<   2018年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
4/29 GWの釣り~その1
GWに突入しました。

福井県のとある渓流で、渓流仲間との集いがあるので参加すべく、出発します。

集合は各々、午後に現地集合となっているので、午前中はホーム河川で釣りします。

朝7時ころにホーム河川到着。
まだまだ水位がやや高めで、いつものポイントは水勢も強め。まだちょっと時期的に早いかな~と思ってましたが、幸先よくヒット!!
20cmほどですが、幅広の本流育ちの良いアマゴ。
f0100885_13390228.jpg


このポイントはここまで。
前回、調子の良かったポイントに行きますが、先行者アリ。
仕方なく、少し離れた場所のトロ場にミノーを投げると、、、なにかショートバイトしてくる。
スプーンにチェンジすると、着水直後にヒット。。。。
しかーーし、ちょっとファイトが違うなぁと思っていたら、案の定、ニジマスちゃんでした(^^;;;
f0100885_13390200.jpg


そこからニジのオンパレード。。。投げても投げてもニジ、ニジ・・・

少し水の勢いのある場所からはアマゴが反応してきますが、先にニジが反応しちゃうので、場が荒れてしまいアマゴの警戒心が強くてバイトしてくれない。
なんとか20ちょいのアマゴが1匹釣れましたが、それまでにバラシも含めてニジマスが数匹ヒットしてくる有り様。

f0100885_13390283.jpg


さらに移動。
前回にバラしまくったポイントに入ると、、、、やはりトロ場ではニジマスが。。。。この前の夕マズメにバイトだけは連発したのは、ニジマスの群れだったのか??
いつの間にこんなにニジが多くなってしまったのか(^^;;
上流の釣り堀から大量脱走してきたのかも。

流れの強い場所を探ってチビアマゴが2匹ほど追加。

結局、アマゴ4匹釣って、ニジマスは6匹ほど。
この川でアマゴよりニジマスの釣果が多いなんて、、、、、、唖然。

10時になったので、仲間との合流場所へ移動~~
峠をいくつも越えて、釣れそうな川を幾つも横目に見ながら、走り抜け、13時ころに到着。

川を見ると、、、、なんか濁ってますな。
初めて釣る川なので、平水の状態が判らないけど。。。。多分、かなり濁ってる(^^;;;
f0100885_13390205.jpg

昼食を食べていると、参加者のK石さんがやってきた。
すでに竿を出していたようですが、釣れないとの事。
HヒロさんとN川さんもやってきて、幹事のOさんKさんを待ちます・・・ が、あと少し、、、なんて連絡が入ってもなかなか到着しません(^^;;

16時近くになって、やっと幹事到着~~
早速、Nさん御用達のポイントへ移動します。

この場所もヨサゲな場所ですが、濁りが強め、流れも強め。
それでも釣って釣れなくはない状況だと思うのだけど、反応はありません。
この川に詳しい、NさんHさんもアチコチと移動しまくっているので状況は宜しくない。

こんな時は出来る限り大きく移動した方がいいのですが、もう夕方、集いの時間も迫っているので、小移動のみ繰り返して、とある小さな堰を見つけてエントリー。
堰の下流、早瀬の中の、沈んだ岩の直下の緩流帯を通すとやっとヒット~~~
を~~この川での初めての生命反応~~~~
しかーし、手前でポロリとバレる(^^;;;

堰の上でも、一度、カツン!!と反応がありましたが、魚が小さいのか、即バレる。
そうしているうちに、陽も暮れてオシマイ~

集合地点に戻って、宴会準備です。
各自、持ち寄った食材や酒なども片手に楽しい一時。
この日のうちに帰るHさんやワタシはノンアルコールで(笑)

途中、アイちゃん親子や、Iさんも合流して釣り談義に花が咲きます。

そして22時、後ろ髪を引かれつつワタシは撤収しました。
残った人は宴会を楽しみつつ、翌日の釣りも楽しんだようでした。


[PR]
by sierra-outdoor | 2018-04-29 23:17 | 渓流釣り | Trackback | Comments(2)
04/20 藤の花の咲く頃
桜も散って、藤の花が目立つ頃合いになってきました。

この藤の花が咲くのが、本流開幕の目印。

働き方改革の一環で、有給休暇取得強化月間だったので3週連続の平日休み。
そろそろ強化月間も終了なので、今後はいつも週末アングラーに戻ります(^^;;;

平日なので、釣り師も少なく釣り放題・・・と思いきや。

けっこう釣り人多いンですよね。考える事は皆同じか?

天気予報は夏日を予想していましたが、朝は水温低いだろ~と思って、早朝はパスして朝9時ころに現着。
これでも今まででは一番早出なんスが(笑)

今まで探っていなかった本流ポイントへIN。
平水よりも、やや水位は高めかな~
遠投する必要があるので、スピニングで始めます。

抜き足差し足で水辺に近寄る。
ココは足元近くにいつもアマゴが付いている場所。
いきなり水辺には立たず、7~8m手前からキャスト。
すると早速チェイス!!

もう一回キャスト。
丁寧に誘うとミノーに絡みついてくる影・・・優しく小さめにトゥイッチトゥイッチ。
あまり派手なトゥイッチは春の季節は逆効果。

するとゴン!!

来た、キタッ!!

岸際ギリギリの所でヒット。暴れる暇もなくゴボウ抜きです。
f0100885_23072837.jpg

本流アマゴらしい体格してますね~ サイズは約20cmほど。
もう少し大きいのが欲しい。

少し下流でもチェイス!! しかし、この魚は警戒心強く最初のチェイスの後は姿を消した。。。

さらに下流で、ゴゴン!!
を~~ちょっとサイズええのが来た・・・しかしグネグネと暴れるだけでサイズの割にスピード感がない。
やっぱりニジマスでしたか。

f0100885_23072813.jpg

折り返して上流へ向かってキャスト。
流れの緩いトロ場でもチェイスがあるが、、、こんな場所は活性低めなのでなかなか喰わない。
そこでスプーンでスローに誘うと、、、ゴゴン!! 来た来た・・・・が・・・・
これはアマゴじゃない・・

またまたニジマスちゃんでした。
最近、このポイント、ニジマスが多いナ。どこかからの脱走兵だろうか。

その後もチェイスがあるけど、なかなか喰わない。
トロ場の魚はいつもこんなもんですな(^^;;;
元の場所に戻りつつ探って、1匹のアマゴを追加。

最初から魚の反応は悪くない。
この場所も、おおかた探り終えたので次のポイントへ。

次のポイントは大型が期待できる場所。
遠投して探ります・・・
ん・・・ 反応が無いナ・・・

少しづつ下流へ移動して投げる。
この場所の最下流付近、対岸近くのカケアガリを目掛けてキャストしたミノーにゴン!!
やっと来ましたか。。。。このポイントで狙ったにしては、魚がやや小さいが(^^;;;
f0100885_23072824.jpg

期待のポイントでは1匹のみ。

そろそろ数が期待できるエリアに移動するかなぁ~と思ったけど、少し離れた人気ポイントが誰もやっていないので、試しに今季初めて入ってみよう。

ポイント核心部分だけを狙って投げる。
ダウンクロスに投げたミノーが流芯を過ぎた辺りで、ドン!!
を~~ちょっとサイズがええのが来たーー
重々しくローリングするのでイワナか? いや、この場所は釣れればアマゴのはず。

あがってきたのは、25cmのナイスな幅広本流アマゴ。
f0100885_23072841.jpg

ようやくこのサイズのアマゴが釣れるようになったね。

さらにもう1匹、ヒットしたが、バレた。

でも、各ポイントで反応があり、しかも今までよりも反応してくる魚の平均サイズが良い。
ようやく本流ポイントも開幕しましたなぁ(^^)/

ここで正午を過ぎたので、小休憩の後に先週まで釣っていたエリアへ移動。
そしてタックルをベイトフィネスに変更する。

正午を過ぎると風がやたら強くなって(毎度の事ですが)、この風に悩まされながら釣り続ける。

瀬の中でチビアマゴは反応はしてくるが、、、バレる(^^;;;
午後になると、どうしても手強くなりますな。そろそろ午前勝負の時期に差しかかったようです。

2匹ほどチビアマゴを追加して、何匹かバラして、、、を繰り返しているうちに、とあるポイントでキャストしてたらバックラッシュ。
まぁ仕方ないか、、、とバックラを直してキャスト再開。
しばらくキャストを繰り返していて、ボトムレンジを探りたくてシンキング・ディープダイバーにチェンジ。
シンキングなので比較的重くて遠投しやすい・・・と思って、フルキャストしたら、なんと一瞬バックラした次の瞬間にバックラした所からPEが高切れぇぇぇ(^^;;;
哀れ、1匹も釣らないうちに、ちょっと高いミノー(イトウクラフト)はキャスト切れでロスト・・・
なんてこった。マヂですか・・・ ヾ(゜Д゜)ノ

うーーむ、今までバックラしても切れる事は一度も無かったのに、、、バックラのキンクした場所で傷が入ったのだろうか。

ラインシステムを組み直して再開。
あまり重目のルアーを力一杯のフルキャストしないように注意しつつ。

夕暮れが近づいて、途中の山菜ポイントで土産の山菜を採りつつ、夕マズメに探る予定だったポイントへ移動。
山の向こう側に陽が沈んで、サイトしづらい時間帯になった。
水位が午前に較べて10cm以上落ちている・・・ 自然な水位の減少にしては激しいので、上流で農業用水の取水が始まったのかな?

ここでDコン50にチェンジして、、、8分目の力でキャストしていたが、なんとまたしても軽いバックラと同時にPE高切れによるキャスト切れ発生!!
重量級ルアーでもないし、フルキャストもしていないのに切れたと言うことは、PEラインに傷が入っている可能性大。
1度も反応が無かった事もあり、この場を諦める。

午前中に最大サイズが釣れたポイントに舞い戻ってみるか、、それとも別のポイントか。

車を走らせて午前中のポイントに向かう途中、ふと目についたポイントに気まぐれで入ってみる。

夕暮れが迫る中、目の前のポイントに向けてミノーを投げる。
軽く連続トゥイッチしてくると、、小さくカツン・・と感触が、、、あれ? バイトか?
コン!! と感触が伝わった直後に水面直下でギラっと閃く。

あ、間違いなくバイトだ。
しかし、バレた。。。と言うかショートバイト過ぎてフックアップ出来ていない。

続けてキャスト、ちょっと気合入れてトゥイッチしてくると、再びコン!!
即アワセる!!
一瞬、重みが乗ったが次の瞬間にまたバレた、、、サイズは悪くないが、超ショートバイトだ。

そうこうしてるうちにライズが始まる。
魚は水面を意識して浮いてきているようだ。

少しポジションを変えて投げる。
暗くなって視認し辛いが、チェイスしてきている?
トゥイッチの直後にゴン!! 反転バイトしたかのような感触が伝わるが、、、乗らん・・・

スプーンの方が良いか? と思ってスプーンにチェンジ。
すると再びバイトが出るが、やはり超ショートバイト。
コン、ココン、とショートバイトがあるのを無視してリトリーブを続けると、ちょっと重くドン!
ヨッシャー、とアワセる。。。ローリングする魚を無理やり寄せてくるが、足元まできて抜き上げようとした瞬間にバレた~

さらに次のキャストでもバイトが出るが、フッキングの直後にバレるぅ~~

キーーーーッ!! (`Д´)/

と頭に血が上る(^^;;

カッツーーーンと鋭いバイトがあるが、小さなジャンプでバレる。。。。
ミノーイング用ロッドでは、インセクトフィーダーと化した魚の小さなバイトには対応出来ないなぁ。
こんな釣りには、スピニングよりもベイトの方が適しているのだが(ロッドもスピニングより柔らかめだし)
少し前のキャスト切れを最後に仕舞って車に置いてきてしまったし。

結局、1つのポイントで8バイトもありながら、一つも獲れなかった。
ライズの中、完全に流下する水生昆虫を偏食するアマゴをルアーで釣るにはやはり難しいな。
でも魚は結構ストックされている。
タイミング次第では、あのアマゴたちが果敢にミノーを襲ってくれるハズだ。
次のチャンスを待とう。

[PR]
by sierra-outdoor | 2018-04-20 23:04 | 渓流釣り | Trackback | Comments(0)
04/13 桜の季節も終わり
有給休暇取得強化月間?なので、この日も休みにして釣りに行きます。ヽ(゜∀゜)/ イェーイ

なのですが、、、平日の通勤ラッシュに巻き込まれて現着が10時過ぎとなり、想定よりも遅れてしまった(^^;;;

1週間前は現地で桜満開でしたが、すでに散ってしまった桜が多く、一部の桜が葉桜混じりでまだ花は付けていたが、もう終わりの時期。
でも桜が散る頃から、本流が本格的にスタートです。

まずは~~
前回反応の良かったポイントに直行~~
道中、川を横目に眺めながら走って行きますが平日だと言うのに、釣り師さん結構入っています(^^;;

これまではベイトフィネスばかり使ってきましたが、今回からスピニングとベイトの2本立て。
最初のポイントは久しぶりのスピニングを投入。
さすがにスピニングは基本的にはバックラッシュの恐れがないので、軽量ミノーでも気にせず投げれます。

f0100885_21483738.jpg

ポイントに入って最初の数投でいきなりヒット!!
サイズはこの時期のレギュラーサイズですが、幸先良いネ~~
さらに反応があるが、まぁいつもの如くショートバイトでバラシ。
このポイントの核心部に近づくが、、、核心部で反応がない。
誰か朝イチに入ったかな? まぁこの場所は人気ポイントなので相当攻められてますし。
移動です。

f0100885_21490207.jpg

次のポイントは前回最も反応の良かった場所なので一番期待の場所。
前ポイントとの比較の意味もあってベイトフィネスに持ち替えます。
ここでも入って数投でヒット!! やはりレギュラーサイズ。

f0100885_21483769.jpg

その次のキャストでもチビちゃんが追って来たりして、活性の高さが伺えます。
この場所では2匹ほど釣って2匹ほどバラシて・・・この区間は終わり。

念のため対岸もチェック。
いつもなら反応のあるトロ場は何もナシ・・・その後に続くガンガン瀬でやってみると、流芯のど真ん中で好反応。
サイズはレギュラーサイズながら、がんがん反応してくる!!
もう流れの激しい流芯にも魚が入ってますねぇ。

f0100885_21490288.jpg

f0100885_21483719.jpg

この場所はなかなか良くて、5匹ほどゲット。
この時点でお昼ころ。すでに8匹ほど釣っている。
こりゃすぐにもツ抜けは達成できそう・・・・
f0100885_21483709.jpg


と思ったのですが(^^;;




次のポイントは初めて入る場所でしたが不発・・・魚は居そうなんですけども。

その次は過去実績はあまりよろしくないですが、偵察を兼ねて今シーズン初めて入ってみたが、1バイトのみ(^^;;

さらに次のポイントは期待大で時間を費やして探ってみたのですが、、、、ここでも1バイトのみ。
アカンやん。
どうも魚の居る場所、居ない場所の差が激しい・・・ ヾ(´囗`。)ノ

だんだん陽が傾いてきた。。。
そろそろ芽を出つつある山菜も気になるので、山菜畑に行って、コゴミとウルイをお土産程度に採取。
そんな事をしているので、太陽が山肌に落ちてもう残り時間も僅か。。。

5月くらいに本格化するポイントに今季初めて入ってみるが、上流方向からの風が強くてうまく投げられない。
強風に悩まされながらも、なんとか投げて瀬頭で久々のチビアマゴ1匹ゲット。
もう1匹釣ればツ抜けだ。がんばろう。

最後に、4月末くらいから釣れだすハズの大場所ポイントに今季初めて入ってみることにした。
ココは大場所なので遠投の効くスピニングを選択。
水の勢いが強めなので、流れが緩くなる淵のど真ん中にミノーをキャスト。
夕暮れ時のローライトコンディションなのでチェイスしているかどうか視認出来ないが、多分チェイスしているだろう、、と想定して、流芯を過ぎたあたりで誘いのトゥイッチを入れてみると。。。
ゴゴン!!

来たーーッ!!

サイズは相変わらずレギュラーサイズですけど、これでツ抜け達成!!(^^)
次のキャストでも、もう一度バイトはあったけど乗らず・・・
そして夕暮れ終了~~~

結果的にはレギュラーサイズばかりのチビちゃんonlyですが、数としてはツ抜け。
魚の居る区間、居ない区間の差が激しいが、居る場所を見つければ複数の魚が入っているのでバイトは連続する。
餌釣りのエキスパートな人なら、同じ状況で3倍は釣れたでしょう。
まぁルアーだと、こんなもんかなァ。
折角なのでもっと上のサイズを狙いたいが、今のところ25オーバーが動いている気配は掴めない。5月に入ってからかな。


[PR]
by sierra-outdoor | 2018-04-13 21:46 | 渓流釣り | Trackback | Comments(2)
04/05 花見と釣り
この日はシゴトはお休み。働き方改革の一環という事で、有給休暇を取得しました(笑)

天気も良いので、釣りにでも行くかぁ~~
と思ったら、奥方が花見に連れてけと申される。
ちょうどいつものホーム河川なら堤防に桜並木があって、ちょうど満開だろう、と言う事で、奥方を連れてゆっくり出発です。



朝9時すぎに現着。
早速川に入りたいが、、、奥方同行なのでそんな訳には行かず、まずは現地の喫茶店でモーニング(^^;;

10時過ぎにモーニングを終えて、川沿いに走る。とても天気も良く、青空と桜と残雪の山並みが映えますなあ。
インスタ用の写真を撮りたいというので、桜並木の下を走って行きます。
満開の桜~~
f0100885_20382028.jpg

横目に見る川の流れもヨサゲですが、ちょっと我慢ガマン。

桜並木を2、3箇所巡って写真も撮り終えたので、さらに走ってようやくポイント到着。

ここでも桜の木があるので、そこで奥方はインスタ写真を撮りつつ自分は用意をして川へイン。

流れは平水+αぐらいに落ち着いているので釣り易い。
しかし・・・・(^^;;;
ミノーで探って行きますが、、、予想に反して反応が乏しい。
1回だけヤル気の無いチェイスがあったのみ。これは朝にかなり攻められてますなぁ。┐(´-`)┌

次へ移動して、きっと朝から誰も入っていないだろうと予想するちょっとアクセスの悪いポイントへ。

ココなら反応あるでしょ、、、と思ったのだが、、、、、こちらも反応がない。ナゼ?
そのうちに12時の時報が地域有線から流れる。。。前回と同じく午前中はどうも反応が乏しい。
朝に攻められているからなのか、それとも水温が上がってないからか??
車に戻る直前に、その区間最後のピンスポットでやっと本日初バイト・・・しかしショートバイト故にフックアップせず、反応も1回限り。

お昼を回ったので、昼食休憩の前にもう1箇所だけ探る。

次の場所へ入る。
小さな支流が流れ込んでいる合流点の下流、クロスに投げると、いきなりカン!!とバイト!!
瞬間的なショートバイトだったが、ココは魚が居るし、活性が高そうだ。
再度投げる。
ジワ~っとU字を描いて探ると、ミノーの真後ろにチェイスする影。
軽くトゥイッチを入れて左右にミノーを踊らせると、たまらずゴゴン!! よーーし、来た来た。

ようやく本日1匹目、サイズは18cmほどであるが、本流アマゴらしい、プクプクと太った良い魚です。
f0100885_20381935.jpg

この魚をリリースしてさらにキャスト。
またカッツーン!!とバイトして来るが、、、、乗らん・・・(^^;;
その後もコン、ゴン、カツン、とバイトが頻発するも、乗らない、またはバイト直後に瞬間バレ。
20~30mの短い区間で8バイトほど連続したが、結局釣れたのは1匹のみ。。。。
反応してくる魚のサイズが比較的小さいので、まだこの時期の水温ではバイトしきれていないか。

でもこんなに高活性な場面は今シーズン初めてなので、今までの苦しい釣りを思えば、この状況は天国です(笑)

どんどん移動して探りますが、、、高活性区間を過ぎると沈黙・・・魚の居る所、居ない所の差が激しい。

この区間、最後の大淵。いつもなら釣らずにスルーなんですけど、今回は念のため探ってみよう。

ディープダイバーに変更して投げると、、、、小型ながらアマゴがチェイス。
を、ココにも居るじゃん・・・
続けてダウンクロスに投げる。
グイグイと潜らせた後は、潜ったレンジをキープしてくると、突然にドン!! と重目の衝撃が伝わる。
コンクエストBFSのドラグが、ジ・ジ・ジ・・・と少し滑る。
シマノのベイトリールはこのドラグサウンドが装備されているのがイイですねえ(^^)

流れの中で暴れる魚、、、今までの魚とは違うサイズだ。
慎重に寄せてくると、、イワナだ。今季初イワナだ。
そこそこのサイズなので右に左に暴れるので、それを耐えつつ、ベリーフックがしっかりとフッキングしているのを確認。
これならテンションを緩めない限りはバレないだろう。

ようやく本流でもこのサイズが出るようになったね。
f0100885_20381997.jpg

今季初イワナが尺イワナの33cm。
f0100885_20381936.jpg

この1匹が出てマンゾクしたので車に戻って道の駅にて、まったりと昼食休憩。
道の駅のレストランもけっこう本格的な調理で、お値段も比較的リーズナブル。
デザートバイキングなどもあって、道の駅の昼食も美味しく頂けた。

さて、14時過ぎに先程釣れた場所の対岸側に入ると、いきなり2回連続のバイトがあったがバレた(^^;;;
どうやらこの区間は魚が濃いな。でも少し下ると先程と同様に反応が途絶える。
相変わらず魚影の格差が場所によって激しい。
天候が下り坂傾向なのか、お昼まで太陽が出ていてポカポカ陽気だったのに、この時間帯にはどんより曇ってきたのも影響しているか。

前回釣れたポイントに入ると、、早速チビアマゴがヒット。
その後も、同サイズが追ってくる。
魚の活性自体は高いが、ちょっとサイズが小さいな、ルアーで釣るにはイマイチ楽しくない。
f0100885_20381939.jpg

チビちゃんしか反応しない場所は、どんどんスルーして探って行き、とある瀬の部分でチェイスを確認、次の瞬間にゴン!!
をォ、ちょっとこの魚はサイズは良さそう。。ようやくこのサイズのアマゴがヒットしましたか、、と喜んだのも束の間、足元でポロリ。
あ~、、、ちょっと勿体なかったな。
勿体ない、とは言っても22~23cmぐらいでしたけどね。でもこの時期の本流では貴重なサイズ。
随分と浅い瀬に潜んでいたようで・・・



ここで16時になり、一人ならまだまだ粘るのですが、この日はこれでお終い。
今回は花見と釣りを兼ねたので、実釣時間は3時間弱と短めでしたが、魚の反応の多い一日でした。
平日だという特殊事情もありますが、今季初のネイティブの反応が二桁以上となって、ようやく本流で楽しめる時期がやってきたようです。
現地では桜が満開、次の雨が落ち着いた頃、さらに楽しめるのではないかな(^_^)/

[PR]
by sierra-outdoor | 2018-04-05 22:35 | 渓流釣り | Trackback | Comments(2)
04/01 現地で桜が開花
平野部では桜満開。そろそろ桜吹雪になりつつある。

現地ではどうなってる?
そろそろ本流ネイティブも目覚めている頃か?
いつものホーム河川に向かいます。



川を横目に見ながら走っていきます。
桜の開花状況は、平野部は満開で、ホーム河川の漁協管内に入ると、そろそろ開花しつつあり。
いつも釣りをしている区間で最も近い場所で3分咲き。
まずは、最初に走って標高の高い最奥エリアから始めます。まだこの辺りは蕾はピンクっぽくなってるが開花していない。

朝9時ころ目指すポイントに到着。
川を見てみると対岸の遠目に一人竿を振ってるエサ釣り師がいるのみで、こちら岸は空いている。
だいたい4月初には釣れ始める瀬なので、この日はどうかなぁ・・・

ここ1週間は雨が降ってないので本流の水位も落ち着いてきてはいるが、今年は積雪が多いせいか、雪代の影響もあり平水より+10cmぐらいかな?
水勢も結構強くて、この時期に、この早い流れで反応してくれるかどうか微妙。

とりあえず~~ ルアーをキャスト。
アレキサンドラでサクっと表層をチェックするも、案の定反応ナシ。
それでは、、、と先日の様に潜行レンジを変えて、ディープダイバー系を投入するとグイグイ潜ってくれますが、この水勢では流水抵抗が強くてミノーが流れに押されてしまい狙ったラインをトレース出来ない(^^;;
しかも、底石にガンガン当たって、手前で石と石の間に挟まる~~
岩ゴロゴロの瀬には向いてませんなぁ。でも先日の様にレンジを合わせないと喰ってこない状況もありそうだし。

一通り探るも無反応、やはりまだ瀬釣りは早かったか(^^;;;

って事で、次は淵を狙います。ここなら深さ的にもディープダイバーでも大丈夫。
しかしやっぱり反応ナシ。
魚は何処へ・・・・??

もっと上流部の偵察のため、本日探ろうと想定していた最上流エリアまで走ります。
チラホラと釣り人も居て、釣れそうな気配はありますが、ここでも水勢が強め。
反応も乏しく空振り。エサ釣りの人は多いので、エサなら釣れてるのかな?

結局、午前中は無反応のまま過ぎ去ってしまった(^^;;
見た感じでは、目ぼしいポイントはほぼ誰かしら竿を出していたので、午後の釣りは先行者後追いになります。



午後の部、開始。

まずは実績場へ、、、、先行者アリ。ちょっと時間を置いてあとから入ろう。

次の場所は、5月以降が良い場所だが、念のため様子を見に行く。
ココは毎年、重機が川の中に入って河床を荒らすので、最近は流れが安定せずにイマイチの場所(^^;;
案の定、今年も思いっきり河床が変わっている(^^;;;
3年くらい前まではそこそこ変化のある良い流れだったのに、一様に平らな瀬になってしまっており、しかもこの時期には釣れそうにないナ。

対岸はまだマシなので対岸まで大きく迂回して入ってみたが、無反応。。。。
やはりここは1カ月後からの場所ですな。

先程、先行者が居たので見送ったポイントに舞い戻ると、、、先程の先行者らしき釣り人は対岸に移動して釣っている。
ま、対岸なら問題なかろう。少し前まで先行者が入っていた場所なので、果たして釣れるかどうか判らんけど、自分の実績場なのでダメ元でやってみる。

数メートル歩いて投げて、歩いて投げて。
いつもよりは小刻みに丁寧に探って、、、そろそろ核心部分に差しかかった。
クロスからダウンクロス気味に小型フローティングミノーを投げる。
ちょっと前から意外と魚からの反応が良いフローティングミノーなのだが、如何せん、小型&フローティングなのでウェイトが軽くてベイトで投げるのに苦労する(^^;;
特に、午後から風が出てくるのが常なので、この風が逆風になったり横風になったり。
ブレーキを強くするとバックラッシュしないが、飛ばない。
ブレーキを弱めると何とか釣り可能な距離が飛ばせるが、ちょっとした事でバックラッシュ(^^;;;
横風を受けると、風に弱いPEラインなので、風下に煽られて流されてしまい、これが余計なスプール過回転を招いてバックラッシュを頻発させるんだな・・・・

風とバックラに悩まされつつも、何とか釣り続けると・・・・
U字を描いてトレースしたミノーが流芯に差しかかった所で突然にカッツーーーン!!

キターーーッ!!






しかし、一瞬のハリ掛かりしたがすぐにバレた・・・・
でもやっと本日の初バイト!? ヤル気が出てきた。

同様に攻めていくと、少し下流でもカッツーーーン。。。。しかし即バレる。

ここには魚が居る、、午後になり午前より2度ほど水温も上がったのでジアイ到来か。

丁寧に探って、、先程見かけた先行者が執拗に探っていた瀬に差しかかる。
さっきエサ釣り師が竿を出していた場所だからプレッシャーが掛かっているかな、、と思いつつも投げる。
U字をピークを過ぎた所で、カツン!! 来た!! まだフックに触ってない。
もう一度小さくトゥイッチを入れると、再びカッツーーーン。

よし、来た!!

グルグル~~とローリングしながらも20cm弱のアマゴがヒットぉぉぉ。
ようやく釣れました。
これは本流ネイティブかな。。。
周辺では過去1カ月以内に成魚放流もされているので、残留成魚の可能性もあるが、口先が尖っているのと色艶も成魚っぽくないので多分、ネイティブでしょう。キット(苦笑)
f0100885_20534202.jpg

午後になりやっとアマゴがルアーに反応してくるようになった。

同じパターンが通用しそうな瀬のポイントをランガンしていく。
だが、目星を付けていた場所には、先行者が張り付いている。

止むを得ず別のポイントに行くが、ちょっとココは狙いの流れと違う・・・ ヤッパシ反応ナシ。

それじゃ、、いつもエサ釣り師銀座となってる某有名ポイントに向かうと誰も居ない。
よし、今日は広々と探れる、、と思ったが、誰も居ないのは釣れてない証拠か(苦笑)
良さそうな流れなんだけど無反応。

どんどん陽が暮れていくので、残された時間も少ない。
帰る方向に移動しつつ、気になる場所を探ってみるか。。。

次に移動した先は、一番肝心の場所に2名ほど先行者が粘っているので、少し離れた場所に入ってみたが無反応。
これはさっきまで誰かが竿を出していたっぽい(^^;;;

夕暮れまであと僅か。
サクっと次に移動して時間的にもラストポイント。

薄暗くなりサイトが難しい時間帯ではあるが、とある場所でダウンクロスに投げたミノーの後ろに、何か影が見えた・・
トゥイッチを入れると、ゴゴン!!

キターーーッ!!

やや痩せ気味ではありますが、これは正真正銘のネイティブアマゴさん。
サイズもこの時期としてはまぁまぁ(23cmくらいかな?)

f0100885_20534261.jpg

この魚を有終の美として、この日は終了~~



結局、午前中は何の反応も得られず。
水温が上がった午後にようやく釣れた。
それでも本流でネイティブが動き出したのは感じ取れたので、やっと本番シーズンになったかな。

これから現地でも桜が満開になり、散った頃から本流の釣りが楽しくなるだろう。

[PR]
by sierra-outdoor | 2018-04-01 22:52 | 渓流釣り | Trackback | Comments(0)



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism