07/07~07/10 2018年奄美大島の旅・その3
7/9 朝

台風8号が接近しているので、前日の午後で太平洋側はけっこう風も強かった。
とりあえず、いつものポイントへ。ここは風に強いポイントなので。

朝イチは、前日と同じくベイトの気配も生命反応もある。ただ、前日のようなボイルは無いなぁ。

巨匠、commyさん、TATさんはウェーディング。
自分は、ちょいと歩いて別ポイントへ。

すでに潮がかなり引いていて、潮の動きも感じられず、レギュラーサイズが1匹チェイスしてきただけで反応はナシ。
皆さんの場所に戻ると、巨匠がまぁまぁサイズのオニヒラを釣った模様だ。
f0100885_22481484.jpg

この魚は、巨匠が釣ったオニヒラ。

それでも少し離れた場所でドバババ~と前日のようにボイルが発生!!
しかし瞬間的なのでものの数秒で消える。当然遠いので間に合わないし投げても届かない。

その後、何を投げても反応ナシ。前日より状況は悪化している感じ。
こりゃ期待の朝マズメなのに困ったナ。
初日、二日目の感触からして、朝夕のマズメを外すと昼間は期待できない。

次へ移動。
まだ朝マズメの時間帯が残っているので、何かしら釣れないか、、と。
しかし淡い期待も虚しく、すでに風が強くなっており、釣りが難しい。
小一時間探るも足元にたまに小型カスミアジの群れが見られるが、非常に活性低く、とてもバイトしてくるとも思えない。

風がアゲンスト覚悟の上で、前日の巨匠奄美洗礼のポイントに行くと、ちょっと風が弱くなってきた。
これならルアーは投げられる。
巨匠と二人でウェーディングして投げる、投げる。

シーーーーン、、、反応無シ(^^;;;

風は釣りが出来ない程ではないので、何とかなるが天気は良いのですぐに喉が乾く。
車に戻って水分補給。
ちょっと眠くなったので車内で仮眠~~~

小一時間眠ったら、巨匠も戻ってきていた。
前日と同じ時間(上げ潮が動き出すタイミング)まで粘っていたそうだが、反応は無かったとの事。

別行動のTATさんcommyさんの状況を聞いたら、随分と北上して島の北部まで移動していた。
きっと、有名店の鶏飯を食べたかったのだろう(笑)
さすがにこれから島北部まで走れない、つーか、あの店の営業時間に間に合わない。
お昼はお互い別々に取ることにした。

街まで戻りつつ、2箇所ほど探るがベイトの雰囲気は若干感じられるが釣れる対象もおらず。

昼飯の場所を探して、前日晩のレストランに行くと、あ、昼の営業が終わってる・・(^^;;
もう探すの面倒なのでコンビニ弁当で済ます。

お昼過ぎ、天気はおおむね良いのだが台風8号接近のため強風が吹き荒れている。
情報を得るために地元ショップに入って、ルアー購入がてら状況を聞いてみると・・・

前日の夕方に40クラスのMTが釣れたらしい。
場所は前日の夕方にカップルらしき2人が釣っていた場所だ。
やはり夕方か~ 太陽が傾いた頃になると我々は諦めていたけど、暗くなるまで頑張らないとイカンのだな。

風が強くなっていく中、ショップで教えて貰った場所の様子を見に行ってみる。
巨匠は気に入った模様で、夕方にココで粘る事になった。

まだ夕マズメに時間があるので、他ポイントの様子を見に行ったが、通り雨などもあり釣りが出来ずに結局、夕方の少し前に先程のポイントに舞い戻る。
TATさんcommyさんも合流して4人でウェーディング開始。

風がビュービューに吹き荒れているが、幸いにもフォローの風なのでなんとかルアーを投げる事は出来る。

一番右に位置してたTATさんが何やら掛けたらしいが、バラシた?らしい。
気合入れて投げ続けるが、、、ん~~~反応が得られん。
そのうち、実績ミノーをカケアガリ手前の岩に根掛かってロスト。
日没後まで頑張ったが、誰にも釣れず。
巨匠に一発、デカいバイトがあったらしいが、一瞬でバレたとの事、残念・・・

朝マズメの生命反応があって、風も弱かった時間帯に結果を出せなかったのが全てかな。
夕マズメは風ビュービュー状態で、ミノーを投げても何が何やらワカラン状況でしたが、トップで魚を誘い出せた人も居たわけで、修行が足りませんナ。

宿に戻ったあと、街に軽く食事に出かけて戻ってから宿で反省会。
翌日は釣りは無理だろう、、、ってか、帰りのヒコーキ、果たして飛ぶの??(^^;;;;

JALの公式サイトでは沖縄便は早くもダメっぽい事が書かれているが、奄美に関しては何も情報が出てない。
つー事は飛ばすつもりか??


7/10 朝

天候曇り、強風

風は吹き荒れて、雲がえらく勢いよく流れて行く。
台風8号は当初の進路よりは南寄りに変わったので奄美直撃はなく、島民にはホッと一安心と言った所。
JALの公式サイトでも奄美便運休の情報はない(条件付き、という書き方ではあったが)

風でとても釣りは出来ないので道具を片づけて
お宿をチェックアウトして空港に向かう。
f0100885_22481312.jpg

f0100885_22481355.jpg

お宿の行儀の良いワンコ。

f0100885_22481387.jpg
お宿のヌコ。

途中、海沿いを走ると強風で舞い上がった波飛沫が飛んでくる(^^;;;
こんなんで、ヒコーキ着陸できるの?

それでも島を北上しつつ時間経過と共に少しづつ風が弱くなってきた??ような。
10時に開店する地元ショップでお土産を買って、レンタカーを返却。
レンタカー屋から空港を見ると、JALのヒコーキが着陸した所。時間的に伊丹から飛んできた機体だ。

空港ターミナルに行ってチェックイン。
やっとここで無事に飛びそうな事を確認できて一安心。

ほぼ時刻通りにJAL2464は飛び立つ。
飛んでしまえば、もう大丈夫。
往路は雨の中飛び立ちましたが、復路はドピーカン、真夏の雰囲気の伊丹に降り立ち、仙台に向かうcommyさん、羽田に向かう巨匠とお別れ。
新大阪でTATさんと別れて、無事に帰ってきました。
f0100885_22481337.jpg



振り返れば、もっとも天候が安定しているハズの7月上旬だったのに行きは梅雨末期の大雨、帰りは季節ハズレの台風に悩まされた今回の遠征。
それでも無事に行って帰ってこれたのでヨシ、としましょう。

初日の最初のポイントが好調だったのですが、時間経過と共に釣れなくなり、個人的には2日目午前で実質釣り終了~
その後は、ノーチャンスでした。

今までMTクラスの魚はほぼ全てミノーで獲ってきたのでミノー中心の組み立てでしたが、他の皆さんの釣りを見ると、もっとトップも使わないとダメだなぁと実感。

魚影が去年同時期に較べてかなり薄かった。これはたまたまなのか今年はハズレ年なのか、よく判らないですが。
遠征に行けば釣れる、という程甘くはないって事ですね。

今回、対奄美用に新規導入したヤマグブランクス ブルーカレント 77 TZ nano
予想以上にパワーのあるロッドで、実質ライトなシーバスロッド、言い換えればフッコ(マダカ)用ロッドとも言えるかな。

メッキ用ロッドとしては比較的パワーモデルである ベイライナーMK702 でもファイトに手こずる30後半のロウニンでさえも 77TZnanoはビクともせずに主導権を握ったまま寄せてしまう。(ロッドに合わせてラインやフックもそれなりに強化はしてありますが)
40オーバーは掛けられなかったので、はっきりとは判らないけれど、多分、45クラスのトレバリーまではこのロッドでも問題ナシ。
50超えるとどうかな・・・一度掛けてみない事には判らないですが、上限は高そうです。
よくもまぁ、こんなパワーモデルをヤマガはアジ・メバル用ロッドシリーズであるブルーカレントにラインナップしたものだ(笑)

ルアーウェイト負荷のカタログ値は、前述のベイ702とさほど変わらないけど、ロッドの持つ実用パワーは1クラス、ブルカレ77TZnanoの方が上でした。

9寸クラスまで育った晩秋~初冬の本州メッキ用にも使おうと思っていたけど、ロッドのオーバーパワーは確実(^^;;;
水温の高い海域の30後半でさえも楽々と寄せてこれるのだから、水温低下した時期の尺弱サイズでは言わずもがな。
その分、MTが釣れる場所では汎用性は高そうです。

f0100885_22481216.jpg

[PR]
by sierra-outdoor | 2018-07-09 22:46 | 海の釣り | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://sierra21.exblog.jp/tb/29950652
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by rise at 2018-07-24 11:07 x
南の島で、ほぼメッキ狙いオンリーの釣りってすごいですね。自分は奄美大島でもゴマフエや今回釣られたミナミクロダイとか、多魚種狙いにはしっちゃいます(まあ、メッキも狙いますが~)
皆さまのメッキ一筋の釣りには脱帽です。
遠征お疲れさまでした。
Commented by しえら at 2018-07-25 21:21 x
riseさん
どうしてもね、年に1回の遠征、限られた時間内だと対象魚種は絞らざるを得ません。
二兎追うもの一兎も得ず。と言いますし、南の島はなまじ対象魚が多いので、アレもコレもと考えると時間が足りなくなってしまいます(^^;;;
あと、ゴマフエやミナミクロダイなどは、比較的良く似た釣り方、良く似た釣趣の魚は本土に居ますけど、中型以上のトレバリーは本土には居ませんのでネ。
そういう理由もあって、メッキ専門で遠征をしています。
(だけどミキユーだけは、とある事情で少しだけ時間を割いてみましたが釣れず・・・)
<< 07/14 増水後を狙ってみた 07/07~07/10 201... >>



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism