<   2017年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
07/08~07/11 奄美遠征2017 その3(最終回)
07/10 3日目

この日は、今まで探っていないエリアを探ろう、という事になり、朝から車を違うエリアへと走らせます。

最初のポイント・・・・とある漁港。
そこそこの規模の川が流れ込んでいて、ヨサゲなんですが。。。。どうも雰囲気ゼロ。
意外と地形変化が無い・・・ベイトの気配も無いし。
Commyさんが1匹、コトヒキをヒットさせたのみ。

移動です。

その次のポイントは外洋に面した小規模漁港。
ここも魚ッ気ナシなので、即移動。

次のポイントは、小さな川が流れ込むシャロー場。

チヌが居そうな川の深み、対岸テトラ際にトップを投げたCommyさんに一発でヒット!!
活性の高いチヌが居たのかな。。。。と思ったら、なんとミキユー(オオクチユゴイ)
ミキユーがヒットするとは。。こんな時に限ってミキユー命のTATさん、この場に不在という不運(^^;;;

f0100885_21454536.jpg

自分は浅い河口の少し深い場所を探ると、チビコトヒキをゲット。

海側を探りますが、、、広大なシャロー。。。。。たま~に何かチビな魚がルアーに反応しますが、チビコトヒキかな。
チヌらしき魚のテーリングもちらほら見えますけど、逆風でルアーが飛ばないし、警戒心が強くて射程圏内に近づけない(近づくと逃げる)

河口からサーフへ、そして漁港へと歩いて探るも、漁港内にヤル気ナシのメッキが1匹、2匹居たのみ。
ちょっとココで時間を浪費してしまい、そろそろお昼時。

鶏飯の有名店に急ぐと、なんとか満席のちょっと前に入れた(^^)
こちらの鶏飯の方が、個人的には好きかな。
店がやや小規模なので混むと待たされるのが難点か(我々が店を出る頃には、どーんと待ち行列が並んでました)

さて。

ちょうど大潮干潮なので、今までと同様のポイントに行ってもダメっぽいから、これまで釣っていなかった、リーフエッジを攻めてみましょうか。

個人的には、慶良間や八重山方面で何度かリーフエッジは攻めた事はあるものの、時間と労力がかかる割には、あまり大した結果が得られない事が多くて、時間が限られる遠征釣行では、ちょっと敬遠気味でしたが(^^;;

ポイントに到着すると、目論見通りにリーフエッジまで干上がっています。
釣りが出来る時間が短いが、やってみましょう。

少し強めのタックルに交換して、リーフエッジまで歩きます。

珊瑚のスリットなどが切れ込んでいて、波がリーフエッジを洗っている場所めがけてとりあえずキャストゥ~

綺麗な海、エエですな~~ まさしく南洋フィッシング。
f0100885_21451965.jpg

しばらく釣り歩くと、、、ミノーの後ろを鮮やかなブルーをまとった尺前後のカスミがチェイス!!
しかし、ミノーが大きめ(AR-Cアサシン99)だったためか、喰わず・・・・

近くに居たCommyさんにその旨を伝えると、すぐにCommyさんにヒット!!
しかーーし、ヒットと同時に珊瑚根に潜られてラインブレイク。。。残念。

そうこうしてるうちに、少し離れた場所で釣っていたTATさんになにやらヒットした模様・・・
写真撮ってるので、そこそこの魚らしい。
(ちなみに30cm半ばのなかなかグッドなカスミだった)

おやおや、なんだかいつものリーフエッジより活性高いジャン、、、なんて思っていたら。

沖目に投げて、ファーストリトリーブしてきたミノーに突然に・・・・
一瞬、ミノーの近辺で銀鱗が閃いた・・・・ と次の瞬間に・・・・

ドッカーーーン!!

キターーーッ、デカいのが来たーーーー

ギュギュギュイ~~~~~~~ン、、、、ジジジジ~~~~~~~~

セルテートのドラグが鳴りッ放しで、止まりません。
魚は怒濤のパワーで一目散に珊瑚のスリットの奥へと走っていく・・・・

すぐ近くに居たCommyさんにヒットした事を伝えて、なんとか態勢を整えようとするものの、とにかく走りが止まらん。
ロッドはレイズ75MLでしたが、もうバットから曲がってしまい、ロッドの役目を果たしていない(^^;;;

止まってぇぇ~~ と祈るものの、一度も減速する事なく、、ジジジーーーーーーーーっとドラグが泣き続けてラインは目の前の珊瑚スリットの奥へ一直線に刺さっております。。。

なんとかこちらに主導権を・・・と思うも、どうにもならないまま、なすがままに走られ、一瞬、ラインが珊瑚に擦れた感触が伝わった後に

プチン・・・・・・・

呆気なくラインブレイク(;_;)

あちゃーーー、ちょっと今の魚はこのタックルではデカ過ぎたか。
ヒットした瞬間、見えたのは、多分、60~70クラスのカスミか????

リーフエッジは、釣れればデカいので、今回持ってきていたタックルではランディングが難しいだろうなと、予測していたけど、まぁそんな大物がヒットせんやろ、釣れても尺前後のカスミかミーバイだろう?? などと呑気に構えていたら、この体たらく。
ちょっと甘く見ておりました(^^;;;

ラインシステムを組み直しているうちに、近くに居たCommyさんヒット!!
を、を、いい感じでロッドが曲がっています。
Commyさんにも30半ばのグッドなカスミが釣れた。

f0100885_21451329.jpg

この頃から、段々上げ潮が効きだしてきて、足元を波が洗うようになってきた。
もう危ない、リーフエッジの釣りはお終いです。

TATさんにも、相当デカいのがヒットしたらしいですが、やっぱりラインブレイクとか・・・・
やはり、リーフエッジは、出ればデカイ。しかし、あの珊瑚のスリットだらけのロケーションでは獲るのが難しい。

我々がこのポイントに到着した時に、運良くカスミの群れが入っていたらしく、3人ともカスミのファイトを味わえたのは幸運でした。
ただ、やはり、リーフエッジではヒットする回数は少ないものの、出ればデカいので、それ相応の強力なタックルで挑まないと、瞬殺されてしまいますな(^^;;;

今回のバラしたのは、陸からのトレバリーでは過去最大のサイズだったと思うので、ちょっと残念でしたが、今回用意したタックルでは到底、太刀打ちできそうもない。
あのサイズと対峙するには、PE3号、リーダー60LBは必要だと思われる。

それでも、TATさんとCommyさんに良型カスミが釣れたので、行ってみた甲斐がありました。

潮が満ちてきたリーフエッジを後にして、夕方に向けて昨日のポイントへ移動。

ここでレギュラーサイズの25~6cmのカスミがヒット。
f0100885_21450841.jpg

しかし、どうも魚の気配が薄くて、ベイトも薄い感触・・・
根魚はポチポチ釣れてくれましたが。

少し移動して、初日に釣れた場所にメッキが回ってきていないか探るも、この日は回遊なし・・・
やや離れた場所で釣っていたTATさんに、これまた一発、なかなかのサイズがヒットした模様ですが、生憎タックルが少しライトな組み合わせでヒットしてしまったらしく、いいように走られてラインブレイクしちゃったとの事(残念~)

夕暮れ時も、特にチャンスもなく終了~~~

夜間の巨ギンガメを狙って、ナイトの港にも行ってみましたが、魚ッ気ナシ、ノーバイトで終わりました。



07/11 4日目

この日は最終日。
お昼前にはレンタカーを返却し、空港に向かわねばなりません。

ホテルから比較的近い、初日に入ったポイントへ。

去年4月の時は、けっこういつも反応のあったポイントなんですが、どうも今回は魚が薄い。

あちこち釣り歩いて・・・・ダツは反応があるのですが。
TATさんが単発でカスミを釣ったりしましたが、群れが居ない。

小さな防波堤とカケアガリが重なるポイントでボトムから探ると、、、ゴッツーン!!来たッ!!

ライトなタックルでは、けっこう曲がってくれて、サイズは悪くなさそう・・・・

ヒットしたメッキの後ろには同クラスの魚が10匹ちょっと追いすがる。

バラさないように、抜き上げると、尺上のオニヒラアジだ!!

f0100885_21445636.jpg

思ったよりサイズは良くて、37cmなり。

同クラスの魚が10数匹は居たので、あの群れを大事に釣って行きたいが、、、移動速度が早くて、すぐに見失う。
一度、TATさんが同じ群れを捉えたものの、喰わせられず。
ベイトが居ないので、群れが止まってくれないので、連続で釣るのが難しいです。

釣りに許される時間も残り少なくなってきて、次のポイントへ。

小河川が流れ込む小さな港。。。漁港と言うより、非難港??


f0100885_21445027.jpg

雰囲気は良かったのですが、反応はダツのみ。

地元なら絶対にメッキが居るハズなのですが、、、南洋はいまいちポイントの絞り方が難しいですね。

このポイントで時間切れ。
ホテルに舞い戻って、チェックアウト。
途中、お土産を買いつつ、レンタカーを返却して、空港へ。
そしてテイクオフ。
f0100885_21444322.jpg

無事に伊丹空港まで戻ってきて、新幹線にて帰宅しました。
f0100885_21443117.jpg


足かけ4日間の釣行。
陸っぱりのみで挑んだ奄美遠征。
去年4月に単独で渡り様子を掴んで、同じく去年6月にTATさんが爆釣させてましたので、今回は気合十分、準備に1年以上かけて挑みました。

釣れた最大サイズは、まぁまぁのギンガメを釣る事が出来ましたが、もう少し沢山40オーバーが(皆に)釣れるハズだったのですが(^^;;
3日目のリーフエッジで掛けた、あの魚を獲れていれば、今回の状況としては自分的には満点でしたが、世の中甘くはないですね。

今回の経験を活かしつつ、次回以降のチャレンジへと繋げて行きたいと思っておりまする。

f0100885_21452519.jpg

[PR]
by sierra-outdoor | 2017-07-10 23:42 | 海の釣り | Trackback | Comments(2)
07/08~07/11 奄美遠征2017 その2
07/09 2日目
7月の夜明けは早いです。
朝4時すぎに起床。
5時前には出発して、まずは昨日釣れた本命2へ直行。

昨日の昼間の干潮時に釣れたくらいなので、朝マズメの満潮に行けばバコバコだろう、との目論見でしたが、メッキの姿ナシ。
少し離れた場所に移動して、こちらはチラホラと手のひらクラスのメッキが居る。
防波堤際を2~3匹単位で回遊して単発ボイルしているので、それを狙ってみるとヒットしたのはカスミアジ。

f0100885_19471509.jpg


どうも昨日からやけにカスミ率が高い。
その代わりに本来なら真っ先に釣れるハズのギンガメやロウニンの群れが見当たらない・・・
TATさんはどうやらメーターサイズの小さめGTを目撃したらしいですが・・・(゜д゜) さすがにそのサイズは釣れません。(我々のタックルではそもそも無理)

次に移動したポイントでは、Commyさんにカスミがヒット。
f0100885_19481401.jpg


そして、びっくり、ショゴ(シオ)が釣れた。
小さな浮桟橋の下から出てきてヒットしたと言う。
南西諸島でもカンパチ(多分、ヒレナガカンパチ)が居るので、当然その幼魚も居るハズだが、実際に確認したのは初めて。

この日は、違うエリアを探索するために車を走らせる。
海沿いを走って行くが、この辺りは植生が亜熱帯である事と海が南洋である事を除けば、雰囲気はまるで越前海岸だ。
f0100885_19490563.jpg


しかし、越前海岸と違うのは生命反応の無さ(^^;;;
2、3箇所の漁港などを探ってみたものの、生命反応が非常に薄い。
たま~にルアーに反応してくる魚はダツ・・・・・

ちょっとこのエリアにはメッキは居ないねぇ、という判断になって、いったん来た道を舞い戻る。

お昼頃になったので昼食休憩した後、地元釣り具屋にて消耗品など買い物ついでに情報収集。

釣り具屋の店主の話しを聞いてみると・・・
狙うエリアは我々の見立てとおよそ大きな違いはなし。
そのエリアの中で、ピンポイントの絞り方が我々とはちょっと違っていた。

ちょうど昼の干潮の時間帯なので、本命1に入ってみよう。

本命1へ移動。
前日の夕方と違って、思いっきり潮が引いている。
引いている分、前に出れるのでシャローからブレイクライン(カケアガリ)にかけての場所は狙いやすい。
ブレイクラインを丁寧に探ると、、、時折25cmクラスのメッキの群れがチェイス。
しかし、真っ昼間という事もあって、なかなか簡単にはバイトしてくれない。
そこで試しに、超ファーストリトリーブ&ジャークでリアクションバイトを誘ってみると、喰った!
またしてもカスミである。

f0100885_19502032.jpg


f0100885_19514761.jpg


これでパターンを掴んで、ポツポツながらカスミまたはオニヒラがヒットしてくる様になった。
サイズは25~26cm程度ではあるが、何も釣れないよりはマシ(^^;;
1匹釣っては10m移動して、また釣っては移動・・・・を繰り返す。
f0100885_19505793.jpg

f0100885_19524646.jpg


f0100885_19531817.jpg


ブレイクライン沿いの深い側を数匹の群れで回遊しているらしく、同じ場所では連続では釣れない。
右に左に、いろいろと足で稼ぎながらの釣り。
まぁメッキ釣りらしいと言えば、そうだけど、昨日夕方みたいな高活性ではないなぁ。

それでもこの場所で10匹と少し、ゲット。
サイズは、最大でも26~27cmなのですがね(^^;;;;

事前情報では、この本命1でドッカーーーンと巨メッキが釣れるハズだったのだが・・・・

レギュラーサイズも釣れなくなり、段々と太陽が傾いてきて、釣り具屋で教えて貰った、あのピンポイントに行ってみますか、という事になった。
小移動して、目指すピンポイントへ・・・・
巨メッキがヒットしても良いように、タックルを1ランク強くする。

車を降りてテクテクと歩いて行くと、、、手前に1隻の漁船が係留されている。
その漁船のすぐ近くに30cmほどのチヌが2匹、3匹ほど。

チヌか・・・・・ と思いながらも念のため、漁船に並行してミノーをキャスト。

漁船の横をミノーが通過しようとした時・・・

突然に漁船の下からさき程見たチヌとは明らかに違う、一回りも二回りも大きな魚が数匹飛び出してきた!!

そして、そのうちの一番大きな魚がミノーを一瞬で奪い取って深みへ消えていく・・・・

次の瞬間にギュギュギュイイ~~~~~~~ンとドラグがけたたましく鳴り出す

来たっ、キタッ!! 巨メッキだ!!

ロッドはサツキマス用のレイズ75ML。
リールは13セルテート2506HにPE1号+20lBリーダー。

レイズがバットから曲がって満月に・・・・

20mほど突進した後に右へ反転。。。そして走り出す。
ただ幸いにも障害物は少ない場所だ。係留船と、そのロープさえかわせれば。
係留船と反対の方向のオープンな場所に誘導して、ここから長期戦。

ヒットしたのはギンガメだ。その後ろに3~4匹、やや小さいサイズのギンガメも付いて回る。

だんだん走る距離が短くなって、息が切れてきた様だ。
さて、どうやってランディングするか。

足場は垂直護岸の上なので水面まで3mほどの高低差がある。ネットは無い。
右の方向、30m横にに降りられそうな場所があるので、そこまで抵抗するギンガメをゆっくり引っ張っていって水辺に降りる。
かなりグロッキー状態になっているとは言え、サイズがサイズなので簡単には大人しくなってくれない。

f0100885_19460689.jpg




足元で何度か暴れた後、ボガグリップがギンガメの下顎を捉えて、ランディング成功!!

ふぅ~~~ なんとか獲ったぞ。
f0100885_19442677.jpg


サイズ計測、62cmナリ。

ショアからのトレバリーでは自己記録更新。
ただ、ギンガメだった故に、サイズの割にファイトはイマイチだったかな。特に走りが。
過去に釣ってきた50cmサイズのロウニン、カスミにはちと及ばん気がする。
(まァあの頃とはタックルもかなり違っているので、単純な比較は出来ないけど)

f0100885_19540426.jpg


使用したルアーだけはあの頃と変わらず、DUOタイドミノーCD 75。
もう10年以上前のミノーだけど、巨メッキには非常に良く効くルアーで、私は今まで巨メッキは殆どこのミノーで獲ってます。

写真撮影して、ややグロッキー状態になったギンガメを時間かけて蘇生させてリリース。

先行して目指すポイントにてキャストを続けるTATさんCommyさんを追いかけます。

3人で並んでキャスト~~
ここは遠投ポイント。

Commyさんにヒット!! 28cmカスミ。
TATさんにもヒット!! 29cmカスミ。

f0100885_19544878.jpg


f0100885_19553128.jpg


本土だったら、トロフィーサイズであるが、ここは奄美・・・ もっと大きなサイズが欲しい。

ベイトもナブラを作っている・・・・あれに巨メッキが付いているのかも・・・
しかし、ナブラはなかなか射程圏内には入ってくれない。
足元には時折、10数匹のグルクマが群れを作って、大きな口をあんぐりと空けて泳ぎ回っているが・・・

25cm~30cm弱のカスミ、オニヒラがぽつりポツリとは釣れるが、結局大型サイズはヒットせず。

日没が迫る中、ホテルに戻る方向に移動しつつ、最後、ちょっと気になったポイントを1つ2つ叩いてみると、ポツポツと反応がある。
とあるシャローとカケアガリが隣接するポイントで群れ発見!!
ここで自分とCommyさんが何匹か、カスミ&オニヒラをゲット。
TATさんも少し離れた場所で1匹ゲット。
f0100885_19561314.jpg


夕暮れ間近で活性が上がったようだが、しかし、特筆サイズの姿はなく、そのまま日没終了~~

昨年の同時期に較べると低調ではあるが、とりあえず60オーバーが釣れた。
翌日以降に期待する事にして、ホテルへと戻ります。



[PR]
by sierra-outdoor | 2017-07-09 23:49 | 海の釣り | Trackback | Comments(2)
07/08~07/11 奄美遠征2017 その1
昨年の2016年4月に単独で奄美遠征を行って、ショアからメッキを狙うフィールドとしては奄美は有望な場所だという感触を得て、その2~3カ月後、釣友のTATさんも単独で遠征して、見事な爆裂釣果を叩き出しました。
それを踏まえて、今回の2017遠征を計画。
TATさん、Commyさん、そして私の3名で行くことになりました。


07/08

昨年と同じく伊丹空港まで当日の始発の新幹線で移動。
予定通りに到着し、TATさんと合流。Commyさんは空路で伊丹入りして合流。

09:30に奄美へと出発~~~~

空路は1時間ちょっと。ボケーっとしてる間に奄美に到着。
当日は梅雨前線が本州にかかっていて、伊丹を出発してすぐに梅雨前線の雲で外は真っ白。
ですが、奄美に近づいたあたりで雲が切れて、南西諸島特有の青い海が見えてきました。

予定通りに奄美に到着し、レンタカーを借りてレッツゴー(^^)

釣り場に行く前に、、、ちょうど昼ころなので、初奄美のCommyさんの希望もあり、奄美名物「鶏飯」を食します。
f0100885_10214293.jpg

美味しい鶏飯でお腹を満たした後は、最寄りの釣り場へ・・・・

ここは昨年4月の時に最も魚影の濃かった場所ですが、季節も違うし今は真っ昼間。
果たしてどうだろう・・・
f0100885_10224099.jpg

想像通りに反応があるのはダツのみ。
地元女子中学生の団体さんがキャーキャー言いながら、ジャージ姿のまま海に入って遊んでいたのが印象的でした(笑)

幾つかのポイントを偵察しつつ、まずは本命2に入ります。
ここで、メッキの反応あり。しかし、単独メッキだったためチェイスのみでバイトには至らず。

少し離れた場所で釣っていたCommyさんは尺上のロウニンメッキを含めて初奄美フィッシュをゲット!!

次に移動した先では、チヌ爆釣~~
干潮から上げ潮、ド浅いシャローにチヌの群れが入っていて、Commyさんバコバコ釣ってます。
TATさんもチヌを釣りあげます。
私は、今年導入したメッキ専用ロッド、新ベイライナーMK702Lを持って来ていて、入魂はやはりメッキ竿なのでメッキでないと~~と思いながらメッキを探しますけど、、メッキの姿ナシ。
Commyさん、TATさんの釣ってるポイントの近くの流れ込みを探ると、、ギラギラとチェイスする魚影・・・
ガツン!!とヒットしましたが。。。。あぁやっぱしチヌちゃん(でも今回遠征の初魚)
f0100885_10232851.jpg

非常にチヌが濃くて活性の高い良いポイントでしたが、チヌばかりなのでメッキを求めて移動します。

夕方が近づいてきたので、本命1に到着。
潮は満ち満ちており、足元まで水位はタップリ。
護岸の上から投げていたCommyさん、早速ヒットォ~~
しかもロッドが満月に曲がっているし!!
早々に巨メッキがヒットしたのか、、、と思ってましたが、チヌでした。けっこうデカイけど(50オーバー?)
活性の高いチヌがシャローに居る模様。

TATさんは腰までウェーディングして沖目を狙っています。

Commyさんと私は様子見で、岸から投げると早速チェイス!! をぉ、やっと活性の高いメッキ群発見。
サイズは25cmを少し超える程度ですが、とりあえず狙いのメッキだ。

遠投してジャークしてくると、ゴツーーン!! よーーーし、来た来た。
今遠征最初のトレバリーはカスミアジでした。
f0100885_10241843.jpg

どうやらカスミ、ロウニン、オニヒラの混成群のようです。
連続して25cmクラスのカスミが釣れたかと思うと、次は同じサイズのオニヒラ。
少し離れた場所ではCommyさんが尺上のロウニンをゲット!!
ぼちぼちイイ感じで釣れていますが、サイズが25~30cmなので、狙いのサイズではない。

f0100885_10253118.jpg



巨メッキ対応で、ちょっと強めのロッド(サツキマス用のレイズ75ML)だったのですが、もう少しライトなタックルの方が釣り易いな、という事で一旦車に戻って、ベイライナーMK702へチェンジ。

ベイライナーの方がやはり25クラスは楽しいねぇ、、、と思いながら釣っていると・・・・
f0100885_10271163.jpg

Dコン50をピックアップする寸前に、足元近く、横から突然に今までにない大きなメッキが猛アタック!!
一瞬、Dコンをストップさせると、躊躇せずにバイト!!
そして深みに消えて行く・・・と同時にフッキング!!

次の瞬間に、ジジジ~~~~~・・・・・・ とけたたましく鳴るドラグ。
20mほどダッシュされた後に右に左へと走る・・・・ 今までの中では最大サイズだ。
少し離れた係留された船の下に潜り込もうとするメッキをなんとか耐えて船の下に潜り込むのを阻止。
足元で右に左にと走ったそのメッキはだんだん足元で円を描いてきた・・・

ちょっとデカいよぉぉ、これ。
ヒットした瞬間は30後半クラスかと思ったが、足元で円を描いて抵抗しているのは40超えていそうだ。
タックルはベイライナー702にPE06+2号リーダー。
ちょっとこのサイズがヒットするとは思わなかったので、慎重に慎重に・・・・

足元まで寄せたが、さずがにこのサイズは抜き上げられない・・・(^^;;;;
護岸なのでズリ上げることも出来ない。
ネットは無いし、巨メッキ用のボガグリップは車の中(^^;;;;
バッグに常備しているのは、オサムズ・ファクトリーのリトルフィッシュホルダーのみ。
TATさんもCommyさんも遠く離れた場所で釣っているし・・・

幸い、近くに水辺に降りる階段があるのでそこまで魚を誘導。
ラインを掴んで階段の水面近くの段差になんとかひきずり上げてランディング成功~~

メジャーで計ってみると、予想より大きめ、47cmのギンガメだ。
f0100885_10275077.jpg


ふぅ~~~ よくぞ耐えてくれました、ベイライナー702とPE06のラインシステム。
リーダーは細かい擦り傷が入っていて、ギリギリだった。

ファイトしているのを見ていたのだろう、近所のおじさんが様子を見に来た。

「をぉデカいな、これ。早く持って帰って食え」と仰る。

「今日は魚を持って帰る準備してないんですよ」 (元々、キープする気もなかったし)
「もし、良かったら差し上げますけど・・・」

「を、そうかね、悪いねぇ。有り難く刺身にするよ」とおじさんホクホク顔で持って帰りました(^^;;;

きっと、メッキを狙うアングラーは全てキープする訳ではなく、我々みたいにリリースする人も多いだろう。
話しかければ、魚を貰える事もあるだろう。
それを知ってて近所のおじさんは様子を見に来たんだなぁ。

この1匹で群れが移動したのか、チェイスが減ってきて、たまにチェイスするも1~2匹でバイトしなくなった。
本命1ポイントではCommyさんは群れを上手く捉えて数は一番釣っていた。
TATさんは大物狙いで沖目のブレイクラインを狙ったけど、残念ながら不発。

夕暮れ前、他にポイントがないか偵察して、とある小さな漁港の際でベイトが盛んにライズしている場所を発見。
ここで、Commyさんに一発、デカめのヒットがありましたが、あえなくラインブレイク・・・
私が1匹だけレギュラーサイズをヒットさせたが、日没で終了~~

ホテルにチェックインして、近くの居酒屋に繰り出し、翌日に備えて就寝・・・・


[PR]
by sierra-outdoor | 2017-07-08 23:14 | 海の釣り | Trackback | Comments(2)
テンリュウというメーカーってスゴイ
少し前に、釣行の際に不注意でティップを折ってしまった。

ロッドはテンリュウ シエリー CR70L
f0100885_23180178.jpg

もう既に生産中止の廃盤シリーズだが、自分としてはメモリアルな魚を何匹も導いてくれた愛竿。

なんとか復活させたい・・・・ が、もうパーツもメーカーにも無さそう。

念のため、近くのショップからメーカーへ修理依頼を出してみると、、、返ってきた返事は。。。。

「すでにパーツの在庫は無いが、3~4週間の時間を見てくれれば、ティップのパーツを製作して、調整します」

との事。

なんと、すでに生産中止でパーツの在庫もないけど、あらためてティップのパーツだけ製作してくれるの??
ちょっとビックリですが、折角なのでお願いして、結果2週間ちょっとで出来上がった。

f0100885_23214738.jpg


これで再びこのロッドを使える事になったのは、とても有り難い。

きっと、ブランクを焼くためのマンドレルは残してあったのだろうな・・・
とは言え、たった1個のパーツを製作するためだけに、あらためてブランクを焼くのも手間がかかるだろう。

それをやってくれるテンリュウのクラフトマンシップ精神に感謝。
ブランクから自社製作してるメーカーならでは、という事かな。

元々、トラウトロッドに関してはテンリュウの比率が高かったのですが(現在でシエリーが2本、レイズが1本所有)
今後もますますこのメーカーのロッドが増えそうな予感です。

ちなみに今回の修理は税込みでおよそ25Kほど。
これを高いと見るか、安いと見るかは人それぞれです。


[PR]
by sierra-outdoor | 2017-07-01 23:27 | その他の釣り | Trackback | Comments(2)



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism