カテゴリ:海の釣り( 221 )
06/09 2018海開き(笑)
海開き、、、と言っても、海水浴場の事ではないです。
2018年釣りシーズンの個人的な海の釣りの開幕の事です。

厳密に言うと2018年1月にメッキ釣りに行ったのですが、メッキなので2017シーズンの続きの釣行、という位置づけ。
今回が本当の意味での2018海釣りの開幕です。

狙いはこの時期限定のシオ(カンパチ幼魚)



未明に出発。6月は夏至も控えていて日が長く、夜明けが早い~~~(^^;;
走り出して30分もすると東の空が白んできました。

単独行なので、経費を抑えるためにいつものように下道オンリーで最初のポイントに向かいます。

最初のポイントに到着したのは朝7時前くらい。

去年の6月は群れが居たポイントなので期待しつつ投げますが・・・・シーーーーーン・・・あれれ??
全く居ないじゃない orz

去年は木っ端グレの群れに混じってシオの大規模な群れが居たのですが、シオも居なければグレも居ない。
イワシのような魚が気まぐれにルアーを追ってくるのみ。
去年はシオ豊漁の年だったからなぁ(^^;;; 今年はダメなのか?

まぁこんな事態もあるかも知れないと思ってはいたので、そこから新規開拓すべく、今まで釣った事のないエリアまで足を伸ばします。

新規開拓その1、、、、全く反応ナシ。

新規開拓その2、、、、反応ナシ。

新規開拓その3、、、、シーーーン・・・・シオ以外のルアーの対象魚すら見当たりません。

今回の新規開拓の地域もシオは回遊してくるハズの場所なのですが、全く気配も雰囲気もなく、その他のルアーで釣れそうな魚種も見当たらず、海なのに砂漠のようです。
海草類も未だに枯れておらず、心なしか、5月くらいの海、という感じ。ベイトなども非常に少なく生命感にも乏しい。

この時で、すでに昼前(^^;;;
まったくノーバイト、ノーチェイスのまま終わりそうなので、止むを得ず、毎年実績のある場所までかなりの距離ですが大移動を決意。

大移動の前に、ちょっとだけ立ち寄ったポイント。
ここでチヌかチーバスか、何かの小群発見。やや濁った水路のボトムに潜んでおります。
シンキングミノーを沈めて誘うと、フォールに反応!!
軽く触ってきましたがバレた・・・シオではありませんがこの日最初の魚からの反応。
シーバスか?? と思ってミノーの表層トゥイッチで誘うも全く無視。フォールの時のみ反応してくるのでチヌ??なのか。
ボトムまで小型ジグを沈めると、着底直後にまたバイト!!
しかし流れがキツくて、ボトムも辛うじて見えている程度の透明度故にバイトの瞬間を捉えるのが難しい。

それでも何度かジグのフォールを繰り返していると、やっとヒット!!
f0100885_23544115.jpg

上がってきたのはチヌではなくチーバスでした。
昼間、かつジアイじゃないのでフォールでのリアクションバイトしか反応してこないのか?
狙いの魚ではないので、程々にして移動開始です。



昼食休憩をはさみつつ、時間をかけて大移動。
やってきました実績場。まぁココで釣れんかったら、帰るしかないな。

実績場の中でも、もっとも釣れそうなピンポイントに向かい漁船の影を狙う。
すると、3隻目の船の影から、ピューーーっとチェイス!! シオだ!!
3匹のシオが追ってくるが、途中でUターンして一目散に戻っていきます。

やっと見つけたゾ。

ここで本腰を入れる。

船の際にキャスト、小刻みにトゥイッチを連続。すると、先程と同じく船の下からダッシュして3匹がチェイス!!
ミノーの回りで踊るかのように絡んでくるので、さらにトゥイッチ、トゥイッチ。
するとそのうちの1匹がバイト!! ついにキターーーッ!!
シオはフッキングと同時に船の下に向かって猛ダッシュ!!
シオなので、この様な走りは想定はしていましたがドラグが小刻みに出る・・・・船の下へと潜ろうとするのを必死に耐える。
一瞬、走りが弱くなった時を捉えてゴリ巻きで寄せる。
やっと釣れました。20cmを少し超える程度ですが、今年最初のシオ。
f0100885_23544213.jpg

次のキャストでも、バシーーーン!!とヒット。
そしてこやつも猛ダッシュ!!!!
またしても船の下へ・・・・・なんとか堪えて、ギリギリの所で船の下に潜られるのを回避したが、今度は手前のロープに走る。
ここでもなんとか耐えて耐えて、シオの動きが一瞬止まった時にイッキに寄せてゴボウ抜き。
2匹目ゲット!!
f0100885_23544270.jpg

3匹の群れだったハズですが、さすがに2匹釣ると残りの1匹は何処かに行ってしまいます。

同じ様に船の際を撃っていくと、数匹~10匹ぐらいの群れがチェイス!!
しかし、なかなか喰わず、最初の1投で喰わせられないと、次がありません。
これはシビア~~~

群れを2、3ほど見つけましたが、1バラシのみ。
これはあまり何度もルアーを見せるのは得策ではないと判断して、夕方に向けてポイント温存する事にする。

歩いて他のポイントを探りますが、たま~にチビのシオが単独で追ってきますが、やはりバイトには至らず。
小一時間ほど休ませて先程のポイントに舞い戻ります。

10匹近くの群れが入っていた船に、忍び寄って投げる。

満を持して投げる。
着水、トゥイッチトゥイッチ・・・・出てこい出てこい・・・・あれ??? まったく姿が見えません。

それじゃ次の群れを見つけた船の影へ・・・・
うぅ(^^;; ココも1匹も追ってこない。
あの群れは何処かに移動してしまったか??

最初に2匹釣れた船影へ投げる。
すると、ココでは数匹の群れが居た!! その中の一番デカいのがヒット!!

狭い船と船の間で走り回るシオ。
ドラグが出るのを何とか抑えて船の下やロープの際に走るのを止める。ダッシュを止めないとラインブレイク必至です。
そんな狭い水面で右に左に走るシオをなんとか強引に抑えつつ、一瞬動きが弱まった時にイッキにゴボウ抜き。

ふ~~~、これは尺はイったな。
f0100885_23544180.jpg

メジャーで計ると31cm。
シーズン初期でいきなりの尺オーバーのシオ。

この1匹のやり取りに時間がかかり、まだ3~4匹は居たハズでしたが、次にキャストした時には群れは消え失せており、影も形もありません。
これがシオの釣りも難しい所です。

夕マズメに向けて再びシオの群れが入ってくるのを期待しつつ、アッチへウロウロ、コッチへウロウロ。
しかし、群れに遭遇することはなく日も暮れてきたので帰路につきました。


今季最初のシオ釣行、なんとか釣れましたが、シオを見つけられたポイントが1箇所のみ。
さらに、到着直後は幾つかの群れを見つけていたけど、イマイチ活性低めなので、夕マズメに狙おうと温存したのが運の尽き。
時間が経てば経つほどシオの気配は薄れていきました。

初夏のシオをライトタックルで本格的に狙い初めて3シーズン目なので、個人的にも経験値が足りないな、と感じます。
メッキと似てるようで、似てない?魚なので、ポイントやパターンなど、まだまだ勉強が必要のようです。


[PR]
by sierra-outdoor | 2018-06-09 23:52 | 海の釣り | Trackback | Comments(1)
ライフジャケットの着用義務拡大
巷を騒がせて?いる、国土交通省からお達しがあった「ライフジャケットの着用義務拡大」

先日の2月1日からこの義務が正式になったらしい(^^;;;

国土交通省の関連サイト

最近はオフショアに出てないが、、、、かな~り前に買った自動膨張式のライジャケは、国土交通省の形式承認品なのか??
f0100885_20315296.jpg


ちょっと調べてみた。

ナニナニ・・・形式承認の印である、桜マークがあればいいらしい・・・・

で調べたら、、、を、こんな古いライジャケにも桜マーク、付いとるやん!!
やるなー ダイワ。
f0100885_20322101.jpg


し、、、しかし。

よーく調べると、桜マークが付いているだけでは不十分で、遊魚船でオフショアに出るには いわゆる Type-A が安心だとな?
(Typeがいろいろあって、Type-Aなら全ての条件を満たしているので、釣りに関してはどの状況でもOKらしい)

ん~~ Typeなんて、このライジャケには記されておらん(かなり前のモデルだしね)
中身を引っ張りだして、膨張する部分も確認したが、やっぱり何も書いてない。
(最近のライジャケにはTypeが明記されているらしい)

しゃーない、ダイワのWebサイトから質問してみた。

すると、翌日、即返答があって。

要約:お客様のお使いのライジャケ(SGF-2007)はType-Aであり、2/1より小型船舶操縦法の改定に伴う乗船者に着衣用義務のある基準を満たしております・・・云々。

を~~やったぁ~~
買い換えずに済むワ(笑)
メーカー品を買っておいて、ヨカッタ。(あの当時は殆ど選択肢が無くて、ダイワのこの製品ぐらいしか選べなかったのが事実だが)

これで一安心です(^^)



[PR]
by sierra-outdoor | 2018-02-05 20:36 | 海の釣り | Trackback | Comments(2)
01/07 2018 釣り初め
年が明けて、最初の釣行。

12月に比較的好調だった場所に行くかなぁ~~と漠然に思いつつ、週間天気予報をチェック。

1/7が冬型の気圧配置が緩んで、絶好の釣日和?

よし、この日に行こう。



前日に、釣友のハンターさんが釣行していて、めっちゃ渋かったらしい・・・・

うむむ、、、12月は結構釣れたけど正月に行った人たちも厳しかったらしいから、こりゃ1匹釣れたらラッキーか?

なんて思いつつ、現地に行ってみないことには判らんので、とりあえず車を走らせます。

・・・・・・・

日の出を車窓から拝みつつ走って、現地に近づいた頃、海面からモウモウとモヤが立ち上がる風景を見る。
まだまだ海水温は高いのかな? 今年は黒潮がかなり離れているので、例年よりも水温低下が顕著だけど。

目的のポイントの手前、2箇所ほど念のため短時間だけ探ってみたが、無反応・・・ヤッパリね・・・
時間が勿体ないので、すぐに移動します。

当初の目的ポイント到着は、8時半過ぎ。
船溜まりでは数人の釣り人が釣っているが、あまり釣れていそうな気配はナシ。

12月に好調だった少し離れた場所に入ってみたが、反応ナシ。。。水温も低そうだ。

少し離れた、確実に釣れるだろうと思っていたポイントも反応ナシ。。。
2週間前には全く見なかった、とろろ昆布のような茶色の藻が繁茂しており、水質が大きく変化している事を伺わせる。
こりゃヤバいか??(^^;;;

前回、プチ入れ喰いしたポイントに行くも、、、、ここもとろろ昆布藻が繁茂しており、どうにも釣れる気配ナシ。
前回までチラホラと見えていた極小ベイトや、チヌ、ボラなどが全く見えない・・・・つまり生命感ゼロ。
いろいろ探るがやっぱり反応ナシ。。。まぢヤバいじゃん。
前日にハンターさんが苦労していたのは、これだったか(^^;;

さらに移動。

どうやら12月に釣れたのポイントは捨てた方が良さそう。
さて、どうしよう。
外海からの潮が入ってきやすいポイントに移動するか・・・・

次のポイントに入ってみる。
少し離れた場所に先行者が一人。

狙いの場所には誰も入っていないのでそこに直行。

水は透き通っていて、冷たそう・・・生命反応も乏しいし。
しかし、ここぐらいしか思いつかないので、正午までは頑張るゾ、と思いながらひたすら投げる。

しかし周辺を歩き回ってあちこち探って、、、まったく無反応のまま時間は過ぎて、すでに正午の少し前。
正午になっても釣れなかったら、次へ移動するしかないナ、、と覚悟を決めたその時でした。

遠投したペンシルをトゥイッチすると、グンと重みと違和感が・・・

来たッ!!

アワセると、乗った!! よし! これは捕らねば~~~~

横っ走りするメッキをいなしつつ、寄せてきてゲット!!

やった~~ なんとか2018年最初の魚が釣れた~~~

仲間うちでは、その年最初のメッキを「あけおメッキ」と呼ぶのですが、ようやく自分にも「あけおメッキ」がやってき来た。
いや~~ この1匹までが長かった。
釣り初めてから3時間、まったくのノーバイトだったので厳しかったが、やっと釣れたァァァ。
26cmのギンガメでした。
f0100885_21415392.jpg

群れで来ているか?と思って続けて投げるも、その後無反応・・・・
単独メッキだったのかな。
まぁ、今回はサイズ問わず、おけおメッキさえ釣れればOKと思っていたので、肩の荷が下りた。

30分ほど釣り続けて、反応が無いので、そろそろ移動するか?と思って車に戻る最中、少し離れた場所で突然ボイルが湧いているのを発見!!

急いでボイルの近くまで近づいて、キャスト!!
岸からやや遠目ではあったが、なんとかボイル直後に着水。
トゥイッチ、トゥイッチ・・・ ルアーの後ろの水面が乱れる・・・追ってる!!
続けてトゥイッチ、、、ガボン!!と水面が炸裂して重みが乗った・・・ よし!!

アワセると、これも乗った!!
先程より、少し抵抗が強い・・・右に左に走りながら、なんとか寄せてきて抜き上げると27cmのギンガメ。
f0100885_21415364.jpg

いや~~ この寒い時期でもボイルが出るンですね。ちょっと意外。
一瞬ですが、数匹以上と思われる群れのボイルで水面炸裂してましたが、ものの数秒でボイルも消え去る。
数秒間の最後のタイミングでギリギリでボイルを直撃できたのでヒットしました。

先程のメッキをリリースした後、投げてみても、やっぱり無反応。
群れが射程圏外に移動しちゃったかな・・・・

その後も30分に1回ぐらいの低頻度ではあるが、視界のどこかで瞬間的にボイルが出る。
なにせパパパッと3~5秒だけボイルが沸き上がってすぐに消えてしまう。
さらに、ボイルが出るのは沖合で射程圏外。

それでもボイルが出るたびに、一番近くまで走っていって、投げる・・・
しかし、ボイルのタイミングには間に合わないため反応してくれない。

遠くで発生するボイルはどうしようもない、指をくわえて見送るのみ。
正面でもたまにボイルは発生するが、やはり射程圏外で届かない。

13時まで粘ったがヒットはなく、いったん、昼食休憩へ。

午後からどうするか、朝イチのモヤが出ていて水温が高そうな場所に戻るか、、それともボイル目撃現場に戻るか。
魚の顔は拝んでいるので、釣れなくてもいいかと思って、ボイル現場に舞い戻る。

夕方になるにつれて風も止んで釣りやすくなるが、午前は弱風ながらフォローの風だったので遠投には有利だったけど無風になったので追い風によるアシストもなく飛距離も伸びず、たま~に出現する沖合ボイルには到底届かない。

夕暮れになればボイルが活発になって射程圏内で発生するか?と期待したものの、夕方が近づくにつれてボイルの頻度も低下・・・
この日の潮は、午後はずーっと低潮位なので、潮位の低さがボイルや回遊コースが遠ざかった原因かも知れない。
(手前のシャローにはベイトの姿も皆無で、水温も低そう。沖合のみベイトの回遊や外海からの比較的水温の高い潮が入ってきやすい状況だったかも・・・って感じ)

16時過ぎまで頑張りましたが、2匹目以降はヒットもなく、終了~~~~
12月の時も夕方はあまり釣れず午前中~昼過ぎに釣果が出ていたので、この事態もある程度は予想してました。
そんな訳で、暗くなる前に帰路につきました。

[PR]
by sierra-outdoor | 2018-01-07 21:39 | 海の釣り | Trackback | Comments(2)
12/23 釣り納め
2017年の釣り納めに行ってきました。

今年は黒潮蛇行により、沿岸の水温低下が早い・・・
例年より2度くらい低い水温で推移しており、そろそろ水温的に終わりになりそうな・・・

どれほど釣れるか判らんけど、行ってみない事には始まらない。

2017年のこれまでのメッキの総釣獲数は、およそ282匹ほど。
厳密に釣った数を記録してはいないので、およその概算を積み上げた数字なのだけど、そんなに実数と乖離もしていないだろう。
あと18匹釣れば、300の大台・・・・
1カ月前なら18匹釣るのも可能だったが、果たして12月下旬のこの時期、1日だけで釣れるか????(^^;;;


往路の道中、山の中を走ると寒い、、、電光掲示の気温は0度か-1度。
一応、スタッドレスには履き替えているし、雨も降ってないので、路面は凍ってはいないだろうが念のため慎重に走る。
山間部を通過して、海沿いに出ると気温は3度くらいに上がって、これなら路面凍結の心配もない。

段々と東の空が白んできたが、この時期はあんまし早く現地に着いても釣れない事も多いので、途中休みながら走って、現着は7時半ほど。

いつもなら、釣り人の車が結構多い場所なのだが、この日は少ない、、、釣れてないのか?
ポイントに出てみると、広大なポイントに見渡す限り3名だけ? いつもなら見える範囲内に10名は居るのだけど。
波は静かで釣り易いが、、、やはり肝心の魚からの反応がない。道理で釣り人が少ない訳だ(^^;;;;

小一時間、探ったけどまったくの無反応なので、次へ移動。

次のポイントはそこそこ釣り人が居るので、一番の大場所に入ってみよう。
先行者は一人のみ。
一番端から投げて、数m移動してまた投げて・・・ という事を繰り返していると、とある場所でゴゴン!
をォ、来ましたナ(^^)
15cmほどのチビメッキ。サイズはともかく釣り納めで魚の顔を拝めたので、ホッと一安心。
釣り納めくらい、やっぱし何かしら目的の魚が釣れて欲しいのが人情。

f0100885_21181932.jpg


同じ場所でポツリ、ポツリとヒットしてくるが、横風が時折吹いてきて、バイトが取り辛い。。。
この時期は水温が低いのでボトムにしかメッキが居ないし、ジグのフォールで喰ってくる事が多く、フォール時のアタリを取るには風は厄介。
4匹ほどチビメッキを釣って、横風で釣り辛い事と反応が途絶えたので移動する。(目標まであと14匹)

f0100885_21181801.jpg


次のポイントに移動。
何気なく投げたルアーをピックアップする寸前に、ゴン!!
あれ? 掛からなかったが、今のはバイトか??

もう一度、同じ場所に投げるとゴゴン!! キタッーーーー!!!
ヒットしたメッキの後ろにワラワラと追いすがる20匹以上の群れ!!
上がってきたのは25cmクラス。後ろに追いすがったのも同じサイズだ。

f0100885_21181886.jpg


ここで真剣に投げる。

着水と同時に反応する。これはペンシルの方がいいだろう、ペンシルに変更。

シンペンを投げて水面直下でダートさせると、シンペンをひったくって行く。

f0100885_21181860.jpg


f0100885_21181705.jpg


しばしプチ入れ喰いを味わいつつ、釣れるサイズも平均25cmクラス。
ただ、水温が低くなっているせいか、前回釣行時の同クラスよりは、ややファイトが弱くなっているかな。

数匹ほど釣って、少し反応が薄くなる。

少し横に移動すると、今度は20cm弱の別の群れが涌いてくる。
ルアーのサイズを落として投げる。やはりキャスト毎に反応があって楽しい~~~~(^^)/
f0100885_21181747.jpg


釣って少し移動して、ルアーチェンジして、、、、などとやっているうちに釣果数が積み上がってきて、20匹を超えた。
やった、目標の18匹をクリア!!

この頃からさすがにサーフェイスでは反応が乏しくなってきたので、ミノーをボトムまで沈めて縦トゥイッチで誘うと、ドスン!!

を、を、コ、コレはちとデカいかな・・・・
右に左に走るのをかわしつつ寄せてくると、、、を~~カスミアジだ。
26cmのカスミアジ。
f0100885_21181790.jpg


そして次のキャストでもドスン!!
今度は28cmのギンガメ。
f0100885_21181634.jpg


いいですなぁ。
しかし、この魚を最後に群れが遠ざかって反応が無くなった。

それでも午前中で約25匹ほど釣れて、目標だった18匹、年間300匹も達成できたので満足マンゾク。

もう帰ってもいいのだけど、ちと勿体ないので午後も釣りすることにして、いったん、昼食休憩へ。



休憩の後、偵察を兼ねて周辺のポイントを散策。

とある漁港内を探ってみると、、、ポツリポツリとチビメッキが4匹ほどヒット。
ボトム付近に居るようで、ジグを沈めてリフト&フォールで釣れるが、さほど魚影が濃い訳ではなさそうで、ヒットは散発的。
サイズも20cm以下なので、ここには良型は居ないなァ。。。。

移動。

もう一度、午前のポイントに戻ってみると、サーフェイスでは反応がなく、午前ほどの活性は高くはないがボトム付近に群れが居るようだ。
しかし、ジグでボトムを攻めても、チェイスのみ、イマイチ喰ってくれない。

そこでシンキングミノーを沈めて細かく縦トゥイッチで誘うと、グン!! 重みが乗った。すかさずフッキング!!

ドン、と重みが乗ってボトム付近で右に左に暴れる。。。。なんとか水面まで上げてくると、やはりここは良い型が居るな。
ギンガメの26。
f0100885_21181693.jpg


次のキャストでまたドン!! を、さらに少し大きいゾ。。。。慎重に慎重に。。。。
足元の岩に走り込もうとするのをいなしつつ、上げてみると、この日最大の28.5cmギンガメ。
冬場はサイズが大きくなってるのでエエですね~~
f0100885_21181680.jpg


ただし、水温が低下しているのでメッキ本来の疾走感が無い。
9月の水温だったら、このクラスならガンガンと走り回ってそうとう苦労するハズだが、走りがそれほどでもないので、割と余裕を持てる。

まだ居るかな~~~と思って投げ続けると、2バイトのど続いたが、フッキングミスでバラシた・・・・
と同時に、反応がパッたりと途絶える。
午前にイジメ過ぎたからねぇ(^^;;;;

夕暮れを迎えて、違うポイントを探っていると、対岸に小規模ながらナブラ発見!!
急げーーーーっとばかりに車を走らせ、かなり無理矢理に対岸のブッシュを突破してナブラが湧いた場所へと駆けつけたが、、、時既に遅し。
ナブラは終わっており、まったく魚ッ気ナシ。

ナブラは発生直後に投げないとダメですね。
そのまま無反応のまま日没ゲームオーバーーーー。



結果としては、この日は32匹?くらいの総釣果。
予想より釣れたし、年間300メッキは達成できたし(多分) 良かったヨカッタ。

これで2017年の釣りも終わりです。
終わり良ければ全てヨシ。

2018年も沢山釣れますよ~~~に (^人^)


[PR]
by sierra-outdoor | 2017-12-23 21:10 | 海の釣り | Trackback | Comments(2)
12/02-03 師走・そろそろ終盤戦か
12月に入り、寒い日が続く中、黒潮が蛇行しているので太平洋沿岸の水温も低下傾向。メッキシーズンもそろそろ終盤戦。
まだ釣れているうちに釣っておこう、との目論見で久々に泊まり釣行です。



12/2

朝7時ころ現着。
予想よりも穏やかで風は弱い、、、ちょっと昨日の北西風の影響か、ウネリが若干ある。。。
波打ち際はやや底荒れ気味ですが。

1カ月前の釣行時には、サイズはともかくそれなりに釣れたポイントなので、期待はしていましたが。

投げても投げても反応ナシ。波打ち際でベイトの群れがあり良さそうなんですけども。

他魚種狙いのアングラーも大勢居ましたが誰一人竿が曲がる気配もなく朝ジアイは過ぎていきます・・・・(^^;;;

1時間ほど探るもまったく無反応だったので、この場所を見切って次へ移動。

移動した先には先客アリ・・・仕方ない、少し走って別ポイントにエントリー。

この場所は遠投重視のポイントなので飛距離の稼げるヘビーウェイトの魚道50をブン投げる。
すると一発でヒット!!
サイズはそれほどでもないけど、ようやくファーストフィッシュ(^^)

f0100885_22472708.jpg

その後も、ちらほらとチェイスするメッキが見えますが、、どうも表層の底水温層を嫌ってるみたいな。
ジグに変更して、ボトム~中層までをリフト&フォールで攻めると、ゴゴン!!と来ます。
サイズは小さいですが(^^;;;
f0100885_22472772.jpg

ここにチビメッキの群れが溜まっていたようで、10匹弱ほど釣りあげる。
12月としてはサイズが小さいのが意外ですけど、ともかく反応があるのは嬉しいですな。

f0100885_22472650.jpg

まだまだ反応は続くと思われましたが、サイズが伸びないので新たなポイントを探してあちこち放浪しますけど無反応・・・

潮がどんどん下がっていきド干潮の時間帯。
さすがに釣れんだろう、と思って車に戻って、早朝出発だったせいもあり眠くなって仮眠。。。。。

2時間ほど仮眠してスッキリした後、上げ潮が動き出した頃合いなので、別ポイントに偵察に行きましたがやっぱり無反応。

15時前、先行者が居て見送ったポイントに通り掛かると誰も居ないので、チョイとやってみますか。

ジグを遠投して、ボトムまで落としてジャークしてくると、、、突然にゴゴーーーン!!
キタッーーーー

これは今日イチバンのサイズだ。
慎重に寄せてくるが、、あと少しの所でフックアウト~~~残念

しかし一発で喰ってきたので群れが入っているなと直感して続けてキャスト。

次でも一発でヒット!!
ヨシヨシ~~
ようやく出ました25cmクラスのメッキ。
f0100885_22472604.jpg

その次でもヒット、こりゃ~群れを見つけた、、と思ったらそこで根掛かりでラインシステムごとロスト。
ラインシステムの再作成などしていて群れが移動してしまったのか、少し小さめの1匹を追加のみで沈黙しました。

しばらく周辺を探って群れを探しますが見つかりません。
夕暮れ前、満潮のタイミングでもう一度先程のポイントに入ると、また群れが回ってきたのかヒット!!
f0100885_22472686.jpg

2匹ほど追加して、どんどん暗くなって小さなジグではアピールが足りなくなってきたか・・・

目立つようにアピールカラーのやや大きめのシンキングペンシルを投入。
するとヒット!!
やはり暗くなった時は目立つルアーが良いですな(^^)/
f0100885_22472564.jpg

この1匹釣ったところで完全に反応がなくなり、暗くなる前に、午前中に釣れたポイントに舞い戻ってみましたが、午前の群れはどこかに移動してしまったようで全く反応がなく、この日の釣りは終了。

晩飯を食べに行ったついでに、地元ショップでこの日にロストしたジグを現地補給。

日帰り温泉で疲れを癒した後、道の駅に移動し、車中泊です。
一日釣りした疲れもあって、早々に爆睡。


12/3

朝5時半、寒さで目が醒める。
東の空が白んできたので、準備をしつつポイントに向かう。

前日と同じポイントから始めます。
ウネリは収まり、状況的には良さそうなんですけど、やはりこの日も無反応・・・
冷え込みがイカンのでしょうか・・・・ 一回だけ、射程圏内で青物のボイルが発生しましたので、ライトタックルのままで投げてみたけどヒットせず。

この場所で粘っててもダメそうなので移動します。

前日と同じポイントに来ました。
まずは、ミノーでさらっと表層を探ると、いきなりヒット!!
これは表層に浮いているか?? と思ったけど、その後音沙汰ナシ。。。。
f0100885_22541618.jpg
それでは、、、とジグに変更してボトムを探ると、ゴン!! いいですねー
前日同様に25クラスがヒットしました。
しかし、この時は次が続かず、1匹チビメッキを追加したのみ。
f0100885_22541626.jpg

さらに移動します。

次ポイントでは、横風がやや強い・・・
遠投しなければいけないポイントなのですが、この横風ではPEラインがフケてしまって非常にやり辛い。。。
それでもジグを投げてボトム付近を探ると、フォールの際にコン!!と小さくバイト。
急いで聞きアワセすると乗った!!

小さいながらもチビメッキを数匹追加。

横風がさらに強くなってアタリを取れなくなったので、風の影響の無さそうな場所に移動・・・・・
の前に、ふと気になったポイントに寄ってみた。
前日は、他の釣り人多数だったので入れなかったが、この時は1人のみ。。。
先行者の邪魔にならないように、端っこの方に入って、様子見で投げてみると、、、いきなりガッツーーーンとヒット!!

ちょっと予想してなかったので面食らってしまい、ファイトが後手後手に回ってしまってバレた・・・・orz
今のはちょっと良い型だったのに。。
次のキャストでもヒットしたが、またバレた・・・・(^^;;

これは群れが入っている、、、慎重にやらねば。

3回目、またヒット!! 今度こそ~~~

ヒットしたのは比較的近い足元なのですが右に左に走り回ります、なかなかのファイト。
何度かの切り返しの走りをこらえつつ、抜き上げて25クラスをゲット。

f0100885_22541652.jpg

ここから何匹か同クラスを連発。

f0100885_22541665.jpg

f0100885_22541655.jpg

6匹目をヒットさせた所で、サイズダウン。その後、反応ナシ。
これは群れが遠ざかったかな。
まぁ楽しめたのでヨシとします。

たまたま寄り道したポイントで群れに遭遇できましたが、本来の目的のポイントにあらためて移動。

この時間になると風も弱くなって、その風がフォローになっている場所なので、まずはジグを大遠投~~~
しかし反応ナイです。

ふと見ると、ジグの射程圏外で、一瞬ですが単発ナブラが・・・・
うーーん、ちと遠い・・・ 届かん・・・・

どのみちジグでは反応しそうもないなあ。
って事で、飛距離はジグには及ばないが、シンキングペンシルに変更して出来る限りの遠投キャスト。

水面直下をフワリ、フワリと誘ってみると。。。。。。

ゴン!! ゴゴン!!

え、来たッ!!

ナブラが出た場所には届いていないが、明らかに魚だ。
アワセると、ドン!!と重みが乗る。
シャローのポイント、かつ手前にテトラやら岩やら杭やら、なにかと障害物がある場所なので、かなり強引ファイト。
走られる前に寄せてくると、、、ちとデカいかも。。。。

無事にランディングして、メジャーを当ててみると27cm、、、本州メッキとしては久々のサイズです。

f0100885_22591296.jpg

障害物に巻かれるのを避けるために、かなり強引ファイトしたので、フックは伸び伸び~~ ヤバかった。
f0100885_22591358.jpg

群れでは居ないようで、この1匹のみ。

お昼の干潮は釣れないので、この時間帯を使って移動します。

さて、やってきました。とあるポイント。
ここは釣れて欲しい、、、頼むから・・・・

と思ったけど、蓋を開けてみれば、チビメッキ2匹のみ orz
あかんな~~
f0100885_22591321.jpg

夕暮れが迫る中、移動した先は、満潮の高潮位で非常に釣り辛い・・・ココは干潮の方が良いかも。

時間がない、、、急いで移動して日没少し前に到着、ラストポイント。

さらっと表層を探るも反応なし・・・
ジグでボトムはどうや??

ボトムまでジグを沈めてジャーク&フォール。
すると、フォール時に微かに何か触ってきた・・・・・
即アワセると乗った!!

よし、これはメッキだ。
f0100885_22591324.jpg

このパターンで何とかその後も2匹追加し、日没終了~~
f0100885_22591344.jpg

2日間、釣り続けて、2日合計38匹ってところかな。
最大27、25クラスもまぁまぁ釣れたので、終わってみれば、ボチボチの釣果。

しかし、水温低下で表層にメッキが出にくくなってる。
そろそろ本土メッキのシーズン閉幕も近そうだ。
(黒潮が接岸してくれればシーズンも延長されるが、今年は離れたままだろう)

[PR]
by sierra-outdoor | 2017-12-02 22:45 | 海の釣り | Trackback | Comments(2)
11/25 もうすでに初冬パターン
ようやく、少し落ち着いた天気予報の週末、南下作戦発動です。

現地で、タトさんと合流することにして、ひたすら南下して朝の7時すぎにとあるポイントに到着。
当然、タトさんが先に到着して釣りしてると思ったら誰も居ない・・・・
どうやら少し離れたポイントを探っていたようです。

少ししてからタトさん登場。
この場所は以前にタトさんが良い思いをした場所なんですけど、この日はお魚は留守か?? まったく反応ナシ。

どんどん移動して、途中のポイントを短時間だけ撃っていきますが、全く反応無し。

元々、予定していた本命エリアまで来たのはお昼前。まだ魚が1匹も釣れてないです(^^;;;

目指すポイントに到着して、外向きに投げていたタトさんにヒット!! しかしバラシ・・・
どうやらメッキは居るようです。
外側に移動してジグを遠投。。。ボトム付近で何やらショートバイト。。。でも掛かりません。
魚が小さいか??

何投かして、フォール中にヒット!!
をぉやっと掛かったか!?
水面まで上げてくると、小さめのメッキが暴れる・・・・ここでフックアウト~~

ありゃりゃ。今日最初の1匹目だったのに。
ここまではショートバイトながら、そこそこ反応があったのですが、群れが遠のいたせいか何も反応が無くなり移動。

次の場所は冬場にメッキが溜まるであろう、ポイント。

そのポイントのド真ん中、水深の深い場所でジグで攻めると、、、、ゴゴーン!!
来たキタッーーーー

ようやく釣れました、23cmくらいのロウニン。
f0100885_20222861.jpg

タトさんも豆メッキですが、何匹かヒットさせてます。

周辺をくまなく探って釣り歩くと、数匹のメッキがチェイス!!
ジグで一度、喰わせたけどバレた。
プラグに変更して、もう一度探ると、ゴン!! よしよし、やっと釣れた。
またしてもロウニンの20ちょい。

f0100885_20222833.jpg

どうも冬パターンでしか釣れんねぇ、とタトさん談。

一旦、昼食休憩した後に、本命ポイントに行く前に、ちょいと寄り道。
ここで豆メッキを1匹ゲット。

そろそろ次へ移動しますか~と思ったら、足元で10匹ほどのメッキ群がチェイス!!
移動を待ってもらって、2匹ほど連続ヒットしたけど、群が離れてしまったらしく反応も途絶えたので移動します。

さて、本命ポイント。
潮位はイイ感じ。
これは釣れるデ。

と思った(この時は)

期待の1投目・・・・何も反応なし
2投目、3投目。 うーん反応ないやん(^^;;;

やや焦りつつも、まだ時間も早いしね、、、と気を取り直して少し移動した先でガッツーーン!! 今日イチのヒット!!

やっとキタッーーーー ちょっとイイサイズだよ~~コレは・・・・

ギラギラっと光る銀鱗。あの幅のある体高からしてロウニンか?
右に左に暴れる魚をいなしつつ寄せてくるが、、あろうことか足元でフックアウト。
なんでや? 去年からこのポイントではバラシが多いなぁ、自分。
24cmぐらいはありそうだったので惜しい事をした。

少し移動して、またヒットしたが、これもファイト中でバレた。

次もヒット~~
これは小さい豆メッキ。ゴリ巻きでバレる前に上げてしまう(^^;;;
タトさんも豆メッキはポツポツと釣り上げる。
f0100885_20222874.jpg

ようやく群れが回遊して来たか? と思われたが、その後反応は途絶える。
たまに釣れるのはバラークーダ・・・・

夕暮れまで周辺をいろいろ探ってはみたものの、な~んにも釣れずに終わり。
期待していた本命ポイントもダメダメでした。
今シーズン、ここに入るの3回目ですが、1、2回目何も釣れず。
やっと3回目でヒットはしたが、去年に較べるとあまりに釣れない。
今年はダメのようですネ・・・・ orz

ここで、この晩は現地泊で居残りのタトさんと別れて帰路へ。
渋滞をかいくぐって帰宅。

冬パターンになりつつあり、メッキ魚影も薄くなって難しいなぁ。

後日談
居残りのタトさん、翌日は、とあるポイントで大爆釣だったそうな。
マヂですかい!?
同じポイントに前日にも入ったとゆーのに、この差はナニ!?


[PR]
by sierra-outdoor | 2017-11-25 23:21 | 海の釣り | Trackback | Comments(0)
11/18 丸メッキ と呼ばれた魚
とあるポイントにて。

ポイント到着早々にヒット~~~
を~~幸先良いなぁ、、、と思って上がってきた魚を見たら・・・

あれれ?

体高があるのでロウニンかと思ったら、違う・・・イトヒキアジか?
メッキ御三家じゃなかったので、なんだぁと思って釣った直後は魚種まで詳しく気にしてなかったが。
f0100885_21241268.jpg


LINE上に、釣った魚の画像を挙げると、すぐに友人達から「それ、イトヒキとちゃうで」とコメントあり。

詳しく調べてくれた友人が「リュウキュウヨロイアジ」だと調べてくれた。

群れが入っていた模様で、このリュウキュウヨロイアジがナゼかこの日は連発(^^;;;;

釣っても釣ってもヨロイちゃん(まぁ、釣ってもツッテも、と言っても釣り上げたのは7~8匹ですけど)
最初の5匹まではこの魚が連発。。。つーか、この魚しか釣れん。
f0100885_21241150.jpg

その後で、やっとギンガメが1匹ヒット。ホッと一安心(^^;;

f0100885_21241292.jpg

しかし、その後もヒットしてくるのはヨロイちゃんのみ。

どうもこのヨロイちゃん、喰うのが下手らしく、ゴン!!と当たっても乗らない事多数・・・
水面まで追ってくるほど活性高いのですがネ。

ヒットした瞬間は、メッキ御三家と変わらないファイトなのですが、あまり首を振らずに、ひたすら右か左に横っぱしり。
で、方向を切り返す瞬間に、あまりの平べったい形ゆえに、フッとラインテンションが抜ける(まるでバレたか!?と思うくらい)
そして次の瞬間にまた重々しいファイトが続く。

こんな珍しい魚が連発したが、本命メッキ御三家は1匹しか釣れずに終わった orz

広い意味ではこの魚もトレバリーの一種なので、メッキの従兄弟みたいな魚だが、御三家(オニヒラ含めれば御四家か)を一応、メッキ本命としているので、釣れてもちょっとビミョー(^^;;;;

巷では、リュウキュウヨロイアジは丸メッキとかマルエバとか呼ばれているらしい?

新魚種という事で物珍しい魚でしたが、釣りの満足感としては、、ううーーーんビミョーだ(^^;;;

#翌日、新魚種の丸メッキ確保に燃えるタトさんが釣りに行ったらしいが、、、留守だった模様。回遊魚の釣りは難しいネ。



さて。

ジャッカルから新発売されていた話題のライザーベイト。
出たばかりの物珍しさもあって売り切れ続出?? でしたが、ようやくライザーベイト004が発売になったので早速入手して投げてみました。

f0100885_21241126.jpg

004は4cm、5.6gと小粒だけど良く飛んでいきます。飛距離は良好。

水面をパシャパシャとベイトが追われているような飛沫を上げて動きます。

タダ引きでアクションしてくれる、、、とゆーか、トゥイッチ入れると暴れすぎて水面上に飛び出したりフックに絡んだり(^^;;;
タダ引きで釣るプラグかな??
メッキ用としては、もう少し積極的なロッドアクションにも追随して欲しいが。

メバルが主要ターゲットとして開発された模様ですが、このアクションでメバルが釣れるのかなぁ??
メバル釣りはたまにしかやらないので、よく判らんです、ハイ。

このアクションを見て、最も釣れそうなのは・・・・
そう「ナマズ」笑
パッと見のアクションと飛沫の上げかたがジッターバグの小型版なんです。
絶対にナマズが釣れると確信した(笑) 金属リップだしね。
割とユックリ目でも綺麗にアクションしてくれてます。
ただ、この小さいルアーなのでナマズに丸飲みされてしまう恐れがあります(^^;;;
(対策として太いリーダー使えばいいが、リーダーが太いとアクションに影響しそう)

あとは、やはりタダ引き系で釣る事が多いシーバスにも向いていそう。

メッキ釣り用としての感触は。。。。
水面直下をメッキが意識している時は釣れるカモ。
夕方のスロープで初心者にメッキ釣らせるには良いカモ。タダ引きで良いので慣れが必要なトゥイッチも要らない(と思う)

今回はそのようなシチェーションではなかったのでヒットはしませんでしたが、魚種不明ながらバイトはそこそこありました。

・・・・・・・

ライザーベイトは004、007、008の三種類。

f0100885_21241121.jpg

最初に発売になった007はバスがメインターゲットだったせいもあり、発売前からバサーの間で噂になってたので、アッと言うまに売り切れ。
004はメバルとか小型回遊魚向け?
008はシーバス、中型青物向けでしょうか?

004と008は、ソルト系アングラーではあまり認知されていないようで、割と売れ残って??ます(11/19現在では)

004は前述の通り、どっちかと言うとオートマチックに動くプラグ。ロッドアクションは不要かも?(下手にアクションしても暴れるだけ)

007は1個しか入手してないけど、まだ実戦未投入。
サイズ的に25オーバーメッキなら喰ってきそうなので、飛距離も稼げそうなので、大場所で次回試してみます。
(積極的なロッドアクションに追随してくれれば、メッキ用としてコッチの方が使い易そう)

008は本土メッキにはさすがにデカ過ぎるので、南西諸島遠征の時にでも使ってみます。

飛距離優先、水面優先、ナブラ撃ちなどに適しているプラグのようなので、バスよりソルトの方が使い道は多そう。

[PR]
by sierra-outdoor | 2017-11-18 21:23 | 海の釣り | Trackback | Comments(0)
11/11 ちょいと短時間の釣り
先の連休でフルに釣りしたので今週はお休み~~なんですけど。

半日だけ時間に余裕が出来たので、チョイと午後だけ釣りに出かけます。
西高東低の気圧配置になって北西風が吹き荒れておりますが・・・・
(車を走らせても、横風が強くて、ちょっとビビる)

16時くらいに現地着。
すでに日暮れに近くなっとります・・・ 釣りする時間が無い(^^;;;;
北西風は夕暮れが近くなって、少し弱くなってきたのがせめてもの救い。

急いで支度してポイントに向かい、キャスト~~
・・・・・
反応ありません。

過去の経験から、このポイントは釣り開始後、10分で何も反応がない時は、その後は粘ってもダメな事が多いので焦る・・・

潮の関係から、下げ潮に向かっていて潮位も下がり気味。
魚の居場所が変化しているか?? と思って、いつも以上に駆け足で探ると・・・・ とある場所にてようやく雰囲気が感じられる。
引き続き粘っていると、足元近くで突然にガコン!!

来たーーーッーーーー

前アタリもなく突然に衝撃が伝わって、、ドラグが鳴る・・・
こ、コレは大きい??
いや、それほどでもないか・・・(前週釣れたのがあまりにチビばかりだったので、久々のまぁまぁサイズのファイトに勘が鈍ってる)

右に左に切り返しながら、やや暗くなってきたので足元の障害物に巻かれないように魚の走る方向を確認しつつファイトすると、20オーバーのギンガメちゃん。
ええですね~~ やはりこの時期はこのサイズでないとね。
f0100885_21050902.jpg

群れが入っていないか、、、と思ったが、その後反応ナシ。

周辺を移動しながらキャストを繰り返す。
とある場所で、フォールさせた瞬間に何かが触ってきた・・・・フッキングしない・・・
もう一度、誘ってフォール・・・さらに次のアクションでゴゴン!!

キタッーーーー

さき程と同じクラスか。
しかし、この魚は足元まで寄せてきたが、ナゼかフックアウトでバラシ(^^;;;;

どんどん暗くなっていく。
秋の日は釣瓶落とし、と言いますが、ホント暗くなるのが早い。

暗くなって、小さなルアーではアピールに足らんだろうと思い、ミノーのサイズを上げる。

周辺を扇状にキャストしまくると~~~
ゴゴン!!

よし、キタッーーーー
ドラグが少し鳴ります。。。。

暗くなってるのでサイズがよく判らんが、これもなかなかのファイトです・・・・

慎重に寄せてあげると、先程と同じサイズ。ただし今回はロウニンちゃん。
やはり同サイズならロウニンちゃんの方がよく引きますね~~
f0100885_21051654.jpg

その後、真っ暗になるまで投げましたが反応なく、終了~~~

サイズはこの時期なら平均的なサイズですが、久しぶり??の20オーバーらしいファイトは味わえました。
もう少し早い時間に到着して、釣りが出来る時間を稼がないとイカンですね。
(今回は到着が遅すぎて釣り可能な時間が短かった)


[PR]
by sierra-outdoor | 2017-11-11 21:04 | 海の釣り | Trackback | Comments(2)
11/03~05 合宿とLINEバトル
ようやく台風が落ち着いた11月の3連休。
東北、関東からも我がホームへといらっしゃるので、皆で合宿しましょう、となりました。

さらに、手のヒラアジさん主催のLINEバトルも同時期に開催されるので、それに皆で参加しましょう、となりました。

2日の夜に、東北からコミさんが名古屋までやってきたので合流~
そのまま車で一路、南下します・・・・



11/3

最初のポイントには早く着きすぎるので、手前のPAで時間調整を兼ねて休憩をしていると、後発のテトさんが追いついてきた。
テトさんと少し話して、我々より少し先行して釣り歩くとの事なので、テトさんの出発を見送ります。

明るくなってきた頃合いで我々も動き出して最初のポイントへin。

先日の2連続台風の影響でいろいろゴミが打ち上がっていて、ポイントの様子も微妙に変化しとる (^^;;;
濁りは無さそうなので釣れるかナ~と思ったのですが、、、、ムムム、反応がない。
実績場なので、しばし粘りますが回遊ナシ。コミさんがチビメッキを1匹釣ったのみ。

次へ移動しますが、そちらも反応ナッシング。

さらに移動して3つめのポイント。
ふと見ると、結構なサイズのアオリが10匹近く浮かんでいる~~
コミさんがエギを取り出してきて誘ってみますが、、、、昼間の釣り難い時間帯でもありアオリもガン無視。

ミノーには反応せんよなァと思いつつ、ミノーをアオリに向かって投げると、、、、アオリじゃなくてメッキが数匹猛チェイス!!
おりょりょ、メッキ、居るジャン!!

メッキが居るなら真剣にやるぞ。って事で1匹ゲット~~ 小さいですが(^^;;;
LINEバトルは20cm以上がキーパーなので、チビメッキには用がない。移動です。
f0100885_22210945.jpg
そろそろお昼なので、先行しているテトさんと合流しようと、テトさんが釣ってる場所へ急ぎます。

ド干潮の頃合いですけど、テトさん、どうやらメッキの群れが居るらしく狙っています。
そうこうしてるうちにテトさん1匹ヒット。

それじゃあ、と自分も探ると、、、ヒット!! またまた小さいですが(苦笑)
f0100885_22223996.jpg

このポイントもメッキの群れが遠ざかったので3人でお昼を食べ、近くのポイントの様子を見てみましたが、メッキか何か判らない魚のショートバイトがあったのみ。

次へ移動すると、そちらは風がモロに当たる場所で波がザブザブ~
その波の中をミノーを通すと、セイゴがガンガン当たってくる~~ けど、セイゴじゃあねェ・・・ ┐(´д`;)┌

15時になり、この日の夕方メインと考えていたポイントに向かうと、、、あらら、これでは釣りできないジャン。
これはヤバい。
急いで近くのポイントに移動しますが、こちらもアカン、メッキが居ない、、事はない。ボトムに沈んでいる。
ジグを沈めてなんとか1匹ゲット、、しかしU20。

だんだんと薄暗くなる中、目ぼしいポイントを叩いて、もう1匹追加も20cmギリギリサイズ。
そして暗くなって終了~~
f0100885_22193578.jpg

この日のお宿にチェックインして、風呂に入って一服していると、午後から出発したタトさん合流。

すぐ近くの宿に別々にチェックインしていた、関東からお越しのガンさん、大阪からヒツさんも合流して6人で予約してあった居酒屋に入って宴会と翌日(LINEバトル)の作戦会議。

初日の感触からして、メッキの数は多くはなさそう、、同一行動で同じポイントに大勢で入ると、お互いに潰し合ってしまうので、私は皆さんとは探るエリアを少し離れたエリアからスタートする事にしました。



11/4

朝4時過ぎに起床。
まだ皆さん寝てます(皆さんのスタートエリアは宿に近いので)
一足先に準備して、暗い中、車を走らせます。

夜も明けてLINEバトル開始時刻の6時になりましたが、まだ目的の場所まで辿り着けていません(^^;;;
こりゃもう少し早く出るべきであったか。

開始時刻から30分遅れの06:30、やっと最初のポイントで釣り開始です。
波も静かで釣りやすそうです。チラホラとベイトのモジリも見えるのですが、反応は無し。

10分ほど探り歩いて、とある場所でググン!! をぉ来たキタ~~ (;`O´)o/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~ >゜))))彡

幸先よく釣れたが。。。。。あかん、18cmだ。ノンキーパーです。
f0100885_22193402.jpg
周辺を隈なく釣り歩きますが、、、この場所は例年通りだったら釣れる数はあまり多くはないものの、平均サイズは21~23cm、数匹に1匹の割合で25オーバーも期待出来る場所なんですけど、、、ポツポツと釣れるには釣れるが、どれもコレもU20・・・・
おかしい・・・昨日から20オーバーが全然姿見せない。
f0100885_22193431.jpg
f0100885_22193474.jpg

次ポイントへ移動すると、同じくこのタイミングで関東から来ていて別行動だったカメさんご一行様と偶然に遭遇(笑)
しばし情報交換をして、お互いの武運を祈りつつまた別行動。

さらに移動した先で、ミノーの後ろをギラッと光る銀鱗。
もう1回探ると、ゴン!! よっしゃーー

水面を右に左に走る魚。。。。これは20cm超、間違いナシ!! ヨシヨシ・・・と思ったら、次の瞬間にポロリとフックアウト orz
なんてコッタ。貴重な20超のメッキだったのに。

せめて群れが入っていないか、、と周辺を探りますが、19cmとキーパーにギリギリ届かないメッキが2匹ヒットしただけ。

ここでLINEをチェックすると、、、各地とも苦戦している模様・・・
それでも、石垣島と九州からのエントリーしてる人は、さすがにポツポツとキーパーを釣っています。

我々のグループは、、、、コミさんとタトさんが若干のキーパーを上げていますが、、、やはり苦戦。

お昼になり、大きくエリアを移動してみますが、この頃から北風が強くなってきた~~~
そう言えば、ガンさんが「風が出る予報だよ」、みたいな事を言っていたな。

そうこうしてるうちにビュービューに風が吹き荒れて、開けたポイントでは釣りが非常に難しくなってきた。

うぅ、まだ1匹もエントリー出来ていないのに。

あちこちウロウロするも、風が強くて目当てのポイントは壊滅。
風裏ポイントの小さめポイントを釣り歩いて、、、ノンキーのチビメッキを追加するもエントリー出来ず。

それでも15時を回って初めて入る場所で、何気なく投げたミノーにヒット!!
を、を、を~~ これは20cmあるじゃんネ??
f0100885_22193541.jpg

メジャーを当てるとなんとか20cm.... やっとエントリーできる(嬉)
LINE上にエントリーして一息つきました。

この時点でトップは5ポイントと、全体的にかなり低調・・・
夕方、もしも20オーバーの群れを捉えられれば、まだまだ逆転出来る射程圏内。

爆風を考慮しつつ風裏ポイントを選定して、入った場所で、すぐにゴゴン!! キタッーーーー これは20オーバーや!!
と思ったら、ナゼかフックアウト・・・・

よくよく見ると、Dコンタクト50のフックが1本折れとる。
アカンな~~Dコンの標準フックは!!(って前々からDコン標準フックがダメダメなのは判っていたのに交換してなかった自分が悪い)

どんどん暗くなる中、最後の悪あがきで、他メンバーが釣ったであろう有名ポイントに向かうと誰も居ないし風も弱くなってきた。
取っかえ引っかえルアーを投げるが・・・・無反応のまま日没終了~~

皆が集結しているポイントに向かいます。

結局、メンバーの中ではタトさんが一番マシな結果でしたが、上位には及ばず・・・

関東は日没時間の関係で17時には終了。
我々も17:30には終了。
残すは九州以西はまだ日没が遅いので、18時終了のギリギリまで参加者が競いあって、結果は九州からの参加者が優勝(10ポイントだったかな?)でした。
準優勝は、エリア的に難しいのをモノともせずに主催者の手のヒラアジさんでした。

去年の同時期のバトルでは、タトさんと私で他エリアを寄せつけずにブッチギリのワンツーフィニッシュが出来たのですけど、今年はダメダメでした。
どのポイントも、メッキのサイズが小さくてキーパーを取れなかったのが致命傷でしたね。

この日に帰るテトさんとカメさんご一行はすでに北上しつつあり、残った5人はこの日の宿にチェックインして反省会。

早めに飯食って、部屋で日本シリーズを見ながら、、、、アッと言うまに寝落ちしてしまいましたとさ(苦笑)



11/5

合宿最終日、ゆっくり目に起きて7時ころにチェックアウト。

4人は、昨日まだ比較的調子の良かった近くのポイントに入るらしいので、自分は少し離れた昨日朝イチのポイントに入ります。

このポイントに入ってすぐにヒット!!
を~~やっぱりココは居ますねぇ、、、でもU20・・・・
f0100885_22193397.jpg

なかなかイイ調子で釣れ続くのですが、釣っても釣ってもU20・・・・・
いつもなら釣れれば20オーバーが平均サイズなのに。
f0100885_22193484.jpg
次の移動先で皆さんと合流。
ガンさんのお気に入りポイントに移動して各自散らばって釣ってみます。
ポツポツとメッキがヒットしますけど、やっぱりU20。

f0100885_22193321.jpg
そして11時になり、東回りで帰るタトさんコミさんと別れ、ガンさんヒツさんと一緒に西回りで帰りながら、目ぼしいポイントを3人で釣り歩きます。

昨日ほどではないが、それなりに風が出てきたので、風裏を探しながらチビメッキを追加・・・
f0100885_22193315.jpg

途中、サーフの砂浜にタイヤを取られてスタックした大型バイクを救出したりして、13時になり釣りも終えて帰路へ。

最後に恒例の魔界(釣り具屋の事)に寄ってお買い物。
ここでガンさんとも別れて一路帰宅へ。

しかーーし、さすがの3連休最終日の午後。
各所で渋滞発生。

休憩したり魔界に寄ったりしてたせいもあるのですが、7時間近くかけて、なんとか無事に帰宅。



今回は同じ地域にバトル当日だけ釣りに来ていて、出会えなかった釣友も居ましたが、総勢11名が何処かしこでコラボできた合宿&バトル。
バトルの結果は残念でしたが、楽しい一時を志を同じとする仲間と共有できた事がプライスレスです。

p.s.
ちなみに東回りで帰りつつも夕方ギリギリまで粘っていた、タトさんコミさんコンビは最後の最後で良い思いをしたらしい・・・・
あの二人に付いて行けばヨカッタか・・・苦笑

[PR]
by sierra-outdoor | 2017-11-03 22:16 | 海の釣り | Trackback | Comments(2)
10/28 台風接近の週末・・・・
10月に入って、毎週末、雨、アメ、あめ・・・・

特に下旬になってから2週連続の台風襲来・・・・
マヂか。。。釣りにイケンではないかぁぁぁぁぁ~~~~~~~~~

と叫んでも仕方ない。お天道様には逆らえません(^^;;;

3週連続、自宅待機状態か、、、と思ってましたが、10/28朝、雨は降ってはいるけど、小雨だし~~ 時々小やみになるし~~~
ひょっとして釣りにイケるんじゃネ??
釣り禁断症状も出てきているので、精神衛生上にもヨロシクない。

つーことで、あの場所なら釣りになるカモ?? と思って、雨降る中、急遽出撃です。


断続的に雨が降ったり止んだり、合間を縫って車を走らせ、ひたすら南下、南下、ナンカ・・・・

それなりに走ったとあるポイントに到着。

雨は降ってるが仕方ない。
水面は、、、思ったほど濁ってはいなく、まぁ普通ぐらいの濁りだ。
魚が入っていれば釣れるカナ??

水面を見ると、チラホラとベイトのモジリも見える。
とりあえず遠投重視のタックルでジグをブン投げる。

ボトムまで落として、えっちらオッチラ、とショートジャーク&フォールを繰り返していると。

最初の数投目に、ゴゴン!! と突然の予期せぬ海からの反応!!

え゛もう来たっ!?

グンと合わせると、たしかに魚だ。そんなに大きくはないけど、、慎重に上げてくると、狙いのメッキではないですか!
ここは外道でチーバスとかチヌとかも釣れる場所なので、どうかとは思ったけど、ターゲットの魚種がいきなり釣れてくれてヨカッタ。
サイズはチビだけど、久しぶりのメッキなので嬉しい(笑)
f0100885_16432572.jpg


続けて投げる。
数投後に、またヒット!! をぉ~居るじゃん、このポイント(嬉) サイズは小さいけど(^^;;;

f0100885_16432578.jpg


これは小規模ながら群れが入っているか?
水面をよく見ると、ベイトが追われている。あの追われ方からして単独メッキっぽいがベイトを追ってるようだ。

続けて投げる~~~
すると、ドン!! 今度はちとデカいか・・・左に走るので、もっと足場の良い方向にこちらも歩いて対処。
足元にロープやら杭やらの障害物にラインを絡まれないようにファイトして抜き上げると、、、20オーバーのロウニンだ。
f0100885_16432463.jpg


エエですねぇ。これなら来た甲斐があったというモノだ(^^)

小雨が降り続くが、釣れるなら気にならない(笑)
続けて、またまたヒット~~~
f0100885_16432524.jpg


サイズは小さいが、いきなり最初の30分で4匹ゲット。
これは、夕方まで粘ればダブルつ抜けもイケるんじゃね?? と思って魚の反応はまだまだ続きそうだったあ、他の周辺ポイントも探るつもりで歩いて移動。

しかーーーし、移動先では無反応・・・・まぁ群れの回遊次第のポイントだしね。
夕暮には釣れるでしょ。と呑気に構えていたが・・・

その後、何処を探っても無反応。
仕方なく、最初に探ったポイントに入り直すと5匹目がヒット。サイズは相変わらず小さい。。。
f0100885_16432578.jpg


どうも、この場所しか魚が入っていない??
そんな事はないと思うけどなぁ、、、と、もう1回他の場所を探ってみたがダメ、反応がない。

再度、最初の場所に戻ってみたが、もうダメだ、ここも無反応。
さき程の群れが何処かに移動しちゃったみたいだ(^^;;;;

この場所は回遊に左右される場所故に、次、いつ回ってくるか判らない群れを待つしか手が無い。
刻々と時間は過ぎて、夕暮れ時になり、反応・・・・ナシ・・・・無し・・・・なし・・・・チーーーン。終了~~~

結局、最初の30分だけまぁまぁ釣れて、それ以外の時間はダメダメ。
でも、1匹釣れればラッキーというつもりで来ていたのが、予想外?に釣れたので、久しぶりのメッキの感触も味わえて、これで満足でゴザイマス。

台風接近で雨が降りしきる日々、短時間とは言え釣りが出来たことを喜ぼう。


[PR]
by sierra-outdoor | 2017-10-28 22:33 | 海の釣り | Trackback | Comments(2)



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism