<   2017年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
04/22 プレッシャーが高い・・・orz
ようやく前回で渓流も本格的にシーズンINの感触を得た。

これからが楽しい季節~~
という事で、この日も出撃です。

と・こ・ろ・が・

ですね。
3月があまりに雨が降らなくて絶不調だったせいもあるのですが、ここ最近やっと釣りが出来るようになったのでしょう、メッチャ人が多いんです(^^;;;
今まで我慢していたのが、ドバッと大解放、ってな具合で。
ま、考える事は皆同じって事ですな。

今まででは一番早い時間帯に現着~~(と言っても朝7時ですが)
想定していた第一ポイントは、タッチの差で先行者に入られた・・・・あかん、次だ。

第二ポイントは、少し離れた対岸に1人、同じ岸のやや離れた上流側に1人、、、ん~~狙いたい場所はとりあえず空いているので入ってみるか。
川辺に立つと、なんと、めっちゃ出来立てホカホカの先行者の足跡・・・・・
同じ岸の上流側の釣り人の足跡だろうか。
もうこの時間にこの場所を釣り探って、あんなに上流まで釣り歩いたのか?? 周囲にはそれらしい車は見当たらないンだけど。

せっかく入ったので、念のため投げると、最初の数投目でカッツーン!!とバイトしてきたが、、、フッキングせず。
二度目はナシ。
この場所を歩いただけで竿は出していない?? とも思ったけど、その後は何も反応なし。

すぐに第三ポイントに急ぐが、、、あかん、車2台も入っとる(^^;;; この場はパスする。

第四ポイントへ、、、その前に入るつもりのなかった超有名ポイントがナゼかガラ空き。ちょっと試しに探るがやはり反応ナシ。

第五ポイントへ、、、ホッ、ここは誰も居ない。
やっと腰を落ち着けて探れる。
この時期にアマゴが居そうな瀬を丹念に探っていくと、、、ピックアップ寸前にバイト!! しかしバレた・・・
同様に瀬を探ると、流芯でゴン!! キターーーッ 今度こそ~~~
ようやくイイ感じのフッキングが決まって、やっと1匹目をゲット。ふ~~。
f0100885_11574853.jpg

この頃からさらに人が増えてきて対岸にも下流側にも釣り人が入って来る。
太陽がどんどん登って、そろそろ難しい時間帯にも差しかかってきた。

最初の第一ポイントに時間差で入ろうと、車を走らせるも、、、朝イチとは違う釣り師が2名入っているのでパス。

第六ポイントに行くと、ココは1名入っているが、大場所だし、下流の端に陣取っているので自分が狙いたい上流端は大丈夫だな、という事で探ってみますが。。。。んんんん・・・一切反応ナシ。

第二ポイントの対岸に念のため入ると、深瀬のボトム狙いで一発、まぁまぁサイズがヒットしたがあえなくバラシ(^^;;


ほぼ全ての有望ポイントに誰かしら釣り師が入っている厳しい状況なので、思い切って第一B級ポイントに行ってみますが、アカン、こっちも先行者が。
次の第二B級ポイントは人はいなかったものの、少し上流で橋脚工事をやっていて、昨年と較べて思いっきり流れが変わっとる。
いつ頃から工事が始まったか判らないけど去年はやってなかった筈なので、川底が荒れているだろうから期待薄だ。
ちょっとだけ探るがやっぱりダメ。

あんまし釣れた事は無いが、第三B級ポイントしか無さそうだなぁと思って行ってみると、なんと2台も車が・・・
マヂか、今までココでバッティングした事ないのに(^^;;;

以前は釣れたが、やはり橋脚工事のためにポイントがほぼ消滅してしまった第四B級ポイントに行ってみると、こんな人気の無い場所なのに対岸に2名・・・・ もう空いてるポイントは存在せんですな。

ここで、釣りは小休止、コゴミ採取。
山菜も川の中と同じく春が遅れ気味でしたが、ようやくコゴミも芽を出し始めて、新たなコゴミ畑も見つけて、コゴミに関しては大漁(笑)

お昼近くになって、第一ポイントに戻ると、、、ようやくこの時間帯になって誰も居ない。
朝からひっきりなしに人が入っている激戦区ではあるが、自分としては一番自信のあるポイントなのでじっくり探ってみよう。
ダウンクロスにアプローチして、岩と岩の間の複雑な流れの中をミノーで通すと、予想通りにゴゴン!!
来た来た、、久しぶりの感触。ようやくこの時間帯になって2匹目だ(^^;;;
f0100885_11575992.jpg

お昼を過ぎて、時間的にもっとも厳しい時間帯、かつ、ほぼ全てのポイントに誰かしら入った後の状況。
夕方まで待てば、また状況は変わる可能性はあるが、劇的に良くなるとも思えん。
ん~~~本流はこれまでかなぁ。
支流の様子を見に行こう・・・・・

昼食休憩の小休止の後、支流へと移動。
支流の最初のポイントではチビアマゴが1チェイス。きっと朝には誰かが釣った後のはずだが、一応、支流は反応があるカナ。。。。。

上流へ走る。

とあるポイントに入り、大淵へアプローチ。
岩盤際にシンキングミノーを沈めて、、、ボトムからトゥイッチで誘うと、、、すぐ後ろをユラ~~~っと大きめの魚の影がチェイス!!
を、ちとデカい!! 尺イワナか??

一投目は喰わなかったので、二投目。
トゥイッチ、トゥイッチ・・・・・ あれれ?? コレで喰わんか・・・・
と思って一瞬テンションを抜いた時に、ギラッ!! アっ、バイトだ!!
と思ってアワセたがタイミング合わず、微かな感触を残してバレた・・・・・
あちゃ~~ しまった、チェイスに気づかなかった。夕暮れが迫っていて、水面下が見えにくいのが難であった。

さすがにイワナと言えども、一度フックに触ってしまうと次は出てこない。
一回り小さい、別のイワナのチェイスはあったが、その後は無反応。

移動です(^^;;;;

夕暮れが迫ってきたので、急いでポイントをチェック。
今まで通過するだけで入った事が無かった場所に偵察を兼ねて入ってみる。
すると、サイズは小さめながら、アマゴが高反応。
f0100885_11582348.jpg

3匹ゲットの3バラシほど。
一番大きいのは20中盤はあったが、これはバレた(^^;;;;

夕方を迎えて、活性が高くなったか??
すぐ近くの、よく似たシチェーションのポイントに入ると、ココでも高反応。
ただ、釣師がよく入る激戦区なので、追ってくるのはオチビさんのみ。バラシを3匹ほど。

この活性の高さなら、あの本流ポイントで大物が出るかも??と考えて移動しましたが、まだ本流ポイントは水位が高く釣り辛い。
濁りも微妙に濁っているし、この水の勢いも強く、まだ時期的に早いかなぁ。

ここで夕暮れ終了~~

結局、朝から夕方までやって、やっと5匹・・・
前回は昼ころからの短時間で7匹釣れたので、朝からならツ抜けラクショーかと思ったが、世の中甘くはないですな。

釣り師がむっちゃ多くなってきて、各ポイントともにプレッシャーが高い。
竿抜け区間を探すのが難しくなってきたが、まぁ、止むを得ない。
次に頑張るとしましょう。


[PR]
by sierra-outdoor | 2017-04-22 23:56 | 渓流釣り | Trackback | Comments(0)
04/16 桜が満開
遅かった本格的な春がやっと訪れた、、と言った趣になってきた今日この頃。

平地では、ほぼ桜は終わったが、山間部はこれから見頃。
そろそろ魚も動き出すハズ。雨も降ったことだし。

しかし、いろいろあって出発が遅れて現着は10時半を過ぎた(^^;;; 朝の時間帯はとっくに終わってる頃合いだが、ま、やってみるべ。

本流沿いを走りながら、車窓から桜を眺める。
現地ではほぼ満開の桜。
名古屋市内だったら、見物客でゴッタ返すであろう、桜並木も見物客は非常に少ない、って言うか皆無(^^;;
ま、川沿いのあちこちに桜並木はあるから分散してるのかね・・・

前回の時までは見かけなかった本流を釣る、釣り師の姿もチラホラ・・・
予想よりは多くはないが。
ただ、絶対にエサ釣り師が陣取っているポイントに姿が見えないのは釣れていないためか?

想定していた最初のポイントは、、、道路から見ても2人ほど入っていたのでスルー。
次のポイントは、、、誰も居ないので入ってみよう。

プールの中央から探る。特に反応ナシ。

ま、いつもこんな感じだな、このポイントは。

少しづつ移動して、端の方へ・・・・・

ダウンクロス気味に投げたミノーが流芯を横切って、弛みで一瞬ステイした時にグン!!!
を、早速、来たじゃん!!
f0100885_22534175.jpg

23cmほどのアマゴ。
この時期は成魚は、ほぼ釣り切られていなくなるので、釣れるのは天然モノ。
最初の入渓ポイントで釣れたのは幸先が良い。もう真っ昼間の時間帯なんだけどな。

対岸にがっちりと全身黒ずくめのウェアで決めたグループのエサ釣り師が何人か入ってくる。
来週の大会の下見だろう。

邪魔にならないようにキャストをしていくと、またヒット。
さきほどより一回り小さめ、17~18cm。
f0100885_22534852.jpg


写真撮ってリリースして同じポイントにもう1回、キャスト。またヒット!!
朝にはきっとこのポイントにも誰かが入っていただろうから、竿抜けのピンスポットだったのかな?

その少し下でもヒット。
調子イイじゃーーん。

一通り探ったので車に戻る。

次のポイントへ移動・・・・ っと思ったら一足先に釣り師の車と思われる車が一本道を入っていく。。。タッチの差でアウト(^^;;
仕方ない、さらに次へ。

ここはもう1カ月先から良くなるポイントだが、とりあえず偵察。
アップクロスに投げて、トゥイッチ&ポーズを繰り返すと、ギランッ!! 出たッ・・・・ しかしフックアップせず。
今のはちとデカかったぞ(とは言っても25を少し越えるぐらいか)
当然、二度目は無い。

この時点で正午を回ったので、ちょいと昼食休憩・・・・
フェーン現象かも知れないが、正午過ぎにめっちゃ暑くなってきた。先日まで寒くて仕方なかったのに。
道路の横の気温計が25度を示しているし・・・(苦笑)

昼食の後、釣り再開。
この場所は初めて入る場所だが、いつも釣り人は多いので敬遠していた場所。
流れ的には悪くないが、、時間的に13時過ぎ、ドピーカン天気だし果たして釣れるか??
と思っていたら、呆気なく釣れた(笑)
ダウンクロスで流芯を横切った瞬間にココン!!
サイズは、まぁあれだが、こんな真っ昼間の時間帯、釣れてくれる事に感謝。
f0100885_22535596.jpg

続けてもう1匹、、、、意外と釣れるのか?? サイズは相変わらずチビだけど。

帰る方向に移動しつつ、チョイチョイと探って行くが、午後の時間帯はやはり難しい。
午後に入ろうとしていたポイントは、地元の人が駐車スペースを使っていて断念。
その近くのポイントに入ってみたが無反応。

さらに次のポイントに入る。
この場所は水位が高い時の方が良いのだが、とりあえず様子見で入ってみる。
風が強めに吹いてきて投げ辛い。PEラインはこんなとき、扱い辛いな。
流芯の向こう側にキャストして、軽くトゥイッチして誘う。
しばらくして、流芯の手前側までミノーが来た時、後ろをチェイスする魚影!!
ここで小さめのトゥッチ。喰った!!

少し前にヤフオクで入手した新しいベイトロッド(カーディフAX 64)にも入魂完了(^^)
f0100885_22535933.jpg

陽が傾いてきたので、帰る方向に移動しつつ、瀬の中ならまだ釣れるかも、、、と思い各ポイントを回るが、ココぞというポイントに先行者アリ。
考える事は皆同じだ。

最後に入ろうと思っていたポイントへ・・・・行ってみたが、あちゃ~~やっぱり先行者が。
やむを得ん、もっと上流のポイントに行ってみるとここには誰も居ない。
夕暮れ迫る中、ココで釣れないと困るナ~的な鉄板ポイントを探っていると、ゴゴン!! をぉ、狙い通りに出た出た・・・と喜んでいたら足元であえなくバラシ。

この1匹を最後に反応が途絶え、夕暮れも迫ってきたので終わりとしました。

ようやく本流も目覚めたようで、この日は開始時刻が遅かった割には、予想より釣れて釣果は7匹。
サイズは大半がレギュラーサイズのオチビさんだけど、数的は悪くない。
最初のポイントでの釣れ具合で、ツ抜けも出来るか!?と思ったけど、ちょっとそれは甘かった(^^;;;

本流はあまり混雑してなかったのは、きっと支流に釣り師が集中していたからだろうか。
次週に開催される大会の参加者の下見釣行なのだろう、ウェアをばっちり決めた釣り師がココゾ!!という場所に陣取っていたのは例年通り。
サイズ問わずなら釣れるようになった。後は良型がどこに潜んでいるのか。これが肝心(笑)


[PR]
by sierra-outdoor | 2017-04-16 22:50 | 渓流釣り | Trackback | Comments(0)
04/10 やっと雨が降ったが・・・・
3月は例年になく低温+渇水。
雪が遅くまで降り続いて、ずーっと川は冬枯れ状態。

先日、ようやくまとまった春の雨が降った。
川も増水。

このタイミングで有給休暇を取って、月曜日に出撃。
月曜休みのアイちゃんに連絡を取ると、同じく出撃するとのこと。
現地で待ち合わせることにしました。

さてさて、雨が降ったので河川の水位も回復しているだろうとの見込みで、ちょっと早めに朝6時過ぎに出動。

目当てのポイントに到着して、川に降りてみると。。。。を~~水の勢いが強くなってる。
これは良さそうだ。。。しかし、ちょっと水が強すぎるか??

前回、魚の反応のあったポイントを探る・・・ん~~反応ナシか。
それでは、と少し移動。ココはどうだ。・・・一度、ショートバイトがあったがフックアップしない。
まだ寒々としており魚の活性がよろしく無さそう。

ちょっと川を変えてみる。
こちらの川は雪代の影響が強い。
目当てのポイントは先行者アリ。今後のこともあり、その先の区間を探ってみよう。

初めて入ったその区間は、岩がゴロゴロと川底に沈んでおり、ヨサゲな流れだが・・・・
如何せん、今の時期に魚が付いているとは思えない。念のため探るもやっぱり居ない。
大きめの淵をアップクロスで狙うと・・・・ショートバイト!!
ギラギラッと光ったが、フックアップせずに終わり・・・・
やはり活性が低いなあ。
ただ、あと1カ月したら面白そうな場所ではある。

アイちゃんが近くまで来たので合流~
早速、アイちゃんの案内でポイント巡り。
なんでも、前日に大イワナ祭りが開催されていたようで、大イワナ狙いで川に入ります。
f0100885_21330732.jpg

最初のポイントも、ヨサゲな場所だが、かなり新しい足跡があり激戦区の模様。
雪代の濁りが、イワナには丁度良さそうなんだけど・・・・ ん~~~反応が無いですね。
私に反応が無いのはともかく、アイちゃんにも反応が無いのは、こりゃ魚居ませんね(居ると思うが喰わない)
流れ的には良い場所だけど、まだ水温の低いこの時期にはポイントが少ない。
この区間では一度だけ20cmくらいのイワナらしき魚のヤル気の無いチェイスが一回あったのみ。

もう一カ所、探りを入れてみますが、やはり反応がない。
チビイワナくらい釣れても良さそうなのに・・・・

ここで相談。
支流(谷)に入れば、サイズはともかく釣れるだろう、でも、それじゃつまんないよね。
という事で、支流には入らず、本流で通します。

次のポイントに入って、しばらく釣っているうちにライントラブルでしばし釣り中断・・・・
と、そういう時に限って、アイちゃんに久しぶりのアタリ!!
残念ながらバラシ。。。。まぁまぁ良さそうなサイズだったので悔しそう。
その直後に、22cmぐらいのなかなかグッドなコンディションのアマゴをゲット!!
イワナ狙いなのにアマゴが釣れた・・・・

これに触発されて自分もライントラブルから復帰、強めの流れの中ではあるがミノーを撃っていく。
すると、とある淵の岩影から24~25クラスのなかなか良い型のアマゴが猛チェイス!!
足元まで果敢に追ってきたが・・・・気付くのに一瞬遅かった。喰わせる間が取れないままUターン・・・
フックに触っていないので、二度目があるか・・と思ったが、やはりアマゴは手強い、二度目は無かった(^^;;

夕方近くになってイワナではなく、アマゴの活性が上がってきた??
アイちゃんと相談して、下流部へ。この時期にアマゴが活性が上がる瀬のポイントに移動。
流れ的には良い場所だが、ちょっと水の勢いが強い。
瀬の弛み、ちょっとした深い場所などを二人で探るも、やはり反応ナシ。
この日は瀬には魚が入っていないネェ(^^;;;

最後、もう1箇所探って終わりにする事になり、最後のポイントへ移動。
大岩と淵、瀬が交互に織りなす深めのポイント。
この場所なら確実に魚は居ると思われるが、果たして反応してくるか・・・

やや暗くなりつつあるので、手短に各ポイントを撃っていく。
岩が川底に沈む深めの瀬をダウンクロスでアプローチすると、ゴン!! キタッーーーー!!
サイズは小さ目(17~18cmか?)ですが、なんとかボーズ回避の1匹(苦笑)
f0100885_21331816.jpg

この後、すぐに暗くなってジ・エンド。

雨が降った後だったので、期待大でしたが、どうも狙う場所が間違っていたようで・・・

今年は2週間ぐらい川の中の季節の進み具合が遅い感じであるが、この後はどうなるだろう。
もうそろそろ瀬を中心にした釣りになってほしいものです。


[PR]
by sierra-outdoor | 2017-04-10 21:34 | 渓流釣り | Trackback | Comments(0)
最近は・・・・
4月になり、遅かった桜もやっと見頃を迎えた今日この頃です。

3/25と4/1に、お昼時の短時間釣行でホーム河川を偵察してみましたが、とにかく渇水が酷くて川の中がコケで真っ黒状態。
ほとんど釣れませんね(^^;;;

両日ともに丸ボーズ・・・・
いやいや、1匹だけ釣れたか(苦笑)

f0100885_12033054.jpg


4/1の釣行の時は、それでも、3チェイスの1バイト。フッキングしなかったですが魚の反応皆無では無かったので、ちょっとだけ上向き??

つい先日に、ようやく待望の雨が降ったので、これから釣れ出してくれると嬉しいナ、と言った所です。



さて、今年はベイトフィネスタックルを拡充すべく、まずはロッドをヤフオクで入手。

f0100885_12061338.jpg

今までは、5.4フィートの短めのベイト・トラウトロッドでしたが、いかんせん本流では短すぎ。
しかし、トラウト用ベイトロッドって、支流源流用の4~5フィートちょっとのロッドは、選択肢多いのですが、6フィート台のロッドは非常に少ない。
7フィート以上の大本流用なら、少し選択肢あるのですが・・・・

シマノのエリア用ロッドですけど、写真のカーディフAXは6.4フィート。
実物を確かめずに、エイヤ!!でポチりましたが、実物がやってきて、エリアロッドとしてはかなりバットが強く、大物相手のロッドなのか。
ティップはそれなりに柔らかめですが、そう気になるレベルでもない。
どのみち、ネイティブ用ロッドでは、スペックが同じロッドは現時点で皆無なので、当面このロッドを使ってみよう。

さらに、今年は、海でもベイトフィネスを導入するべく、リールも1台追加予定。
(現在使ってるSS エアは淡水専用モデルなので)

ジグのリフト&フォールとか、同じリズム同じスピードでリトリーブする釣りには、間違いなくベイトの方が使い易い、と思っておりまする(笑)

ソルトで使うとなると、64では状況によっては短くて、7フィート中盤のロッドが欲しくなる・・・・・

[PR]
by sierra-outdoor | 2017-04-09 12:16 | その他の釣り | Trackback | Comments(0)



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism