7/21 信州へ
梅雨末期の大雨が続いたかと思ったら、その後は猛暑、酷暑。
しかも雨は一滴も降らない・・・ ナンナンダ、この両極端な天候(^^;;;

ホーム河川は既に渇水である事は予想できたので、ちょいと信州まで足を伸ばしました。



朝5時頃に現着~~
コンビニで日釣券を買い求めて、まずは最初に川が見えるポイント横を通過、ココには誰も居ない。
そして想定していた最初のポイントへ・・・・
あ~~遠くに先行者が見える(^^;; チト遅かったか。
仕方ない、先程の誰も居なかったポイントに舞い戻る。

1年ぶり?いや2年ぶりかな。
先日の大雨のせいか、大きく川の流れが変わっていますが、まぁこの川は洪水とは無関係にちょっとした雨が降るとすぐに流れが変わってしまう川なのでね。

水位は平水ぐらいに落ち着いているが、水は濁り気味。。。この濁りも想定内ではありますが。

最初の淵を足早に探るも無反応。ここはエントリーし易いのでスレ気味ですし、個人的にも実績ないので、どんどん移動です。
ふと見ると、以前釣っていた小淵が無くなり、分流だった流れが水量が大きく本流になって、中規模の淵が形成されている。
その中淵に近づいて、淵尻にミノーを投げると一発でヒット!!
2回、3回と派手にジャンプして、足元まで寄せてきますが、、、そこでフックオフのバラし・・・あらら。

少し上流に回り込んで投げる・・・流芯を横切って足元までミノーが来た所でゴツン!!
を~~またまた来た来た。これはバレる前に上げてしまえ作戦で即ゴボウ抜き。
サイズは30cmを少し超えるぐらい・・・・

f0100885_10331447.jpg

イワナか? いや、違うな、この模様はF1か。。。。タイガートラウトに似てるが・・・ 初めてみる魚。
何かのトラウトのF1である事は間違いないだろう。
魚種判定のために、もっと明るい場所で鮮明な写真を撮ろうとしてて、突然に跳ねて流れに遁走・・・
まぁエエか。

その後も、フッキングしなかったが30cm弱の魚が反応してきて、どうやら魚の活性は悪くないみたい。

続いてお気に入りのポイントに向かうと、、、ううーんココも流れが大きく変化している。
以前は淵から深瀬に続く好ポイントでしたが、毎年少しづつ土砂が堆積して浅瀬化している・・・
ここでは無反応。

やや下流にある大場所ポイントは、いろいろ探りましたがこれまた無反応・・・・

一旦、車に戻って朝イチに先行者の居た区間に行ってみると誰も居なくなっていたので入ってみます。

この区間も以前は流れに変化があって、良い場所だったけど、長年の土砂の堆積で浅瀬化が進んでいる。
1つ目、2つ目のスポットは無反応・・・
朝イチのあの場所では活性高いナ~と思ったのだが、どうも魚の付いている場所、そうでない場所の差が激しいか?
そろそろ朝マズメの時間帯も終わりに近づいていて、もういい加減釣らないとヤバい~~~(^^;;

と思ってた、3つ目のスポット。
他よりはやや深い瀬の中心部、対岸ギリギリにクロスキャストしてU字を描きつつアプローチすると、ドスン!!
来ましたか、、そんなに大きくはないが、久しぶりの魚だし慎重に・・・
33cmのブラウン。

f0100885_10331485.jpg

その後のポイントでも尺前後の魚がヒットしてくるが、、、バレる~~~
どうも今日はバラシが多い。フックポイントがナマっているかも?(最近、フック交換してなかったし)

ミノーをチェンジしてみる。
すると、フックアップ率は上がったが、25cm以下のチビばかりヒットしてきて、これらはもう水から上げずに足元で遊ばせてオートリリースする。

ある程度の区間を探り終えて車に戻るが、もう真っ昼間の時間帯になり炎天下の中、歩いて車に戻るとヘロヘロ状態。
足で歩いて稼ぐのが自分の釣りのスタイルなのでやむを得んですが、真夏の時は車に戻るだけで疲労感倍増(^^;;
(特に信州の川はポイントとポイントの間が離れているので、歩く距離も長くなる)
車に戻っては、飲料水をガブ飲みして、一息いれる。

一旦、下流のポイントを探るが、あまりよろしくない。
そこで、以前に比較的魚影の濃かった上流ポイントへ行ってみる事にする。

いつも入る場所の対岸から入ってみるが、その場所はエントリーし易い場所でもあり無反応・・・
少し下流に別のスポットがあるので、入るのは初めてだけど行ってみるか。

瀬から細長い淵に繋がる場所を少しづつ釣り歩く。
入ってすぐには釣れなかったが、淵尻まで探ると、ゴゴン!! 一瞬重みが乗ったがバレた・・・
すぐ次に投げると着水直後にドン!! をぉ、また来た・・・
ジャンプ一発でバレる。
ココには魚が溜まっているのか?

どうやら対岸ギリギリまで投げた方が良さそうだ。遠投に適したミノーにチェンジして投げる。
するとすぐにドン!!
よし、来たッ!
f0100885_10331403.jpg

これまた、33cmぐらいのブラウン。
どうも今日はこのサイズがよく反応してくるな。。。。

少し上流に折り返してすぐにヒット。
やっぱり30前後のブラウン。

その後もチビブラが2匹ほどヒットしてきたが、まぁこれは手元で遊ばせてオートリリースする。

この場所は魚が溜まっていたなあ。

やはりこの日は、瀬には居ない、淵に魚が居る傾向が強い。

それならば~~
エントリーし易いスレてる場所だけど、あそこに淵が連続であったハズ。
その場所へ移動。

車を降りて川へ行くと、、地元高校生が水浴びしてる(^^;;; まぁ暑いからネェ。

一つの淵がそれで潰れているが、やむを得ん。
少し上流の淵へ・・・
この場所は過去には実績がないけど、とりあえず探ってみよう。

上流の流れ込みから順に、2、3歩づつ下ってクロスにアプローチしていくと・・・・
一番深いと思われる場所の流芯で。。。。 ドン!!

をォ!! この場所で初めてヒットしたぁ~~~
アタった時の重さから、そこそこサイズだと確信して、少しづつ焦らず寄せてくる。
何度も右に左に走るが、主導権は渡さない程度にドラグを出しつつも、ジワジワと距離を詰める。
40cmちょいのブラウン。

f0100885_10331409.jpg

ようやく40を超えたか。まぁこの川では最低でも40超えないとネェ。

その次にも30チョイがヒット。
さらに同じクラスが連続ヒット(この魚は手元でばれた)

どうやら竿抜けポイントだったらしく、狭いポイントでそこそこサイズのバイトが集中した。

これなら、あの場所でも釣れるかなぁ~~と思って車を走らせたけど、そこには先行者の車アリ。
遠目に先行者が釣ってるのが見えたので、きっと釣った後だな、と判断して2、3投で切り上げて最後の場所と思い、ちょっと入り辛い場所に行ってみたけど、、、、そこは去年の流れとは変わっていて、浅い瀬が連続する場所になっていた。
結局無反応。

ここでこの日の釣りは終了~~~



終わってみれば、この時期のこの川、にしては、まぁまぁ釣れた。(特大サイズは出なかったけど)
微妙に濁っていたのが良い方に影響したのか、竿抜け区間を探し出した午後の方がよく釣れたナ。

地元の特産農産物を土産にゲットして、帰路につきました。


[PR]
by sierra-outdoor | 2018-07-21 23:31 | 渓流釣り | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://sierra21.exblog.jp/tb/29960883
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Chruin at 2018-07-30 22:57 x
今回は結構釣れましたね。
良い釣りができたようで何よりです。(^^)

1匹目は、場所からするとタイガートラウトの可能性大ですね。
Commented by しえら at 2018-08-05 23:35 x
今回は、例年よりはボチボチ釣れました。
ただ、特大サイズは1本も出ず、ボチボチサイズばかりでしたね。
それでも午後でも竿抜けポイントさえ見つけられれば、反応があったので楽しめたのは間違いないです。
<< 7/31 メッキ、居らんがね・・・ 07/14 増水後を狙ってみた >>



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism