04/01 現地で桜が開花
平野部では桜満開。そろそろ桜吹雪になりつつある。

現地ではどうなってる?
そろそろ本流ネイティブも目覚めている頃か?
いつものホーム河川に向かいます。



川を横目に見ながら走っていきます。
桜の開花状況は、平野部は満開で、ホーム河川の漁協管内に入ると、そろそろ開花しつつあり。
いつも釣りをしている区間で最も近い場所で3分咲き。
まずは、最初に走って標高の高い最奥エリアから始めます。まだこの辺りは蕾はピンクっぽくなってるが開花していない。

朝9時ころ目指すポイントに到着。
川を見てみると対岸の遠目に一人竿を振ってるエサ釣り師がいるのみで、こちら岸は空いている。
だいたい4月初には釣れ始める瀬なので、この日はどうかなぁ・・・

ここ1週間は雨が降ってないので本流の水位も落ち着いてきてはいるが、今年は積雪が多いせいか、雪代の影響もあり平水より+10cmぐらいかな?
水勢も結構強くて、この時期に、この早い流れで反応してくれるかどうか微妙。

とりあえず~~ ルアーをキャスト。
アレキサンドラでサクっと表層をチェックするも、案の定反応ナシ。
それでは、、、と先日の様に潜行レンジを変えて、ディープダイバー系を投入するとグイグイ潜ってくれますが、この水勢では流水抵抗が強くてミノーが流れに押されてしまい狙ったラインをトレース出来ない(^^;;
しかも、底石にガンガン当たって、手前で石と石の間に挟まる~~
岩ゴロゴロの瀬には向いてませんなぁ。でも先日の様にレンジを合わせないと喰ってこない状況もありそうだし。

一通り探るも無反応、やはりまだ瀬釣りは早かったか(^^;;;

って事で、次は淵を狙います。ここなら深さ的にもディープダイバーでも大丈夫。
しかしやっぱり反応ナシ。
魚は何処へ・・・・??

もっと上流部の偵察のため、本日探ろうと想定していた最上流エリアまで走ります。
チラホラと釣り人も居て、釣れそうな気配はありますが、ここでも水勢が強め。
反応も乏しく空振り。エサ釣りの人は多いので、エサなら釣れてるのかな?

結局、午前中は無反応のまま過ぎ去ってしまった(^^;;
見た感じでは、目ぼしいポイントはほぼ誰かしら竿を出していたので、午後の釣りは先行者後追いになります。



午後の部、開始。

まずは実績場へ、、、、先行者アリ。ちょっと時間を置いてあとから入ろう。

次の場所は、5月以降が良い場所だが、念のため様子を見に行く。
ココは毎年、重機が川の中に入って河床を荒らすので、最近は流れが安定せずにイマイチの場所(^^;;
案の定、今年も思いっきり河床が変わっている(^^;;;
3年くらい前まではそこそこ変化のある良い流れだったのに、一様に平らな瀬になってしまっており、しかもこの時期には釣れそうにないナ。

対岸はまだマシなので対岸まで大きく迂回して入ってみたが、無反応。。。。
やはりここは1カ月後からの場所ですな。

先程、先行者が居たので見送ったポイントに舞い戻ると、、、先程の先行者らしき釣り人は対岸に移動して釣っている。
ま、対岸なら問題なかろう。少し前まで先行者が入っていた場所なので、果たして釣れるかどうか判らんけど、自分の実績場なのでダメ元でやってみる。

数メートル歩いて投げて、歩いて投げて。
いつもよりは小刻みに丁寧に探って、、、そろそろ核心部分に差しかかった。
クロスからダウンクロス気味に小型フローティングミノーを投げる。
ちょっと前から意外と魚からの反応が良いフローティングミノーなのだが、如何せん、小型&フローティングなのでウェイトが軽くてベイトで投げるのに苦労する(^^;;
特に、午後から風が出てくるのが常なので、この風が逆風になったり横風になったり。
ブレーキを強くするとバックラッシュしないが、飛ばない。
ブレーキを弱めると何とか釣り可能な距離が飛ばせるが、ちょっとした事でバックラッシュ(^^;;;
横風を受けると、風に弱いPEラインなので、風下に煽られて流されてしまい、これが余計なスプール過回転を招いてバックラッシュを頻発させるんだな・・・・

風とバックラに悩まされつつも、何とか釣り続けると・・・・
U字を描いてトレースしたミノーが流芯に差しかかった所で突然にカッツーーーン!!

キターーーッ!!






しかし、一瞬のハリ掛かりしたがすぐにバレた・・・・
でもやっと本日の初バイト!? ヤル気が出てきた。

同様に攻めていくと、少し下流でもカッツーーーン。。。。しかし即バレる。

ここには魚が居る、、午後になり午前より2度ほど水温も上がったのでジアイ到来か。

丁寧に探って、、先程見かけた先行者が執拗に探っていた瀬に差しかかる。
さっきエサ釣り師が竿を出していた場所だからプレッシャーが掛かっているかな、、と思いつつも投げる。
U字をピークを過ぎた所で、カツン!! 来た!! まだフックに触ってない。
もう一度小さくトゥイッチを入れると、再びカッツーーーン。

よし、来た!!

グルグル~~とローリングしながらも20cm弱のアマゴがヒットぉぉぉ。
ようやく釣れました。
これは本流ネイティブかな。。。
周辺では過去1カ月以内に成魚放流もされているので、残留成魚の可能性もあるが、口先が尖っているのと色艶も成魚っぽくないので多分、ネイティブでしょう。キット(苦笑)
f0100885_20534202.jpg

午後になりやっとアマゴがルアーに反応してくるようになった。

同じパターンが通用しそうな瀬のポイントをランガンしていく。
だが、目星を付けていた場所には、先行者が張り付いている。

止むを得ず別のポイントに行くが、ちょっとココは狙いの流れと違う・・・ ヤッパシ反応ナシ。

それじゃ、、いつもエサ釣り師銀座となってる某有名ポイントに向かうと誰も居ない。
よし、今日は広々と探れる、、と思ったが、誰も居ないのは釣れてない証拠か(苦笑)
良さそうな流れなんだけど無反応。

どんどん陽が暮れていくので、残された時間も少ない。
帰る方向に移動しつつ、気になる場所を探ってみるか。。。

次に移動した先は、一番肝心の場所に2名ほど先行者が粘っているので、少し離れた場所に入ってみたが無反応。
これはさっきまで誰かが竿を出していたっぽい(^^;;;

夕暮れまであと僅か。
サクっと次に移動して時間的にもラストポイント。

薄暗くなりサイトが難しい時間帯ではあるが、とある場所でダウンクロスに投げたミノーの後ろに、何か影が見えた・・
トゥイッチを入れると、ゴゴン!!

キターーーッ!!

やや痩せ気味ではありますが、これは正真正銘のネイティブアマゴさん。
サイズもこの時期としてはまぁまぁ(23cmくらいかな?)

f0100885_20534261.jpg

この魚を有終の美として、この日は終了~~



結局、午前中は何の反応も得られず。
水温が上がった午後にようやく釣れた。
それでも本流でネイティブが動き出したのは感じ取れたので、やっと本番シーズンになったかな。

これから現地でも桜が満開になり、散った頃から本流の釣りが楽しくなるだろう。

[PR]
by sierra-outdoor | 2018-04-01 22:52 | 渓流釣り | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sierra21.exblog.jp/tb/29703379
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 04/05 花見と釣り 03/25 陽気は春ですが >>



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism