ25オーバーが欲しいけど、この日も最大は23cm程度。

海も、夕マズメに怒濤に釣れる場所ではないので、もう少し時間をかけないといけないな。
やはり、午前中に川に入って、とりあえず川で釣って、時間に余裕見ながら、午後早めに海に行く。
こんな感じのダブルヘッダー釣行が良さそう。
次は、もう少し早く家を出よう(笑)
[PR]
by sierra-outdoor | 2015-11-14 23:47 | 海の釣り | Trackback | Comments(2)
11/07 高速代を節約する釣行
そろそろ釣れなくなってきた、メッキちゃん
10月初旬までは、あれほど遊んでくれたのにね~(^^;;;;

まぁ、毎年のことで10月下旬になると、突如姿を消す・・・・って言うか、多分、回遊モードになって、それまでと同じポイントから姿を消すだけで、何処かには居ると思うのですが。。。。。

11月に入り、どんどん寒くなる。
何処に釣りに行こうか・・・・ 冬季ニジマスの川へ行くか・・・・・・ でも、まだその時期じゃないな。

玉砕覚悟で、またまたホームのメッキ釣りへ。
だいたい毎年10月下旬か11月初旬に、玉砕を喰らって、「あ~~今年のメッキの季節は終わったか・・・・」と自分に納得してメッキ釣りを終了するのが常。
メッキが終わった事を確認する釣行です。

今年は数年ぶりのメッキ豊漁の年だったので、南の方への釣行回数が多く、ガス代や高速代が嵩む・・・・
道具などはそんなにお金のかからない釣りなんだけど、距離を走らねば釣り自体が成立しないので、どうしても交通費がかかる釣りでもあります。
どーしたら、交通費を安くあげられるか・・・・??

複数人で交通費割り勘が一番ですけど、こんなニッチな釣りでは、なかなか同じタイミングで同行する人もおらず(苦笑)

車を新しくしたので、今までより20~30%ぐらい燃費が向上したので、ガス代は少し楽になった。

高速代は、家からポイント近くまでオール高速で行けるようになったのと、ACCのお蔭で、運転疲労はとても楽になった分、高速利用が以前より多くなってる。
ちょっと昔みたいに、一般道を出来る限り使ってみるか。。。。
地図をニラム。
三重県南下のパターンの場合、部分開通している中勢バイパスを使えば、なんとか松阪インターまで下道で
スムーズに走れそう??な感触。
いっぺんやってみるか。

11/7の早朝、4時前に出発。予想では3時間ちょっとだと思うので、現地に7時過ぎには着けるハズ。
出発時、まだ暗い東の空を見ると、木星と金星がお互い近くで輝いており、その真ん中に月があるという、なかなか珍しい惑星+月の配置でした。

最初は国道23号をひたすら走る。未明の時間だが、やはり物流系が多い。
1時間ちょっとほど走って鈴鹿付近で中勢バイパスに入る。
まだ部分開通ながら、交通量の少ない未明の時間はやっぱりバイパスは走り易い。
中勢バイパスならば、ACC任せの走行も可能だ。
(たまに、信号交差点があるので、100%ACCのオマカセ走行は無理だけど)

中勢バイパス終点まで走って、少しだけ田んぼの中の一般道を走り抜けて松阪インターへ到着。
そこから高速に乗って、最初のポイントには予想通り7時すぎに到着。
オール高速で行くのと比べて、およそ1時間プラス。その代わりに高速代が1800円相当(ETC休日割引の状態)が節約になった。


で、肝心要の釣りは、、、、と言うと・・・・・・

朝イチのポイントは、波浪も弱くてヨサゲな雰囲気でしたがノーバイト。。。。。
まったく魚ッ気がありません(^^;;;

次のポイントへ移動。ド干潮の真っ只中であまり期待は出来ませんが、サイズ問わずなら、確実に魚が居る場所。
ここで、なんとか17cmほどのオチビさんを1匹ヒット。これで丸ボーズは無くなった。
活性が低くて、たまにチェイスやショートバイトはあるものの、2匹バラシに数チェイス。
いつ来てもこの場所は、今年に関しては魚の多い少ないはあるもの、必ず魚影は感じられるが、サイズが小さい。
f0100885_214693.jpg

次へ。
本日の本命ポイントがまだ潮位が低いだろうと、、、と思って満潮までの時間待ちの意味もあって、あまり期待していないポイントへ移動。
入ってみて探るも、やっぱり反応ナシ。
いつもだったら、すぐに見切って他へ移動するのですが、満潮までの待ち時間がある事と、移動するにも他ポイントもあまり期待できないので、割と広大な?このポイント全域を偵察してみることにする。

少し歩いてキャスト。また歩く、、キャストを繰り返す。
ちょうど潮目が見えており、その潮目まで届く場所にやってきた。
潮目に目掛けてキャスト。すると一発でヒット~~~~
超小さい(13~14cmほどか?)けど、メッキ。
やはり潮目は狙い目だな。

ポイントの一番奥まで探って、折り返し地点。
少しだけ沖に飛び出た立ち位置。近くには小さな流れ込み。
居るならココだよな~~~と思って、遠投の効くジグを投げて、シャクってはフォールを繰り返すと、、、、フォールした瞬間にコンコンコン!!
来たっ!!

ちょっとサイズがいいかも~~~~ギュギュイーーンを走る。
遠投用に、少しだけパワーのあるメジャークラフトのKGL-732LGを使っていたのだが、けっこうこのロッドでも曲がるので楽しい~~~~
バラさないように、抜き上げると21cmほどの、まぁまぁのメッキ。
f0100885_2142389.jpg

次のキャストで、水面直下まで20cm級のメッキ群がワラワラっと湧いてきた!!
ヨッシャー、やっと群れを捉えた。
次のキャストでゴン!! ギュイーーーン
次もゴツン!!
f0100885_2143156.jpg

を~~久々の連発。どれも20オーバーで最大は23cmほどか・・・・・・
この時期はサイズが揃ってくるので、ファイトも楽しいです。

しかし、回遊性の群れなので、すぐに射程圏内から居なくなる・・・・
元に戻りつつ歩きながら探って、また群れを捉えた。1匹キャッチの1匹バラシ。

他にも、射程圏内ギリギリに瞬間的だがナブラも出て、ヨサゲな感じだったけど、反応もなくなり、この場所で20cmオーバー主体に7匹ほど釣れた。
f0100885_2144854.jpg

昼食休憩の後、この場所は夕方にもう一度入るとして、他ポイントを回ってみる。
潮通しの良い場所をメインにあちこち探って単発ヒットで2匹ほど追加。これでツ抜け達成。
f0100885_2151051.jpg

14時頃、潮位も上がってきたので本命ポイントへ移動。
ところが、その本命ポイントが無反応・・・・ 今まで、数は少ないながらも毎回必ず良型と遭遇していたので、今回一番期待していたのだがなぁ・・・・・1匹の反応も無し。
まぁメッキ釣りとはこういうモノか(^^;;;;

下げ潮が動きだす15時半ころにさき程の釣れたポイントに舞い戻る。
潮位が上がっており、昼前より雰囲気が少し違う。
群れを見つけた周囲を入念に探るが、、、やはり無反応。
まだ下げ潮が本格的に動いていないからなのか、居つきの魚を釣る場所ではないので、群れに遭遇できるかどうかが全てかも。

時刻は16時すぎ。暗くなるまで1時間を切った。
移動するか、ココで粘るか・・・・
今までの経験上、16時の時点で魚の反応の無い場所は、夕暮れまで粘ってもダメな事が多い。
急遽、移動。

もう時間が残り少ないので、行ける場所は、2番目のポイントのみ。
急いで2番目のポイントに急行するが、到着は16時50分くらい。
もう10分か15分しか時間が残されていない。
急いで核心ポイントだけを撃っていくが無反応。やっぱりダメか。。。と思いながら、暗くなる中、車の場所に戻りつつ、念のためキャストすると、核心からかなり外れた場所でいきなりチェイス!!
パイロットルアーのDコンではバイトしそうにないので、ルアーチェンジ。
これで、一瞬連発して、カスミアジ3匹にギンガメ1匹を小型ではあるけどヒットさせて、なんとか15匹に届いたところで、暗くなって終了~~~~

帰りも、松阪インターまでは高速。
そこから一般道。往路をそのまま辿っていきます。
夕方は中勢バイパスもかなり混雑して、流れはやや悪いが、なんとか走り抜けて、懸念の四日市市内の国道23も20時を過ぎた時間帯だと、交通量は多いが渋滞はなく、3時間ちょっとで帰宅。
往復で約3600円の高速代は節約できたが、往復で2時間は余分にかかる。
まぁ帰り道は高速使っても、恒例の東名阪四日市渋滞があるので、その分を考慮すると+1時間半ぐらい、と言った所かな。

運転の疲労度はやっぱり高速の方が楽なので(特にACCをフル活用できるので運転が楽ちん)、一概にどちらが良いとは言えないのけど、高速代を節約したいなら、松阪までは下道もアリかなぁ、と思う次第でした。


釣果的には11月としては上出来。
今まで11月メッキは、南紀とか、今は稼働していない某巨大温泉以外ではツ抜け釣果は達成したことがなかった。
今回でホームのメッキは終わり、、、と思っていたけど予想よりは釣れたので、次はどうしよう・・・苦笑
でも次は、やっぱり夢のある南紀かな~~~
[PR]
by sierra-outdoor | 2015-11-07 22:12 | 海の釣り | Trackback | Comments(2)



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
Churinさん なん..
by しえら at 21:12
しえらさん、おかえりなさ..
by Churin at 23:09
ココ最近、全く雨が降って..
by しえら at 21:27
手のヒラアジさん 先日..
by しえら at 21:25
Churinさん そう..
by しえら at 21:21
ども。 マメに記事アッ..
by 手のヒラアジ at 13:55
おー、しえらさんには珍し..
by Churin at 23:04
やはり土曜日は賑わってい..
by Churin at 22:59
都市型温排水の貴重なター..
by しえら at 20:49
なんとか釣れてくれました..
by しえら at 20:48
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism