03/03 解禁後の本流
3月と言えば、各地で解禁ラッシュです。
3/1をもって、近くの漁協は、ほぼ全てが一斉に解禁。
3月と言えば春~~ ではないですが、ちったぁ春が近いのも感じられ、平野部ではチラホラと梅も咲き始める頃。

解禁した、とある本流にChurinさんと一緒に行きました。



今年はやたらと雪が多くて、現地はドンだけ雪があるねん・・・と思いながら車を走らせますが、例年同じ時期に通ってるChurinさんいわく、去年より(積雪が)少ないなぁとの言葉。
北陸は豪雪だけど、こちらは大したことがないのかな・・・・
最近の天気もピンポイントで荒れる事が多いから。。

朝、7時すぎに現地入り。
入漁券を買い求め、まずはオススメポイントにエントリー。

今回のタックルもいつものベイトフィネスですが、ロッドだけは長め、強めのカーディフAX B64。
AXなのでエリア用ロッドですけども、パワー的にもアクション的にもフツーに自然河川で使えます。
まぁこれくらいのパワーのロッドだと、エリア用とかネイティブ用とか、あまり分けて考える必要もないですな。

このタックルでスプーン10gをブン投げる・・・・

が、、、

ロッドとの相性なのか(ルアーウェイト負荷が~7gなので)、10gのフルキャストがうまく出来ない。
バットパワーは大丈夫なのだけど、ティップがシマノ特有のソフチューブだからか?
7g以下のルアーウェイトの設計だからか?
フルキャスト時、サミングからリリースした瞬間に、スプール回転が極端に上がりすぎて瞬間バックラッシュ。
ベイトフィネスのリールで想定外の10gを投げるからか? (^^;;;
それとも単にヘタなだけ、という話しもありますが。

とにかく、フルキャストが難しい。当然距離が思ったほどでなくて流芯まで全然届かない。

Churinさんは7.2フィートのスピニングタックルでビシバシと遠投しているので、ココは7フィート以上のスピニングタックルの場所だなぁ(^^;;

しばらく探るも無反応で、次へ移動。

2番目の場所は、規模が先程より小さめなので、ベイトタックルでも問題なさそう。
路肩は除雪で積み上げられた雪の壁で駐車スペースが少ない。
辛うじて空いていた場所に車を停めて、雪原河原を歩きます。

まだ朝のうちなので雪も固く締まっており、注意して歩けばツボ足でも大丈夫そう(^^)

エントリーした直後の場所には前日の足跡がありましたが、少し歩くと足跡も途絶える。
ずんずん歩いて、先行しているChurinさんの後を追いかけて、とあるポイントへ。

早速、Churinさんに結構なサイズのチェイスがあった模様。をぉ、エエでわないですか。

やってみて下さい、、、と釣り座を譲ってもらえたので、どれどれと試しに投げてみます。
ここは流れが緩くて、先程と違って遠投の必要もないので7gのスプーンにチェンジ。

キャストしてボトムまで沈めて、水温が低そうなのでスローリトリーブに徹していると。。。。。
ポイントの最深部と思われる場所で、重目にグン!!ググン!!あれ?

念のためアワセると、ハッキリとした生命反応!!

かなり重目なのと、トラウトにしては最初の動きが鈍いので、外道かと思ったが、水面を割った姿はニジマスだ。
サイズは結構エエよ~~~ぉぉぉ。

足元までは比較的楽に寄ってきたが、サイズがサイズだけにここから粘る。
寄せては走り、寄せては走り。
ランディングしようとする人の姿を見ると体力に任せて走る。
それを何度か繰り返しつつ、やっと疲れてきたのか走りが鈍くなってきたところで、Churinさんにランディングして貰った。

f0100885_21581820.jpg

ふぅ~~ 釣れた釣れた、ええサイズですわ。冬を越したせいか、かなり真っ黒気味なニジマス。
尾びれの上側が欠けているのと、ちょっと痩せ気味ですが、これでも51cmでした。

いきなり出ましたか、このサイズが。。。さすがはこの川は出ればデカイですな。

初っぱなから釣れたので、気分は楽になる(^^)
Churinさんにどんどん先行してもらって、私は後を追う。

で、次のポイントへ。
ポイントの端の方でチョロっと探ってみる。
すると、、、コン、カツン・・・と小さくショートバイトが伝わる・・・チェイスしているか!?
10m少し先でスプーンを追う姿が一瞬見えたので、そこで喰わせのトゥイッチをチョンチョン・・・するとドスン!!
キターーーッ!!

をぉぉ、コレもデカイ!!
今度の魚はさっきよりも激しく暴れ、走らない代わりにラインを体に巻き付けてでも抵抗しまくる。
魚を確認するとブラウンだ!! ヨシヨシ~ (自分はトラウトの中では、ブラウンが最上位の価値観を持ってるので)

足元まで寄せてもドバババ~~と暴れまくって、ショックリーダー(フロロ7LB)を使っているとは言え、体にリーダーを巻き付けてファイトするので、ヤバぃ~~~
なんとかロッドを回して、リーダー巻き付けを回避。
小さくジャンプも繰り返すが、少し抵抗が弱くなってきた・・・・
ネットでランディングするか、、いや、近くの浅瀬に入れた方が早そうだ。
一瞬大人しくなった瞬間をみて、浅瀬に入れてランディング成功!!
f0100885_21581916.jpg
これはヒレも完璧なワイルドブラウン。
いつ見てもカッコええなぁ、ブラウン。
f0100885_21581995.jpg
メジャーで計ると54cm。
満足マンゾク(^^)/

そして、続けて釣り続けていきますが、あろう事か、これまで50オーバーを2匹も連れてきてくれた当りルアーをボトムまで沈めたせいか根掛かりロスト・・・あちゃ~~~~
反応が無くなったので移動します。

次のポイントもヨサゲな場所。
40~50cmが積もった雪原を突破します。これでも昨年より少なめとか(まぁ昨年も今年に負けず劣らず大雪でしたね)
エントリーした直後にChurinさんにまぁまぁサイズのバイトがあった模様。
やや深い場所なので、10gスプーンに戻す。。。と、やっぱりいきなりの根掛かりロスト。

どうしてもボトムばかり攻めると、ゴロゴロに岩が沈んでいる場所故にロストが激しい。
安めのスプーンが大量に必要だ(^^;;;;

朝から天気だけは良かったが、この頃になると、暖かくなってきて汗だく。
寒いかと思ってユニクロの極暖ヒートテックを着込んできたけど暑すぎる。
車に戻ってアンダーウェアを脱いでやっとマシになった。

次へ移動。

お昼になったので、軽く昼食休憩した後、エントリー。
またまた雪原突破ですが、昼になり雪が緩んできたせいか、ツボ足だと、ズボズボにハマってしまい歩くのに苦戦。
Churinさんはスノーシューを着用してるので楽ちんそうだ。
自分もスノーシューは準備してきたので、次のエントリーではスノーシューを履こう。

なんとか水辺まで辿り着いて、キャスト。
しかし反応ナシ。。。
どうも淵尻はダメだな。
淵の中央が良さそうだ。
Churinさんが探っていて、その後移動したので、そちらの釣り座に移動してダウンクロス気味にキャスト。
ゆ~~くりU字を描いてスローに誘うと、、、流芯からスプーンが出た直後、カケアガリに岩が沈んでいる場所でドン!!
狙い通りにヒットぉ~~~
これもサイズはそこそこ良さそうだ。
f0100885_21581834.jpg
釣れたのは、45cmのニジマス。
これはヒレピン、極上のグッドコンディションのニジマスです。
f0100885_21581837.jpg

なんだか自分ばかり釣って申し訳ない気分ですが(^^;;;;
名ガイドのポイント選択が的確で、確実に釣れるので、有り難いことです、ハイ。

解禁して最初の週末で好天予報だったので、かなり釣り人は多いだろうとの予想が外れて、そんなに多くはない。
(さすがに完全貸し切りではないが、割とポイント選択の余地はあり)

次のポイントで流芯の向こう側、水深が深めのピンスポットを探ると、またヒット!!
39cmのニジマスです。
この日はニジマスが多いなぁ。
もともとニジの多い川ではありますが、解禁当初はイワナも出てくれても良さそうなのですがネ。
f0100885_21581830.jpg

そろそろ午後の陽が傾いてきました。
次のポイントも雪で閉ざされて車では近づけず、かなりの距離の雪原を歩かねばナリマセン。
ここでスノーシューを投入します。
足跡もまったくなく、きっと今季入るのは我々が一番最初だろう。。。期待せずにはいられません。

気温上昇で緩み始めた雪原はスノーシューを持ってしても歩くのは難儀ですが、なんとか雪原を突破して、ポイントに到着。
この日の経緯から深場が良いのが判っているので、浅瀬はスッ飛ばして大場所へ。
先に到着していたChurinさんに早速反応があった模様。

少し離れた場所で投げていると、、、小さめのバイト・・・
念のためアワせると一応掛かった・・・この日初めての小さな(20cm台)魚・・・ニジかヤマメか・・・
ヤマメだったら、この日3魚種目なので嬉しいが、、、手前でポロリとバレてしまった。
ちょっとあのサイズにこのスプーンは大きすぎ(^^;;;
引き続き投げる。掛からないショートバイトがあって、このポイントは魚影が濃いのが判る。

手前までルアーが何事もなく帰ってきたが、、念のための小さくトゥイッチを入れると、それをチェイスする影。
よし、喰った。
7、8m先で暴れるのはまたしてもニジマス(35cm)
段々と釣れるサイズが下がってきたなあ(^^;;
f0100885_21581873.jpg

その後、ショートバイトが2度ほどあったものの、うまくフッキング出来ずに終了。
ただ、終了間際に止せばいいのに、ディープダイバーミノーを試しに投げたら、早速川底に沈んだ岩に根掛かってしまい、またまたロスト・・・・・ あのディープダイバー、高かったのに・・・(;_;)
ロストしたのは全部でスプーン3個にミノー1個。
渓流・本流問わずトラウトの釣りで1日でこんなにロストしたのは初めて鴨(^^;;;
この釣りは単価の安いスプーンの物量作戦が良さそうです。

最後に、朝イチのポイントに舞い戻ってみましたが、陽も傾き寒くなっており、反応ナシで終わり。

結果的に50オーバー2匹を含んで、ニジマス×4のブラウン×1。
釣行前は、サイズ問わず1匹か2匹釣れればイイかな~的に思ってましたので上出来でした。
支流に入れば、小さめのイワナまたは放流されたヤマメが釣れる確率は高そうでしたが、朝のうちに大型が出たこともあって久々の本流一本の釣り。
3月解禁早々に名ガイドのお蔭で良い釣りが出来ました。



今回はスプーンをメインを考えて、3~10gまでスプーンを用意してきて、やはりスプーンの釣りにはベイトが適している。
ただ、今まで使ってきたベイトフィネスタックルでは10gは重すぎ。
使って使えなくはないけども、ロッドのウェイト負荷にも適合していないせいもあって、10gをフルキャスト出来ないので結果として飛距離が出ない。
5~7gの方がフルキャスト出来るので安心して投げれる。
そもそも10gなんてベイトフィネスの範疇ではなく、通常のベイトタックルを使え、という事ですナ(^^;;

ホーム河川でも、今の時期に同じような釣りが出来るとイイのですが。
環境も魚種も違うので難しいかナ・・・でも、絶対無理とも思えないので、今回の釣行をヒントに新しいパターンでも開拓してみようかとも思います。

[PR]
by sierra-outdoor | 2018-03-03 23:56 | 渓流釣り | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://sierra21.exblog.jp/tb/29634121
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by rise at 2018-03-07 17:20 x
やっぱりスプーンでの釣果は、鱒がかっこいいですね。某バトルでスプーン縛りやってますが、ここ1ヶ月ほどでロスト10個。キビシイです(汗)
Commented by しえら at 2018-03-07 22:03 x
おひさです。riseさん
やっと、某バトル、4魚種目(笑)
到底、上位の人には敵いませんが、やれるだけやってみます。
どうしても、この手の釣りはロスト地獄は避けられませんネ(苦笑)
Commented by Churin at 2018-03-07 23:35 x
先日はおつかれさまでした。

大物爆釣でしたねえ。
天気が良くて暖かく、水加減が良いうえに釣り人も少ないという、解禁当初としては滅多に無い好条件で良かったです。
なのに私は1匹も釣れませんでしたが。(^^;
Commented by しえら at 2018-03-09 20:38 x
Churinさん
先日はお疲れ様でした。
名ガイドのお蔭で、よく釣れました(^^)/
まぁガイドする方、される方、両方釣れる事って滅多にないので・・・・
今回はChurinさんのオモテナシが私の幸運に繋がったのかな。
また、よろしくお願いします。
<< 03/10 レンジって大切 02/25 PNBはナンとか... >>



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism