<   2016年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
9/24 2016トラウトの最終釣行
8月以降、北海道の時を除いては、ほぼトラウトからは足を洗った状態でしたが。

9月に入り台風やら秋雨前線やらでドバドバ雨が降って河川は増水・・・・この雨が6月に降ってくれていれば、また話しは違ったのですが、お天道様の事なので仕方ないですね。

禁漁を間近に控えたこの日、、、メッキに行くにはちと遠いのもあり、久しぶりに近場のホーム河川へ禁漁前の挨拶に行くことにしました。
近くだし、ホーム河川なので年券もあるし、釣行経費がお安くあがるのが一番の理由だが(笑)

ただ釣れるかどうかは、また別問題。

だいたい9月の渓流は殆ど釣れないのが実情(自分の場合は)
前回の釣行は7月。
それ以来、一度も行ってないので状況はサッパリ判らず。
水量だけは先日の雨で増水気味なので悪くはないハズだが、アユの網漁も解禁になった後なので、果たして魚が残っているだろうか・・・

ともかく行かない事には始まらないので朝から行ってみます。

増水で魚は上流へ移動しているか?? 判断に悩むトコロですが、朝イチは6~7月に調子の良かった区間に入ります。


朝からアユ師さん達が周辺をウロウロ・・・・
橋の上から川を覗き込んでいますが、、、増水で水位が高く、アユ釣りにはちと厳しい状況。
水温も低そうです。

最初のポイントに到着。
様子見の人は道路上にチラホラ居ますが実際に入川してるのはアユ師さんらしい人が一人のみ。
場所的にも大きめのポイントなので大丈夫でしょう、という事でエントリー。

先に入ったアユ師さんも場所取りでスタンバイしてるだけで、まだ竿出さないから先に釣っていいよ、と声をかけてくれる。

水は轟々に流れているが、居るなら一発で出るだろう、出れば尺だ、と予想して気合いれて投げます。

・・・・・・・

シーーーン、何の反応もなくこのポイント終了(苦笑)

すぐ次へ。
ここも轟々の流れなので、岩と岩の間の一瞬の弛みなどのピンスポを狙って撃っていきますが、、、、シーーーーン。

次のポイントへ、、、ここは、なんと川の中に重機が入ったらしく、大きく川の流れが変わってる・・・・なんてこった。
前回来た時は、そこそこ魚が入っていたポイントが消滅しとるし。
念のため、残った流れを撃って行きますがやっぱり無反応(^^;;;

想定はしていたのですが、やはり9月末の時期に、この場所では無理か・・・・
と思って、大きく転進。

とある支流に入ります。
すると、今まで殆ど皆無だったアマゴ釣り師の車が目立ちます。
やはり考えることは皆同じか~~~

パッと見て3台も車が停まっているが、釣り師の姿は見える範囲内にはナシ。
すでに釣り上がったのかな??

200mほど道路を歩いて誰も入っていない事を確認してエントリー。

最初の淵で、ミノーを遠目に投げてみると、、、、コン!! を、来たっ!!
今日最初の1匹、、、慎重に慎重に。
20cm弱のチビアマゴ。
f0100885_20553854.jpg

でも貴重なアマゴだ。この日、最初で最後の魚かも知れん(^^;;;
リリースして、ポイントを釣り歩く。
最初のポイントでいきなり釣れたので、こりゃ型さえ問わなければそこそこ釣れるか??と思ったが、その後は反応ナシで車の所まで戻ってきた。

先行者の車が3台も停まっている周辺なので、ダメだろうと思いつつ、投げてみると、、、おろろ?? 小さいけどチェイスあります。
この周辺で2匹ゲットの2匹バラシ。どれもコレも小さいですが、意外と竿抜け区間??

まぁボーズは無くなったのでちょっと一安心。

ここからは少しでも大物を、、、と思って今まで入った事が無い場所を探ります。
少し上流に入ってみますが、、、淵でチェイスが1回あったのみ。やはり瀬には出てないな。網漁で追われるからだろうか・・・

さらに上流へ。
ここまで来ればアユの網漁も無いだろうと思ったが、崖を下り藪を突破して苦労して入った割には魚も居ない・・・・アカンやん。
増水による水も、この場所では完全に引いてしまってる模様。

取って返してダメ元で本流へ。
出るならデカいだろう、、、と思いつつ、ポイント開拓も兼ねて初めての区間に入ってみますが、釣れない、反応ナシ。

最後に入った大淵では20cmくらいのチビちゃんが数匹、底の方でウロウロしているのが見えますが、昼の時間になっておりルアーで釣れるハズも無し(苦笑)

正午を回ったので、これまでとして帰路に着きました。
f0100885_2056274.jpg

まぁ9月末はこんなもんですな。
的確に魚の居場所を掴めていれば、大物が狙える時期ですが、判っていないと1匹釣るのにも苦労する。

2016トラウトシーズンはこれで終了。
思い起こせば、4月初旬に予想外の尺上アマゴが釣れて、こりゃ今シーズンはエエかぁ~と思ったものの、いつもの如く5~6月は失速(^^;;
7月に増水直後で尺クラスが複数出たりバレたり釣れたり、したので何とか格好は付いた感じ。
そんなにドデカイ大物が釣れた訳ではないけど、あの激戦のホーム河川なら、こんな感じかな~~
でも5~6月の渇水気味の時でも、もう少し釣れるようにならないとイカンです、はい(^^;;;; 苦笑

信州プチ遠征は1回しか行けなかったけど、感触は良かったので、来シーズンは5月くらいから年2~3回は行ってみるかな。

もしくは、いつものホーム河川以外に、比較的近場でもう1河川、年券を買って通ってみようかと。

また来年も釣れ鱒ように~~(祈)
f0100885_20562166.jpg

この写真は、ナゼか釣りからの帰り道、車のボンネットにヒッチハイクしてきたカマキリ(笑)
自宅付近まで連れて帰ると可哀相なので、途中で下車させました。
[PR]
by sierra-outdoor | 2016-09-24 20:54 | 渓流釣り | Trackback | Comments(2)
9/17 プチLINEバトル
1週前に、盛大にLINEバトルが繰り広げられたのですが、その1週後にも、ちょっと小規模?に参加できる人だけでユル~クやりましょう、という事になって、前回がリミットメイクが出来なかったので、それのリベンジも兼ねて参加~~

今回は、単独参加になったので、経費削減もあり、ちょっと早めに出発して途中までトボトボと下道走行。
目指すポイントには朝6時過ぎに到着。

この日のプチバトルは主賓の都合もあり、正午開始となっていたので、午前中は偵察釣行です。

まずは~~最初のポイント。
遠投してスピーディーに探って行くと、、、開始早々にゴン!!
をっ、幸先良いですなぁ。
22cmほどのそこそこサイズのメッキがヒット。
f0100885_2117321.jpg

次のキャストでも、ミノーに絡んでくる気配が感じられたので、その場所を重点的に探っていると10分後に再びヒット!!
先程とほぼ同じサイズ。
f0100885_21171120.jpg

先週の時と違って、この日は大潮なので潮位も高く、やはり大潮の方が釣れるか?と思ったけど、その後鳴かず飛ばず・・・

偵察のため足早に次に移動です。

次のポイントでも1投目に小型ながらチェイス!?
次キャストでヒット、、、しかしバレた。
これは良さそうかな?と思ったものの、そのポイントではもう1回フッキング出来なかったバイトがあったのみで、反応が乏しくこの場所を見切る。

朝のジアイのうちに見ておきたいポイントがあるので、今シーズン初めて目星を付けておいたポイントに入ってみましたが・・・・
んん~~~~ 魚が居ない。。。。
いつもなら、ドチャ~~と木っ端グレやらなにやら小魚が群れており、その外周付近をメッキやらが回遊してくるポイントなのですが、この日に限ってはいつも見られるベイト群が居ない・・・
念のため、投げてみましたが、やっぱりメッキも居ない・・・・

移動です(^^;;;

次のポイントは10月下旬以降に良いポイントなのですが、念のため探ってみる。
港内には小さなメッキが若干居るけど、釣れんな(^^;;;
港の外を順に探っていくと、波打ち際でチビメッキが偶然ヒット。しかし群れは居らず・・・・

この場所も見切って次へ。

次の場所では、チラホラと2匹ぐらいの小群でメッキの回遊があるが、、、、陽が上がってきたせいもありバイトには至らず。
1回だけ、7~8匹のやや高活性の群が一瞬ルアーを追ったモノの、すぐに姿を消してしまう。
この場所も、多少はメッキの姿が確認できるが、微妙だ・・・・(^^;;

一度戻って、小さな漁港の横にあるサーフを探ると、セイゴがヒット。
他に1回だけメッキが追ってきたが・・・・・やっぱりダメダメ。

11時になったので、いったん昼食休憩に入り、正午スタートに備えてポイント移動。

タックルを準備して、LINEでの主賓のスタート合図を待ち、正午と同時にプチバトル開始~~

やはり魚が居るのは初期シーズン特有のポイントだと判断して、朝、多少反応のあった初期シーズン用ポイントにまずは入ってみましたが。
正午なのでド干潮故に潮は下がっているし、潮色も悪くダメダメ。
周辺をいろいろ探るも、チェイスする姿すら見えない(^^;;;
こりゃアカン。
移動を決意して、朝イチのポイントに向かう。
あそこならなんとか1匹か2匹は・・・・との目論見でしたが、朝イチのポイントも干潮で潮位がかなり下がっており朝とは雰囲気が違う。
やっぱり何の反応もなく開始から2時間経過。未だノーヒット(^^;;;
LINE上ではポツポツとエントリーもあるようだが。。。

とにかくチビだろうがナンだろうがメッキを釣らないと始まらない。

午前中のポイントは期待薄なので全て捨てて(^^;;; 新規ポイントへ大移動~~~~
の途中に2箇所ほど念のため探ってみたが、やっぱり居ない。

そしてやって来ました、リミットメイク場。
サイズは望めないが、確実に居るハズ。
時間も15時、、、すでに関東地区ではツ抜けリミット達成してる人も居るとゆーのに(^^;;; 大苦戦。
ここで釣らねば・・・・

曇り空からポツポツと雨が降ってきたけど、それも構わず手持ちのルアーで最もチビさんに有効なミノーを投げると・・・・
キターーーーッ!!!

やっと1匹、、、ここまでが遠かった(苦笑)
f0100885_21174659.jpg

このサイズなら、まだ居るでしょう、と思ったけど、居らん・・・・ナゼ??
フックに掛けるのが至難の業のマイクロ君はたまに追ってくるのですが(少なくとも自分はあのサイズはよう釣らんし)

あちこち探っていると、とあるポイントの対岸付近で突如としてナブラ発生!!
ジョバ!!ジャバ!! と水面が沸き立つ。
これは何のナブラ??
ソーダガツオっぽいナブラではあるが、この場所でソーダガツオは過去一度も見かけた事がない。
メッキか?? セイゴか??
しかし、対岸故に今のタックルでは届かない・・・大回りして対岸に移動する事も可能だが、きっと移動中にナブラも移動してしまうだろう。
なんとかナブラが射程圏内に近づいて来ないか見守ったが、3分もしないうちにナブラ消滅~~~残念。

その後、無反応の時間が過ぎる。
夕マズメに向けて、もう1箇所気になるポイントがあるので、そちらに移動しましたが、なんとポイントが人為的な工事のため消滅しとる・・・orz

急いで先程のポイントに舞い戻る。
時刻は17時・・・・ もうプチバトルは諦めてゼロ申告して早退しよか、と思ったが(^^;;; 誰も先行者は居なかったので、一番有望ポイントだけでも探ってみるか。

何気なくミノーを投げると、、、、居た!! 追ってくる!! 数匹のメッキがチェイス!!

しかし、あの追い方では普通のルアーで喰わすのは難しい・・・・
しょうがない、奥の手の必殺ルアー投入(^^;;;

その必殺ルアーを投入すると、フックに触ってくる感触があるが、ショートバイトでバレる・・・
メッキは追ってるのだがなぁ。
投げてるルアーが去年から酷使してカラーも剥げ剥げ、フックポイントもナマってるかも??と思い、同じルアーのカラー違いの新品投入。
すると、投入直後にグン!! キターーーーッ!!!

さすがは新品ルアー、新品フック。
微かにメッキが触ってくる薄いバイトでも確実に捉えてくれる。

ここから連発。

キャスト。着水。トゥイッチ&トゥイッチ、たまにステイ。するとゴーーーン!!

ってな感じでイイ感じでヒットが続きますが、全てのチェイスやバイトを捉えられる訳ではなく、若干のバラシもある。
なんとか6匹追加して、最初の1匹を含めて7匹ゲット。
ふ~~、と一息入れる。
f0100885_21181083.jpg

さすがに反応が乏しくなってきたので、おチビちゃんだけど確実にメッキが入っているだろうと思われるポイントへ移動してみると、予想通りチビちゃんが入っている(^^)
こちらに入っているチビちゃんは高活性なので、がっつり喰ってくれるのでバラシもなく3匹追加でなんとか終了間際でツ抜け達成。

と同時に夕暮れにより反応が激減。

急いでLINE上に10匹の釣果申請して、プチバトル終了~~~

辛うじて夕方の連発でリミットメイクは出来たのですが。。。
ツ抜けリミットメイクは大勢の人が達成していたので、ぜんぜん上位には食い込めず。
やはりマイクロ君がゼロでは、ダメですね~

まぁそれでも最低限のノルマと自分に課していたツ抜けリミットがギリギリですけど出来たので、これでヨシとします(笑)
[PR]
by sierra-outdoor | 2016-09-17 21:16 | 海の釣り | Trackback | Comments(0)
9/10 メッキ王は誰だ?
この日、メッキ釣りキングは誰だ? という大会?がありまして参加しました。

7月のショゴ釣りバトルと同じくLINE上で釣果を競いあうのですが、ルールが少し変わっていて。

通常、釣り大会は魚のサイズを競うか、もしくは数を競うだけですが。
今回は両方+小さい魚のサイズも競う形式になっていました。

この時期、メッキもシーズン初期なので、比較的サイズは小さいので、いっそのこと、その小さいサイズを釣りあげることもポイントにしよう、という試み。

基本はリミットメイク10匹(サイズ問わずメッキを10匹釣る。1匹1ポイントで上限は10ポイント。11匹釣っても100匹釣っても10ポイント)
数釣りだけでなく、ビッグ枠(23cm以上、上限3ポイント)とマイクロ枠(90mm未満、上限3ポイント)
つまり最大16ポイントマッチで競う訳ですね。




当日、お世話になってるTATさんの車に同乗して現地へ向かいます。
LINE上で行うので地域に制限はありませんので、関東から中部、そして南西諸島まで幅広い地域で一斉に始まります。

やや早めに現地に到着したので、途中でトイレ休憩を兼ねてタックルの準備をしていると、同じ企画に参加のHさんOさん夫妻にもバッタリ会ったり(笑)

まずは型狙いのポイントに向かいます。
到着は朝5時50分。スタートは6時丁度です。
水辺に立ちながら、6時を待ちます・・・・ 待てずに投げてしまってスレさせてもイカンですから。

あと2分・・・あと1分・・・・・6時!!

キャストーーーーぉ!!

さぁ釣るぞ、こいこい・・・・・

シ~~~ン・・・・ 何事もなくルアーは帰ってきます(^^;;
まぁ最初の1投だしね。次で釣れるハズ。





開始後10分経過、、、まったく反応ナシ。
これはマズい??(汗)

それでもTATさんにヒット!!
を、やっぱり居るやん。
右に左にいろいろ探りながら投げます。

かなり経ってから、やっと自分にもヒット!!
これで丸ボーズは無くなった(一安心)
f0100885_14402687.jpg

そしてすぐTATさんに2匹目ヒット!!サスガですねー サイズはビッグ枠にぎりぎり届かない、惜しい。

その後、反応は途絶える・・・
少し離れた場所に入っているHさんOさん夫妻の様子を見に行くと、Hさんがヒット中!!
見るとセイゴらしき群れがいて、その中から時々メッキが反応してくるとか。
しばらく粘ってみましたが、セイゴしか釣れず・・・・

型狙いのポイントはココまで。
次は確実にリミットを狙うために数釣りポイントへ移動。

最初のスポットに行くと数匹のメッキが追ってくる・・・しかし、ぎりぎりで喰わん。

この群れを諦め、少し離れた場所に行くとチビメッキが襲来!!
バレた~~
しかしあの活性ならまだ釣れる。
10cmちょっとのチビメッキですけど貴重なリミットメイク魚ですし。
f0100885_14404673.jpg

ここで3匹ほどゲットしてポイントを稼ぎます。
一番小さいのを念のためメジャーで計ってみますが、あかん、10cmは余裕で超えてる。
こりゃマイクロ枠を釣るのは並大抵ではない。

さらに移動。

ここで確実に釣れるハズですが、、、んんん・・・2週前より魚が少ない・・・
居るには居ますけど、前回より圧倒的に数が少なく喰わんなぁ。

少し離れた場所に居たTATさん、連発でヒットさせてます。
聞くと、なんと早くも9匹目!? もうリミットメイクまで後一歩。

目の前にセイゴの群れが居て、その中からセイゴ交じりでメッキがヒットしてくるそうな。
場所を譲って貰ってミノーを通すと、ワラワラっとセイゴが反応してきて、時々、セイゴよりもスピードの早い魚がチェイスして来る。
このスピードの早い魚がメッキでした。
セイゴ5匹にメッキ1匹くらいの割合で釣れて、なんとか2匹追加。合計6匹。
TATさんはめでたくリミットメイク達成、参加者の中でも一番目。

次のポイントへ移動して、ここで2匹追加で8匹目。
そろそろ各地でツ抜けリミット達成者も出てきていますが、まだ時間もあるし余裕ヨユウ(のハズ)

ここから型狙いで動き回りますが、、、、
メッキの姿が見えない。
たま~~に居るには居るけど、数も少なく喰わせられない。

昼過ぎに、いつもチビメッキが群れる漁港に寄ってみると、想定通りチビメッキの小群アリ。
しかーし、足元のロープやら係留船の影に居て、釣り難いったらありゃしない。
日頃、こんな魚は狙って釣っていないので、悪戦苦闘。
なんとか1匹追加して9匹。。。。ふーー リミットまであと1匹か。
f0100885_1441344.jpg

この時間帯になると、関東方面ではツ抜けリミット達成者続出。
さらにマイクロ枠を上限までゲットしてしまう人も居て、これは厳しい~~

最後、夕方に型狙いポイントで最後の賭けに出ましたが、沈黙 orz
TATさんにビッグ枠に一歩届かないメッキが1匹釣れただけで私はバイトすらナシ。
終了時刻の18時まで粘ってみましたが、そのまま終了~~
残念~~ ツ抜けリミットメイクすら出来ずに惨敗でした(^^;;;

予想では午前中の早い時間帯にリミット揃えて、残りの時間は23Upを探しに行くハズだったのに、リミットメイクに苦労してしまい、TATさんの足を引っ張った結果となってしまいました(^^;;;

最終的には、ツ抜け+マイクロ3+ビッグ1=合計14ポイントを獲得した人が総合優勝~~
TATさん6位、私7位という結果に終わりました。
(ちなみに総参加者は14名)

敗因は、午前中に居たチビメッキ場で、確実にリミットメイク出来なかった事と、夕方の型狙いポイントの選定が誤っていた。
(同じ時刻、少し離れた場所ではそこそこ釣れていた、という情報アリ)

去年の幻影に惑わされましたね。
もう少し狙うポイントの選定を変えないといけなかったカモ。
あとはマイクロ枠の攻略できないと、上位は難しいですね。

次回以降のリベンジを誓って、反省会と称して、ラーメンを食べつつ(笑)
帰路につくのでした。
f0100885_1441505.jpg

[PR]
by sierra-outdoor | 2016-09-10 23:39 | 海の釣り | Trackback | Comments(2)



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism