07/14 増水後を狙ってみた
1週間前の梅雨末期の豪雨で氾濫寸前の洪水だったホーム河川。

1週間を経てようやく水位が落ち着いてきたが、、、果たして魚は残っているの?

川の様子がどれくらい変化したのかと確認する意味もあり、ちょっくら行ってみます。



当日は晴天が予想されていたので、暑くなるな~ 朝8時までが勝負、と思ってまだまだ暗い未明に出発。

川沿いを走りますが、まだ暗くて流れの様子が判らない。
想定していたポイントに近づく頃にようやく夜が明けてきた。

入ろうと思っていた場所に車のライトが・・・先行者か?
しかし川の様子を見て即移動したらしい。

ウェーダーを履き、タックルを準備して、いざエントリー。

薄明るくなってきたので川の様子を俯瞰して見てみると、、、うーんかなり渓相が変わってます。
今まで見たこともないコンクリートブロックが露になっており、土砂が相当流されている。
その分、比較的浅かった瀬がやや深くなっており、これはコレで良さそうだが。

水位は平水+10~20cmと言った所かな。水勢は強めで濁りは、まだまだ若干の白濁り。
川底は5~6月の渇水の頃と一変しており垢は全て飛んでいる。全川、まっさら白川状態です。
垢も流されてアユ釣りは苦労するだろうな。川虫などもことごとく流されているだろう。

最初のポイントは期待していたがノーバイト、ノーチェイス。
あらら。この場所には魚は入っていない、って感じ。

次のポイントへ・・・・
こちらも大きく流れが変化しており、水辺に生い茂っていたヨシなど根こそぎ流されていて、歩くのに大変だった柳の木も殆ど無くなっている(@_@;;

先程のポイントと違って、洪水前はそこそこ岩がゴロゴロしてる程よい深瀬だったのだが、全般的に浅くなってしまったなぁ。
少しづつ刻みながら撃っていくと、とある場所でゴン!! を、今日初めてのバイトだ!!
しかし、一瞬ギラッと銀鱗が閃いたもののフックアップせず。。。残念、この時期はバイト数が少なく貴重なのだが。

その先でも、小さな落ち込みの下流、ピックアップする直前にゴン!!とバイトがあったがこれも掛からず。
サイズ的には先程も今回も、20後半ぐらいかなぁ。

その次へ・・・
先行するアユ師さん達が車の所で準備していたので、挨拶してアマゴ狙いなので先に入って良いか??と聞いたら快く快諾してくれた。
どうもありがとう、アユ師さん。

この場所は最も大きく変化していた。
洪水前は、小規模ながら程よい深瀬が3つ連続して、その下流に大淵へと繋がっていたのだが、なんとナント、3つあった深瀬が一つに減っていて、その代わりに最下流の大淵が巨大な淵へと成長している。
1カ月前の同じ川とは思えない代わり振りです。

以前より釣り辛くなって、手前の分流がえらく深く掘れててベストポジションまで渡れない・・・(泣)
この場所では無反応でした。

さてさて。
こりゃ今までのポイント選択ではダメかもな。
それじゃ、ちょっと違う場所に入るか。

とある有名ポイントでは3人ほどエサ釣り師さんが粘っていたので、違う場所に入ってみます。
そろそろアユ師さんの車も川沿いをポイント探して動き回っているので早めに探らないと・・・

アユ師さんがまだ入っていないのを見計らって、個人的には実績の薄いポイントへイン。
すると、前方100mくらいに気付いていなかった先行者が・・・しかもあの出で立ちからしてルアーアングラー。
さすがに同じルアーの先行者が通った直後はダメだろう、、、他に行くか・・・と思ったけど、その先行者は諦めたのか釣りを終えて車に戻って行く。
さらに、入ってすぐに軽くショートバイトがあったので、あの先行者が立ち去ったさらに奥まで探ることにしました。

1キャストしては数m移動、そして1キャスト、、、を繰り返して一つの瀬を通過し、次の瀬へ。
増水して勢いのある流芯を見ながらクロス、またはダウンクロスで探って行きます。
出るならココでしょう、、、という核心部分に差しかかった時、突然その時はやってきます。

ミノーをキャストしてU字を描きながら流芯を横切る、、、その瞬間に、ドスン!!
キターーーッ!!

ヒットした反動で一瞬、ハンドルから手が滑ってしまったが魚はしっかりフッキングしたようでバレていない(^^;;
ガンガンとヘッドシェイクする、、これは良い型だ。
あまり無理せず、じっくりと寄せる。
そしてランディング成功。
を~~これは尺超えましたナ。
f0100885_22241105.jpg

メジャーで計ると31cm。ようやくホーム河川のアマゴ今季最初の尺超。ちょっと釣るのが遅すぎの感もありますが(^^;;;
ベリーのフックをがっちりくわえているので、これならバレないよねぇ(^^) 理想的な掛かり方。

ふと見ると、対岸でアユ師さんがこの様子を見ていたらしく、手振りで「サツキか?デカイ?」と聞いてくるので、「そんなにデカくはない尺ぐらい」をイメージしたジェスチャーで答える。

写真撮影して元気なうちにリリース。
元の流れに元気よく帰って行った。

先程の対岸のアユ師さんが拍手してくれた。ちょっとだけ嬉しい(^-^)

この時期、ホーム河川の本流、釣れるなら尺クラスだとは思っていたので狙ってはいましたが、なんとか釣れてくれて有り難い。
経験上、この川でこのクラスが釣れる時は同じ日に複数出る、という確信があったので、次を狙おう。

このポイントは先日の洪水で深く掘れていて以前よりポイントが拡大している。
アユ師さんは何名か竿を出しているので、その間の迷惑のかからない場所を引き続き撃って行く。

10分後、、、最も深いだろうと思われる場所で先程と同様なアプローチ。
クロスに投げてU字ターンさせるイメージでリトリーブしてくると、川の真ん中に大岩が沈んでおり、その大岩の近くを通過する瞬間にまたまたガツン!!

よーーっし、また来た来た~~~

これも良い型だーーー

こいつは右に左に底へと走り回る。
ラインが岩に擦れないように注意しながら、じっくり寄せてくると先程と同サイズか?
f0100885_22241252.jpg

ランディングに成功してメジャー計測すると、1cm大きくなって32cmナリ。
イイですねぇ、出る時は出る、この川らしいや(出ない事の方が圧倒的に多いのも現実ですけど)

その後も、もう一発尺クラスらしい重々しいバイトがあったけど、フックアップせず・・・
さらに、やや濁った中、尺クラスがチェイスしてきたが、、、喰わせのトゥイッチを入れたけどUターーン。。。

これでこの場所も撃てる所は全て撃ち尽くしたので車に戻ります。
撃ってない場所もありますが、もう何名もアユ師さん達が入川して来るのでこれ以上は無理だ。

さらに移動。
次の場所はどうだ・・・・この場所も洪水の影響で水辺にあった木々は消失している。
流れはそんなに大きく変わってないが、若干、土砂に埋もれたかなァ。
対岸に3名ほどアユ師さんが入っていて、一人が移動していくのでその場所に入る。
岩と岩の間を丹念に探ると、ゴン!!と一発反応があったが、掛からず。20cm後半かな・・・

時間的に8時を回って、どんどん暑くなり、アユ師さんが増えてくる。
そろそろアマゴ狙いも終わりだ。

最後、増水すると良い型のアマゴが入ってくる瀬があるので、そこだけ探ったら帰ろう。

狙いの瀬の下流側には数名のアユ師さんが入っていたが、釣りたい場所は空いていたので、探ってみる。
すでに時間は9時近くにあり、ドピーカン天気。
この瀬も土砂で埋まり気味で、以前よりよろしくない。
水は若干濁り気味とは言え、底石も見えている状況なので、さすがにもうアマゴは喰ってこないだろう、、、と思っていたら。

底に沈んだ岩の横を通過する際に、、、、ゴン!!
あれ? 根掛かった??
いや、違う魚だ!!

一瞬根掛かりと間違うような感触のあと、ギラギラと銀鱗が閃く。
そして横ッ走り。
ニジマスか?と思ったが、色合いからしてアマゴっぽい。
どうやらテールのフックが掛かり、次にベリーのフックが別の場所に掛かっているらしく、水の抵抗を受けやすく横ッ走りしやすい状態だ。
そんなに大きい訳ではないが、まぁまぁサイズだ。
ゆっくり寄せてきてランディングすると直後に両方のフックがポロっと外れた、危ないアブナイ。

よしよし、これも良いサイズだ。
メジャーで計ると30cmジャストかな。
f0100885_22241273.jpg

この魚は予想外でした。
もうこの時期としては真っ昼間の時間帯、9時過ぎにヒットしたので。

この後、どんどん暑くなるので、もう釣りはこれくらいにして川の横を走りながら流れがどう変化したのか偵察。
今まで細かった分流が本流並に太くなっている場所、土砂で埋まってしまった場所、流れの筋が大きく変化した場所などいろいろ。
1カ月前までの渇水の時に酷かった垢腐れ状態の川底は思いっきりリセットされ(リセットされ過ぎだな、コリャ)、アユ釣りは厳しかろう。

アマゴはこの時期としてはレギュラーサイズとも言える、20後半から30ちょいまで、生き残っているのは確認できた。
ただしチビアマゴは一切確認出来なかったけども。
秋の産卵時期にあのような大洪水が発生すると、翌年の資源が壊滅状態になってしまうが、7月だったのがせめてもの幸いだったかナ(アマゴ釣りとしては)
浅瀬では逃げまどうアユが散見されたので、全て流された訳ではなく、新しい垢が付いて、川底が安定してくれば釣れるようになるかな。

今回で、今季のホーム河川釣行は終わりにするつもりだったが、、、思った以上に釣れたので、今後はどうしよ。
魚は残っていそうだし増水後のタイミングだったら、まだ釣れるか??
悩ましいトコロだが、まだ良さそうなタイミングがあれば、もう1回ぐらい行ってみるのもイイかな?
f0100885_22241259.jpg

[PR]
by sierra-outdoor | 2018-07-14 22:22 | 渓流釣り | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://sierra21.exblog.jp/tb/29954385
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Churin at 2018-07-25 22:49 x
おー、尺アマゴ3連発とは凄い!
お見事でした。(^^)
増水後のササ濁りでタイミングも良かったんでしょうね。
Commented by しえら at 2018-07-27 00:04 x
Churinさん
今回は単に運がヨカッタと言うか、タイミングが良かった、という事ですね。
あの場面に遭遇できれば、誰でも釣れたと思うし(笑)
ただ、似たような時期の似たような状況でも、全くダメだった事も過去にあったので、何が正解か未だに判ってナイっす(^^;;;
<< 7/21 信州へ 07/07~07/10 201... >>



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism