2009年 07月 05日 ( 1 )
7/4 アユ天国・飛騨川水系
ほど良い降水量が降って、各河川とも増水中。ダム下でなければ、濁りもないので、今回はアユが解禁になってる飛騨川水系に突撃~~~

気合入れすぎて、夜明け前に現着。真っ暗で川はよく見えませんが、水量は多そう。
明るくなる前に準備を済ませて、川辺を歩くのにライトが要らなくなった頃から開始。
水位は通常より30~40cmぐらい高いかな。アマゴ狙いには最適とも言えるが。
アユ師が川に入ってくる前に、各ポイントをランガンしようと、足早にチェック。
各ポイントの一番肝心のところだけを、2~3投して反応が無ければすぐに移動します。一カ所で粘らない。とにかく時間との勝負。

しかーし、状況は良さそうなのに、反応がありません。
もともと、そんなに魚影が濃いとは言えない川なので仕方ないのですが、ゴールデンタイムなので、せめてチェイスくらいあってもいいのに・・・・

無反応のままポイントをランガンして行くと、6箇所目のポイントに、すでにアユ師が竿を出してる・・・
まだ朝5時半ですよ、アユ釣れるの??この時間に・・・・・うーん。
その場所を皮切りに、クルマで走らせても要所要所のポイントにはすでにアユ竿の列。あかんやん、まだ1匹も釣ってないのに、アユ師さん、もう少し朝寝坊しててよ(苦笑)

アユ師が準備してたので見送った、とあるポイントに戻ってみると、アユ師さんは3人ぐらい居るけど、私が狙っていたピンポイントは空いてる!!
早速、ミノーを投げる。いい水量、いい水色なので、出てきてもいいのだが・・・・
肝心のA級スポットからはなにも反応なし。やや諦め気味に渕尻に投げたら、、、スーッと寄ってきた魚の影。
ついに来たッ!
軽く誘うと、二度三度とアタックしようか迷って、思わずバイト。
次の瞬間フッキング!!乗った!!
しかし、ドラグが緩過ぎた。さほどのサイズでもないのにドラグがジ・ジ・ジ・と鳴る。
魚は、二度三度とヘッドシェイク、、、次の瞬間にフックが外れ、流れへと戻っていく・・・・
あ~~やっちゃった。サイズは尺前後か。勿体なかった。でも、あの動きと出てきた場所からしてニジマスかな。
きっとニジマスだろう、そうだニジマスに違いない(アマゴだったら悔しいので、ニジマスとしておきます・笑)

移動を繰り返すが、もう殆どのポイントはアユ師、アユ師、アユ師・・・・・・・ この時、朝6時半ころ。
ううーん、釣りにならん。
どんどん上流へ移動していく。ややアユ師人口が減ったあたり、道路から見ると、とあるポイントが空いている。
よし、やるか。
すぐにクルマを降りて急いで川へ降りる。
ササの藪がポイントへの道を閉ざしているので、エントリーしにくいからアユ師が居なかったのだろう。
渕の落ち込みへ投げる。反応なし。
流芯から渕尻方向へダウンクロスで投げる。流芯で何も来なかったので、あ~~ダメか、と思っていたら、手前側の流れの緩いところでグン!とヒット!!
よっしゃ~~来た~~~

掛けた直後は20cmクラスかと思ったので強引に寄せてきたら、予想より少しデカイ。
サイズを計ると26cm。さすがは、この川で釣れるアマゴだ、大変コンディションも良くて美形だ。
今季のアマゴの中でも、ベッピン度ではナンバーワンだ。
f0100885_18573393.jpg

このコンディションとベッピンのままで、一回りか二回りサイズが大きければ言う事ナシなのですが(^^;;;;
なんとか美形な1匹釣ってホッと一息。去年の7月はこの川でボーズ食らってたからネ。

その後、アユ師の入っていない場所を求めて上流へ移動。
ポイントの良し悪しには関係なく、空いていれば全てチェック。(ポイントをより好みできないからでもあるが)
その後20cmほどを1匹追加し、行政区域を超えて上流域まで来た。
f0100885_192274.jpg

さすがにここまで来ると、まだアユ師はまばら。
アマゴの居そうなポイントを探りつつ、足早にチェックしていくと、小さな堰堤の落ち込み付近からアマゴの反応があり、17cmクラスを2匹追加、同クラスを少々バラシ。

しかし、上流域もどんどんアユ師が増えてきて、ココゾと思う場所はすでに先客アリ。
どうにもならなくなって、いつも魚の反応のあってボーズ逃れしてる、お助け区間に行ってみると、、、、な、な、ナント!!禁漁区域のノボリが・・・・・
おっかしーな~~昨年まで禁漁じゃなかったのに。禁漁区はもっと上流だったはず。
でもちゃんと漁協名の禁漁の知らせであるのは間違いないので、釣りするのは諦める。
(後で確認したら、やはり今年になって禁漁区設定が変更になっていた)

もう探れる場所は全て探った。あとは、アユ師が立ち退いたポイントを探して入るしかない。
今度は下流方向へクルマを走らせる。
でも、時刻は10時過ぎ。もっともアユが活発に動く時間帯なので、空いてるハズもなく、ほぼ99%のポイントにはアユ竿の列。
f0100885_1982031.jpg

終わった、あかん、釣りになる場所がない。もう帰ろう。
朝釣っていたポイントで季節外れのワラビが多数、芽を出していたので、帰り際にワラビだけ採ってから帰りました。

次は、、、、この川で今季中にチャンスがあるのか?しかし、1本は尺上アマゴを釣らんとなぁ。
一昨年から狙ってて、まだ尺には届いていない。なんとか今季中に1本でいいから欲しいが、どうなることやら。
[PR]
by sierra-outdoor | 2009-07-05 19:10 | 渓流釣り | Trackback | Comments(8)



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism