7/16 ショゴ(シオ)釣りバトルに参加
今回は、ちょっと新しい試み?である、ショゴ(シオ)釣りバトルに参加してきました。

本当なら、前週に開催のハズだったのだけど、大雨で延期になってこの日程になりました。

LINEを通じて参加者同士でルールに則って同一対象魚の釣りを行い、釣果写真をUploadして競い合う、という催しです。
ですので、普通の釣り大会と違って釣り場、地域が違っていてもONLINEで繋がって同時開催できるというメリットがある企画です。

当日は、前回のショゴ釣りを案内してもらったTATさんと一緒に向かいます。
(って言うか、そもそもショゴのポイントや釣り方が判ってないので、TATさんのガイド頼りの釣行というのが実情です・笑)

朝6時から開始なので、それに合わせてポイントへ到着~~

ちょっと透明度が高い水・・・ 水潮が入っているかも・・・ とはTATさんのお言葉。
船溜まり周辺を探って行きますが、、、反応ナシ。1回だけ、ちいさいショゴが反応してきたけど、1匹だけなので活性も上がらず喰わせられない。

次のポイントへ~~~ 漁港内で探ってみます。

LINEでは、早くも最初の1匹目のエントリーあり。ちょっと焦ります(^^;;;

スロープを探って反応ナシ。
TATさんの話では、港の真ん中に向けて投げても釣れるというハナシ。
それでは、小突堤の先端に入って、ミオ筋に向かって投げてみると・・・・

グン!!

をっ、何か判らんけどヒットした!?
サイズはそれほどでもないのでグリグリ~~っと強引にゴリ巻き。
狙いのショゴでした~~ サイズは22cmと小さめですけど、早々にボーズ回避でホッと一安心。
早速、LINE上にエントリーします。
f0100885_14222650.jpg

同じ漁港内でTATさんにもバイト連発!! しかし、バラしてしまった模様。残念。

ふと見ると小さな小さな新仔メッキの群れ発見!! サイズ的には10cmに満たないけど、何とか釣れんか・・・と思っていろいろやってみるが、ルアーを追っては来るものの、さすがに無理ですな(^^;;;
ロッドをもっとULに、ラインも細くすれば釣れるかも知れないけど。

な~~んてコトしてたら、少し離れた場所でTATさんヒット!! そしてショゴゲット!!

群れで入っているらしいので、フォローで私が投げてみると、ミノーの後ろをチェイス!! バシャンと水面も乱れるけど、ギリギリで喰わん~~
さらにショゴはメッキ以上にすぐにスレる。
しかも、喰わせるのが難しいぃ~~

ってな感じですぐにノー反応になってしまいます(^^;;;;
仕方なく次へ移動します。

次の場所は昨年爆釣したポイントのようですが、、、居るのはフグの大群。めっちゃ沢山おります フグフグフグ・・・・・
こりゃあかん、移動。

次の場所はショゴ。。ではなくメッキ場(笑)
ひょっとして新仔でも入っていないか? との目論見でしたが、居たのはマルタウグイのみ(笑)

さらに移動。
とある漁港の大きめスロープ。
スロープの先端を探っていたTATさんヒット!!
を、を、そのシルエットは、、、メッキ!! しかも20cm台半ばのええサイズではないですか~~
これはさすがに新仔ではないなぁ、越冬メッキか!?
f0100885_14224937.jpg

少し離れたところに係留船があるので、その船影を探ります。
Dコン50を投げて、船の際を通すと、、、、船の下からドワワワ~~~っと10匹近い魚が飛び出して来る!!
ショゴか!?
ワラワラ~~と群がってくるが、やっぱりギリギリで喰わん。そして、ピューーーッと船下に一目散に戻ってしまう。
これはなかなか厄介なヤツラだ。

もう1回投げる。
すでにスレ気味で飛び出してくるのは数匹に減った。。。。一番近づいたトコロで細かくトゥイッチ!!
1匹がバイト!!
よーーっし、来た~~~~

イッキに合わせてゴリ巻きしますが、近くのロープに向かって走る~~~
なんとか耐えつつ足元まで寄せるも、、、そこでバラし・・・・ あちゃーー折角掛けたのに・・・
よくよく見ると、Dコン50のフックが1本、折れとるヤン。。。。
前週に渓流トラウトでDコン50の標準フックの弱さには煮え湯を飲まされたというのに、懲りずに標準フックのままのDコンを使ったのが落とし穴でした。
これを最後に、もう魚は出て来ない。。。。

仕方なく、同じように係留されている船影を狙いと、、、、たま~~に1匹2匹が飛び出してくるが、やっぱりバックリと喰ってくれん。
よそ見してる時に限ってバイトしたり(当然バラス)
このポイントでは何匹か反応はありましたが結果1本も釣れずにショゴ釣りの難しさが身に沁みました(^^;;;

LINE上では、関東方面ですでに3匹のリミットメイク達成してる人もいらっしゃるようですが、全般的に厳しい状況であまり釣れていない模様。

お昼になり、ジリジリと夏の太陽が照りつけて暑い暑い。
昼食休憩の後、ランガン再開。

小さな漁港に入って、流れ込みを探る・・・メッキが居そうなんだけどな(ってショゴ狙ってないのかい・笑)

係留船の影を狙うもゴミが多くて釣り辛くてすぐに諦めたのだが。
TATさんは私が探った後の係留船を狙って、ついにショゴの群れ発見!!
2匹のショゴをゲット!! これでTATさんリミットメイク達成。
を~~さすがですね。諦めずに係留船を全て探っていった粘り勝ち。

同じ係留船の影を狙わせてもらって、1、2回、バイトしそうなチェイスがあったのですが、、、私にはやっぱり喰わせられん(^^;;;
こういう場所を攻略するには、そのシチェーションに適したルアーが必須ですなぁ。

昼過ぎ、先程ショゴらしき群れを発見していた漁港に舞い戻る。
とりあえず、バラシたあの船の影に忍び寄って、ダメ元で投げてみると、また7~8匹の魚が船影からダッシュしてチェイス!!
そのうちの1匹が喰った!!
よっしゃーー、今度こそ~~~ と強引にゴリ巻きして(DコンのフックはST36に交換した)ブチ抜いてみると、、、、
あれれ?? ショゴじゃなーーーい、メッキじゃーーーん(^^;;; (25cm)
f0100885_14231080.jpg

ありゃまーー、ショゴだと思ったのに(苦笑)
とりあえず証拠写真だけ写し、仲間うちだけに広報(笑)
次のキャストでも、2、3匹が追ってくる・・・・ いったん沈めて縦ジャークでゴツン!! またキターーッ
やっぱりメッキでした(26cm)
もうこのサイズは越冬メッキ確定ですね。さすがに新仔は7月中旬では、このサイズまで育っているハズもないので。
f0100885_14232280.jpg

この2匹を釣ったトコロで反応途絶える。
ショゴだと思ってたのに、釣れたのはメッキ。個人的には嬉しいが、ショゴ釣り大会ゆえにちょっと複雑。

後でヨクヨク考えると・・・
あの群れの魚は果たしてメッキだったのだろうか??
色がやたらと白っぽい体色をしており、船影から一目散に飛び掛かってくるが、すぐにダッシュでUターンしてしまう。
メッキだったら、もう少しルアーにまとわり付いてくるのと、Uターンするにしても、戻り方がもっとユックリ目だ。
さらに、ルアーに対して右に左にヒラを打ちながら追うのがメッキなのだが、この魚は一直線に追ってきてヒラを打たない。

推測するに、あの魚群はやっぱりショゴであって、ショゴの摂餌行動に触発されて、近くに居たメッキの捕食スイッチが入る。
ショゴがギリギリで見切って喰わなかったルアーを横取りする形でメッキが喰ったのじゃないかな~~~

さてさて

同じ場所ばかりやっていてもスレてしまうので、新しい群れを探してランガン。
TATさんオススメのポイントを幾つか回るも、、、、反応ナシ。
どんどん時間は経過して、終了の時刻が迫ってきました。

LINE上を見ると、関東方面の参加者は大会終了後の宴会モードに入っている人も多そうです(笑)

ラスト30分、今まで探っていなかった大場所へ~~~

ショゴ用のライトタックルでは、この大場所で釣るのは難しいですけど、とりあえずキャストォ~~~
しかし、反応があるのは、波打ち際で群れるフグさんのみ・・・・
時間が過ぎていき、タイムアップ寸前、波打ち際でグン!! を!! またフグか。。。 いやシルエットが違う、横ッ走りしてる。
抜き挙げると、久しぶりのショゴ~~~
タイムアップ3分前の事でした(^^;;;;
f0100885_14234191.jpg

終了ギリギリで2匹目ゲット。
続けてTATさんも釣りあげるも、終了時刻をほんの僅かすぎていた。入れ換えならず。。。

結果は3匹のリミットメイクならず、2匹合計44cm。
それでも4位入賞でした(^^;;; (って言うか、ショゴ釣った人が4人だけという)

今回は、TATさんガイドがあってこそ釣れた魚で、自分一人だと1匹も釣れないままだったでしょう。

関東方面メンバーは終了後は早速の宴会モード突入のようで、我々は帰る方向に移動しつつ釣り歩き、暗くなったので終了~

メッキとは違う難しさを体感したショゴ釣りでした。
TATさんお疲れさまでした。次は本格的にメッキ狙いですかねぇ~
[PR]
# by sierra-outdoor | 2016-07-16 23:21 | 海の釣り | Trackback | Comments(5)
7/9 梅雨増水の後
7月になり梅雨前線も活発。
東海地方もそれなりの降水があって、本来なら紀伊半島方面にショゴ釣り大会参加のために行く予定でしたが、釣り大会そのものが延期になってしまいました。

それで方針転換。

海がダメなら川だね、という事で降水量をニラみつつ、多分、大丈夫だろうと踏んでいつもの川へ向かいます。
それでも若干の不安はあったので川と並行に走る地点に、明るくなって川が視認できる時間帯に到達できるようにちょっとだけ遅めに出発。

道路から川の様子を見て、、とりあえず水位は高いものの、そんなに大増水ではなさそう・・・・

タックルを準備して、いつものポイントにエントリー、、、してみて、唖然。。。。
水位はともかく、濁りが酷い・・・ササ濁りを通り越して、いわゆる土茶濁りである。
今まで車を走らせながら川の様子は見てきたが光量が少なかったので濁りの程度までは判っていなかった。

一応、念のため数投してはみたが、反応もなくコレはダメだね~と判断。

濁りの原因を探るため上流に走らせると、とある大支流から真っ黒な濁り水が流れ込んでいる。濁りの主原因はこれか・・・
本流の方は、、、合流より上では多少は濁ってはいるけどまだまだマシなレベル。
それでは、本流を遡りますか。

本流のポイントを探ってみますが、、こちらも結構な増水で水の勢いは強い。
3箇所ぐらいのポイントを探るも無反応。
うーーん、魚が何処に居るのやら。
ただ、いつもなら早朝からアユ師さん達が入川してるハズですけど、小雨が降り続いているせいか、ほとんど居ないので、ポイントだけは自由に選べるのが幸い。
(車で入れそうな場所を偵察してるっぽいアユ師さんは多いですが)

ちょっと中移動して、少し離れた場所へ。

ようやくアユ師さん達が、チラホラ見られるようになった。
そこで、まだアユ師が入っていないポイントへ入川。
ココは、3年くらい前はぼちぼち釣れた場所だが、ここ2年くらいは少し土砂で埋まり気味で泣かず飛ばず。
今日はどうだろう・・・・

上流から順に撃っていくも、不発・・・流れと水はイイ感じなのだが。
このポイントの最下流区間にやってきた。

ダウンクロスに投げたDコン50に、突然ゴン!! 来たっ!?
次の瞬間に魚が水面を割って小さくジャンプ! と同時にバレた~~
今日初めてのバイトだったのに残念。サイズ的には25cm級に見えたのでそんなに大きい訳ではないが。

次のキャストでクロスに投げて強めにトゥイッチ、トゥイッチ。
すると濁った流芯の中で、ギランと閃く銀鱗。
デカっ、と思ったが軽く触った感触があったもののフッキングせず。その後のフォローのキャストでも二度目は無かった。
ちょっと今のは尺超えていたぞーー でも、これでようやく魚の反応が連続で得られてヤル気も出てくる。

続けてキャスト。
するとようやくヒット~~~
サイズはそれほどでもないが、激流の中、ローリングを繰り返す魚を慎重に寄せてみると、25cm級のアマゴ。
ようやく本日最初の1匹目だ。
f0100885_21511574.jpg

次へ小移動。
ここは大淵ポイントだがどうだろう・・・
アップクロスで投げて、トゥイッチを強めにアクションすると、淵のカケアガリの底からもんどり打って魚がバイト!!
目の前でそれを見ていて、喰った!!と思ってアワセを入れるが、一瞬、魚がヘッドシェイクした次の瞬間にフックオフ~~
あちゃーー 今のも尺超えていたのに・・・なんでバレた??

気を取り直して次のポイントへ移動するが、こちらは2人ほどアユ師さんが入っていて、一番美味しそうな場所で陣取っている。
止むを得ず、少し離れた場所へ、、、、この場も流れ的に良さそうなんだけど、先のアユ師さんが探った後なのだろうか、、、まったく魚からの反応がない。

ふと見ると上流の区間に一人、誰か釣り人が入っているがそれ以外に誰も入っていないので、あそこならまだ入れそうなので移動してみる。
区間、最下流で一人粘っているので、その人に邪魔にならないように離れた上流ポイントへ入る。

淵を上流から小刻みに探って、淵尻にアプローチするとミノーがU字ターンする所で向こうアワセ気味にドン!!
また来たッ!!
すると、またしてもフックアウト。尺を超えたであろう魚が水面下で身悶えしながら下流へ流れる・・・
これで3回連続で尺クラスの魚がバレた。
特に今のは完全にテンションが掛かった状態での向こうアワセなので、フッキングしないのはおかしい。

よーくフックを確認してみると、使っていたDコン50のフロント、リアの両フックともに、微妙に外側に曲がっている。
コレか!?バラシの原因は??
プライヤーで曲げて戻してみるが、もうこのフックはダメだろう。信用できん。
そもそもDコン50標準フックはちょっと細軸で頼りない。あのクラスの魚を釣るにはもっと太軸でないとイカンな。

そこでDコンからシュガーミノーSGに変更。
シュガーミノーの方は最初から、それなりの太軸フックが標準装備。

交換したシュガーミノーを投げてトゥイッチすると、川の真ん中でギラッと反応する。
続けてアクション続けると、ミノーをロックオンした魚が果敢にチェイス!!
喰わせのトゥイッチを小刻みに入れると乗った!!
よし、来たっ!!

アワセると同時に、暴れる魚をいなしつつ、寄せてくる。これもサイズは良さそうだ。
割と緩い場所で喰ったこともあり、流れに戻ろうとする魚を強引に止めて、いっきに寄せて抜きあげる。

よぉーーし、やっと釣れた。
体高もあり幅広の砲弾アマゴだ。尺を超えたかな~~~
フックを外して、メジャーで計測を、、、、と思って浅瀬に魚を入れる。
ふと見ると、アマゴの背中に、アユ仕掛けが・・・・
これは危ない、迂闊に触れん(^^;;;

浅瀬の水の中で暴れるアマゴ。アユ仕掛けがなければ抑えられるのだが、それも出来ずにおとなしくなるまで待つ。
するとフックが外れて浅瀬の中を右に左に走り回る。
それでも石で囲まれて流れから隔絶された浅瀬なので少々自由に泳がせても逃げ場はないワ、とタカを括っていたら、なんと石と石の間に隙間があったらしく、その隙間にダッシュして折角釣ったばかりのアマゴは遁走~~~
ありゃーー まだ写真撮影もメジャー計測もおえてないのに・・・・
それにアユ仕掛けを背負ったままだょ。

背中に引っかかったアユ仕掛けを外してリリースしてあげるから、イイ子だから帰っておいで~~~と叫んでもアマゴには届きません(^^;;
あ゛~~砲弾型のいいアマゴだったので撮影したかった・・・・・

でもシュガーミノーに換えて一発で釣れた。
まだポイントは続くので、また尺を釣ってやればいいや。と思いなおす。

続けて釣っていきます。
岩と対岸のコンクリート護岸の構造物が複雑に絡んだポイント。
この場所を探ると、U字を描くあたりで、再びドン!!
よし、また来たッ!!
これもサイズはいいぞ。
流れの中で激しくローリングを繰り返すのを耐えつつテンションを抜かないように慎重にファイトしつつ寄せてくる。

こんどは逃がさないようにネットでランディング。
よしよし、これで尺アマゴの撮影が出来る・・・・・あれれ、改めて見ると微妙に小さい??
メジャーを当てると、どう計っても29cm・・・・泣き尺じゃん。
ううーーーむ、ちょっと複雑な心境。
f0100885_21514328.jpg

でも、やっとバラシば無くなり調子が出てきた。今日の状況ならもう1回チャンスがありそう。

続けて場所を移動。
少しづつアユ師さんが増えてきた。探れるポイントはあまり多くはない。

超有名ポイントは4人くらい先行者ありなのでスルー。
そう言えば、あのポイントはどうだ?? と思い当たるフシがあり、そちらへ移動。

行ってみると、アユ師が1名。。。しかし大きめのポイントで一番下流へと下っているので、入るには問題なさそう。
アユの活かし用オトリ缶が水辺に沈めてあったので、きっと下流のアユ師がこの場で釣りしていたのだろう。
まぁ釣りの種類も狙いも違いので影響は少ないだろう。

流れの筋を見ながら核心スポットだけを撃っていくが反応ナシ・・・
やはりさっきまで人の気配があるとダメかな。
でも大場所なので念のため、もう1回・・・・
ダウンクロス気味に流芯を跨いでアプローチすると、流芯を過ぎた瞬間に、ドン!! キターーーッ!!

グリグリグリ~~~と猛烈なローリング。
これも良いサイズだ、テンションを緩めないように、でもあまり強引にならないように・・・じっくりと・・・寄せて・・・ランディング・・・成功!!
f0100885_2151578.jpg

よしよし、これも尺クラスのアマゴだ。
浅瀬でアマゴを水に漬けるが、念のためネットに入れて(笑)、メジャー計測。31.5cmなり、これは正真正銘の尺アマゴ。
f0100885_2152832.jpg

体型はややスレンダー気味かつ、銀化気味なので、小さめのモドリ、遡上系のアマゴかも知れない。(さすがにこのサイズでは遡上系であってもサツキとは呼べんね)
先程までの2匹はパーマークくっきりの砲弾系だったので居付きのアマゴだったが、この魚は下流部から遡ってきた個体だろう。多分。

これで尺クラスが6バイト、そのうち3本ゲットなので、やっと打率5割か(苦笑)

だんだん時刻も昼頃になり、小雨が続くものの、雲も薄くなり明るさが増してきて魚の反応が途絶えがちになる。
昼過ぎにこれまでアユ師さん達が大勢竿を出していて入れなかった区間が少し空いたので、入ってみて、1匹追加(これは25cm級)
f0100885_21521979.jpg


この魚を最後に、川からアマゴの反応が途絶えた。
とは言え、この日の活性は別格だ。
やはり降水による適度な増水と濁り、それに伴ってアユ師の入川が少なくポイント競合も少なかった。
これらの好条件が重なった結果だろうね。
なかなか巡ってこない好条件だったので、出来れば、あの6バイト中、5本は確実に獲っておかないとイケナイのですが(実際にうまくやっていれば5本、ゲットできたと思う)、この点が反省点ですね。

今年は、4月は良かった時もあったけど5月が泣かず飛ばず、6月以降はアユ解禁で、そもそも訪れてもいなかったけど、なんとか今回でそれなりの結果が出て、今まで釣行すれども釣れない事が続いて、辛酸を嘗める状況だったけど、ようやく報われたかな。

やはりこの時期はどの川でもそうだけど、釣れればサイズは良い。(本流で釣れれば。その釣るのが難しい)
ミニマムで25cm級、アベレージは28~30cmぐらいと言えるか。
ただ、当然このサイズだから簡単には釣れないけどね。
諸々の条件をよく絞り込んで、釣行タイミングと狙いの場所をよく吟味しないとコケる(苦笑)
竿を出せば釣れる、という程、世の中は甘くないですし(笑)

結局は、釣り場に通ってナンボ、ですかね~
f0100885_21522932.jpg

[PR]
# by sierra-outdoor | 2016-07-09 21:48 | 渓流釣り | Trackback | Comments(2)
6/26 久しぶりの川
かなりまとまった雨が2日前に降り、各河川も大増水。
何処に行くかなぁ、と考えつつ、久しぶりにあの川に行ってみよう、と思い立った。

2年ほど前に集中豪雨によって大打撃を受けて、川の流れも大きく変わり、川の周辺の道路も災害復旧工事で延々と工事していたため濁りが発生していたので、しばらく釣行を見合わせてましたが、工事も大方終わったようで、魚影もそれなりに復活している模様。
以前は良く出かけていたので土地勘はあるので、久しぶりに行ってみよう。

明るくなった頃、別河川の横を走っていく。窓から見える川は、かなりの濁りと水位が高い。
帰りに寄って見ようかと思ってたけど、これはチト無理かも(^^;;;

一日券をコンビニで買い求めて、目的の川まで走ります。

川が見える所まで行ってみると、濁りは、やや白濁してますが、釣り自体はなんとかなりそう。
でも、水の勢いはかなり強いです(^^;;;

こんな増水した時は、大淵のあるポイントがいいかな、、、と思って、過去の記憶を頼りに入ってみます。
以前は大淵が3つほど連続した流れでしたが、最下流の淵が土砂で埋まり、淵とは呼べなくなっとる(苦笑)

川を歩くと、渓相が変わっているのもありますが、それより土砂の堆積が目立ち、特に細かい砂が堆積して、そこに足を踏み入れるとズブズブと沈んでいく状態。
やはり2年前の集中豪雨の影響がかなり残ってるな・・・・

白濁した濁りも、増水による濁りではあるが、シルトっぽい濁りで、堆積している細かい砂が流された濁りだろう。

砂の堆積の影響を受け難い場所を探さねば・・・・
過去の記憶を頼りに、次のポイントへ。
こちらのポイントは割と岩盤主体のポイントなのでそれほどは埋まっていないのでは、と思って寄ってみます。

以前はなかなか良い流れでしたが、ちょっと平坦になってしまってますが、まだ沈んだ岩がゴロゴロしてる分、マシかな。
この場所でこの日初めてのチェイス!!
小型のイワナっぽかったけど、魚の反応があるのでちょっと期待します。

少し離れた上流に、岩が主体のいい感じの瀬が見えたので、そちらに行ってみます。
流れが激流になっているので、岩と岩の間のポケットを丹念に探ると、、、、コン!!とヒット。
20cmぐらいのアマゴでした。

2年ぶりの、この川で釣れた魚。
少し下流でも同じサイズのイワナが釣れて、魚はどうやら生き残っているようで、ちょっと一安心。

次のポイントでは1回だけ、まぁまぁのサイズの多分アマゴがバイトしてきたが、ショートバイトで終わり釣れず・・・

さらに移動し、大淵ポイントで2回、3回とチェイスしてきた魚を足元のトゥイッチで喰わせて釣れたのは20後半のイワナ君。
f0100885_22175618.jpg

なんだカンダと、ここまではそれなりに反応はあったが、朝からの小雨模様も上がり、太陽が照らし始めると魚の反応は無くなる。
6月も下旬、陽が差してくると暑い(苦笑)
f0100885_2218978.jpg

それでも今後のために、過去に釣れたポイントを一通り回ってみなくては。

以前、良く通った時に必ず朝イチに入渓するポイントに行ってみたが、、、そこは獣対策によってガッチリと柵が設置されていて、まったく入れない。。。。
電気柵ならば、たいてい何処かは人間なら通過できるようになってるのだが、ここは柵が設置されていて なんぴとたりとも通させん!! 的な柵になっていて入れない~~~
河原がなく、迂回して入ることも出来ない。
困ったモノダ・・・最近のシカ、イノシシなどの大繁殖がこんな所に影響するとは。。。。

止むを得ず、少し離れた場所を探ってみると、1回だけチェイス!!
しかし、チェイスに気付かず足元まで追ってきたその魚は、こちらの姿に気付いて遁走。

その後も幾つかのポイントを回ってはみたものの、思いっきり流れが変わっていて、以前の面影なし(^^;;;

太陽が照りつけ、暑くなって魚の反応も無くなったし、いちおう川の様子も判ってきたのでこれで撤収~~
魚影は戻りつつあるけど、川の流れは思いっきり変わっている事と、砂の堆積が酷いので、まだ復活途上と言った所かな。
今後も年に1回くらい訪れて、経過を観察していこうとは思います。
[PR]
# by sierra-outdoor | 2016-06-26 22:16 | 渓流釣り | Trackback | Comments(2)
6/11 ショゴ(シオ)探索
3月のメッキ釣りでお世話になった TATさんに同行して、ちょっと季節的には早めですがショゴ(シオ)を探しに海へ行きました。

ゆっくり目に出発して、紀伊半島の某所に到着したのは、お昼前くらい。
まずは、足元付近を探っていきます。

するとすぐにTATさんに釣れたのは・・・エンピツカマス君。
10cmちょっとのエンピツ君が沢山群れているようです(苦笑)
しかしショゴは居ません・・・
移動です。
f0100885_22103073.jpg

次のポイントは、TATさんの実績場のようですが、、、ここもエンピツカマスがたまに反応してくるだけでショゴは居ません。
時期的に少し早いか、または時間も遅い(もう真っ昼間だし)せいかも??

どんどん移動していきます。

次のポイントは、以前メッキ狙いで自分も何度か探ったことがあるポイント。
ただし、メッキとは狙うスポットが違っていました。
あちこち探っていると、、、少し離れた場所で釣っていたTATさんにヒット!!
手招きしているので、近寄ってみると、狙いのショゴが釣れた!!
サイズは可愛く20cmぐらいだったと思いますけど、もう釣れるんですねえ。

ベイトを追って回遊モードになりつつあるショゴの狙い撃ちパターンをTATさんが仕留めたのでした。

群れで固まっていないか??と思って周辺を広く探りますと・・・・なんか釣れた・・・
超小さいソゲ(笑)
f0100885_221165.jpg

もっと大きければねぇ、せめて40cmあればいいのだけど。

ショゴを探して、さらに移動していきます。

次は、昨年7月に実績のあった場所。
しかし・・・・ ショゴの姿は無し。ちょっと時期的に早かったかな。。。。

すぐ近くにメッキの実績場があるので、そこも覗いてみましたが、ウグイの大群が泳いでいたのみ。

昼食のため、近くのスーパーに寄って惣菜などを買い込んで、次のポイントへ移動。

この場所はベイトも多くて雰囲気良さそう。
昼食を済ませて、周辺を念のため探ってみると、、、TATさんが今年の新仔メッキの群れを発見!!

を~~すでに今年産まれのメッキも来ていますか~~
メッチャ可愛いメッキですけど、ルアーに反応してきます。当然釣れないけどね(笑)

この辺りから、ショゴ探索ではなくなり、メッキ探索モードへ・・・・(^^;;

3月にメッキが釣れた場所へ行ってみます・・・・
しかし回遊ナシ。うーん、なかなかこの時期は難しいですな・・・

小一時間ほど移動して次のポイント。
ここで、ジグのピックアップ寸前に何かの魚がバイト!?
しかし、一瞬だけ乗ったけどすぐにバレた・・・ 何だ?今の魚は・・・・

これは少し後になって判明。
離れて釣っていたTATさんが何か魚を釣りあげる。そして次のキャストでも竿が曲がっている。
をぉ、群れが入っている??
近づいてみると、それはメアジでした。
目の前、15mくらいにメアジの群れが入っているらしく、ガンガンと反応してきます。
そして、水温が高くなっているせいか、よく引くんですわ。
ヒットすると、ロッドを満月に曲げて対抗する。
ギュギュギューーーンと一直線に走っていくので、まるでサバのようなファイトです。
f0100885_2215246.jpg

何匹かメアジを釣って、まぁこの魚はエエか、という事になり移動。

その後、あちこち走っては、いろいろ探ってはみましたが、魚種不明の魚が1、2度反応はしてきましたが、釣れず。
そうこうしてるうちに夕方になってしまい、この日は終了。

ショゴは季節的にちっとばかし早かったみたいですけど、1匹は確認できたので、これからヨサゲですね~
7月以降、楽しめるのではないかと。
[PR]
# by sierra-outdoor | 2016-06-11 22:09 | 海の釣り | Trackback | Comments(2)
6/3-6 沖縄遠征2016
6/3-6 沖縄遠征2016

毎年恒例の沖縄遠征に行ってまいりました。
結果から言うと、毎年のように釣れなかったので、割とアッサリと行きまっせ(笑)




6/3

いつものように、セントレアから出発。
今回は朝イチの便で出発。
そんな訳で、午前中には那覇着~~

バスを確認すると、今さっき出たばかり・・・・(とこの時はそう思った)
次のバスの時刻まで50分近くあるので、那覇空港内で少し早めの昼食を取った後、バスの時刻に合わせてバス停に向かう。
しかーし、待てど暮らせど、バスが来ない・・・・ 多少遅れることはあっておかしいな??と思ってよくよく見たら・・・

土日の時刻表を見ていた!!ことが発覚。(ちなみに6/3は金曜)
自分としては休日気分だったので、土曜日と勘違いしていた(汗)
結局、さらに30分待って予定よりかなり遅れて宿泊先着。
まぁこの日は特別何かする訳でもないので、ええか。

ホテルに荷物を預けて、近くのレンタサイクルまで赴いて自転車を借りる。
まだまだ他の人たちは夕方にならないと来ないから、それまでライトタックル片手にフラフラと近場を回る。

去年はめっちゃ暑かった記憶があるのだが、この日は梅雨明けしておらず、今にも降りそうな気配。
あまり遠くに行くのもナンなので、近くの河口に行ってみる。

現地に到着した頃から時折、ポツポツと雨が・・・・(^^;;;;
傘をさしながらキャスト。
1羽のアジサシが近くを飛び回り、時折水面に突入しているので、ベイトは居るのだがなぁ。
1回だけ、至近距離でかなりの大きさのパシフィックターポンがジャンプしたのを目撃したので、その周辺を探るもノーバイト。
時折、今年産まれの赤ちゃんメッキが反応してくるが、あまりに小さい(^^;;

歩けるだけ歩いて、端の方まで探っていると、少し離れた場所でバシャバシャと小規模ボイル!!
ボイルが静まった直後にミノーを投げると~~~~ いきなりガッツーーーン!! キターーーーーッ!!!!
ガンガンと底に向かって走る~~~ これはちょっとイイ型か!?
なんとか走りに耐えて浮かせたのは26cmほどのメッキ。
ええ感じやん。やっぱ水温高い所のメッキはファイトがええねぇ。
f0100885_21381352.jpg

後ろにまだ1匹追尾していたので、コイツも仕留めねば・・・と思ったけど、その直後からドバドバと雨が降ってきて釣りどころではなくなった。
折り畳み傘しかないし(レインウェアも持ってきていたがホテルに置いてきた)、その傘も半分壊れて、傘の役目を果たさなくなってるし~
仕方なく自転車の所まで戻ると、地元アングラーが一人、竿を振っている。
様子を聞いてみると、なんでも前日にけっこう大きめのガーラ(メッキ)を掛けたけど、バラしたので、また今日もやってきたけど、雨で釣りが出来ないと言っている。
確かにね~~ ベイトも居て雰囲気は悪くないのだが、この雨は辛い。
雨雲レーダーを見ても断続的に濃い雨雲がかかり続けるみたいで、このままこの場で粘っていてもダメそう。

少し雨が小やみになったタイミングを見計らって撤収~~ しかし、途中でサバサバと降ってきて結局ズブ濡れ(苦笑)
自転車を返却してホテルに戻り、皆さんと合流して食事をしつつ明日に備えます。



6/4

早朝、林船長が迎えにきてくれて、港で準備しつつYOSEMIYA 3号艇にて出港。
昨日の雨から天気も好天となり、まぁまぁヨサゲな感じ。
f0100885_21383217.jpg

いつものよ~に、各ポイントを周りながらキャスト。。。。。
しかし、いつものよ~に、反応ナシ(苦笑)
f0100885_21384210.jpg

今年は、スイミング系ペンシルをもっと巧くアクションさせるために、ガンマ専用竿と呼ばれている
カーペンター TBLを導入したのだ!!

さすがはTBL、確かにガンマが狙い通り動いてくれる。今までのロッドではガンマの水面下でグネグネっとしたアクションを演出されるのに非常に難しかったのだが。
TBLは(そんなに簡単とは言わないが、まぁ何とか)狙い通りに動いてくれる。
これで釣れるゾー、、、と思ったのだが、無反応。

かなり時間が経った頃、N田君に待望のバイト!! しかし、がっつり喰ってくれず。
そうこうしてるうちにTAKEさんにもヒット!!
これが一瞬、乗ったのだが、バレた~~~残念。
M田さんにもバイトがあったけど、やっぱりバレた。

かなーり時間が経過した後(^^;;; TAKEさんにバイト!! しかし乗らん。。。まだ追ってる!! 再びバイト!!
よーーし、やっとヒットした~~~ けどなんかファイトがイマイチ???
上がってきたのは、真っ赤なお魚さん(バラフエダイ)でした。
GTフィッシングでは時々見かけますね。通称、金魚とも呼ばれています。
f0100885_2139553.jpg

そして自分にも待望のバイト・・・・・しかし、、、これはめっちゃ魚が小さかった(多分40cmぐらいの魚)
魚種不明ながら、やっとバイトはあったものの、魚が小さい故にルアーを持っていく事もなく、水面でもがいてアワセを入れる前にサヨナラ~~~

そして何も釣れないまま(ライトジギングでは何かしら釣れましたが)終了。




6/5

座間味島の民宿に泊まって、早朝から出撃。
まだ明るくなりきらないうちからポイント到着。
このポイントは前日の夕方、暗くなる頃にYPSEMIYA 5号艇がいきなりの連発バイトで多数のGTをゲットした場所。

そして答えはすぐに出た!!
f0100885_21392066.jpg

トモで投げていたAPOさんの3投目にいきなりのバイト!!
さすがに百戦錬磨のAPOさん、安定したファイトでしっかりとフッキングも成功して、ジワジワと魚を寄せていきます。
そして、3分後にはネットイン!!
やりましたねー
f0100885_21402672.jpg

f0100885_21405248.jpg

f0100885_21412428.jpg

30kgのGTでした。
f0100885_2141844.jpg

そして、無事にリリース~~~
f0100885_2142117.jpg

これで船中、活性が上がり、ガンガン投げる~~~
しかし後が続かず。

その後、M田さんにもヒットがあったもののバレた・・・・・

自分にはヒットもバイトも無いまま時間だけが経過。

この日は船酔いで倒れていたN田君がようやく午後になって復活して、ミヨシで投げているとヒット!!
ちょっとサイズはあまり大きくはないものの、慎重に・・・ でも船縁でフックアウト~~
数kgぐらいのカスミアジだった模様。
f0100885_21414922.jpg

結局、このまま2日目も終了して、2日間あわせてGTらしい魚はAPOさんの釣った30kg1匹という結果に。
ま~~毎年こんなもんやね(苦笑)
ここ何年か、GTファイトすら出来ていないのが悔しいが、しょーがない。また来年じゃ。




6/6

最終日はレンタカーを借りての陸っぱり。

早朝に出発して、初日にメッキが釣れたポイントに直行してみたが、ベイトも未足らず不発・・・
初めてのポイント開拓するために、他ポイントに回ってみると、ようやくベイトの姿が。
そしてミノーに反応してくるカスミアジの姿も・・・・ しかし、活性が低いせいか、フッキングには至らず。

一旦、ホテルに戻って、S太郎さんをピックアップして2人で陸ッパリポイントを巡ります。
しかし、この日は頼みの陸ッパリポイントですら反応が乏しく、何も釣れない、反応しない。
f0100885_21422212.jpg

午後の潮が動き出す時間を狙って、ポイントに行ってみたものの、それまで辛うじて降ってなかった空からドバドバと土砂降りの雨で車から出られずに、時間終了~~

陸ッパリもパッとしないまま沖縄遠征2016も終わってしまいました。

また来年ですね。頑張りましょう~
[PR]
# by sierra-outdoor | 2016-06-03 21:17 | 海の釣り | Trackback | Comments(0)
見落としてました・・・
5月下旬に、奄美の記事にコメントくれた方、すみません。
今になってコメント気づきました。

色々と、ありがとうございます~

また、これに懲りずに、今後ともお付き合い、よろしくお願いします。

以下の写真は先日の沖縄遠征のヒトコマ。ただし私が釣ったのではありません(笑)

f0100885_23413953.jpg

[PR]
# by sierra-outdoor | 2016-06-02 23:41 | その他の釣り | Trackback | Comments(0)
5/28 べとこん
アユ解禁を間近に控えて、自由に本流で釣りが出来るのも、あと僅か。
そんなタイミングで奈良からSIX君がやってくる。

それでは迎撃すべく、出撃です。

早朝にポイントに入りますが、前回よりさらに水位が下がっており、1カ月前と較べて30cmは下がっている。
ここ最近、必ず反応があったポイントでしたが無反応。

次のポイントでやっと反応があったけど、低活性でとても食いそうにない。
次のポイントでも、1、2回ほど反応があったが、やはりバイトしそうに無く、厳しい。反応してくるサイズもレギュラーのみ。

さらに移動。

次のポイントでは、、、真新しい足跡?
見た目、誰も居ないので前日かも? と思って釣り続行。

反応が無いまま、しばらく時間が過ぎ、何気なく投げたミノーに突然に衝撃が!!

川の真ん中あたりで、ガツーーーン!! キターーーーーッ!!!!

ギラギラっと銀鱗が光り、右に左に走る・・・・をぉこれはサイズええでわないですか!!

サツキ対応のタックルなので、ドラグは出さずにやや強引に寄せてくると、何度か右に左に魚が切り返した時にベリーのフックが外れたのか、テールのフックだけが頭の上あたりに掛かっているが視認できた。

ひ~~コレはヤバい~~~ しかし、頭の上にフックが掛かっているバイブレーション状態なので、魚はますます走る・・・・
手前数mまで寄せてきたけど、左に走って、その直後にピンっとフックが外れた~~~~

あちゃーーー、やってもーた(;_;)
あれはイイサイズだったので、獲りたかった・・・・ 目測で30数cmぐらいか。
銀ギラ銀だったので、トラウトは間違いない。サイズ的にサツキではないにせよ、モドリだったかも知れん。あぁ残念。
(ま、ニジマス、という可能性もありますけどね)

上流に歩いて行くと、先程の足跡の持ち主と思われる先行者発見。しかもルアーアングラーだ・・・・同じルアーでは後追いは不利なので、この場所を諦めて移動。

もう1箇所、別のポイントへ入ってみると、ここでもレギュラーサイズのバラシ。
あと魚種不明ながら40cm近い魚のチェイスも視認(ただし、これはニゴイの可能性大)

その後、反応なくSIX君と合流。彼は昼までしか居られないというので、手近な場所に入ってみますが、やっぱり反応ナシ。
魚の反応を求めて、支流へ・・・・
f0100885_21344526.jpg

ここではSIX君が入ってそうそうにヒット!!小型ですが、とりあえずボーズ回避(笑)
自分にも1匹ヒットしましたが、いつものごとく足元でバラす(苦笑)
f0100885_21345556.jpg

SIX君がさらにもう1匹、ヒットさせて、そろそろ終了の時刻。
f0100885_213556.jpg

帰る前に、有名な??ベトコンラーメンを食べる、というので、一緒に行ってみることにした。

かの地では有名なベトコンラーメン、今まで何度も店の前は通過してましたが、一度も食べた事が無いので、食べてみるか。

少々(かなり?)待たされて出てきました、ベトコンラーメン。
をぉ、なるほど美味しいではないですか。コレ。
思ったほど激辛でもなく、でもコクのあるスープ。トッピングのモヤシを炒めたのが美味しいね。

ラーメンを食べて、SIXくんを見送り、釣り再開。

そして夕方まで、あれこれ探るも反応ナシ。

夕方にあのバラしたポイントに舞い戻ってみますが、、、、あかん、先行者が入っている。しかも、やっぱりルアーアングラー。
他のポイントにも、エサ釣り師の姿は少なく、でもルアーアングラーがやたら目立つ。
今まで、ルアーなんて殆ど居なかったのに、これはサツキ狙いの釣り人が、このエリアにも遡上してきた、という事かな??

結局、釣れないまま終了~~

これで、今年のアマゴ系の釣りは、およそ終わりかナ。
アユ釣りが解禁すると、本流は占領されちゃいますしね。4月に尺上が釣れたのがせめてもの救い。
今後は7月くらいに梅雨の降水の直後を狙っての出撃か、もしくはトラウト天国の信州遠征のどちらかになって、だんだんとソルトの釣りに比重が大きくなっていくでしょう。
[PR]
# by sierra-outdoor | 2016-05-28 21:33 | 渓流釣り | Trackback | Comments(0)
5/21 久しぶりの出撃ですが・・・・
今年はGW中に背中を痛めて、GW中盤以降は釣りにもイケず・・・・(^^;;;
3週間ブリに出撃となりました。

まぁそろそろデカいのが出てきているハズ・・・・

早朝からポイントに入って、すぐにヒット!!
しかーーし、小さい・・・レビュラーサイズやん・・・・と思っていたら手元でポロリ。
ま、ええか、レギュラーサイズやし。

しばらくして、またヒット・・・・ でもやっぱしレギュラーサイズ。これまた足元でポロリ。

これらはオートリリース、つー事で(苦笑)

何匹かバラシやショートバイト、チェイスは確認できましたが、サイズが良くない。
しかも、チェイスはしてきてもギリギリで喰わん。
水質がクリアなのに、チャート系のド派手系カラーを使っているからか??

そんなこんなしてるうちに陽が差してくると、いつものように沈黙~~

あちこち移動しながら探しますけどダメダメ。早朝のジアイで釣らんと厳しいね。

仕方なく、初めて入る支流に入ってみますが、、、入川ルートが判らず、うろうろ。
なんとか入る場所を見つけて探ると、2度ほどヒットするも、やっぱしバレる(^^;;;;
あかん、本流に戻ろう。

真っ昼間になって、ますます厳しい状況。
あと、カラーが合ってないな。アユカラーでないとアカンかも。
いつもならアユカラー命なのですが、ここ最近は嗜好が変わってきてチャート系とか、そんなカラーのミノーが多くて生憎アユカラーのミノーがボックスの中には少ない。

現地の釣り具屋に飛び込んでなんとかアユカラーのDコンを2個ほど現地手配。
釣り具屋のおやじさん曰く、ルアーでも大きいの釣れるとるヨー、とノタマウのだけどね。

暑い中、あちこち探ってみますが、やはり反応ナシ。川の水位も低くなってるので厳しい。
さらに移動を繰り返して、この水量なら、この場所か!?と思われるポイントに入って、激流のド真ん中でヤット、ガッツーーンとヒット。
これですヨ、コレコレ・・・・
しかーーーし、寄せてきた魚はニジマスちゃん・・・
f0100885_2132411.jpg

なんでやねん、ここでニジマスかょ・・・ 滅多にニジマスなんて釣れないのに、どうも今年はニジマスが多いらしい。
その次も、ニジマスらしき魚をヒットさせたがジャップでバレた。
f0100885_21325451.jpg

夕方、早朝のポイントに舞い戻って、アユカラーDコンを遠投すると、、、をぉ、反応してくる!?
でも、やっぱりココでもバラし&バラし。

そのまま日没終了でございました。

結果的に狙いの尺クラスは1匹も姿見せず。
うーーーん、何処に居るのやら。
[PR]
# by sierra-outdoor | 2016-05-21 21:31 | 渓流釣り | Trackback | Comments(0)
5/1 GW突入
2016のGWに突入した、5/1、やっと用事も片づいて、ホーム渓流へ出撃です。

朝イチは、期待のポイントへ・・・・
しかし、早くも先行者がおるではないですかい・・・・ でも、大きなポイントかつ、自分が狙う場所とは全然違う所に居たので、ホッと一安心。

とりあえず~~~ 目の前の流れに向かってキャスト!!
3日前ほどに雨が降ったハズですが、すでに引き水も下がりきっており、透明度もクリアーで平水ぐらいか?

3投目、流芯からミノーが出てくる所で、ゴン!!と明確なバイト。
よっしゃーー、朝イチからイイネー
上がってきたのは 23~4cmの本流育ちらしいアマゴ。この時期のレギュラーサイズですな。
f0100885_1855894.jpg

この魚をリリースする。
f0100885_18686.jpg

そこからキャストして3歩動いてまたキャスト・・・・を繰り返して、10分後にまたヒット!!
f0100885_186173.jpg

状況はええですねえ。
それ以外にも喰わないけどチェイスはあるので、いい感じ。こりゃ今日は爆釣か!?
と思ったのだが。

世の中、そんなに甘くはない(苦笑)

時間が経過し、陽の光が、直接川面を照らし始めると、途端に反応が無くなる。
GWに入って3日目だしなぁ(^^;;;

大きく移動して、毎年この時期に入るポイントへ。今まで必ず誰かしら入っていたので、思うように攻める事が出来なかったポイントだけど、どうだろ??
人は居ないけど、きっと朝イチには誰かは入っていたと思われるが。

案の定、反応ナシ~~
で移動。

次のポイントは、濁った時は釣れる場所だが、今日は水がクリアなので難しいかな。
一応、探るだけ探ると、1回だけバイトがあったけど、フッキングせず。
うーーむ、予想はしていたが厳しいナ。

反応の無い時間が、どんどん過ぎて行く。

今まで、通過するだけで入ったことがない区間があるので、試しに入ってみる。
車が横付けできて、楽に入れる場所なので、いつも誰かが竿を出している場所で、今までは敬遠していたのだが。

平瀬が続く場所故に、狙いどころが絞り辛いが、出来る限り水深のある瀬を狙っていく。
とある場所でライズが・・・・ 見ている間に、パシャ、パシャ、とライズが広がる。
水面を見るとメイフライの一種がハッチしてる。これを喰っているなァ。

流芯でライズしているので、多分、アマゴだろう。
ライズしている魚は、ルアーでは反応しづらいが、まったくダメではないし、水面を意識して食い気が出てる分、反応させ易い事もある。
ミノーで軽く探って反応ないので、スプーンで、、、しかし、スプーンでも反応ナシ。
難しいねえ。

車に戻る最中、小さな落ち込みの真下で、ライズが1回、見かけた。
念のため、投げてみますか~~とミノーを投げると、ライズのあった場所でドバン!!とやや大きめにヒット。
をぉ、喰ってきた!?
しかーーーし、水面で暴れる魚は妙に金黒っぽい・・・・・ なーんだ、ニゴイかょ~~

と思ってどうせならフックが外れてくれないかな、と思いつつ、あしらっていたが、足元まで寄せて・・・・
あれ??ニゴイじゃないゾ。イワナか??
をぉ~~イワナじゃん。今年のイワナ第一号だ。

本流ばかりだと、イワナが釣れることが多くないので、貴重なイワナ。
かなりヤマトの血が濃い魚だ。尺には少し足りないけど、グッドなプロポーション。
f0100885_186447.jpg

その後、お昼を回り、今まで竿を出していなかったポイントも探りつつ、様子を見るが・・・・
殆ど反応がない。
ま、GW中はこんなもんかな。

次の雨が降った後が期待大ですな。
[PR]
# by sierra-outdoor | 2016-05-01 22:45 | 渓流釣り | Trackback | Comments(2)
04/16~18 奄美遠征
少し前に、熊本・大分方面で大地震が発生し、大変な状況になっています。
被災された方につきましては、早く生活が元に戻るようにお祈りすると同時に、自分も何かしら微力ではありますが力になれすよう、義援金などに参加したいと考えています。




4月に遠征に行くことは今までは無かったのですが、いろいろ紆余曲折もありまして、奄美大島に遠征となりました(笑)
実際には、JALのタイムセールが安かったので、ついポッと・・・・(^^;;;
(この機会を逃すと、同じ価格でタイムセールがあるかどうかも判らんし)

奄美を遠征目的地にした辺りから情報収集します。
奄美にはだいぶん前の過去1回、行ったことはありますが、その時は1日だけGT釣行で、他の2日は観光モードでした。
つまり陸ッパリは全くやってない状態。

今回は陸ッパリオンリーなので、情報をネットで調べてみると・・・・
なになに、けっこう型の良い巨メッキ(とりあえず本州のネイティブフィールドでは釣れない40オーバーを巨メッキと定義する)が春から釣れているみたいだ・・・・
よし、これをターゲットにしよう。
時期は、、、4月中旬。もっと後の季節の方が釣れる確率は高そうだが、休みの取り易さなど考慮に入れて4/16~18としました。

JALのタイムセールが思いのほか、安くて、思わずポチ(苦笑)
ただし、奄美への直行便は伊丹発。という事は、大阪まで何らかの手段で往復せねばならない。
伊丹発・奄美行きのJALは09:20出発。
という事は、遅くとも1時間前の08:20までに伊丹に着きたい。
前夜からの夜行バスで行くか、それとも始発の新幹線で行くか・・・・・夜行バスの方が金銭的には安いけど体にキツいので、今回は往復とも新幹線とする。

現地での移動手段も必要なので、軽自動車のレンタカーを確保。

あとは、どのタックルを持って行くか・・・・
過去の経験から、40、50メッキ相手には最低でもシーバスタックルが必要。
ロッドとリールは既存のタックルから選んで、ルアーのみ若干追加。

距離を飛ばす必要が出た時の事を考えると、9フィートのロッドを持って行くことも考えたけど、今回は偵察メインなのでとりあえず9フィートのロッドはパス。
シーバスロッドのうちマルチピースのパックロッドを基本として2セットとし、もう1つ念のため、通常の本州メッキを狙っているライトタックルも1セット持って行く。

ウェーダーをどうするか・・・・
夏になれば、短パンでそのまま立ち込めばいいのだが、まだそのまま立ち込むほどには水温が上がってなさそうなので、一番コンパクトなウェーダーを持って行く。
そうなると、釣り具だけで一番デカいダッフルバッグがパンパンになった(苦笑)

そんな準備をしつつ、出発当日を迎えたのでした・・・・




4/16

早朝、地下鉄の始発に乗って名古屋駅へ。

06:20発のぞみに乗ります。
確保した新幹線乗車券が自由席のみ対象だったので、少し早めにホームに並んで、都合の良い席を確保出来ましたが、自由席も出発間際にはほぼ全席埋まっていましたね。

のぞみは快適です、アッと言う間に新大阪へ。
地下鉄御堂筋線とモノレールを使って08時頃には伊丹空港に到着。
早速、荷物を預け入れし、余った時間は展望デッキで飛行機の離発着を見ながら時間を潰して、出発30分前には保安ゲートを通過。
予定通りに09:20に伊丹を飛び立ち、11時過ぎには奄美に到着です~~

奄美は蒸し暑くどんより曇って、今にも雨が降りそうな天気。
って言うか、南東方向からの風がメッチャ強いんですけど(^^;;;;;
まるで台風が近づいているかのような気配。

レンタカーを受取り、とりあえず目星をつけておいた手近なポイントに向かいます。

行ってみると、現地は激浅・・・まぁ干潮の時刻でしたし。
少し深くなってる河口域は地元の高校生と思われるカヤック部?の部活をやってたみたいで、水面でバチャバチャと・・・
念のため、激浅シャローで投げてみたけど、いきなりキャスト切れで貴重なジグをロスト。
うーーん、先行き不安です。

初日はあまり時間もないので、どんどん移動して行きますが、ふと目に付いた小さな漁港。
試しに入ってみます。
スロープ付近は無反応。少し離れた防波堤に誰か一人、先行者が先端でルアーを投げている模様。
ちょっと話をしようかな、と思ってそちらに移動しながらキャストをする。
すると濁った水の中からギランとチェイス!?
をぉ、居るじゃん。あれはメッキだな。サイズは小さいけど・・・
とりあえず最初の1匹を確実にゲットするか、と思って粘りますが、2、3回ほどチェイスはあったもののバイトも得られず無反応に。

先程見かけたアングラーと挨拶して話をすると、なんと、自分と同じく本州からメッキ遠征に来ている人でした。
非常によく似た遠征パターンで釣りの方向性も良く似ていたので、メッキ話に盛り上がります。
関東から来ていた、その方、何度も奄美を訪れているらしくポイントやパターンにも精通していました。
いろいろ貴重な話も聞けて、さらに、もう本日帰るからと、ポイントを書き記したマップまで貰ってしまいました。
どうもありがとう、関東の人。また奄美でお会いしたいですね。
(このブログを教えたけど、見てくれてるかな~~??)

貴重な情報を得て、ちょっと嬉しい気分。

この日は時間はあまりないので、限られた時間内で事前に想定した各ポイントを回って様子は見ておきたい。
どんどん移動します。

南東からの強風で、あまり条件が良くないかも、、と思ったとある漁港ポイント。
念のため寄ってみます。

確実に魚の反応を得たいので、本州用ライトタックルで足早にチェック。
漁港内は生命反応がないので、隣のサーフへ。
風が強く波も荒れ気味ですが何とか風下方向にキャストして波打ち際の少し沖側をチェックすると・・・
またまたギランと銀鱗が閃きます。チェイスだ!!
もう一度投げるとまた再びチェイス。しかし喰わんなぁ~~ 単独のチェイスなのでいまいち活性が低い模様。

ポジションを変更して再度投げる。するとゴン!!
来たーーーっ

今回の奄美ファーストフィッシュです。本州サイズですけど・・・・(^^;;;;
f0100885_21374570.jpg
<>

まぁなにはともあれ、最初の1匹には違いない。素直に喜びましょう。
しかし、さっき追ってきた魚はもう少しサイズが大きかったのだが。

しばらく釣り歩いて、良く似たシチェーションのポイントに差しかかる。
出そうな雰囲気・・・その一投目。
波間からワラワラッとメッキ群のチェイス!!
ここに居たかッ!?

もう一度投げる。丁寧にトゥイッチで誘うとゴゴン!! よっしゃー
ヒットしたメッキの後ろにギラギラと追う数匹。
f0100885_2138450.jpg
<>

取り込んだ魚を他の魚の影響のない場所にリリースして、またキャスト。
そしてゴゴン!!

しばし連発~~~ 楽しいな。
ただ、群れがあまり大きくなく、4匹ほど釣って2匹ほどバラしたら反応が途絶えた。
周辺で粘れば、また同じ群れが回遊してくる可能性もありますけど、この日は偵察せねばいけないポイントが多いので次へ移動です。

だんだん夕方が迫って来ます。
今回、本命と目しているポイントは2つ。これを今日のうちにどんな場所であるかは確認しておきたい。
しかし、意外と奄美大島って大きい島なので、ポイント間の距離があって時間がかかる。
さらに、地域特性だとは思うが、地元車の何割かの車は、たとえ信号のない一本道で走り易い幹線道路であっても、めっちゃユックリと走る(^^;;;
本州の車の流れに慣れていると、これはかなりカッタルイだろうな・・・・

やっと本命と思っていたポイントのあるエリアに入ったが17時を回っている。
強風が吹き荒れて、山がちな奄美大島、地形の形状の関係もあるが風が巻いているせいか、いろんな方向から風は吹きつけており、風裏が存在しない(^^;;

とりあえず本命その1に到着してみたものの、、、、なんだか生命感が無い。
とりあえず投げては見るものの、やはり反応もなく、ベイトの姿も見えない。
小型ジグを遠投してボトムまで沈めて探ってみると、微かなアタリと共に、スカッと切れた・・・・
この仕業はタチウオ?? エソ??
この手のジグはあまり持ってきて無かったので、残り1個となってしまい、温存せねば。
夕暮れが迫るので、このポイントは後にして本命その2へ急ぐ。

なんとか本命その2に到着したのは、もう暗くなる寸前。
とりあえず投げてみますが、ここでも風が吹き荒れており、殆ど何も掴めないままタイムオーバー(^^;;;

本命その1とその2でまったく釣れそうな感触が掴めなかった。
生命感も乏しい。ベイトも見当たらないので、時期的に早すぎたかな~という感もあり。

とりあえずホテルまで行く前に夕飯を、、、と思い、奄美郷土料理と言えば、鶏飯(けいはん)と呼ぶ料理がある。
この鶏飯で有名な店まで車を走らせなんとか営業終了の少し前に滑り込みセーフ(苦笑)
f0100885_21382855.jpg
<>
美味しい鶏飯を食した後、店を後にしてホテルにチェックイン。
早朝に自宅を出発して、いろいろな交通機関を乗り継ぎ、レンタカーで駆けずり回ったので疲れていたせいか、シャワーを浴びたら爆睡。




4/17

朝6時に起床してみると、ついさっきまでかなり雨が降ったようだ。。。。そう言えば朝方に寒冷前線が通過する予報が出ていたな。
夜明けと同時に出発する予定だったけど、少し遅らせてホテルの朝食を食べた後、7時頃に出発。

最初はホテルからほど近い防波堤へ。
しかし、昨日と風向きが逆になってて、しかも風が昨日と変わらず強い(^^;;;;
雨が上がったようだが、風が強くてちょっと釣りは無理~~~ 移動です。

風裏と思われる場所で、昨日チェックできていなかった漁港にやってきた。
しかし、潮が引いており生命感なく、しばらく探ってみましたが反応ないので移動。

次は、昨日釣れた場所へ。
この頃には太陽が差してきて、南国らしい雰囲気になる。
風も少し弱くなってきたようで、釣りもし易くなってきた。
f0100885_21395549.jpg

昨日、群れが見つかったポイントを探るも無反応・・・ま、昨日とは状況が違うしね。
歩きながら探り、ポイントの一番端までやってきた。
ここで何気なく投げたミノーにいきなりヒット!!
を~~来た来た。
こ、この鋭いツッコミと青い輝き・・・・ カスミアジだ!
f0100885_21385952.jpg
<>
やっぱりカスミアジはいい引きしますなー
2015シーズンは、メッキの漁獲は多かったけど、カスミは殆ど混じらなかったので、ちょっと嬉しい。

このサイズなら群れで来ていないか・・・と思ったけどその後は無反応。

漁港内を見て回って、反応が無いなぁと思っていたら、少し離れた場所に居た地元のおっちゃんが手招きする。
行ってみると、「デッカイ、ヒラアジが小魚を追いかけていたぞ!!」とのたまう。
その現場を見た訳ではないけど、同時刻にかなり離れた場所で、魚種不明だが大きめの魚の単発ライズは目撃していたので、あながち間違いでも無さそう。

タックルをライトタックルから巨メッキタックルに持ち替えて漁港周辺を探ってみますが、反応ナシ。
ま、そう簡単には釣れんですわね(^^;;

次のポイントへ移動。
ここはモロ、外海に面していて、めっちゃ豪快な場所。メッキのポイントと言うよりヒラスズキのポイントみたいだ。
これは釣れそう~~~ デカいのが居そう~~~ なんですけど、1匹だけ小さい魚が追ってきたのみで無反応。
ライトタックルだけでなく、巨メッキタックルでジグもブン投げてみたけどネ。
ここで掛けたら凄いだろうな~~ しかし万が一、ヒットしても取り込めないカモ。
f0100885_21392967.jpg

海沿いに移動して行くと、ふと目についたポイント。
ちょっとだけやってみようと寄り道して第一投目。
波打ち際でココン!! あ、来たっ。
かなり小さめの本州サイズですけど、釣れた。

同じように波打ち際で反応があって3匹ほど釣れるけど、サイズは変わらず。

ま、この場所ではこんなもんかな、、って思ってさらに移動。
f0100885_2141713.jpg

現地の釣り具屋に入って、少なくなっていた小型ジグを補充。
ついでにメッキ情報でもないかと思って店員に聞いてみたけど、最近はメッキの話は聞かないと・・・・(^^;;;
ううーーん、やっぱし時期的に少し早かったかな。

昨日探った本命その1まで、しらみつぶしで気になるポイントを全て撃っていくけど、天気が良くて海も綺麗なんだけど魚からの反応がない。

本命その1に到達。昨日とあまり変わらない状況。ただ天気だけは良くなったので、近くに家族連れが釣りを楽しんでいる。

あちこちルアーを投げるとやはり魚ッ気もなく、釣れん。
ジグを遠投して、反応ないのでジグを高速回収していると、すぐ近くの係留船の影から突然に20cm級の魚の群れ数匹が猛チェイス。
しかし、すんでの所で喰わない。
急いで船の際に投げると、再びチェイスはするが、、、ルアーの直前でUターン。すぐに船影に戻ってしまう。
なんだ?この魚は?? メッキじゃないな。
船影から飛び出してきてもすぐに戻ってしまうので、シオかな??
魚種不明のこの魚達も、そのうち反応もなくなる。

昨日から、各ポイントを探ってはみたものの、一部の場所でしか反応がない・・・
しかも狙いのサイズはまだ一度も見ず・・・
夕マズメを控えて、さてどうするか。

やはり昨日から、そこそこ釣れているあのポイントしか無さそうだな、と判断して午前中のポイントに舞い戻ります。

一番釣れそうなのは、やはりあの一角。
ミノーを投げて、探ると、波間から少し重目にドン!! 来たっ。ここは裏切らないねー
今までよりは、ややサイズが良さそう・・・
走られないうちにイッキに寄せて抜き上げる。
f0100885_21403585.jpg

を~~ちょっとサイズがいいかな。
メジャーで計ると33cmなり。
やっと尺を超えてくれたか。本州の天然環境ではこのサイズは出ないから、ようやく奄美らしいサイズに少し近づいたかも。
f0100885_21404724.jpg

もう1匹、同サイズがファイト中の後ろを付いていたので、もう1匹、、、と思って投げるも無反応。
そこから歩いて投げて、を繰り返して、1匹本州サイズを追加したものの、そこで打ち止め。
夕暮れが迫ってきたのでホテルに帰ります。




4/18 最終日。

この日も朝はどんより曇って、、、というよりパラパラと小雨っぽい雨が降ってきている。
昨日は天気が回復したのに、また雨模様とは。

朝6時にホテルをチェックアウトして、昨日、爆風で釣りにならなかった防波堤へ。
風が殆ど無いので、釣りはし易いですので、釣れなくても今度のためとも思って探ってみます。

予想通り、なんにも反応が無いですが(苦笑) ここは青物も回ってきそうな大場所。
どっちかと言うとショアジギングのポイントですね。
ジグをブン投げて回遊する魚を待つ、という感じ。

あまり残された時間もないので、足早に移動。
一昨日、昨日と釣れたポイントへ急ぎます。

頼みのこのポイントでしたが、結果的には本州サイズが1匹のみ。そうそう連日釣れる訳もないですね。
f0100885_21414848.jpg

あまり遠くには行けないので、空港近くで回ることにして、昨日の午前に寄ってみた漁港へ行きます。

状況的には昨日と大して変わらず、ベイトの気配もありません。念のため漁港の内や外、いろいろ探るも無反応。

最後に漁港内のド真ん中へ念のためジグを遠投。
フォール中に、微かにコツと当たった気がしたけど、そのままボトムまで沈めて、シャクって・・・・
あれ??
根掛かった?

いや、根掛かりじゃない、魚だ!!

重々しくファイトします。
係留ロープに巻かれないように右に左にポジションを変えて対応し、寄せてくると、、、を~~なにやらメッキっぽい魚。
あまり走らないけど重さだけはある。

バレないように寄せて抜き上げると、30cmのナンヨカイワリでした。
f0100885_2142544.jpg
<>

この魚が入っているという事は群れで来ているか??と期待しましたが、その後は無反応。
たまたま単独で居た魚が反応してきたのかな??

最後にもう1箇所、回りたいので車を走らせましたが、その頃から小雨が本格的な本降りへ。
奄美に着いてから、降りそうでギリギリ降らず、なんとかレインウェアは着用せずに済んでいましたが、とうとう雨が本降り。

最後のポイントもヨサゲな雰囲気でしたがベイトの気配もなく、魚ッ気もない。
雨の小やみの合間を縫って投げてみたものの、すぐにスコールのような土砂降りになって退散。

まぁこれが潮時なのでしょう。レンタカーを返却し、空港まで送って貰って帰りのヒコーキにチェックイン。

定刻より若干遅れてヒコーキは飛び立ち、午後2時前には無事に伊丹着。
新大阪からは、混雑するのぞみは避けて、ひかりに乗車して帰って参りました。
[PR]
# by sierra-outdoor | 2016-04-16 21:36 | 海の釣り | Trackback | Comments(9)



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism