03/19 超久しぶりの芦ノ湖
3連休中日。
前日の秩父釣行で疲れたとは言え、そこは釣りバカ、釣りのためならエンヤコラ。
多少の睡眠の後に朝4時台の始発電車で向かいます(笑)

行き先は芦ノ湖。

超久しぶりです。
以前は現地に釣り仲間が居た事もあり、芦ノ湖に春と秋にけっこう通ったのですが、最近はトンとご無沙汰。
それでも何となく現地事情は判っている??ので、何とかなるでしょう。

東海道線に揺られながら朝日が登ってくるのを眺めつつ、小田原着。
ココから箱根登山バスで箱根を登って、朝7時半ころに到着~
(始発電車でも、この時間に現着が精一杯)

標高の高い芦ノ湖なのですが、当日は快晴、それほど寒くもなく、バス停を降りて湖畔を歩く。
既に陸ッパリで釣ってる人たちもチラホラいらっしゃる。
ただ、確実に釣りたかったので手漕ぎボートを借りることにした。

ボート屋のおばちゃんが「このスプーンが釣れる!!」と超オススメのスプーンを1個購入し、ポイントも聞いていざ出撃。
まァ出撃と言っても、ボート桟橋からせいぜい100~200mの範囲内なんですけどね(^^;;;
以前は仲間とシェアしてエンジン船を借りてましたが、単独でもあるので手漕ぎでお安く楽しみましょう。

風はほぼ無風、天気は快晴。釣り日和というか観光日和ですな(^^;;;;
f0100885_21151609.jpg

放流はされているようだが、かなり深い層を回遊しているらしい。
10mほどの水深の場所にアンカリング。
そこから四方八方に投げる・・・・ アタリ無し。
回遊ルートから外れていると、この釣りは釣れない。魚探があれば、まだ絞り込み易いのだが、魚探もないので周囲をよ~く観察する。

少し沖合のボートの2人連れがヒット!!
を、けっこうデカそうだ。。。。遠目に見てもまぁまぁサイズ(50cmくらいか?)のマスが釣れたよう。
そのすぐ後にもバラシがあったみたい。
あちらが回遊ルートかも・・・・・

少し移動して、やや沖合に再びアンカリング。
またまた四方八方に投げていると・・・・とある方向に投げたスプーンをスローリトリーブしてボート際でピックアップする寸前、後ろから魚がチェイス!!
同じ方向にもう一度キャスト。ボトムまで沈めてユ~ックリとリトリーブしてくると。。。。

コン、ココン!!

来たーーーっ

ロッドのティップに重みが乗ったのを確認してアワセると。ヒットだ。
中層でヒットしたので底へ底へと潜ろうとする魚。
それほど大きくはない・・・・じわじわと寄せてきて、、ネットも持ってきてないのでバレる前にボゴウ抜き!!
f0100885_21144577.jpg

釣れたのは35cmほどのコーホーサーモンかな。
この魚をリリースしていると、周囲のボートでも竿が曲がっている。
これは群れが入ってきたか??

10mほど離れた場所で水面で小さくモジリが出る。
その向こう側に投げると、すぐにヒット。
しかし、アワセがやや早すぎたせいかすぐにバレた・・・・

また少し離れた場所でライズと言うかモジリが出る。
エイ!!と投げて沈めて、スローリトリーブしてくると、、、ゴン!! 来ましたねぇ。
ちょっとサイズダウンだがニジマス。

その30分後にもヒットして同じサイズのニジマス。

爆釣ではないが、ボチボチとヒットが続いてイイ感じですね~~
こりゃツ抜けも難しくないか・・・・と思ったのですが。

朝9時を過ぎた頃から、観光客のお出まし。
スワンボートに乗って、バチャバチャと湖面に漕ぎだして、鬱陶しい(^^;;;
そして、このスワンボートが出だした頃を境に魚からの反応が途絶える。
f0100885_21152245.jpg

昼前まで頑張ってみたものの、朝の1時間ぐらいだけしか魚の反応が無いため、昼食休憩も兼ねて昼過ぎに一旦、上陸。

好天の3連休中日、関東屈指の観光地箱根。
芦ノ湖界隈も大賑わい。
帰りのバスをいつにしよう、、、と思いつつバス停に行くと、、、「本日は道路大混雑のため定刻運行が出来ません」の張り紙。
箱根登山バスの窓口に話しを聞きに行くと、小田原から箱根まで渋滞が酷くてバスがなかなか上がってこれないとの事。
バス停で待って、来たバスに乗るしかないが、出来る限り早めに降りることをオススメします~との事。

コンビニで昼食を買って、湖畔を眺めながら食事をする。
ふと見ると、朝、バス停を下りた近くで陸ッパリをしていたアングラーが、まだ釣りをしている。
話しを聞きに行くと、、なんと朝から既に15匹も釣っていると言う。
マヂですかい(^^;; コッチはボートから釣ってるのに3匹しか釣ってないゾ。
話しによると、前日は放流直後だったので朝イチで30匹くらい釣れたとか。

狙うポイントが間違ってなければ、陸ッパリでも釣れるのね。

これでやる気が出て、ボート桟橋に戻って再度出撃。
多数のボートがひしめくポイントに入って、すぐに1匹、ニジマスが釣れたが、その後、やっぱり沈黙。

16時になって、そろそろボートも終了時刻になったので、いったんボートを返却。

すぐに、さきほどの陸ッパリのアングラーを探したが、もう帰ったのか移動したのか、姿は無かったけど、同じように陸ッパリのアングラーがちらほら居る場所でスプーンを投げる。
すると、コン!!
乗らなかったけどバイトだ!!

続けて投げる。また、小さくバイト。。。。しかし、これは超ショートバイトで乗らない~

でも、魚の反応があればヤル気は出てくる。
続けて投げる投げる。。。。コン、コン。。。。まだまだアワセない。。。。コ・・コ・・グン!!
重目のバイトをスィープ気味にフッキングして、乗った!!

ボートからよりも少しサイズダウンだが25cmくらいのニジマス。
な~~んだ、陸からでも釣れるじゃん(^^;;;
f0100885_21152654.jpg

その後、1匹追加の、2バラシ。バイト数はもう少し多め。
ボートで釣っていた数時間よりも、陸っぱりの1~2時間の方がアタリは多かったという事実(苦笑)

そんなこんなで夕暮れまで芦ノ湖湖畔で粘っていたので、、、当然、帰りのバスは大変。
中途半端に明るいうちよりも夕暮れの方がバスが空いているのではないか、と勝手に思い込んでいたが、考える事は誰もが同じ。
すでにバス停は長蛇の列。

目の前の道路は大混雑で、車もなかなか進まない。
結局、1時間半近くバス停で待った後、小田原駅行きのバスはなかなか来ないので、箱根湯本駅行きのバスに乗る。
ギュウギュウ詰めのバスに乗った後も渋滞でなかなか進まないが、さすがに地元バス会社。
大混雑の箱根新道やターンパイクを尻目に、旧街道を走って、湯本駅までは意外に早く到着。

そこから箱根登山鉄道を経由して小田原駅へ。
そして往路と同じく東海道線で帰ってきたのでありました。

関東圏の観光地は、まぁ混雑がスゴイですな。
車を使わず、公共交通機関だけの釣行も、荷物の量や時間的な制約があって大変なのもよく判りました。
そんな大変な一日でしたが、久しぶりの芦ノ湖、それなりに楽しめた1日でありました。


[PR]
# by sierra-outdoor | 2017-03-19 21:27 | 渓流釣り | Trackback | Comments(0)
03/18 全国制覇・埼玉県編
全国47都道府県でルアーフライで魚を釣る、という全国制覇の個人的野望(笑)

いままで、埼玉県では釣りをする機会すらなかったけど、ちょっとカントーに居る間に埼玉で釣っておこうと思い立つ。

内陸県、かつ東京近郊であるが故に、釣り場の選定が難しい・・・・
しかも、季節は3月。
確実に釣るには、やはり得意?の渓流に行くしか無さそうだ。

埼玉で渓流釣り場、、となると、奥秩父しか無い。
そこで、埼玉の所沢まで電車で行き、そこからレンタカーで秩父入りを目指す。

朝6時すぎに最寄りの駅を出る。関東平野を走る電車に揺られながら、何回か乗り継いで所沢へ。
そこでレンタカーを借りて、秩父を目指しますが、、、当日は天気の良い3連休初日。
すでに道路はゴッタ返しており、何て高速道路か判らないけど、目の前を横切る高速道路は大渋滞・・・・
その渋滞を回避しようとインターを下りる車も多くて下道も渋滞・・・・

そんなこんなでやっと現地入りして秩父を流れる荒川上流部に辿り着いたのは11時。。。(^^;;;
時間的にはもう終わってる。

時間が限られるので確実に釣ろうと、成魚放流ポイントへ向かうと、そこはおびただしい釣り師の車(苦笑)
そして大勢の釣り人。
時間的に半分以上の人は、もう釣り終えているのだが、まだまだ竿を出している人も多い。

エサ釣り師の隙間を狙って、ちょっと探ってはみたものの、、、ま~~たく反応ナシ。
これはダメですなぁ、と思って、もう1箇所の放流ポイントへ。

こちらは、小川みたいな流れで、とても渓流とは言えない流れ。用水路みたいな流れだが、釣り人は居る。
様子を探ってみると、を、ココでは今まで見かけなかった魚の姿が・・・・
チラホラと流れの中にヤマメの姿が見えるし、ルアーに若干でも興味を示すが、最初の1投だけ緩~くチェイスするものの、バイトせず。
周囲に釣り人の姿が多くて警戒心が強いので、こりゃ厳しそう。
でも、ココで見つけた魚を何とかして釣らないと、今日中に魚を釣ることは出来ないだろう。

少しづつ歩きつつ、ポイントを探ると、とある小堰堤下のプールで1~2匹の魚のチェイスが・・・・
もう一度、アプローチして、シンキングミノーをボトムまで沈めて、小さくトゥイッチしてしゃくり上げてくると、ゴン!! 来たッーーーーー!!!

f0100885_21351806.jpg


ようやく釣れたぁ~~
これで埼玉県をクリアした(笑)

これで気が楽になったので、この激混ポイントを後にする。

最後、C&R区間に寄ってみたら、あっけなく放流ニジマスが釣れた。
どうしても釣らなければイケナイというプレッシャーがなければ、こんなもんか。
f0100885_21363769.jpg

これで、もういいや。
なんとか埼玉で魚を釣る事が出来て、ラッキーラッキー。

今まで空白だった埼玉のピースが埋まって、全国制覇に向けて一歩前進(笑)です。


[PR]
# by sierra-outdoor | 2017-03-18 21:18 | 渓流釣り | Trackback | Comments(2)
03/04 ネイティブが動き出した
2月中旬に引き続き、渓流釣りです。

この日も、ゆっくり起きてゆっくり準備して、出発したので現着は12時すぎ。
さて、2週間ぶりだが、川はどうなっているやら。

さすがに3月になり、徐々にではあるが春めいてきた。
天気も良く、風も弱く、釣り日和~~

とりあえず、この日の放流ポイントに行ってみると、、、、、まぁまぁ大賑わい。
ただ、すでにお昼の時間帯になっているので、釣りを終えてる人も多い。
大勢が取り囲んでいる場所を覗きに行くと、、なるほど、道路の直下の場所に放流成魚が群れていて、それを狙って四方八方から仕掛けが(^^;;;
魚もヤル気ナシナシ状態だけど、それでもたまにエサに食いつくのか、竿が曲がる事もある。

この状況ではルアーでは無理だな、と思って、放流ポイントとは違う場所に試しに入ってみよう。

岩がゴロゴロと転がる瀬の中、ネコヤナギの枝が覆い被さったスポットがあったので、そこにミノーをキャスト。
最初の2投くらいは全く反応が無かったが、3投目、ネコヤナギの枝の際にうまい具合にミノーが流れた瞬間に、ココン!!

をっ、バイトだ!?
こんな所まで放流魚が移動していた??

上がってきたのは予想外に小さめ・・・・成魚放流にしては小さいな。サイズは15cmギリギリあるか無いかだし・・・
と思ってよくよく見ると、、、この飴色の背中、ヒレピン具合からして、コレは、天然モノ、ネイティブ個体か??
過去、3月上旬でルアーではネイティブが釣れたことが無かったので目を疑ったが(^^;;;
証拠写真を撮らねば・・・・と、用意しているうちに足元で泳がせていたらフックが外れて、サイサヨナラ~~~
あらら~~~

まぁええか(^^;;; サイズは小さいし。
多分、ネイティブ個体だろう。

そうか、もうネイティブのアマゴが動き出してルアーに反応するようになったか。。。。。。。。

その後、その周囲では反応がなく、放流ポイントに舞い戻る。
少し、人が減ったが、まだまだ例の群れが泳いでいる数m四方の一角のみ人だかり。
そこから離れた場所は、ほぼ誰も居ない。念のため入ってみる。

成魚が居るなら、アソコだろう・・・と思うスポットをダウンクロスで探ると・・・・ボトムから身を翻してチェイスしてくるが・・・喰わない。
居るのは判ったので、同じピンスポットにアプローチして、細かくトゥイッチして、ゴン!!とヒット。

f0100885_15510019.jpg

その周辺に何匹か残ってるみたいで、反応が続く・・・が、さすがに放流後時間経過して釣り残った個体故に、それなりに警戒心が強い。
そこで、ミノーをボトム付近まで沈めて、、、細かくトゥイッチで誘い上げてくると、ミノーの後ろをチェイス。
まだ食いそうにないので、ここでフリーフォールさせてみると、なんとフリーフォール中にミノーにバイトしてきた。
今までトラウトでは、ミノーのフリーフォール中のバイトは殆ど見た事がなかったが(^^;;;
養殖場育ちの魚だから、単に落ちてくる物体をエサだと認識しているので、フリーフォールにも反応したのかな。

とその時は思った。

その場所で2匹ほど成魚を釣って、まぁもういいや。

次はネイティブを探して、別の谷へ。

ここは昨年の解禁直後に訪れて、釣れなかったけど反応があった谷なので、少し期待が持てる。
この場所はいっさいの成魚放流はしていないので、釣れれば天然モノである。
(まぁ稚魚放流もしくは発眼卵放流はしてるかも知れないが、釣り人からすれば天然産卵モノとの区別がつかないので、気にしない事にする)

最初に入った場所は集落に近すぎたせいか、釣り人の入った形跡があって、反応ナシ。
次に入るのは、ちょっとヤヤこしい、入り辛い場所。
川へ下りていくと、やや浅くて長めの淵がある。
増水して濁っていれば、ココにも魚は入っているだろうがなぁ、今日は居ないかな。。。。と思って、気のないキャスト。
すると、猛然とアマゴが足元までミノーにテールトゥノーズでチェイス!!
しかし、まさかチェイスしてくるとは思わず、集中力を欠いていたのでバイトさせられずにUターン。

あ、しまった、あんな高活性のアマゴが居るのが判っていたなら、もっと真剣にアプローチしたのに、とは後の祭り。
さすがにネイティブさん、二度目は無かったです(^^;;;

これで俄然、ヤルキが出て釣り続けますが、その後の良さそうな場所は反応ナシ。
うーん、やはりさっきのチャンスでモノにしないと・・・・

釣りが出来る区間の最後に近くなって、とある淵に到着。
淵中央にミノーをキャスト、少し沈めてレンジを深くした後にトゥイッチで誘い上げて・・・・暗がりのポイントだったのでミノーが見えないが、水面直下まで到達しただろうから、、と、そこでフリーフォールを入れる。

すると、途端にギラギラっと銀鱗が閃く。

来たッ、喰ってる!!
即座にフォールを解除して、アワセると、水面でローリング。
をを~~ さっきのトゥイッチ後のフリーフォールでまた喰ってきた。

f0100885_15513022.jpg

サイズはやはり小さめ、15cmギリギリのサイズではあるが、今回は撮影したぞ(笑)
色艶も良いし、ヒレピンだし、間違いなく天然ネイティブ個体でしょう。

まさか3月上旬で釣れるとはね。
例年だと3月20日の春分の頃がネイティブの第一号釣果なのだが、今年は2週間前倒し。
次からは天然ネイティブ狙いでスケジュールを立てての釣行にしてみよう。


[PR]
# by sierra-outdoor | 2017-03-04 23:15 | 渓流釣り | Trackback | Comments(2)
02/25 関東メバリング
少し前から、ちょっとの間、カントー地方に長期??出張中です。

寒いこの時期ですけど、休日は自宅に帰らないなら、ヒマしてる訳で(笑)

そんなこんなで、関東・外房エリアのメッキにおいて重鎮であらせらるる 手のヒラアジさん に案内してもらい関東メバリングです。

ポイントはオマカセで、わざわざ滞在中の川崎市内まで迎えに来て頂いて、とても恐縮です(^^;;;

15時、合流して、一路ポイントへ向かいます。
ナニやら網の目のような高速道路網をかいくぐり(田舎モンには、さっぱり何処走ってるやら判りません)、明るいうちに現着。

風も弱く、そんなに寒くなく釣り日和。
前週、前々週とお仲間がメバルの好釣果を報告しているので、期待が膨らみます。
ただ、手のヒラアジさん いわく潮廻りだけは良くないと言うのが一抹の不安材料。

ナイトゲームを滅多にやらない自分なので、ナイト・メバリングはめっちゃ久しぶり。
10年ぶりとちゃうか?と思えるくらいに、前回の記憶が遠い (よくよく調べたら8年ぶりでした)

夕暮れ、遠くに見える富士山を眺めていると鷹(実はトンビですが)が飛んでる。 1富士2鷹で縁起が良いわい。

f0100885_13395953.jpg

暗くなる少し前からキャスト開始。
さっそく、薄暮の時間帯に 手のヒラアジさん に早速ヒット!!
をぉ、やっぱり好釣果は持続しているのか!? と期待しました。

次、釣るぞーー と思って投げるが、、、、うううーーーん、ヒットなし。さっきのは単発の群からハグレたメバル?

暗くなってからが本番ですよ~~との 手のヒラアジガイドの言葉を信じて投げる・・・投げる・・・・暗くなった。これからだ!!

しかーーーしッ、日が沈んだ頃から微妙にアゲンストの風が・・・そんな強風ではないものの、メバル用プラグは軽量ルアーが多いのでアゲンストの風には弱い。

少しポイント移動して、前週によく釣れたというポイントに入ります。
ここで、手のヒラアジガイドに早速ヒット。やっぱりコッチが本命か!?
場所を譲ってもらって投げる・・・・・ シーーーーーーン。反応ありましぇーーん(苦笑)

いや、よくよくスローで探ると、手前7mくらいで、微妙に何か触ってくる。。。。やっと初バイトを感じた。
しかしとてもフックアップできるようなアタリではない。

歩きつつポジションを変えてキャストすると、とある場所で超小さいショートバイトが2、3回あるものの、フックアップ出来ませ~~ん。
めっちゃ小さいのか?? ガイドさん曰く、意外とバイトは小さくても魚が大きいこともあるよ、との事ですけど(^^;;;
でもメバリング初心者の自分には、あのバイトは拾えんッス。
ジグヘッド+ショートワームなら食い込むかも知れんが、今回はオールプラグ戦なので、そもそもジグヘッドもワームも持ってきてない。
(まぁワームを使うつもりは最初から無いのですがね)

どこかにメバルは居ないのか? と歩ける範囲内で探る。
手のヒラアジさんイチオシのピンスポットにやってきて、何気なくキャスト~~~~
ソロソロ~~っとスロリトリーブしてくると、、、コン!!ココン!! キターーーーーッ!! やっと釣れそうなバイトが!!

スィープフッキングしつつ寄せにかかる。
サイズはそれほどでもないけど(20cm弱かな)、やっとメバルが釣れたヨ~

f0100885_13400977.jpg

これで一安心(笑)
今回は1匹釣れればミッション・コンプリートのつもりだったので、これでいつ帰ってもイイ(笑)

手のヒラアジガイドは「これからこれから、目標は大きく持ちましょう」と言う。
ハイ、そうですね、目標は高くもたんとね(^^)

続けて釣れるか・・・・と期待したものの、その後反応なく。やっぱり群れでは入っていない??
潮もどんどん下げてきて、釣り辛くなってきた。

同じタイミングで現地に詳しい、手のヒラアジさんと旧知の若者君グループも同じ場所に釣りに来ていて、さすが若者グループは行動力を発揮して、良いサイズを釣っています。
その若者グループが良型をバラしたというポイントに移動します。

時間帯に深夜になり、潮は下げ止まりから、そろそろ上げ潮に転じる頃~~~のハズですが、潮が動く気配ナシ。
風だけは無風になって釣り易いのですがね。

しばらく釣り続けるも無反応。
若者君グループもそろそろ帰るという事で、我々はいったんポイントを離れて遅めの夜食に。
深夜の時間帯なので、もう24時間ファミレスかコンビニくらいしか空いてないけど、無理矢理でもラーメン食いたいという事で探しまくって、なんとかまだ営業していた台湾ラーメン屋に入る。
ごく普通のラーメン&天津飯の定食を頼んだけど、味はまぁまぁ、量がえらく多くて食い切れん(^^;;;;

最後、先程のポイントに舞い戻ってやってみましょう、という事になり日付が変わる頃に、舞い戻ります。

でも行ってみても状況は大して変わらず。
01時すぎまでやって、もう上がりましょうか、という事になり撤収しました。

前週はなかなか良かったようで、若者君グループも前週はライズがバンバン出ていてよく釣れた、と言ってたので、まぁタイミングが悪かったという事でしょうか。
前々週と前週とヨカッタという事は、今週までも良いとなると3週連続。
さすがに3週連続の好釣果は今までの経験上、滅多にないので、現実はこんなもんですネ(笑)

個人的には初めての場所で、プラグでメバルが釣れたことで、満足でした。
超久しぶりのナイトゲームでしたし、とりあえず釣れてくれた事に感謝。


[PR]
# by sierra-outdoor | 2017-02-25 13:04 | 海の釣り | Trackback | Comments(4)
02/18 2017渓流・解禁
ホーム河川が解禁したので、年券購入がてら、ちょいと下見にお昼に出発。

まずは、ゲン担ぎで毎年、年券を購入する地元商店で購入~~~
今年から年券1000円UPなんだよな。まぁ、この値上げで他漁協と同じ価格になったぐらいですけど。

2月中旬なので寒々としておりますが、一応、晴れ間も見えており、釣りは可能。

時間も15時近くになってしまったので、日暮れまで残された時間も少ない。
手ッ取り早く魚を拝もうと、成魚放流ポイントへ。

行ってみると、意外にも人は少ない・・・・ まぁ午前中で釣りきられて、もう残った魚も多くないって事スね。

エサ釣りさんが2名ほど・・・これならこの場所は比較的大場所なので、十分釣りになりそうな気配。

半年ぶりにウェーダーを履いて、ぎごちなく河原を歩く(^^;;;

まずはサーチする目的で小型ミノーをキャスト。。。。。
最初の15分くらいはチェイスもなく、、、

少しづつ探りつつ移動しつつ投げ続けると、、、をッ!! チェイスだ!!
細かくトゥイッチを入れて食い気を誘って、コン!!
よしっ、今年最初の渓流魚。

f0100885_12460074.jpg



この周辺に少し群れが居たらしく、ショートバイトやチェイスのみではあるが、そこそこ反応があった。
1、2匹バラした後に、もう1匹、足元まで追ってきたのを喰わせてゲット。

f0100885_12464054.jpg


これで2匹目。釣れるのは全て成魚ちゃんですけどね(^^;;
まぁ、こんなもんでしょう。

今年も楽しませてくれますように(祈)


[PR]
# by sierra-outdoor | 2017-02-18 23:45 | 渓流釣り | Trackback | Comments(0)
01/09 近場の釣り
ちょっと時間が出来たので、安近短な釣り。

この寒さで、近場の魚もそうそう釣れないけど、とある場所だけは違う。
暖かいンです(笑)

そんな場所で釣れるのは、ティラピア。

釣れるサイズは15~20cmちょいなので、まぁギル釣ってるようなモノですけど、ヒマ潰しには丁度良いです。

寒風吹きすさぶ中、まずはパンを持って、小さく千切って手で投げる。
ティラピアが居れば、すぐに反応があります。

そのままパンを使えば、楽勝で釣れますけど、ソレじゃ~面白くない。
なんとかルアーで釣れないか、と工夫します。

パターンさえ判れば釣れます。
f0100885_19415584.jpg
















意外と、警戒心が強い魚なので、ストーキングして、勘づかれないように忍び寄る。
静かに気配を消して、そっとアプローチ。
バイトは非常に小さく、判り辛く、バラしも多いが、それなりに釣れる。

f0100885_19453513.jpg
































風が強くて、ラインが吹けてさらにバイトが取り辛い・・・・
まるで管理釣り場のような繊細な釣りです。

無風ならPEがアタリが取り易いが、風がある時はナイロンの方がイイかな。

7匹ほど釣って、寒さで撤収~~

たまには、こんな安近短な釣りもイイかな。



[PR]
# by sierra-outdoor | 2017-01-09 19:48 | その他の釣り | Trackback | Comments(2)
01/07 2017年初フィッシュ
2017年の初釣りに行ってきました。

なんとか、1匹、1匹でいいので拝みたい・・・・・(^^;;;;

という思いの元、ひたすら南下します。




かな~~~り南下して、南下して、ココまで南下すれば何とかなるだろう、という場所まで走る。

とあるポイント到着。

潮はイイ感じで満ちており、ココまで来た甲斐もあって水温も高め。
居るなら、釣れるだろう。

キャスト!! シーーーーン・・・・・・ 無反応。

時折、チヌやボラの姿は見えるが、以前だったら沢山居た、木っ端グレやら、スズメダイ系の小型魚が見かけないのが気がかりだが。

表層を手早く探るも無反応、それでは、、、とボトムを探る。
しかし、これでも無反応。
潮はイイ感じなので、シーズン中なら、絶対に反応がある状況なのに、全く感触もチェイスも無いとは、これはきっと魚が居ないナ(苦笑)

トットと移動します。

次のポイント。
あまり期待してなかったけど、年のため、探ってみる。
しかし、やっぱり反応ナシ。あかんね~~~

ここまでルアーに対するチェイスもバイトも無し。
ちょっと本日はヤバそう??

同じ日に、同じエリアに出動しているTEさんに状況を聞いてみたけど、芳しくない模様。
TEさんは、自分より、先行して探っているのだが(^^;;;

次のポイントへ移動。

だんだん日が傾いてきた・・・・・・
そろそろ釣らないと。

ここでも手広く、スピーディーに探ってみるも無反応。ベイトは居るのだが・・・・・

そこでちょっと手を変え品を変え、いろいろ探ると、コン!! を、初バイト!! 掛からなかったが、多分メッキだ。

もう1回、似たようなパターンで探る。
また、超小さいショートバイト。

さらにパターンを変える、ルアーを変える。

繰り返し繰り返し試して、沖目でようやくヒット~~~~やったぁ~~~

小さいサイズですけど2017初フィッシュ!! めでたいなぁ。

f0100885_1056588.jpg


続けて投げる。

また来たッ!!

を、、、ちょっとコレはサイズが良さそう・・・・
慎重に慎重に・・・・・ 寄せてくると、25cmのロウニンかな。

f0100885_1058040.jpg


この時期なので、最低でもこのサイズが釣れないとねぇ(^^)
これで初釣りの目的は達したかな。

f0100885_10584794.jpg


活性がやや高い群れが一瞬だけ回遊してくる。
パタパタっと反応が出る・・・・ しかしすぐに無反応。
しばらくして、また反応アリ。
そんな事の繰り返しだが、やはりこの時期なので水温がギリギリなので、追いが緩い。
以前だったらイージーに釣れる状況なのに、フックアップにまで至らない。

まぁそれでも数匹ほど釣れたので、今回の初釣りはこれでOK。

程々の所で帰路に着きました。

なんとか初釣行で釣れてくれて、満足でした(^^)
次は、、、、うーーん、何を釣るかな???

ロックフィッシュ系か、、、、来月以降に解禁になるトラウトか。

その時の気分次第、状況次第、と言った所でしょうか。

f0100885_112419.jpg


2017年も楽しめる年にしたいものです。
[PR]
# by sierra-outdoor | 2017-01-07 23:43 | 海の釣り | Trackback | Comments(2)
2017 あけましておめでとうございます
2017年、あけましておめでとうございます。

今年もどんな年になるのでしょうか。
昨年は、釣りに関しては、特筆すべき大物は釣れず、小物釣りに終始してしまいました(苦笑)

スキーに関しては、ニセコでファットスキーを初めて使ってみて、なるほど~パウダーでは浮きやすくてイイねぇという事が判った。
という事で、2016年のオフシーズン中にファットスキーを買ってしまった(^^;;;
今シーズン中に何とか滑ってみたいモノです。




年末年始は恒例の志賀高原での年越し。
昨シーズンの年末年始よりは積雪はマシでしたが、まだまだ積雪量は少なく、なんとかギリギリで全山滑走可能になったカナ、という程度で例年の半分くらいの積雪か?

それでも滞在中、雪質も良く、天気にも恵まれて楽しめました。

f0100885_21151538.jpg


f0100885_21153973.jpg





年末に通販で頼んでおいた、ATDドラグワッシャーが届いていたので、さっそく10セルテートに組み込んでみました。

ATDドラグは、従来のUTDドラグとはグリスが違うだけ?? のようなので、ATDドラグが含有されているドラグワッシャーに交換してしまえば、ATDとなるらしいです。

f0100885_21175760.jpg


交換方法は、いろんなサイトに掲載されているので、検索してみれば見つかります。
大雑把に言えば。

1. ドラグをパーツ毎に分解。
2. 各パーツから古いグリスを拭き取り、パーツクリーナーで綺麗に脱脂する。
3. 古いドラグワッシャーをATDドラグワッシャーに入れ換える。
4. 分解したドラグを組み上げる。

これだけ。簡単です。
日頃のメンテはリールは洗って塩抜きするぐらいでメカニカル、およびケミカルな部分はノーメンテの自分でも、これくらいは出来てしまいます。

釣りの現場で実際に使ってみないと差は判り辛いですが、交換する前後でラインを引っ張ってみると、交換後の方がスムーズに動作する・・・・ような気がします(笑)

秋に導入した13セルテートATDチューンがとても良いドラグ性能でしたので、これは渓流で使ってる10セルテートにも導入せねば、と思ってやってみました。

過去に、かなりの大物を掛けた時、魚の素早い動きに従来のドラグでは追従しきれずにバラした事が、時々あったので、これでバラシが減ればイイなぁと思っておりますが。

さて、2017年、何が待っているでしょうか。

f0100885_21271887.jpg

[PR]
# by sierra-outdoor | 2017-01-03 21:27 | その他の釣り | Trackback | Comments(2)
2016/12/10-12 2016四国への旅
メッキ不釣のホームを離れて、四国へ~~~(笑)

マイレージがある程度貯まっているので、奥方と一緒に四国に行くことにしました。
一応、釣りメインの旅ですけど、奥様も居るのでグルメ旅行も兼ねておりまふ。

まずは~~セントレアから松山に飛ぶ。
土曜の朝なので、混んでいるかな~~と思いつつ受け付け。
荷物を預け入れしたので安心してコーヒーなど飲んでいたら、いつの間にやら保安ゲートが大混雑~~
ひぇ~~ なんじゃコリャ。コーヒー飲みに行く前の数倍の長蛇の列になっとる(^^;;;
ちょっと焦りましたが、なんとか出発時刻の10分前に保安ゲートを通過して、ヤレヤレ。
f0100885_20574751.jpg


乗るヒコーキはダッシュ-8。この機体は以前に仙台に飛んだ時以来だな。
プロペラ機とは言え、ターボプロップエンジンだし、意外にも離陸時の加速も良くSTOL性能も良い。
セントレア→松山へは、巡航に入ったかと思うと、すぐに着陸態勢に入るので1時間ちょっとでアッと言う間に到着(笑)
f0100885_20581644.jpg


松山空港で予約してあったレンタカーを受取り、一路、南下します。
途中、松山の釣り具屋に寄ったり、昼食休憩、道の駅での買い物休憩など挟んでいるので、最初のポイントに到着は15時近く。

最初に、いきなり今回ド本命のポイントへ。
昨シーズンの年始に友人達が爆釣して、6月にも爆発した期待のポイント。
生憎の冬型の気圧配置で北よりの風が強めだが、何とかなるだろう・・・きっと。

ポイントに入ってみると、、、なるほど~~こんな場所なのね。
魚はボトムにへばりついているかな~と予想してジグを投入。
さぁ来い、すぐ来い、釣ってやるぞーーー・・・・・・

シ~~~~~~~~~~~ン・・・・・・

反応ナシ。
まぁ世の中、そんなに甘くはないか(^^;;;
でも実績場なので、そのうち釣れるかな??

歩きながら、あちこち探って、、、、ジグをボトムまで沈めて小刻みにジャークしてきて、、水面直下で何かがヒット!!
をぉ。来たッ・・・・かなり小さいが(苦笑) 狙いのメッキだ。
とりあえず今回の四国の旅、丸ボーズはこれで免れた(笑)
f0100885_2182040.jpg

このクラスなら群で入って来たのか!? と期待したものの、次が続かず。
しかし、全く居ない訳ではなく、忘れた頃にポツリ、ポツリと釣れるが、ボトム近辺のジグのリフト&フォールでのみ反応があるだけ。
しかもサイズは20以下ばかり(1匹だけ24cmが釣れたが)
f0100885_2183363.jpg

f0100885_2184965.jpg

うーーん、コンナ筈では・・・・(^^;;;

近くにある他ポイントを偵察に行きますが、まったく反応ナシ、生命感ナシ。
結局、最初のポイントに夕暮れ時に舞い戻ってみたものの、20cm弱のカスミを1匹追加したのみ。
この日はチビメッキ数匹で終わりました。

一旦、ホテルにチェックインした後、近くの居酒屋へ。
ココはマグロづくしで有名なお店。
団体客の予約が入っていたけど、なんとかカウンターなら飛び込みOKとの事なので、マグロのコースを頼みます。
いやぁ、こりゃ旨いね。
マグロの刺身が甘い!! 美味しい!!
当然、中トロもトロトロ。
握りまで出てきて、とても居酒屋の食事とは思えない(^^)
f0100885_219139.jpg

他にもマグロの焼き物やカルパッチョも出てきて、マグロとは関係ない料理も美味しくて満足満足。
f0100885_2191289.jpg

ホテルに戻って、風呂に入ってベッドに入ったらバタンキュー。




2016/12/11

朝6時半頃に起床~~
まだ東の空がウッスラと白み始めた程度。
寒そう~~ ですが、昨日までの風は今ンところ収まった気配??

7時前にホテルを出て、朝食前の朝練です。

ポイントには数分で到着。
前日、反応のあったポイントです。

気温と水温の温度差で水面からモヤが立っております。

昨日と同様、ジグで探って行きます・・・・しかし反応ナシ。
明るくなってはいるものの、陽が山の稜線から出ていないので寒い~~~~
そうこうしているうちに、稜線から太陽が出て日光が差してくると、ポカポカと暖かくなる。
と同時に、、、、リフト&フォールさせたジグにコンコン!! 来たっ 即ワワセするが、一瞬魚が乗った感触の後にパッツーーンとPEラインから高切れ・・・・
アッチャ~~、昨日の夕方に風に煽られてPEラインが橋の欄干に擦れた事が1回あったけど、その時に傷が入ったか・・・・
今回、試しに導入したプリズナーCV、なかなかイイ感じのジグでしたが、貴重なジグが殉職してしまった。(2個しか無いので残り1個)

ノットを組み直している時間が勿体ないので、予備リールにチェンジ。
その直後、フォールしたジグが着底と同時に違和感アリ!!
アワせると、乗った・・・・ が、コレはメッキじゃないな。
上げてくると、30cm弱のハタでした。
f0100885_219317.jpg

日が差してきたので魚の動きが出てきた??

そしてすぐにメッキがヒット。ちょっとリズムが出てきたかな。
少し移動して、2匹3匹とメッキがチェイスしてきたのを再度狙って1匹追加。
f0100885_2195425.jpg

この時点でホテルの朝食時間となったので、一旦、戻ります。
f0100885_21101629.jpg

朝食の後、奥様と一緒に出て、朝イチのポイントにもう1回戻る。
若干、風が出てきて、釣り辛いが、ジグでボトムを探ると、前日と同様に20cm以下のチビメッキが忘れた頃にポツリぽつりと釣れる程度。
こりゃアキマセンな~(^^;;;

昼前になったので、昼食を兼ねて地元で有名な店に焼き肉?を食いに行きます。
この店はけっこう有名なので11時過ぎというのに結構お客さん来ています。
メニューはシンプルに牛肉か豚肉の二者択一のみ。(常連さんの注文を聞いていると牛豚のミックスもあるみたいですが)
2人だったので、豚と牛を1つづつ頼んで食べてみます。
パッと見は単なる肉入り野菜炒め??なんですけど、専用のタレを付けて食べると、、、を~~ナルホド、美味しい。
この甘辛なタレが絶妙です(って言うか、このタレが味の全てと言ってもイイかと)
f0100885_21103617.jpg

美味しい食事を済ませた後は、大きく場所移動。

とある有名河川に移動です。

昨シーズンにお仲間が爆釣した実績場に入ってみます。

目の前に少し深い場所があって、居るならアソコかな~~と思い、ジグを投げる。
ヒョイヒョイとジャークしてくると、すぐ後ろを果敢にチェイス!! あれは複数匹で追ってきてるな。

すぐにミノーにチェンジして、少し沈めた後にトゥイッチ&ジャークしてくると・・・・とたんにゴッツーーーン!!
キタッーーーーーーー!!!!

ロッドが曲がる・・・・ ちょっと今までのチビメッキとは違うぞ、コレは。。。

右に左に走って、底にグングンと走って行く。
カケアガリの手前にブッシュが沈んでいるので、あれに巻かれると大変だ。
1歩前に出て、ブッシュを避けつつ寄せてくると、、、25cmクラスのロウニンメッキ!!
さすがにロウニンはよく引きますね~~ やっと群れを見つけたか!!
f0100885_21105941.jpg

ココから爆釣状態突入~~~~
f0100885_2111938.jpg

1キャスト毎にガンガン反応がある。
群れ自体はボトムに沈んでいるようで、水面直下のサーフェイスレンジでは反応が無いものの、中層以下に沈めて探ればゴン!! ガン!! ゴゴン!!! ギュギューン!! とアタックしてくる。
これぞメッキの釣りの醍醐味だーーーぁぁぁ。
f0100885_21112159.jpg

平均サイズは23cm前後、時々25オーバーが混じり、ロウニン比率が高くてサイズ以上によく引く~~~
f0100885_2111386.jpg

f0100885_21115888.jpg

相当数のメッキがストックされているらしく、ヒット・バイト・チェイスは連続します。
ただ、さすがに徐々にスレてきてバイトの頻度が減り、ショートバイトになってくる・・・・
f0100885_21121290.jpg

少し横に移動してみると、またバイトが復活。
幾つかの群れが分散して、周辺に散らばっている模様。
f0100885_21122666.jpg

f0100885_21124151.jpg

そんな状況で分散した群れを歩きながら探しつつ、釣り続いて、最大26cmを頭に約25匹ぐらいゲット。
やっと四国らしい釣果に恵まれた。
ただ、サイズが26cm止まり・・・・尺クラスはココには居なさそう・・・・
f0100885_2113240.jpg

f0100885_21131664.jpg

f0100885_2113317.jpg

夕方のマズメをここで粘っても良かったけど、移動する事に。

次の場所は中規模なポイント。
ここも期待していたのだけど、、、うーん、、反応がない・・・・
隈なく探れば、何処かでアタリが出そうではあるものの、そんなに探ってる時間的余裕もなく、次へ移動。
f0100885_21135219.jpg

f0100885_211467.jpg

次の場所でそこそこ釣れれば~~ と思ったのですが、なんとココも不発。
全く反応ナシナシ状態。

このまま夕暮れ、ジ・エンド。

ホテルに戻って、この日はホテルのレストランで夕食~~
さすがに海沿いだけあって、魚メインの食事ですけど、美味しい。
量的にも満足マンゾク。
f0100885_21142194.jpg




2016/12/12

前日の様子から、夜明け直後はどうも魚の動きが鈍いので、早朝の朝練はヤメ。
普通に起床してホテルで朝食を食べてからチェックアウト。

まずは真っ先に昨日釣れたポイントへ急ぐ。

前日と較べて潮位が下がっているし、やや寒々としてるがどうだろう・・・・

1投目、表層を走るミノーには予想通り反応なし。
2投目、少し沈めて中層付近を・・・・・ を、ショートバイトあり。
3投目、ボトムまで沈めて、トゥイッチ&トゥイッチ。時折バイトを誘うストップを入れて中層以下を意識してみると、ゴゴン!!

を~~やはり居ましたね~~~
ただ前日よりサイズが一回り小さい。
f0100885_21194571.jpg

ぼちぼち釣れ続きますが、サイズが思うように伸びないので、少し移動。
潮が動き出したようで目の前にイイ流れが出来ている・・・
この流れをダウンクロス気味に投げると、、、ゴン!! ガン!! ドン!! と連続バイト。
ここの群れは活性が高いようで、ガンガン当たってくるが、、、ファイト中に身切れバラシが連発。
完全にガッポリと喰ってくる訳ではないようで・・・
f0100885_21195958.jpg

それでも魚の数はそこそこ入っている模様で、26cmのギンガメを筆頭に釣れ続く。
ただ、昨日よりロウニン比率が下がっているかな・・・
f0100885_21201112.jpg

この日は月曜日、平日。
だけど、昨日は日曜日だと言うのに一人も見かけなかった他の釣り人がチラホラと見受けられる。
出勤前フィッシングの時間帯はすでに過ぎているので、月曜休みの人なのか??

少し移動した先でもポツポツと釣れ続くが、昨日より若干、活性が低いようで、11時までに20匹弱かな?
f0100885_21204315.jpg

f0100885_21205613.jpg

この日は最終日で、夕暮れ時には松山まで戻らないといけないので、昼食の時間も考えるとそろそろ終わりの頃合い。

グルメ旅行の目的も果たさないとイケナイので(奥様が楽しみにしてるし)、釣りは終えて、地元でも有名な定食屋へ・・・
と思ったら、なんと休み!! 不定休なのでちょっと不安に思っていたが予感的中・・・(^^;;;
まぁ仕方ない。
すぐ近くの、観光客が寄りそうなお食事処で地元ならではの食事に舌鼓。
こちらも美味しかったです。
f0100885_2121969.jpg

f0100885_2121204.jpg

食事を済ませた頃、小雨が降ってきて・・・・現地を後にします。

北上するに従って、小雨が止み、晴れ間も見えてきた。
雨は南部の海岸沿いだけかな??
少し早めに出発したので、時間的余裕があるので、ナビを見ながら途中、ヨサゲな場所でもないか、偵察です(笑)

愛媛県に入って暫く走り、とあるポイントに入る。

47都道府県、全てでルアーフライで何らかの魚を釣る全国制覇を長年の目標としているのですが、愛媛が未だ釣ってなかった。
魚種を問わないので1匹だけで良いので、この機会に愛媛で釣っておきたい。
そんな思いもあって、奥様に許可を得て、途中の寄り道です(笑)

まずはパッと見て、ココかな~~と思った場所に入る。
浅く広いシャローと河口域が重なる場所。潮の透明度は思ったより良い。
ベイトの気配は無いけど、、とりあえずキャストしてみると・・・3投目に突然バイト!!

をぉ、来たっ!! 愛媛ファーストフィッシュだぁぁ~~ と思ったらファイト中にバレた・・・・(^^;;;
あのバイト、ファイトからして魚はメッキだな。
再度投げる、、、またバイト!! よっしゃーー今度こそ~~と思ったけど、これもファイト中にバレた。。。
折角の愛媛フィッシュなのに。

どうやら群れで入っている模様だ。慎重に慎重に。

少し遠投。
表層をトゥイッチしてくると、ミノーのすぐ後ろを、ワラワラっと10匹以上の群れがチェイス!!!
喰え!! 喰え!! 細かくトゥイッチ&ポーズ。

フリーフォールした瞬間にドン!!

よーーっし、今度こそ~~~

思った以上にサイズが良く、簡単には寄ってこない。
右に左に切り返しつつ魚が走る。
その後ろを数匹の同サイズのメッキがチェイス。
少しドラグを鳴らせながらも、慎重に寄せてきて抜き上げる。
やった!! やっと愛媛ファーストフィッシュをゲットーーー(嬉)

26cm ギンガメ
f0100885_21213729.jpg

これで 26/47 の達成率。
愛媛の空いたピースが埋まって、四国は3/4達成。残すは徳島のみ。
まぁ今回、徳島にはいけないので、またの機会に。

まだ群れは居る、ここぞとばかりにキャスト。
すぐに次のヒット、これは少し小さめ。

さらにキャスト。
尺近い個体が混じった数匹の群れが激しくトルネード・チェイス!!
そして、そのうちの1匹がドスンと重量感溢れる衝撃でヒット!!

ギリギリと曲がるロッド。。。キツめのドラグがジ・・ジ・・・ジ・・・と鳴る。
右に左に翻って走る・・・・ううーータマラン。
これぞメッキ釣りの神髄。

足元まで寄せてくると、、、をぉあの姿はカスミだ!! これは獲りたい。
何度か足元で走られつつも、一瞬のタイミングを見て抜く。
よ~~っし、今回最大サイズか!? しかもカスミとは。

28cm カスミ
f0100885_2122241.jpg

尺には届かなかったけど、これは良い魚だ。
あ~~愛媛も良い釣り場があるなぁ。
f0100885_21221532.jpg

f0100885_21222314.jpg

ここで時間的にタイプアップ。
まだ粘れば釣れそうだったけど、いろいろ事情もあって、この魚を有終の美として、現地を後にしました。

帰路は、美味しかった愛媛蜜柑をゲットしつつ、夕方の混雑する中、なんとか予定の時間にレンタカーを返却、空港まで送ってもらってチェックインして一安心。

空港内のレストランで夕食を済ませ、往路と同じくダッシュ-8に乗ってテイクオフ。
巡航時間は1時間弱で、遠くに阪神地区の夜景を見ながらアッと言う間にセントレア着。
f0100885_21223518.jpg

まぁ無理すれば自走できなくはない四国ですが(以前は、土佐清水まで自走でキャンプにも行ってたし)、今回はマイレージを使ってのヒコーキ旅。
たまにはこんなのもイイですね。
[PR]
# by sierra-outdoor | 2016-12-10 20:56 | 海の釣り | Trackback | Comments(2)
最近は・・・・
11/26 とりあえず釣りに行ってみる。

丸々3週間、釣りしてない。
これはヤバい。窒息死してしまう(^^;;;
釣れなくてもいいので、竿を出さねば・・・・

渓流はとっくの昔に禁漁・・・・

管理釣り場はどうしても何か特別な事がない限りは行く気が出ない。
(誰か一緒に行こうゼ!!と口火を切ってくれればイクかも知れないけど、自分からは行かない)

冬季ニジマス釣り場なら行ってもイイかな、と思うが、一番近いのは静岡県。
あそこはイマイチ環境的にねぇ。

その次は、北信、、、、ここならフィールド的には、まぁまぁ良い。しかし、やっぱ遠い(^^;;;

そうなるとその他の魚種・・・・

ワカサギか。。。。

とりあえず近場でも釣れてるけど、ボートワカサギ釣り。
魚探を駆使する釣りなので、意外と奥が深く面白い。。。。が、ボート予約が面倒だな(オイオイ)
以前は、お手軽に野池の陸ッパリのワカサギ釣り場が重宝したんだけど、そこは池干しがあってポイント消滅(^^;;;

オフショアはどうだ。
情報を探すと一応、それなりの魚種がそれなりには釣れている。
しかし、まぁお金かかるしねェ(単独プチ遠征の交通費と同じくらいだけど)
タイミングが良ければ行っても良さそうだけど、ちょっとタイミング合わず。

滅多にやらないアジング、メバリングなどは、、、、
最新釣れ釣れポイントを知らないのと(以前の古いポイントは知ってるが)、そもそもナイトゲーム主体なのが、どうしても個人的に好きになれず。

上記の通り、ヨシ行こう!! と思えるターゲットまたはポイントが無い状態ですが、そうは言ってられん。
ダメ元で行くか、と思って行動開始です。
(前振りが長い)




11/26に混雑する夕方の道を走って、とあるポイントへ何とか到着。

今年は期待できないがやってみますか、メッキ狙いで。

いつもの様に、キャスト~~そしてネチっこく探りますが、反応ナシ。

少し離れた場所に居た人に聞いてみますが、やっぱ釣れないとの事。

ダメ元で来たけど、やはり釣れない(反応がない)のはヘコむ。
魚が居なくてはどう頑張っても釣れんし。

暗くなる直前、惰性でジグを投げて連続ジャークしてたら、、、コンコン!! あれ!? ヒットか??

セイゴか?? それににしては小さい・・・ メッキだ!!

例年ならば、この時期釣れるのは20オーバー当たり前なのだけど、釣れたのは16~17cmサイズ。
まぁ、狙いのメッキなので小さくてもオッケーー(笑)
f0100885_2156304.jpg


少しヤル気が出てきて、あちこち小さく移動しながら釣り歩く。
さらに暗くなってきた頃合いに、、、ミノーを投げると、ゴン!!
をッ!! また来たっ。

似たようなサイズの小さいメッキですけど2匹目~~~
f0100885_2156224.jpg



しかし、ここで完全に暗くなって終了。
ん~~~ 小さいのが2匹かぁ。
でも今シーズンはもうメッキは釣れないと思ってたので、いい意味で裏切ってくれたのでヨシとする。




12月に入り、ボーナス商戦。
釣り具業界もあれこれとセール中。

とは言っても今、欲しい品は安くならないのですがネ。

しかし、これまで使ってきたSIMMSのウェーダーがもう限界。
なんだカンダと4シーズン維持できたので、十分活躍してくれた。

今買えば、ダイワの魚拓カレンダープレゼント、なんてあったので買いに言ってきました。

またしてもSIMMS FSパンツ。
このウェーダー、とても良い。今まで買ったウェーダーで耐久性、透湿性、機能性、一番良い。
透湿素材は東レのクアドラム。
値段はそれなり(今回は31K 税別。これでも円高で昨年より2000円安くなってる)
ただし前回(4年前)は22Kぐらいで買えたんだよな。

f0100885_21575810.jpg

これで来シーズンはウェーダーは大丈夫だろう。
最低でも3シーズン、出来れば4シーズンは持って欲しい。
[PR]
# by sierra-outdoor | 2016-12-05 21:58 | 海の釣り | Trackback | Comments(2)



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism