2012年 04月 28日 ( 1 )
4/28 GWの始まり~ は夏の陽気
GWが始まりました。渓流も本格スタートし、これからアユ解禁までが勝負!!
ってことで、前回割と魚がよく見えていたNGR本流へGo!!

気合入れて? 朝5時半、現着。
太陽は出ているはずだが、山に隠れてまだ直射日光は谷間には差してこない。
外へ出ると、意外と寒い・・・・・ ウィンドブレーカーのみじゃ寒い。
でも、日が射してくるとすぐに暑くなるから、と思って厚着せずに(そもそも防寒装備は持ってきてない)スタート。

まずは前回、まぁまぁサイズをバラシた場所へ。先行者はなし。
水辺に立つと、、、、うーむ、増水しとる。先週よりも30cmくらいの水位高。
流れも押しが強くて、ドドーッと流れている。こりゃチト難しい??
一応、探ってはみますが、、、、反応なし。支流だったら、30cmくらいの増水は却って好都合なんだけど本流はちょっと難易度が上がる。
いろいろ探ってみるものの、渕の最後の渕尻でヤル気ナシナシのチェイスが1回のみ。
移動です。

次も魚は見えていた場所だが、、、、ココも流れがキツクなっている。
それでも朝イチだから反応するでしょ。。。。と思ったのに、シーーーン、、、、何事もなく終わる。

あかん、前回に較べて非常に反応が乏しい。
まだまだポイントはある筈なのだが、この川について引き出しの少ない自分では時間と労力の浪費で終わりそう・・・・
とりあえず支流へ移動を決意。

支流へ移動すると、コッチは水はイイ感じ。時刻はすでに朝9時近くなので、誰か朝イチに入っている可能性はあるが、とりあえず探ってみよう。
クロスにキャストすると、、、早速チェイス!! しかしオチビさん。。。。
何度かオチビさんが2匹3匹とチェイスはするけど、キミタチ、来年か再来年に来なさい、、というサイズばかり。

さらに上流へ移動すると、ココでもチェイスはけっこうあるのだが、チビさんばかり。
2匹ほどオチビさんアマゴを釣って、ボーズは回避したものの、こりゃアカンな、と移動。
同じ支流の今まで入ったことのない場所に入ることにした。

入ってみると、、、をぉ、アチコチにウルイが生えているではないですか~
こうなると釣りソッチのケで山菜モード全開(苦笑)
f0100885_1435242.jpg

こんなにウルイが群生しているのを初めて見る。いいですな~~

それ相応にウルイをGetしたので釣り再開。
しかし、ウルイが多過ぎて、足の踏み場もない。良いポジションに付くためには、ウルイを踏み分けていかないとダメなくらい。
ウルイちゃん、ゴメンね、と心の中で思いつつ、ウルイを踏み分けてポジションに付く。
ダウンにキャストして、ココぞ!という場所でスローに探りつつ、基本的にはミノーそのもののアクションだけで探っていくと・・・・流芯でゴゴン!!、来たッ!!
流芯の中でヒットしたので、ちとデカイかと錯覚したが、、、、それほどのサイズではなく20cmいくか行かないかぐらい。それでも今日イチのサイズですけど(^^;;;;
f0100885_14391744.jpg


この頃から異様に暑くなってきた。
日陰はまだまだイイのだが、日向に出ると暑い暑い。
移動中、車についてる車外気温計の表示はなんと30℃!!
ンなアホな。まだ4月だよ。気温計が壊れたのかな? と思ったのだが、しばらく走った先にあった道路脇の気温表示も30℃・・・・orz
つい先日まで同じ場所で雪が降ってたと言うのに、どうやら春はアッと言う間に急ぎ足で駆け抜けていき、梅雨も来ないまま初夏になってしまったようです(^^;;;

いったん、休憩。この暑さはヤッてられない。コンビニに走って、ガリガリ君を買い求める。
暑い時は、ガリガリ君に限りますナ~~
(結局、この日はあまりの暑さに時間を置いて、ガリガリ君を2個も消費する羽目になる)

この暑さではドーにもコーにもなりません、ってゆーか、人間が参ってしまう。
多分、水温はさほど高くはないので、魚は反応してくると思うのだが。

少し陽が西に傾き始めた15時すぎに本流へ戻る。
今までとは違う、少しだけ上のエリアに行ってみよう、、と川沿いに走らせる。
朝は気付かなかったが、なんか微妙な濁りが・・・・・なんだ、雪代とも違う濁りだし。
ひょっとして、代掻きの濁りかなぁ。確かに周囲の田んぼには水が張られてゲコゲコとカエルの声。
とにかく薄濁りが川全域を覆ってる。こんなんで釣れるのか??

まぁ釣れなくても元々、と偵察を兼ねて初めてのエリアに入ってみた。
川に立ち込み、流れの真ん中、流芯の際、少しだけ流れの弛みのあるポケットにダウンでアプローチ。
流れの弛みから流芯へミノーが差しかかったところで、ゴツーーン!!を~~来た来た!!

強い流れの中でヒットしたので、この重さは、もしやかなりのサイズでは・・・・な~んて一瞬思ったのですが、それほどでもなく22~23cmほどかな。
でも本流育ちで良い体型だ。デジカメに写そうかな、と思ってデジカメ準備中に足元を泳がせておいたら、いつもの如く、勝手にフックを外してサヨナラ~~~、こういう時はやはりネットに入れないとイカンですな。
それでも、2506Hに入魂出来たのでヨカッタ。

その後、濁りの中を探って、同じサイズがヒットしたきたが、バラシが1回のみ。
徐々に下りつつ、先週良かった場所を叩いてみるものの、濁りは収まらずに反応も途絶えて、この日の釣りは終わりました。

なかなか上手くイカナイものですね。先週の反応がこの日も続いていたら、そこそこ楽しめたのだろうけど、本流は沈黙気味。
支流は、先行者さえ居なければ、まぁまぁ反応はあるのですが、軒並みオチビちゃんばかり。

とは言え、まだ始まったばかりなので、これからですね~




その翌日、4/29は家族サービスで山菜採り。
行くとこは、ほぼ同じ場所。少しだけ山の上の方に入って山菜探しですが、すでに主な山菜のコゴミは終わり気味・・・・
それでも何とかそこそこ採れたので、少しだけ時間を貰って竿を振ると、、、、今季最初のイワナが釣れました。
サイズは24cm程度ですけど。なんとなく初イワナは嬉しい。
f0100885_1592137.jpg

[PR]
by sierra-outdoor | 2012-04-28 22:22 | 渓流釣り | Trackback | Comments(4)



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism