3/5 春遠からじ
「冬来たりなば春遠からじ」
というイギリスの詩人が由来の諺があります。

意味は、冬が来ても耐え忍んでいれば、そのうち春がやってきますよ、という話。

渓流釣りがまさにそんな感じで、解禁はされたものの、なかなか魚の活性は上がらず、ちょっと耐え忍ぶ日々が今。
とは言え、釣ってる人は同じ厳しい状況でも釣っている、と言うのも事実 (^^;;;

例年通りであれば、3月下旬にならないと流れの中はネイティブの魚は釣れないのですが、閉じこもっていても仕方ないので、出撃です。




朝8時過ぎ現着。
天気予報では曇りだったのに、なんと小雨・・・・面倒だけどレインウェアの出番。

過去2回の釣行で支流が一番手堅いという状況だったので、まずは春が早そうな支流に行ってみますが・・・
ここ1週間雨が降ってないため、水は枯れ枯れ・・・
元々水量の多くない支流なので、底丸見え。
朝イチなのに、魚の姿がまったく見えませんし、川を歩いても走る魚も居ない。
せっかく入ったので、少しでも深い場所、淵を探りますけど、やっぱり反応ナシ。
水温は7度。
この低水温と渇水ではどう考えても釣れんナァ、と思い、小一時間で支流を見切って本流へ。

本流もけっこうな渇水気味・・・・
過去にシーズン初期にイワナが釣れた実績のある瀬のポイントを中心に探りますが・・・やはり反応ナシ。
それでは、、、と大場所に移動すると、タッチの差で他の釣り師に先行された(^^;; 考える事は皆同じか。
順繰りに各ポイント移動してみますが、反応が無いなあ・・・・
と思っていたら、とある大淵ポイントで表層をミノーでトゥイッチしてくると、ミノーの直後を追う影アリ。

あれ!?と思ったら軽くカツン!! とショートバイト。
ちょっと不意を突かれてバラシ(まァ、あのショートバイトではどう頑張ってもフッキング出来なかったと思うが)
やっと本流でも反応が出た??
次のポイントでも、流芯のド真ん中をミノーで探ると、ゴゴン!! 今度は明確に来たッ!!
グリグリ~~とローリングするので強引に流芯から引きずりだしてきたのは、多分アマゴの20cmほど。
よ~~し、と思ったが足元でポロリ・・・ あれれ~~~
せっかくの待望のヒットだったのに。
この時、水温は7~8度。

ただ、天然モノにしてはちょっとファイトの質が異なっていたので、成魚放流の居残りかも知れない。
バラシたポイントの割と近くに1~2週間前の成魚放流のポイントがあるので、そこから流れてきた個体かも知れん。
f0100885_2122120.jpg

この時点で正午。
仕方ない、ボーズ逃れの放流ポイントに行くか・・・と、移動。

この日の放流ポイントに行くと、まだそれなりに釣り師は入っていますが、なんとかルアーでも釣りになりそうな釣り師密度。
空いたスペースに入り、探っていくと、チラホラと成魚が追ってきます。
割と活性が高くショートバイトはしてくるのですが、ガッツリと喰ってくれなくてバラシの連続(苦笑)

それでも、7~8匹ほど釣りあげて、ボーズ回避。
釣った魚は、もう釣られるなょと声をかけて、全てリリース。

その後は、別の支流に移動して、ポイント新規開拓。
なかなかイイ感じの新規ポイントを発見。5月以降のやや増水してササ濁りになった時には良い魚が出そうだ。




結局、今回も天然モノは出ず(^^;;;
暖かい雨で増水した後の支流か、もしくは本流は水温10度を越えないと難しそうだ。
しばらくは、冬来たりなば春遠からじ、の精神で耐え忍ぼう(苦笑)
f0100885_21213660.jpg

[PR]
# by sierra-outdoor | 2016-03-05 21:20 | 渓流釣り | Trackback | Comments(3)
2/20 2月の雨
ホームグランドの渓流解禁から最初の週末・・・
解禁日が大増水で、釣り場が限られた事から、この日が実質的な解禁日とも言えますが。

前回の反省から、朝イチから現地入り。
明るくなる頃に最初の目当てのポイント到着。
早速準備して川に降りて行きますが・・・・ うーん?? 水がかなり引いているな。
15日の釣行から数日経過して、水がそうとう落ち着いている・・・・ まぁこれが平水で先日が多すぎた、とも言えますが。

最初の淵のポイントで早速反応が・・・・しかし魚が小さいせいか、フッキングせず。
フッキング重視でシングルフックからトレブルフックに交換しておいたのだけど。

先日、アイちゃんがなかなかイイ型を抜き上げたピンポイントはただの浅い流れと化しており、こりゃ瀬ではダメだな~~

次の淵でも反応はあるけど、魚がメッチャ小さい・・・・・
10cmちょっとの稚アマゴが掛かったけど、これはノーカウント(笑)
やはり、この川は水が出た時がいいみたい(過去も、出水した時しか釣れた記憶がないので)
小移動しつつ、この時期、魚が溜まってそうな落ち込み、小さな淵などを重点的に探るのですがま~ったく反応ナシ。
足場が良くて、長靴でも釣りが出来そうな場所なので、早くも釣り荒れているのか、そもそも、この区間は魚影が薄いのか。

少し大きく移動して、次のポイントに行くと、流れ的にはイイ感じだけど、やはり水が落ち着き過ぎかな。
しかも瀬が中心のポイントなので、この時期には魚が居るとは、あまり期待出来そうにない。
念のため、探ってみますが、やはり反応ナッシング。

朝9時を廻り、このままだと2月の月間ボーズになってしまうかも?? と思い、とりあえず放流魚でいいので1匹釣っておくか、と思って放流ポイントへ向かいます。

放流ポイントは大勢の釣り人が。。。。と思ったら、なんと1人しか居ない?? ナゼ??
その1人のエサ釣り師の人に聞いてみたが、確かに目の前で放流はしてくれたらしいが、放流直後に数匹釣れた以外、まったく釣れなくなったと言う。
割と大きなポイントなので飛距離を稼げるルアーが有利な場所なのだけど、どこに投げても反応ナシ。
ふと見ると、2匹3匹と目の前を泳いでいるが、、、、見える魚は釣れんの諺通り、反応してくれません(^^;;
あとからエサ釣りの人がどんどんやって来るので、この場は撤収~~

次のポイントも釣り人は居るが釣れてなさそう。少しやってみたが、やはり反応なし。
うーん、放流当日なのにね。(翌日にはこうなってしまう事は多々あるが)

その次のポイントが一番人が多かった。しかし釣れてなさそうなのと、魚は緩い淵のドン深に沈んでいる模様。
そこをエサ釣りの人たちが取り囲んでいる。これはルアーでは無理だな。

さらに次のポイント。
ここで、エサ釣り師が1匹、2匹と釣り上げるシーンは目撃出来たが、この頃から雨が降り出して皆さん撤収。
このポイントでも、ドン深のボトムに沈んでいる模様で、やはり釣れそうにない。

さぁ、困ったぞ。
どうも低水温の影響か、魚の活性が低いのは明白。
ドン深のボトムに沈んでしまっているようなので、これはルアーではキツい。

それでは、ドン深じゃない場所に行くか、、と思って大きく移動。

ちょっと小さな支流のポイントへ。
ここでもエサ釣りの人多数ですが、雨が本降りになってきたせいか、撤収していく人多数。
それでも結構な人が河原に残ってますけどね(^^;;;

雨が水面を叩いて、魚のチェイスが判り辛いが・・・・この場所でようやく反応が。
しかしショートバイト故にバレてしまいます。
淵尻に魚が溜まっているようですが、それらの魚は活性が低く、一応チェイスしてくるものの口を使ってくれない。

次に移動しますが、そこではあまりの浅瀬で魚が溜まりそうな場所もなく、少しやって移動。

さらに次へ。
ここは少し深い場所があるので、ここなら良さそうですけど、先行者が一番イイ所に陣取ってて、入る余地なし(^^;;
そこから下流に小さな堰堤があり、その直前にこれまた小さなプールがあるので、試しに投げると、をを、チェイスあり。
しかし、すぐ近くを釣り人が右往左往しながら歩くので、プレッシャーが高く、なかなかバイトせず。
この場所を見切って、上流の流れ込みを探ると、カッツーーン、やっと来たか。
なんとか1匹、放流成魚ですけど何とか釣れて2月の月間ボーズは回避(^^;;;
この場所で1匹追加して、さらに移動。
f0100885_22594974.jpg

次に向かった場所は、中規模プール。
雨がどんどん降り続くので、すでに誰も居ません。貸し切りです。
試しにプール中央に投げると、ルアーのすぐ後ろをワラワラと水面が乱れる・・・・
こりゃ活性の高い群れが入っているな。

プレッシャーを与えないように、ポジションを最適の場所に移動して投げる。
ゆっくりスローリトリーブしてくると、、、、ワラワラっとアマゴがチェイスしてヒット!!
管理釣り場的な釣り方ですけど、まぁ何も釣れないよりはね(笑)
f0100885_2301712.jpg

雨で少し水量が増したのが活性上昇に繋がったのか、他に釣り人が居ないのでプレッシャーが低いせいか、ここでは反応が続く。
数匹ほど釣りあげた頃、対岸に別のエサ釣りサンが入ってきたので、撤収です。

時刻は14時ころ。さて、どうするか。
雨は降り続くが、ひょっとしてこの雨で上流域のイワナが動き出しているかも・・・・・
と思いながら、止せばいいのに、上流域の手前にある某有名ポイントに向かうと、、、、ほとんど誰も居ない。
(フライフィッシャーが立ち並んでいるかと思ったのに)

ちょっとだけ投げてみよう、と思った第一投目、キャスト時に後ろの枯れススキに引っかけてしまい、大バックラッシュ~~~
あちゃ~~~、やってしもうた。
今シーズンからベイトフィネスもPEでやってるのだが、細PE故に、もう目茶苦茶になってしまい、回復不可能状態(^^;;;
降り続く雨もあり、これでココロ折れて、終わりとしました。

結果的に、朝イチのネイティブ狙いでは、チビアマゴしか反応してくれず空振りに終わり、あとは幾つかの放流ポイントを巡って、何とか釣れたという具合。
まだ水温が低いので、ネイティブは難しいですね~~
エサ釣りではネイティブも好調が噂されるので、そのうち釣れるとは思いますが。
[PR]
# by sierra-outdoor | 2016-02-20 22:58 | 渓流釣り | Trackback | Comments(2)
2/15 渓流・解禁
2016年も、いよいよ渓流解禁です。
今年の解禁日は、生憎、月曜日・・・
しかーーし、釣りのためには仕事を休んでしまうのです(笑)

今回は、月曜なので、アイちゃんと現地合流する予定。

・・・なのですが、直前に2月とは思えない程の大雨・・・大増水。
成魚放流も殆どの場所で延期になってしまいました。

でも、休みを取ってしまったのでね、行きますよ、釣りには。

早く行ってもしょーがない、、、と思いゆっくり起きた直後、アイちゃんからメール着信・・・
なんと、早くもツ抜けしてるって?? マジですかい??
増水が魚の高活性を引き出した模様。

こらイカン、早く急がねば~~~
一応、前の日に準備はしてあったので、朝飯も食わずに出発。

本流沿いの道を走っていくが、かなりの激濁。まるでダムが放水したかのような水色。
こら本流は釣れんワ・・・・
途中、いつも年券を購入する商店に寄り、2016年度の年券購入。
店のおじさん、今日は殆ど放流が延期になったで・・・・と言ってましたが、まぁ今回は放流は関係無いし。
唯一、放流のあった支流のポイントを偵察し、そのままアイちゃんと合流。

その後は、アイちゃんのガイドの元、いろんなポイントを回ります。
最初のポイントへ移動して、準備をしていると、すぐ横にクルマが停まります。。。出てきたおじさんが「釣れるか?」と聞いてきたので、「まだこれから始める所ですよ」と答える。
おじさん、「今日はシブいな~ イワナなら釣れたけどな」と意味深なお言葉。魚を見せてやると言うので、見に行ってみると、尺上イワナに20後半のイワナがクーラーの中に。
をぉ、コレはスゴイですね、いくら解禁日とは言え、この寒い中、そうそう簡単にこの魚は釣れるモノでもない。
成魚放流でもない訳だし。
きっとあのおじさん、自慢したかったんだろうな~~(笑)
でもあの釣果なら確かに自慢したくなるわ。

とりあえずアイちゃんと一緒に入渓。
2016シーズン最初の渓流です。
目の前に、なかなかヨサゲな淵があるので、そこを譲ってもらって撃って行きますが、、、、反応なし。
かなり水が高くて勢いが強く、ちょっとルアーでは難しいか・・・・ 下流に向かったアイちゃんを見るといきなり釣ってます。
7寸クラスの、この時期としては上出来のアマゴです。
さすがはアイちゃん、この高水位を見越して、岩と岩の間の緩流帯を攻めた結果のようです。
f0100885_2251689.jpg

その後もアイちゃんは同じクラスのアマゴを1匹追加。
私は、、と言うと、超小さいアマゴらしき魚の微かなショートバイトはあったのですが、掛からず。
移動します。

次の場所も4月以降だったら良さそうなのですが、、、今日の水の勢いと低水温ではちょっと厳しい。
ルアーでは全く反応のない同じポイントでも、アイちゃんはぼちぼちと小型ではありますがアマゴを釣って行きます。さすがです。
さらに移動します。

だんだん晴れ上がってくると同時に北風が強くなりつつあります。
この場所の再上流部にあるプールで何気なく第一投・・・・ うーん、ここでも反応ナシか、、、と思ってルアーをピックアップする寸前にその後ろを猛追する姿アリ!!
チェイスだ!!
気づいた時には、すでに遅くルアーは足元まで・・・・
しかし、解禁直後でスレていないせいか、見失ったルアーを探して足元をウロウロするアマゴ。
ひょっとして、まだ喰うか?と思ってショートキャストすると、またチェイス!!
しかし、水温が低いせいか、どうも動きが鈍くトゥイッチしてもミノーのすぐ後ろをパクパクとジャレついてきて、なかなかバイトしない。
一瞬、食った?と思ってアワセたが、、空振り・・・・
ス~~っと流れに消えていくアマゴちゃん。orz

この場所ではその後は反応もなく、移動です。

やや大きめに移動して、アイちゃんが朝イチによく釣れたポイントのすぐ近くへ。
最初のポイントで、チビアマゴですがカッツーーンと反応してきた・・・・ しかしフッキングせず。
次も足元までチビアマゴがチェイスはしてきましたが、、、そこまで。
山に太陽が沈み、どんどん光量が落ちていき、ルアーでは厳しい状況になり、結局、この日はボーズでした。

それでも、解禁早々にネイティブの魚の反応だけは得られた。
これからですね。
f0100885_2274548.jpg

[PR]
# by sierra-outdoor | 2016-02-15 22:03 | 渓流釣り | Trackback | Comments(2)
1/16 いつまで釣れるか・・・・
前回の釣行時が意外と結果が良かったので、味をしめて再び出撃。

タイドグラフ的にこの日は夕方が良くない・・・ので、久しぶりに朝釣行。

日の出ころに現着。
天気は穏やかで、波風もなく凪状態。
まずは第一投・・・・・ 無反応(^^;;;
いつもと同じく、投げては歩き、を繰り返して群れを探していきます。

開始後30分ほどして、ココン!!とこの日初めてのバイト!!
アワセると乗った!! よしよし、今日も釣れたな~と思っていたら、ファイト中にテンションが失われる・・・
フックアウトでバレたか・・・・しかし、何故バレたのだ?? と疑問に思う。

続いて投げると、またバイト!! しかしこれは乗らず。
でも2投連続でバイトがあったので群れが来ているのかも?
その後も、ルアーに触ってくる感触は時々あるのだが、どうもフッキングせず、ショートバイト気味。
活性が低いのかな~と思っていましたが。

ルアーを回収して、次のキャストに・・・・と思った時、ふとルアーを見ると、あれれ? フックの形状がおかしい事に気づいた。
よーく見てみると、フックが折れてる!?
これは最初のバイトでバレた時、この時にフックが折れたに違いない。
これでは確かにバイトがあっても乗らない訳だ。
早速、フックを新品に交換して、キャスト再開。
すると、再開後すぐのバイトでドン!!とフックアップ。やっぱりフックは新品が肝心(^^;;
f0100885_1428760.jpg

24~25cmのこの時期としてはレギュラーサイズ。ともかくボーズは逃れました。

その数分後にもまたヒット。
ここまではイイ感じでしたが、太陽の高度が上がってくると同時に、この後沈黙の時間が続く・・・・
風も横風が吹き出して、ちょっと釣り辛い。

先行者のエサ釣りさんが近くに居るので、ポジションの移動がちょっと難しい。
先行者の場所を迂回して、少し先に移動。
すると、先行のエサ釣りさんにヒット!! 見てる間に、その人は連続ヒット。
を、これは群れが回遊して来たのか??

エサ釣りさんが仕掛けを投げ込んでいる距離を見定めて、同じ距離を重点的に探ってみると、久々にゴン!!とヒット。
これで3匹目。

どうやら岸沿いには居なく、割と沖合に回遊ルートがあるようだ。
出来る限り遠投して探っていくが、、、その後反応もなく、撤収予定時刻になったので終了。

朝から頑張ってみましたが、3匹のみ。
そろそろ終わりが近づいているのかな、と言った所です。
f0100885_14282378.jpg

[PR]
# by sierra-outdoor | 2016-01-21 23:27 | 海の釣り | Trackback | Comments(0)
1/11 2016_釣りはじめ
2016年も始まりました。
年始はスキーなどに行っていたので、まだ釣りに行っていなかったのです。
ようやく親戚廻りも終わった、この日、やっと初釣りへ(笑)

連休の最終日ですが、ちょーっとミナミの方まで頑張って走ってみました。

釣り場へ到着。
誰も釣り人は居ない・・・・そりゃ暖冬とは言え、冬だしね(苦笑)

北西風がやや強いが、まぁそんなには気にならない程度かな。
とりあえず2016年、第一投!! シーーーン・・・・何事も起こらず。そりゃそうダ(^^;;;
一投して誘って少し歩いて移動、そして投げる・・・・ を繰り返す。

投げては歩きを繰り返して約10分・・・・ リフトしたルアーをフォールさせたら違和感が・・・・
軽くアワセてみると乗った!! やった、魚だ!!
やや軽い手応えではあるものの、、、メッキ特有のファイト。

2016年、新年あけましておめでとうフィッシュです。
f0100885_21132810.jpg

メッキの約20cm。

続けて、またヒット。
を~~これは群れが射程圏内に入っている?? いいカンジです。
f0100885_2113444.jpg


数匹ほど釣った後、遠目にキャストして、リフト後のフォールで、ドスン!!
ヲォォッ、コレはちとデカイかも・・・・
ゴンゴンと首振りしつつも左へ突進。
少し先に障害物があるので、それに巻かれないように右へ右へとポジション移動。
なんとか魚の向きを変えないと・・・・

抵抗しつつ、魚は方向転換して右へ走る。
それに合わせてこちらは左へ。

こんな事を繰り返しつつ障害物を避けながら、ジワジワと寄せてくると・・・・
幅広の魚体が見えた。
ヨッシャーー、ロウニンだ。
しかもこれは今季(2015シーズン)最大のロウニンだ。
f0100885_2114271.jpg

尺には届かない(27cm)が、いいねぇ、この体躯。GTの子供だね、ヤッパリ。
f0100885_2114165.jpg

この後、25cmサイズがゴンゴンゴン!!と3連発で釣れて、こりゃ明るいうちからこんなに釣れて、夕方はドーなる!?と思ったけども・・・
陽が傾くにつれて、段々と反応が途絶えがちになり、シブくなってきた。

群れを探して、あちこち歩いて探るも、反応ナシ。
どうやら釣れるのは最初に入った付近だけ。回遊もあの場所付近なんだなぁ、きっと。

先に入った場所に舞い戻るも、、エサ釣りさんが一番いい場所に入っていて、その場所は出来ない。

その周辺で探って、ポツ・・・・ポツ・・・・と釣れるが、サイズも小さくイマイチ。

しばらく粘っていると夕暮れになり、エサ釣りさんが移動したので、その場所へと再度入ってみる。

薄暗くなってきたので、ミノーでも釣れるカモ・・・と思いDコンをキャスト。
足元までミノーが来たところで、横からメッキが飛び出してきてヒット。
しかーーし、小さいナ(苦笑) この時期なのに13cmほどの超オチビさん。

ミノーの連続トゥイッチでも微かに魚が触ってくる気配は感じるけど、ヒットしない。
これはスロー気味でないとダメか?

シンキングペンシルに変更。
水面下を緩~~く誘うと・・・・・・コンッ!! クンッ!! ってなカンジでショートバイト。
これを何とか掛けて何匹か追加。
17時半頃になり、もうライトがないとダメな時間帯になってしまい、もうバイトも無くなったので撤収~~

結果は、、18匹。数的にはこの時期としては上出来です。
サイズも27ロウニンが出たので、尺まであと、もう少し。
イチかバチかの賭けでしたが、走って正解でした(笑)
[PR]
# by sierra-outdoor | 2016-01-11 23:11 | 海の釣り | Trackback | Comments(2)
あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします。

年末年始は恒例の志賀高原スキー。
今シーズンは暖冬故に、非常に雪が少なく、志賀高原ですら全面滑走は出来ませんでした。
まぁそれでも何とか滑って参りましたけども。

先日、初釣りにも行ってきました。

なかなか良い魚が釣れたので、こりゃ春から縁起が良いわい、ってカンジです(笑)
f0100885_20475450.jpg

詳細は後日・・・・
[PR]
# by sierra-outdoor | 2016-01-11 20:46 | アウトドアその他 | Trackback | Comments(0)
2015 師走、年末
2015年も残すところ、僅かとなりました。
年末間際の釣りの状況など・・・・・


12/23
午後から、出撃です。
この日は、生憎の天気予報で雨が降ってくるという話し・・・・
ぎりぎり雨が降ってくるのが釣りを終えた頃だといいな~~と思いながら現地まで行きますが、現地に着いた途端にポツリポツリと雨が・・・・(^^;;;;

しばらくは小雨っぽいので、レインウェアを上着だけ着用して様子見で釣りします。
開始して3分後、沖に向かって投げ、ボトムまでフォール、そしてリフトしてまたフォール、、、を繰り返していると、フォールした時にコココン!!とバイト!!
即座にアワせると乗った!!

グングンと引き込みながら右に左に走るメッキ特有のファイト。
足元のテトラにラインを巻かれないように慎重に、でも魚に主導権を与えないようにファイトして、水位が高かったこともあり、なんとかテトラを回避して取り込み成功。
初っぱなからイイ感じの26cmでした。
f0100885_2103184.jpg

この1匹を釣った後に、雨が本降りになる気配がしてきたので、いったん車に戻ってレインウェアを上下とも着用して釣り再開。

岸際をチビメッキが回遊している模様で、20cm弱が2匹ほど連続ヒット。
これを狙えば、数は稼げそうですが、ちょっとこのサイズじゃあね。。。となって、サイズの良い魚を探します。

かなり時間が経ってから、ボトム付近でヒット。
ちょっとファイトの質が違うな~~と思ったら、案の定メッキではありません。
キビレでした。
f0100885_2133231.jpg

その後、24cmほどのメッキを1匹追加したところで、夕暮れでタイムオーバーとなりました。



12/26
この日は釣り納めのつもりで出掛けましたが、、、、、、、
3日前はいい感じで釣れていたのに、この日はまったくもって魚の気配ナシ。

かろうじて、ソゲが1匹釣れたのみ。
メッキは1匹も釣れず・・・・(^^;;;;
うーーん、少し前まではそこそこ安定して釣れていたのになぁ。
これでは年を越せんやん。
f0100885_2185464.jpg



12/29
前回を釣り納めにしようと思ってたのに、あの貧果ではちょっと収まりがつかなくて(苦笑)
ちょっと半日だけ時間をもらって、午前中の釣りです。

朝9時ころから開始。
潮はいい感じですが、最初の1時間は無反応。
こりゃヤバいか。。。。と思った10時過ぎ、テトラの近くを探っていると、突然にゴン!!と衝撃が!!
よっしゃーー来た来た~~~

テトラの際なので強引に浮かせてイッキにゴリ巻きファイト。
ふ~~~なんとか釣れました。これで年を越せますワ(笑)
f0100885_2184128.jpg

この1匹で目標は達成できたのですが、少し欲が出て釣り続行。

しかし、その後、反応がありません。
1回だけ、ゴン!!と明確なアタリがありましたが、運悪くフッキングせず・・・・
群れで入っていないらしく、追いバイトがありません。

結局、お昼まで粘っても釣果はなく、2015年の釣り納めは1匹のメッキとなりました。



これにて2015年の釣りは終了です。
一年の総括は、、、あるのか??? 気が向いたら書くかも知れませんが、全般的には、春~初夏のトラウトは絶不調で、まったくもって今年はダメでした。

夏~初冬までのメッキは、今年は豊漁の年でもあったので、まぁまぁ釣れましたし、この年末まで、数は少ないけど、途切れることなく釣れ続いた年でもありました。

また来年の2016年も楽しませてくれるでしょうか??

来年の魚との出会いに期待しつつ、新しい年を迎えることになるでしょう。
この書き込みが2015年最後になるかと思います。
それでは、良い新年をお迎えください。
[PR]
# by sierra-outdoor | 2015-12-29 21:14 | 海の釣り | Trackback | Comments(2)
12/19 北西風が強い時は・・・・・・
いつもお世話になっている、Churinさんとメッキ釣りへ。

この日は、冬型の気圧配置で北風が強いという予報が出ていましたが、まぁ、沖釣りじゃあるまいし、大丈夫だろう・・・・とタカをくくっておりました(^^;;;;

朝イチ、風も弱く、天気も良く、絶好の釣り日和じゃん??という雰囲気。
しかし、あと1時間もすると、風が出るよ~~~と地元の人の話しも聞いた。

んん~~そうなの?? まぁ行けるトコまでいきますか・・・・風が強くなったら撤収すればいいし。
というお気楽な気持ちでスタート。

この時期、メッキが溜まっていそうなポイントを教えてもらったので、そこへ直行。
初めてのポイントなので、ちょっと勝手が判らないが・・・・
先行者は2組。少し距離を置いて入ってみると、、、、いきなりChurinさんにヒット!!
20cmを少し超えるメッキ。
イイじゃん、イイじゃん~~~~

と思ったのですが(^^;;;;

その後、沈黙・・・・・
群れが入っていないのか??
何度も投げ直して、またChurinさんにヒット。
アジ?? が釣れました。ちょっとマアジとは違う魚種だな~~~
(後から、この魚はオニアジと判明)

さらにChurinさん、チビメッキがヒット。
うーーん、自分にはヒットはおろか、チェイスすら無いんですけど・・・・・・(苦笑)

どうやら水面直下のミノーには反応が乏しく、ボトムまで沈めたジグの方が効果的な様子。

そこでジグに変更して投げ続けますが、釣り開始後、1時間経過したところで、、、あれれ、風向きが変わってきたナ・・・・
そして、少し前まで凪だった海面が慌ただしくなってきます・・・・
これが、風が出るよ、という話しの正体?

でも、まだ大丈夫だし~~と思っていたら、アッと言う間に波がザブンサブンになってきました。
風も強くなってきて大変~~~
先行者の2組は波風が強くなってきたので、そそくさと退散の様子。

うーーん、どうしよう。
せっかくココまで来たので、もう少し頑張ろう。先行者も居なくなったので釣り場は独占状態だし。

そこから、波や風の影響を受けないように、いろいろ工夫して攻めてみますが、波風をモロに受けるポイント故になかなか満足に釣りが出来ない。
それでも、ナントカ、この釣り方ならば、、、、というパターンを見つけて辛抱強く釣り続けると、、、、それまで全く反応のなかったロッドに衝撃が・・・・・

キターーーーーーッ!!

波間から姿を現したのは、25cmサイズのメッキ。やっと釣れたヨ~~~(ホッと一安心)
次のアプローチで、また少し小さいのがヒット。
さらに次で、またヒット・・・・・ を、これは少し前に釣れたアジモドキ(オニアジ)
さらに次でもショートバイトあり。

やっとジアイ到来か!?

しかーーーーーし、ますます強くなる風と波。
釣り自体がかなり難しくなってきたので、帰り道を考えるとこの場を撤収すべきか。

パターンが見えてきたタイミングですが、天気には叶わないので、この場から撤収を決める。
そこから、波や風に翻弄されつつ、なんとか撤収してきましたが、ちょっと久々に大変でした。
北西風が強い予報の時は、安全確実な釣り場がいいですね。。。。

結局、釣れたのはメッキ2匹にオニアジ1匹でありました。
f0100885_16385141.jpg





さて。

最初の釣り場から撤収して、ポイントを大きく移動。
次は、波風の影響が受けにくい安全なポイントです。

ただ、この場所はこの日の潮廻りだと、イマイチ的な場所なんですが、まぁ他に釣り出来る場所もないので、ココしか選択肢ないですし(^^;;;;

ポイント移動して、すぐにChurinさんにポンポンと2匹ほどヒット。
どうやら、メッキは居るみたい・・・・
しかし、私にはヒットありません。

小移動して、別ポイントも見てみましたが、北西風に強いのは、やっぱ先程のポイントだ・・・・
日没も近いので、さっきのポイントへ舞い戻ります。

夕暮れ近くなり、ド干潮に近づいています。
この場所は干潮時には釣れた試しがないけど、、、、他に行くポイントもないのでここで夕暮れを待ちます。

ふと見ると、この日、初めてみるベイト(イナっ子)の群れ。
ベイトの群れを直撃してみたが反応ナシ。。。。。おかしい、メッキは付近に必ず付いているハズ。
少し離れた場所に潜んでいる?? と思って、やや左手にキャスト。
すると、一発でドスン!! とヒット。

よーーーーっし、来た来た。
ちょっとこの重量感はサイズが良さそうだよ~~~ん。

ドラグが出るほどではないが、メッキ用ライトロッドが結構曲がります。
ゴリ巻きしますが、どんどん左方向へ横ッ走り・・・・ あかん、左手方向にはテトラが・・・・・・
急いで右方向にポジションを移動してテトラを躱す・・・・
すると、魚は方向転換して右へ走り出す。
いかんいかん、右にもテトラが・・・・・ すぐにポジションを左に変更。
すると、また再度切り返して左へ走る~~~ また、右へポジション変更。

そんな感じで魚の走る方向に応じて右に左にと移動しますが、、、、なにせ夕暮れに近くなっててラインの走る位置と、テトラの位置が判りにくい。
右と左のテトラの間が狭い~~~ あの隙間を通さねばイカン・・・・・・
なんとか、隙間へ魚を誘導したいが、、、、、、左へどんどん走って走って・・・・・・あ~~~テトラに擦れる感触が!!

と思った次の瞬間に、パッチーーーーーン !!

切れた・・・・・・・ orz

やはりPEは擦れにはメッチャ弱いナ。。。。
サイズ的には、多分、今シーズンでは一番。
尺は無いけど(尺クラスならドラグが鳴るはず)、でも25クラスなら、あんなに走らないので、27~8cmぐらいの感触かナ(魚の姿を見ず終いだったので推測)
残念。

ノットを組み直して続行する。

少し離れた場所で、Churinさんが1匹、釣りあげる。
しからば、、、と自分もポジション変更して、釣り歩く。
一番端まで行って投げていると、、、軽くショートバイトの雰囲気が伝わってきた。
そこで誘いのアクション&フォール。
コンコン!!
よしよし~~来たーー でも、さっきに較べると小さいナ。 約17cmのオチビメッキでした。

ふと見ると、またChurinさんのロッドが曲がってる。
どうやら群れを捉えた模様。
すぐにChurinさんの横に入れてもらってキャスト!!

ボトムまで沈めて、小さく細かくワンピッチジャーク。そしてフォール。
それを繰り返すと、ドン!!と一発来た。

今度はテトラなどの障害物が無いので、こいつは獲るよ~~~
で、上がってきたのは24cmでした。
f0100885_17202723.jpg

この後にも、やや小さいメッキが2匹ヒット。

結局、午後の部は4匹釣れました。
一発、まぁまぁサイズに切られたのは残念だが、こいつは年内にリベンジだ(笑)
[PR]
# by sierra-outdoor | 2015-12-19 22:21 | 海の釣り | Trackback | Comments(2)
12/13 師走の釣り
12月に入り、世間は師走モード。
あちこち渋滞しております(^^;;;;

12日に夕方、少し時間が空いたので、一番近いメッキ場へ行こうと思って車を走らせるが、、、あちこちで渋滞しており現着は日没30分前(^^;;;;
あかんやん。

それでもせっかく来たので夕暮れ迫る中、釣ってみましたが無反応のまま日没コールドゲーム(笑)




そして翌日の13日。
午後から時間が空いたので、前日の反省を活かして、早めに家を出る。
行き先は前日と変更。

15時すぎに到着し、釣り開始です。

ビミョーに潮が濁っていて、濁りのある時って良くない事が多いが・・・・・と不安に駆られながら投げます。
すると、数投目にヒット!!
20cm弱のチビメッキですが、釣れた。
よしよし、ボーズは逃れた(安堵)
f0100885_23133086.jpg

このサイズなら群れが入っているかな~~と思ったけど、1匹のみで無反応。
メッキを探しながら釣り歩くと、また10分後にヒット。
同じサイズのチビメッキ。

さらに釣り歩く。
まだ釣ったことがない場所まで歩いてきて、ここは過去には1度も釣った事が無いけどな~~と思いながら、何気なく投げると、いきなりガッツーーーン!!!!
キターーーーーーッ!!

を~~~コレはいい感じ。さっきとはファイトが全然違う。
濁った潮なので魚の姿が見えないが、ちょっとサイズが良さそう。
右へ右へと走る・・・・・手前のテトラに巻かれる~~~と思って、ポジションを右に移動してテトラを避けようとしてたら、フッとテンションが無くなる・・・・
あちゃ~~~~フックオフか。。。残念。ちょっとサイズ良かったのに。

でも、あの反応の仕方からして、群れが入っているかも。
すかさず投げる。
すると次のキャストでもガッツーーーン!!!!
よっしゃーー、これは逃がさないようにしなくては。。。。

今度は左に移動して、テトラをぎりぎりかわす。

ふ~~~、今度はなんとか釣りました。24.5cmでした。
f0100885_23134541.jpg



まぁまぁボチボチサイズを釣ったので、一安心。

その後、しばらく反応が途絶える・・・・・

夕暮れになってきて釣り人も増えてきた。
電気ウキ仕掛けがちらほらと見える。
だんだん薄暗くなってきて、そろそろ終わりの時刻。

あちこち釣り歩き、ふと立ち止まった場所。
手前に何個もテトラが入っているがその向こう側が怪しい・・・・・
ヒョイと軽く投げて、1アクションでガッツーーーン!!また来たッ!!!!
ギュギュギュ~~~と走る。いかん。またテトラがある。
なんとか手前のテトラをかわしつつ、巻かれないように強引に水面に浮かす。
2個、3個あるテトラの隙間をくぐらせて足元まで寄せてゲット。
さき程と同じくらいのサイズのメッキ。
f0100885_2314072.jpg

さらに、同じ場所で、もう1匹、ちょっと小さめがヒット。

合計5匹釣ったところで、日没ゲームオーバ~~~

なんとかカンとか、楽しむ程度には釣れたかな。
今シーズンはいつまで遊んでくれるだろうか、、、メッキ達は。
[PR]
# by sierra-outdoor | 2015-12-13 23:12 | 海の釣り | Trackback | Comments(2)
信州へ・・・・・
渓流が禁漁になり、はや2カ月・・・・・
まぁ、海の釣りがあるので、ヒマを持て余すコトはありませんが、トラウトの感触をたまには味わいたくなる。

という事で、この時期でも釣りが可能な(ニジマスですけど)、信州までプチ遠征。

今回は、釣り仲間のアイちゃんと一緒に行きます。

この川は、違う漁協管内は何度も訪れたことがありますが、今回の漁協管内は初めて。
スキーの行き帰りなどで、すぐ横は何度も通り過ぎていて、風景は知ってましたが、釣りを目的で訪れていないのでポイントはまったく判らず(^^;;;
ま、行けばナントカなるでしょう、って感じで気楽に向かいます。




現地に朝6時すぎに到着。
寒くて、道路横の気温計は1度とか0度。ぎりぎり凍らないぐらいの冷え込み。

まずは、目についた場所に行ってみると、釣り人が一人。ルアーアングラーです。
初めての川なので、一通り川沿いを走って傾向を見なくては。
川沿いの道を走りながら、車窓から、あのポイントは良さそう、あっちはエエ感じ~~みたいに二人で話しながら移動します。

しばらく走ったところで、一つの橋があって、そこから入れそうなので、とりあえず入ってみます。
重機が川岸を工事している場所らしく、その重機が動き出す前に探ってみようと。

二手に別れて探ります。
かなり押しの強い流れです。
川底が、重機が入っているせいか、細かい泥が堆積しているらしく、足を踏み入れるとズブズブと10~20cmは沈み込む・・・・
しばらく、その周辺を探ってましたが反応ナシ。ちょっと泥が被っているのが気になる。
しかも、そのうちダンプカーがやってきて重機が動き出した・・・・・
工事が始まるみたいなので、退散します。

次は、ネットでも情報があった放流ポイント。
とりあえず、手堅く1匹を、、と思って入ってみます。
駐車場のすぐ近くはドでかいドン深の淵なので、もう少し流れの変化のある場所まで川通しで歩いて瀬の流れがある場所でやってみますが、反応無し。

1時間ほどやってましたが、なんか段々濁りが増えてきた。。。。
上流で工事が始まったのでしょうか??

アイちゃんと合流して場所移動。ちなみに、この場でアイちゃんはチビニジを釣ったようです。

上流に向かうと、とある場所から濁りが無くなったので、工事現場より上に来たのかな??
良さそうな流れがあるので、そこに入ってみます。
大きな岩が点在する流れで、イカにも魚が出そうなんですけど・・・・・・うーーーん、反応がない。

上流へ歩きながら探って、一人先行者が先の方に見えたので、そこで折り返して下って、あちこち探るも反応ナシ・・・・
アイちゃんは私と入れ替わって、上流へ・・・・・

しばらくすると、アイちゃんが呼んでる。
50mほど離れた場所に居たアイちゃんの竿が大きく曲がってます!!
これはヒットだ!!

急いで流れの中を歩いて行くと、ランディングした直後。
なかなか良い型のニジマスをゲット。この川らしい、サイズですね。
f0100885_21303299.jpg

なんでも、目の前の淵と流れが絡むピンスポットの底ベタでヒットしたとのこと。
さらに、すぐに同じ場所で、アイちゃんが釣りを再開してまたアタリがあったと言う。
やはり流れが絡む深場の底ベッタリがこの日のパターン!?

それから、深場の底べったりを重量級スプーンで重点的に探っていきます。
しかーーし、ルアーには反応がない・・・・

アイちゃんも、ここならアタリがあっても良さそうなのに・・・・と首をかしげてます。
f0100885_2130425.jpg

あちこち探り歩き、昼ころになり、天気が良いせいもあり、気温がグングンと上昇。

再び下流に戻ると、朝よりは濁りが薄れてきたので、下流ポイントにも入ってみます。
淵から瀬、そして淵へ・・・と変化するポイントを丁寧に探っているつもりですが、相変わらず反応なし。
少し下流へ探って釣り歩き、そろそろアイちゃんのいる場所に戻ろうとしたら、上流からアイちゃんが歩いてきた。
なんでも、かなり大物をヒットさせたのですが、竿のトラブルが発生して、バラしてしまったと言う。
残念~~~~~

時刻も14時を過ぎて、そろそろ退散の時間が迫って来ました。
最後のポイントと思われる場所に入ってみます。
ここも、瀬から深瀬、そして瀬と変わる、いい感じの場所なんですが、、、、、反応がない。
うーん、魚が居らんのか・・・・ でもアイちゃんには釣れてるしな。。。。と思ったら、目の前、7~8mのところでいきなり35cmを少し超えるぐらいのブラウンと思われる魚が1m近くの高さの大ジャ~~~ンプ。
まるでコッチをアザ笑うかの如く・・・・

コンチクショーー、と思って、その魚がジャンプしたあたりを、探ってみますが、やっぱり釣れません。

そうこうしてるうちにタイムオーバー。

結局、個人的にはノーバイト・ノーチェイスの丸ボーズで終わりました。




一人で釣っていたなら「アカン、ここは釣れん、魚が居らん、もう二度と来ない」となるのですが、今回は同行したアイちゃんに、何匹かヒットし、大物もバラしですが掛かっているのですから、魚はやっぱり居る訳で(^^;;;
底ベッタリの様子だったので、スプーンでボトム付近を探ったのですが、それでもレンジがあって無かったのかな・・・・・という感じです。

今年はもう無いと思いますが、また来年、もう一度チャレンジしてみるかな。
[PR]
# by sierra-outdoor | 2015-11-30 21:03 | 渓流釣り | Trackback | Comments(2)



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
Churinさん なん..
by しえら at 21:12
しえらさん、おかえりなさ..
by Churin at 23:09
ココ最近、全く雨が降って..
by しえら at 21:27
手のヒラアジさん 先日..
by しえら at 21:25
Churinさん そう..
by しえら at 21:21
ども。 マメに記事アッ..
by 手のヒラアジ at 13:55
おー、しえらさんには珍し..
by Churin at 23:04
やはり土曜日は賑わってい..
by Churin at 22:59
都市型温排水の貴重なター..
by しえら at 20:49
なんとか釣れてくれました..
by しえら at 20:48
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism