<   2016年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
2/20 2月の雨
ホームグランドの渓流解禁から最初の週末・・・
解禁日が大増水で、釣り場が限られた事から、この日が実質的な解禁日とも言えますが。

前回の反省から、朝イチから現地入り。
明るくなる頃に最初の目当てのポイント到着。
早速準備して川に降りて行きますが・・・・ うーん?? 水がかなり引いているな。
15日の釣行から数日経過して、水がそうとう落ち着いている・・・・ まぁこれが平水で先日が多すぎた、とも言えますが。

最初の淵のポイントで早速反応が・・・・しかし魚が小さいせいか、フッキングせず。
フッキング重視でシングルフックからトレブルフックに交換しておいたのだけど。

先日、アイちゃんがなかなかイイ型を抜き上げたピンポイントはただの浅い流れと化しており、こりゃ瀬ではダメだな~~

次の淵でも反応はあるけど、魚がメッチャ小さい・・・・・
10cmちょっとの稚アマゴが掛かったけど、これはノーカウント(笑)
やはり、この川は水が出た時がいいみたい(過去も、出水した時しか釣れた記憶がないので)
小移動しつつ、この時期、魚が溜まってそうな落ち込み、小さな淵などを重点的に探るのですがま~ったく反応ナシ。
足場が良くて、長靴でも釣りが出来そうな場所なので、早くも釣り荒れているのか、そもそも、この区間は魚影が薄いのか。

少し大きく移動して、次のポイントに行くと、流れ的にはイイ感じだけど、やはり水が落ち着き過ぎかな。
しかも瀬が中心のポイントなので、この時期には魚が居るとは、あまり期待出来そうにない。
念のため、探ってみますが、やはり反応ナッシング。

朝9時を廻り、このままだと2月の月間ボーズになってしまうかも?? と思い、とりあえず放流魚でいいので1匹釣っておくか、と思って放流ポイントへ向かいます。

放流ポイントは大勢の釣り人が。。。。と思ったら、なんと1人しか居ない?? ナゼ??
その1人のエサ釣り師の人に聞いてみたが、確かに目の前で放流はしてくれたらしいが、放流直後に数匹釣れた以外、まったく釣れなくなったと言う。
割と大きなポイントなので飛距離を稼げるルアーが有利な場所なのだけど、どこに投げても反応ナシ。
ふと見ると、2匹3匹と目の前を泳いでいるが、、、、見える魚は釣れんの諺通り、反応してくれません(^^;;
あとからエサ釣りの人がどんどんやって来るので、この場は撤収~~

次のポイントも釣り人は居るが釣れてなさそう。少しやってみたが、やはり反応なし。
うーん、放流当日なのにね。(翌日にはこうなってしまう事は多々あるが)

その次のポイントが一番人が多かった。しかし釣れてなさそうなのと、魚は緩い淵のドン深に沈んでいる模様。
そこをエサ釣りの人たちが取り囲んでいる。これはルアーでは無理だな。

さらに次のポイント。
ここで、エサ釣り師が1匹、2匹と釣り上げるシーンは目撃出来たが、この頃から雨が降り出して皆さん撤収。
このポイントでも、ドン深のボトムに沈んでいる模様で、やはり釣れそうにない。

さぁ、困ったぞ。
どうも低水温の影響か、魚の活性が低いのは明白。
ドン深のボトムに沈んでしまっているようなので、これはルアーではキツい。

それでは、ドン深じゃない場所に行くか、、と思って大きく移動。

ちょっと小さな支流のポイントへ。
ここでもエサ釣りの人多数ですが、雨が本降りになってきたせいか、撤収していく人多数。
それでも結構な人が河原に残ってますけどね(^^;;;

雨が水面を叩いて、魚のチェイスが判り辛いが・・・・この場所でようやく反応が。
しかしショートバイト故にバレてしまいます。
淵尻に魚が溜まっているようですが、それらの魚は活性が低く、一応チェイスしてくるものの口を使ってくれない。

次に移動しますが、そこではあまりの浅瀬で魚が溜まりそうな場所もなく、少しやって移動。

さらに次へ。
ここは少し深い場所があるので、ここなら良さそうですけど、先行者が一番イイ所に陣取ってて、入る余地なし(^^;;
そこから下流に小さな堰堤があり、その直前にこれまた小さなプールがあるので、試しに投げると、をを、チェイスあり。
しかし、すぐ近くを釣り人が右往左往しながら歩くので、プレッシャーが高く、なかなかバイトせず。
この場所を見切って、上流の流れ込みを探ると、カッツーーン、やっと来たか。
なんとか1匹、放流成魚ですけど何とか釣れて2月の月間ボーズは回避(^^;;;
この場所で1匹追加して、さらに移動。
f0100885_22594974.jpg

次に向かった場所は、中規模プール。
雨がどんどん降り続くので、すでに誰も居ません。貸し切りです。
試しにプール中央に投げると、ルアーのすぐ後ろをワラワラと水面が乱れる・・・・
こりゃ活性の高い群れが入っているな。

プレッシャーを与えないように、ポジションを最適の場所に移動して投げる。
ゆっくりスローリトリーブしてくると、、、、ワラワラっとアマゴがチェイスしてヒット!!
管理釣り場的な釣り方ですけど、まぁ何も釣れないよりはね(笑)
f0100885_2301712.jpg

雨で少し水量が増したのが活性上昇に繋がったのか、他に釣り人が居ないのでプレッシャーが低いせいか、ここでは反応が続く。
数匹ほど釣りあげた頃、対岸に別のエサ釣りサンが入ってきたので、撤収です。

時刻は14時ころ。さて、どうするか。
雨は降り続くが、ひょっとしてこの雨で上流域のイワナが動き出しているかも・・・・・
と思いながら、止せばいいのに、上流域の手前にある某有名ポイントに向かうと、、、、ほとんど誰も居ない。
(フライフィッシャーが立ち並んでいるかと思ったのに)

ちょっとだけ投げてみよう、と思った第一投目、キャスト時に後ろの枯れススキに引っかけてしまい、大バックラッシュ~~~
あちゃ~~~、やってしもうた。
今シーズンからベイトフィネスもPEでやってるのだが、細PE故に、もう目茶苦茶になってしまい、回復不可能状態(^^;;;
降り続く雨もあり、これでココロ折れて、終わりとしました。

結果的に、朝イチのネイティブ狙いでは、チビアマゴしか反応してくれず空振りに終わり、あとは幾つかの放流ポイントを巡って、何とか釣れたという具合。
まだ水温が低いので、ネイティブは難しいですね~~
エサ釣りではネイティブも好調が噂されるので、そのうち釣れるとは思いますが。
[PR]
by sierra-outdoor | 2016-02-20 22:58 | 渓流釣り | Trackback | Comments(2)
2/15 渓流・解禁
2016年も、いよいよ渓流解禁です。
今年の解禁日は、生憎、月曜日・・・
しかーーし、釣りのためには仕事を休んでしまうのです(笑)

今回は、月曜なので、アイちゃんと現地合流する予定。

・・・なのですが、直前に2月とは思えない程の大雨・・・大増水。
成魚放流も殆どの場所で延期になってしまいました。

でも、休みを取ってしまったのでね、行きますよ、釣りには。

早く行ってもしょーがない、、、と思いゆっくり起きた直後、アイちゃんからメール着信・・・
なんと、早くもツ抜けしてるって?? マジですかい??
増水が魚の高活性を引き出した模様。

こらイカン、早く急がねば~~~
一応、前の日に準備はしてあったので、朝飯も食わずに出発。

本流沿いの道を走っていくが、かなりの激濁。まるでダムが放水したかのような水色。
こら本流は釣れんワ・・・・
途中、いつも年券を購入する商店に寄り、2016年度の年券購入。
店のおじさん、今日は殆ど放流が延期になったで・・・・と言ってましたが、まぁ今回は放流は関係無いし。
唯一、放流のあった支流のポイントを偵察し、そのままアイちゃんと合流。

その後は、アイちゃんのガイドの元、いろんなポイントを回ります。
最初のポイントへ移動して、準備をしていると、すぐ横にクルマが停まります。。。出てきたおじさんが「釣れるか?」と聞いてきたので、「まだこれから始める所ですよ」と答える。
おじさん、「今日はシブいな~ イワナなら釣れたけどな」と意味深なお言葉。魚を見せてやると言うので、見に行ってみると、尺上イワナに20後半のイワナがクーラーの中に。
をぉ、コレはスゴイですね、いくら解禁日とは言え、この寒い中、そうそう簡単にこの魚は釣れるモノでもない。
成魚放流でもない訳だし。
きっとあのおじさん、自慢したかったんだろうな~~(笑)
でもあの釣果なら確かに自慢したくなるわ。

とりあえずアイちゃんと一緒に入渓。
2016シーズン最初の渓流です。
目の前に、なかなかヨサゲな淵があるので、そこを譲ってもらって撃って行きますが、、、、反応なし。
かなり水が高くて勢いが強く、ちょっとルアーでは難しいか・・・・ 下流に向かったアイちゃんを見るといきなり釣ってます。
7寸クラスの、この時期としては上出来のアマゴです。
さすがはアイちゃん、この高水位を見越して、岩と岩の間の緩流帯を攻めた結果のようです。
f0100885_2251689.jpg

その後もアイちゃんは同じクラスのアマゴを1匹追加。
私は、、と言うと、超小さいアマゴらしき魚の微かなショートバイトはあったのですが、掛からず。
移動します。

次の場所も4月以降だったら良さそうなのですが、、、今日の水の勢いと低水温ではちょっと厳しい。
ルアーでは全く反応のない同じポイントでも、アイちゃんはぼちぼちと小型ではありますがアマゴを釣って行きます。さすがです。
さらに移動します。

だんだん晴れ上がってくると同時に北風が強くなりつつあります。
この場所の再上流部にあるプールで何気なく第一投・・・・ うーん、ここでも反応ナシか、、、と思ってルアーをピックアップする寸前にその後ろを猛追する姿アリ!!
チェイスだ!!
気づいた時には、すでに遅くルアーは足元まで・・・・
しかし、解禁直後でスレていないせいか、見失ったルアーを探して足元をウロウロするアマゴ。
ひょっとして、まだ喰うか?と思ってショートキャストすると、またチェイス!!
しかし、水温が低いせいか、どうも動きが鈍くトゥイッチしてもミノーのすぐ後ろをパクパクとジャレついてきて、なかなかバイトしない。
一瞬、食った?と思ってアワセたが、、空振り・・・・
ス~~っと流れに消えていくアマゴちゃん。orz

この場所ではその後は反応もなく、移動です。

やや大きめに移動して、アイちゃんが朝イチによく釣れたポイントのすぐ近くへ。
最初のポイントで、チビアマゴですがカッツーーンと反応してきた・・・・ しかしフッキングせず。
次も足元までチビアマゴがチェイスはしてきましたが、、、そこまで。
山に太陽が沈み、どんどん光量が落ちていき、ルアーでは厳しい状況になり、結局、この日はボーズでした。

それでも、解禁早々にネイティブの魚の反応だけは得られた。
これからですね。
f0100885_2274548.jpg

[PR]
by sierra-outdoor | 2016-02-15 22:03 | 渓流釣り | Trackback | Comments(2)



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism